FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

忘年会  

昨日から12月に入りました。
今年も残すところ1ヵ月になりました。
1年は本当に早いです。

12月は忘年会シーズンです。
トレーダーさんとの忘年会、学生時代の友人との忘年会に誘われましたが
全て断りました。
最近は何をするのにも億劫に感じます。
特に大勢の集まる場は何が何でも避けたいです。


昨年は上野の専業さんと2人でささやかな忘年会をしましたが、今年は無さそうです。
上野の専業さんは、私が鬱で仕事を失い、再就職先も見つからず、
仕方なく?専業投資家を始めた時に、色々な相談に乗ってもらった恩人です。

彼からは定期的にメールが来ていましたが、今年の夏前からメールが来なくなりました。
心配になり、こちらからメールをすると、しばらくしてから返信があり、
取返しのつかない大病、手術をしました。と。
こちからあれこれ詮索するもの失礼と思い、その後は連絡はしていません。
それ以降もずっと連絡が無いということは、あまり病状が良くないのかもしれません。
彼は私より20歳年上の68歳です。何があってもおかしく無い年齢です。
それでも、私にとって数少ない知人の一人でしたので、とても残念です。


12月は唯一、下町の専業さんと飲みに行く約束をしています。
私自身も急速に飲めなくなってしまったので、
1~2軒、軽く飲むと言った感じになると思います。



会社員時代の忘年会のことを少し。

地方の工場勤務だった時の忘年会は、ホテルの大宴会場を貸し切って、
泊まりでの忘年会でした。
それには理由があって、地方は東京ほど公共機関が発達して無く車社会なので、
飲んでしまうとみんな帰れなくなってしまいます。
だから、家族が車で迎えに来てくれる人を除いては、
みんなホテルに宿泊しました。

記憶によると、7月~11月までの4ヶ月間、5,000円ずつ給与から天引きされ、
積み立てられた20,000円が忘年会と宿泊費となります。
参加は半強制的で、冠婚葬祭、病気以外の理由で不参加だと
職場で村八分になるという噂があったので、参加せざる負えませんでした。
田舎は連帯意識が強いのです。自分勝手な行動は許されません。


東京の職場に転勤になってからは、駅前の居酒屋での忘年会になりました。
みんな電車通勤なので、泊まりということはありませんでした。

東京に戻ってからの最初の部の忘年会で、部長が最初に挨拶をしたのですが
「会社にぶらさがっているような奴はこの部にはいらない」
と言っていたのが印象に残っています。

上司の挨拶なんて、いつも紋切り型の定型文を読んでいるようで、
心に残ることは全くありませんでした。
そういった訓示を聞いていると、組織で働いていることを実感し、
冷や汗が出てくる思いをしました。


今は無職で自由な身分なので、行きたくない忘年会は遠慮なく断っています。
改めて感じることは、私は組織や社会には馴染めないということです。
スポンサーサイト



category: 無職の日々201912

tb: 0   cm: 0

今日1日  

今週はずっと雨でした。そして一気に寒くなりました。
今朝は寝室の窓が結露していました。
冬の訪れを感じます。


■午前
久し振りに天気が良かったので、ベランダに洗濯物を干しました。
その後、特に用事もなかったので、紅葉を見にどこかへ出掛けようと思いましたが・・・
寒くて外出する気が起きず、1日部屋で過ごすことにしました。

学生時代、会社員時代と毎朝決まった時間に学校や職場に行くために家を出ました。
特に冬は寒くて辛かったです。
いつも家に居る母親が羨ましかったです。
無職となった今は、外が寒ければ出掛けることなく家に居ても良いので幸せです。


■昼食
昼食も外に出る気が起こらず、家で食べることに。
パスタの乾麺を茹でて、レトルトのミートソースをかけて食べました。


■午後
14時過ぎからは録画してあった将棋のTV対局を見るため、
TVを付けて横になったら、あっと言う間に寝てしまいました。

今年の5月に部屋の引っ越しをして、南西向きの部屋になりました。
夏は暑くて地獄なのですが、
初冬のこの時期は、やわらかく暖かい西日が差し込んできて、
その光に照らされるといつの間にか眠くなってしまいます。
昼寝は蜜の味です。幸せな時間です。


■夕方
気が付くと16時前
あたりはすっかり暮れていました。
最近は日が落ちるのが早くなりました。
冷たくなった洗濯物を慌てて取り入れました。

今日は1日一歩も外へ出ず、何もしなかった事に
何とも言えない罪悪感を覚えました。
こんな日もあります。(こんな日ばかりか?)


■夕飯
18時過ぎ、妻が仕事から帰ってきました。
夕飯は家族でCoCo壱番屋へ食べに行きました。
W360Q75_IMG_3686.jpg
海の幸カレー 御飯400g フィッシュフライをトッピング


■夜
20時過ぎ、自宅に帰ってきてお風呂に入りました。
あとはもう寝るだけです。
暖かい布団に入って眠れることに幸せを感じます。


■明日の予定
明日、明後日は土日で休みですが、何も予定がありません。

毎日休みですが、何も予定がありません。
気が向いた時にやりたいことをする。
そう振り返ると、贅沢な日々を送っていると思います。

category: 夢職の日々201911

tb: 0   cm: 0

今日1日  

今週は、今年最後の紅葉を見にどこか都立の公園へ行こうと思っていましたが、
ずっと天気が悪くて行けませんでした。
明日は天気が良さそうなので、気が向いたら行くかもしれません。


今日は妻の仕事が休みだったので、一緒にランチと買い物に行きました。
昼食はショッピングセンターで食べる予定でしたが、
道すがら寿司屋があったので予定変更でお寿司を食べていくことに。
W360Q75_IMG_3643.jpg
ランチにぎり1.5人前 1,450円
W360Q75_IMG_3635.jpg
茶碗蒸し サラダ
W360Q75_IMG_3649.jpg
デザートのコーヒーゼリー
あと、写真には写していませんがお吸い物が付きます。


ランチの後は買い物
妻が洋服を見ている間、本屋へ行ったら欲しい本が沢山ありました。
将棋の本、散策の本・・・
買いたい本が4冊あったのですが、今日は2冊だけ買いました。

■「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版
 シェリー・ケーガン (著), 柴田裕之 (翻訳)

生きる事とは何か?を考えるためには
必然的に死とは何かを考える必要があるのではないか?
と思っていたので興味がありました。

縮約版では
○死とは何か
○人は、死ぬとどうなるのか
○死への「正しい接し方」――本当に、恐れたり、絶望したりすべきものなのか
○なぜ歳をとるごとに、「死への恐怖」は高まっていくのか
○残りの寿命――あなたは知りたい? 知りたくない
○「不死」が人を幸せにしない理由
○「死ぬときはみな、独り」というのは本当か
○自殺はいつ、どんな状況なら許されるのか
○死が教える「人生の価値」の高め方
     

完全翻訳版では
縮約版では割愛せざるを得なかった「前半部分」
○二元論と物理主義(原書chapter2)
○「魂」は存在するか(原書chapter3)
○デカルトの主張(原書chapter4)
○「魂の不滅性」についてのプラトンの見解(原書chapter5)
○「人格の同一性」について(原書chapter6)
○魂説、身体説、人格説―どの説を選ぶか(?原書chapter7)
と、「DEATHからさらに考察を深めたい人のための読書案内」つき!
※本書の第1講、第8講~第15講、「死についての最終講義」は、
『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義〔日本縮約版〕』と同内容です。
第2講~第7講の追加に伴い、原書に従う形で一部を再編集しております。
     

私は完全翻訳版を購入しました。
742ページとかなり読み応えがありそうですが
夜寝る前にこつこつと読んでみます。
久し振りの良書の予感がします。

もう1冊は散策の本
■東京ウエストサイド 神奈川 東京 埼玉 極楽! 丘歩き30
     
秋の良い季節は終わってしまいましたが、
冬から春にかけて散策コースの参考にしようと思います。



その後、スーパーで夕飯の買い物。
夕飯は自宅のホットプレートで焼肉です。
焼酎を飲みます。翌日に残らないように控えめにします。

category: トレーダーの日々201811

tb: 0   cm: 0

オーシェイ宮本  

TikTok芸人 オーシェイ宮本











category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

週末  

この週末も、いつものように何も予定が無く、
近所のスーパーへ買い物へ行ったぐらいでした。
とても平和な週末でした。

日曜日の昼は外食
W360Q75_IMG_3528.jpg
海鮮丼を食べました。
周りの人達は、みんな昼からお酒を飲んでいて楽しそうでした。
うらやましいけど、私は昼から飲んでしまうと
体が動かなくなってしまいそうで怖いのでやめておきました。
W360Q75_IMG_3574.jpg
帰り道、通りがかった公園を散策
紅葉が奇麗でした。
W360Q75_IMG_3579.jpg
いちょうの紅葉も好きですが、楓(カエデ)の紅葉も好きです。


そうそう、自称アルコール依存症予備軍の私ですが、
最近はお酒を全く飲んでいません。
前回(11/17)飲んだ翌日に調子が悪くなって以来、
(翌日、翌々日と胃の調子が悪く、強烈な食欲不振に陥った)
お酒を飲む気にがしなくなりました。

実際、お酒をやめてみると、翌日体が軽くてとても快適です。
夜も本を読んだり、将棋のTV対局を見たりと充実した時間を過ごしています。
しばらくは、お酒を飲まない(または控える)生活を続けるつもりです。

お酒を飲む日は、寝る直前まで飲んでいましたが、
最近は布団に潜って本を読み、眠くなったら寝ています。
文字ばかり見ているのも飽きるので、
今日は図書館へ行って詰将棋の本を借りてきました。

寝る前の時間が楽しみです。

category: 夢職の日々201911

tb: 0   cm: 0

カメラが故障しました  

3週間ほど前、カメラが故障しました。
故障と言っても動かなくなった訳では無く、
写した画像上の同じところに黒い豆粒ぐらいの点が写るようになったのです。
明るいところで撮影した写真では目立ちませんが、逆光で写すと目立ちます。
気になるので修理に出しました。
そのカメラが、昨日帰ってきました。

その間は古いカメラを使っていたのですが、画質があまり良く無くて、
今使っているカメラが帰ってきて嬉しかったです。



戻って来たカメラを見て、思い出したことがありました。
私は無職になる前は機械メーカーの生産技術の仕事をしていました。
入社2年目に、ストレスから十二指腸潰瘍を患い、入院・休職をしました。
また、生産技術の仕事に興味がもてず、他の部署に異動したいと思っていました。

そんなことを当時の上司である課長に相談したら、課長は直ぐに動いてくれ、
彼の昔の上司が、製品の修理を請け負っている子会社の社長になっていて
伝手があるので、そこで私が働けないか掛け合ってくれると。
ものづくりは嫌いでは無いではないので、是非お願いしますと言いました。

1ヵ月後、課長と一緒に修理を請け負う子会社へ行き、
製品を修理している職場を見学した後、社長と面接をしました。
どんなことを話したのかは覚えていません。
ただ、何が何でもそこで働きたいとは思えませんでした。
お互い、あまり良い感触でなかったことは覚えています。

面接から数週間後、課長から呼ばれ面接結果を聞かされました。
今回の件は見送りだと。
理由は、まだ若いから、ということだったような気がします。
修理センターで働く人たちは、一定の技術経験を積んだベテランの人が多かったです。
だから経験の殆ど無い私にはまだ早いだろうと。
また、修理部門は毎日ルーティン作業であり単調な世界です。
入社2年目で、これからまだ色々な経験を積めるであろう私には向かないだろうと。
もう少し今の職場で頑張って様子を見た方が良いとのことでした。


異動の願いは叶いませんでした。
しかし、入社2年目の若造である私の相談に耳を傾けてくれて、
実際に直ぐに行動に移してくれた課長にはとても感謝したこと覚えています。
彼は上の人にも下の人にも気配りができ、仕事もできる人だったので
部長・執行役員ととんとん拍子に出世し、最終的には取締役にまで昇りつめました。

出来る人と言うのは、後天的な努力よりも、
先天的な才能(つまり生まれ持った才能)の要素の方が大きいような気がします。
どんなにがんばっても敵わない人が世の中には大勢居る、ということを
この会社に勤めていた時に知りました。


その後、16年間ずっと生産技術部で(嫌々)働いていたのですが、
その間にも営業、品質管理、購買といった部署への異動希望を出しました。
しかし叶うことがありませんでした。
もしも社内での異動が叶っていたのなら、会社員をまだ続けていたかもしれません。
でも、幸せだったかどうかは分かりません。


修理から帰ってきたカメラを眺めていたら、そんな過去を思い出しました。

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 0

今週のランチ  

■11/19(火) 回転ずし

妻の仕事が午前で終わりだったので、一緒に回転ずしへ。
W360Q75_P1260967.jpg
平日は一皿90円 あおさの味噌汁はクーポンを使って無料。
外国人観光客の人曰く、日本は食べのが安くて美味しいらしいです。
本当に良い国に生まれたと思います。
2人で990円

■11/20(水) ほうとう

W360Q75_P1260985.jpg
いつもは野菜ほうとうを食べますが、この日は豚キムチほうとうを。
しかし、辛い! 辛い物が好きな私でも結構きつかったです。
次回は野菜ほうとうに戻します。
W360Q75_P1260991.jpg
食後のあんみつは安定の美味しさ。
アイスはほうじ茶アイス。

■11/21(木) 中華バイキング

前日、床屋へ行き、そこの主人と話題になったショッピングモールへ。
W360Q75_P1270028.jpg
ランチの中華バイキング 70分 1,868円
もう歳なので、食べ放題といってもあまり食べられませんが・・・
ソフトドリンクとデザートも飲み放題、食べ放題です。
W360Q75_P1270031.jpg
デザートは別腹でそこそこ食べれるが、ゴマ団子は重い。
W360Q75_P1270041.jpg
完璧主義ゆえ、全種類食べないと気持ちが悪いので、無理をして全種類制覇。
デザートはマンゴプリンが一番美味しかった。次がゴマ団子。
W360Q75_P1270034.jpg
タピオカミルクティーは自分で作るスタイル。
美味しいけど、長時間並んで飲むほどの物でもないような。
若い人の感性が分からない。

W360Q75_P1270070.jpg
ブラックフライデーと言っても、買いたい物は皆無。

来週で11月も終わりか・・・
どこかへ今年最後の紅葉を見に行く予定。

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

今日1日  

今日は1日体調が悪く、ずっと寝ていました。
私にしては珍しく、8日間(11/9(土)~11/16(土))連続でお酒を飲まなくて
昨日久し振りに飲んだら酷い二日酔いになりました。

お酒の量はいつもの通り。
缶ビールを350ml飲んだ後に、宝焼酎25度を300ml(カットレモン&炭酸水割りで)
途中から、急に酔いがまわりはじめて、おかしいなとは思いましたが、
そのまま飲み続けて、いつものように0時過ぎに寝たら、夜中に突然気分が悪くて目を覚ましました。

トイレで吐こうと思いましたが吐くものも無く
そのまま横になり、起きているのかウトウトしているのか、
わからないまま朝を迎えました。

そして気が付くと9時30分
みんな仕事や学校に出掛けていったことに全く気が付きませんでした。
頭が重く、フラフラしながら洗濯物を干しました。



私はお酒は好きな方です。
会社員時代は、自宅では殆ど飲むことはありませんでしたが、
無職になってからは時間もできたので、夜は自宅で飲むようになりました。

毎日は飲みません。週に2~3日休肝日を設けています。
飲む量もきちんと決めていて、純アルコールの量で80g※を超えないようにしています。
標準的な飲み方は、350mlの缶ビールを1本を飲んだ後、焼酎25度を300ml飲みます。
別のお酒を飲む時は、アルコール量を計算しています。
ですから、焼酎やウイスキーを飲む時は計量カップで計っています。

※純アルコールの量
 缶ビール500ml(5%)なら 500×5%×0.8=20g
 焼酎100ml(25度)なら 100×25%×0.8=20g
 日本酒(15%)1合なら 180×15%×0.8=21.6g

こういった健全?な飲み方をしているので、
お酒を吐くまで飲むことは無くなったのですが、
昨日のようなことがあって、ちょっとショックを受けています。


今年48歳になったのですが、極端にお酒に弱くなったように感じます。
例えば、外に飲みに行って、これまでは3軒目まで飲みに行けたのに、2軒目で飲めなくなってしまう。
自宅でも、これまでと同じ量を飲んでも翌日に残ってしまう。
たまにする昼飲みでは、その後ずっと調子が悪くなるなる。


お酒は私の楽しみの一つなのですが、
翌日の辛さが、飲んでいる時の楽しさを上回ってしまうことが多く、
減らした方が良いのかなと思っています。

私の場合、飲み始めると寝るまで飲み続けてしまうので、1回の量を減らすことはできません。
となると、休肝日をもっともっと増やす。つまり、お酒を飲むのを週に2~3日にする。
この方が現実的のような気がします。



11/9(土)~11/16(土)までの8日間は、
夜は本を読んだり、録画してあった将棋のTV対局を見ていました。
お酒を飲むことを上回る楽しい事があれば、お酒を飲まなくても全然大丈夫です。

本と将棋だけではこころもとないので、
夜でもできる楽しみを何か探したいです。

category: 夢職の日々201911

tb: 0   cm: 2

便りが無いのは良い便り  

今年ももうすぐ終わってしまうというのに
冴えない日々を送っています。

将棋のTV対局を見たり、本を読んだりして、
1日が終わってしまいます。それもあっという間に。

こんな調子で1年が過ぎ、10年が過ぎ、
(それまで生きていられるかも分かりませんが)
死を迎える。

本当にこんなんで良いのかな?と思ったりします。



パスカル『パンセ』 より
----------------------------------------------------------------
趣味に打ち込むこともなく、仕事もない状態で、じっと部屋に閉じこもっていると、
気分が沈んでいくだろう。
パスカルは、人間は何かに熱中していないと生きていけない生き物だとした。
そして人間が何かに熱中するのは、やがて訪れる死の恐怖から目をそらし、
死を忘れるためなのだ
----------------------------------------------------------------
人生においては、何をやっても不幸なことから目を逸らすための気晴らしなのか?



■岡山の専業投資家さんから
----------------------------------------------------------------
幸せは迷いの中にある
最近の五木寛之の本。
読んではいないがそう思う。
迷うということは選択権がある、それこそ生きていること..と。
----------------------------------------------------------------
なるほどなと思ったり。

五木寛之は好きな作家で、エッセイは色々と読んだけど、
ここ何年かは全く読んでいません。
たまには読んでみようかな。

以下引用
----------------------------------------------------------------
迷いながら生きていく 五木 寛之【著】

内容説明
人生百年時代に戸惑うすべての人に贈る新「生きるヒント」。幸せとは、迷いの中にある。

目次
第1章 新しい世界を迷いながらゆく(見知らぬ地を旅するように;人生を四つの季節で考える ほか)
第2章 「今」を生きるために
     (人生を「長さ」よりも「質」で考える;目的を探して変化し続けるのが人生 ほか)
第3章 孤独と幸せの両立(孤独を恐れるのは、もうやめよう;「孤独」と「孤立」は違う ほか)
第4章 変わりゆく自分を楽しむ(その年齢ならではの自分;信仰や思想が変わってもおかしくない ほか)
第5章 日々を少しだけ楽に生きる(嫌われる勇気とは;生きるのが楽になる「杖ことば」 ほか)

著者等紹介
五木寛之[イツキヒロユキ]
1932年(昭和7年)福岡県生まれ。平壌で終戦を体験し、47年引き揚げ。早稲田大学中退後、
66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、
76年『青春の門』他で吉川英治文学賞、2002年菊池寛賞受賞。2010年長編小説『親鸞』で
毎日出版文化賞特別賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報
社会が激変する中で、我々はこの「新しい世界」をいかに歩むべきか。
人生百年時代に戸惑うすべての人に捧げる、新「生きるヒント」。
----------------------------------------------------------------

私は百年も生もきるつもりはないけど・・・
長く持ってもあと20年かな。こればかりはわかりません。

しかし、物心ついたときから今現在まで戸惑ってばかり。
どんなに経験を積んでも、どんなに本を読んでも、
救われる気配が全く無いのが辛い・・・

category: 夢職の日々201911

tb: 0   cm: 2

目久尻川散策 その3(寒川~茅ケ崎)   

これまでの続きです。
目久尻川散策 その1(相武台団地~海老名)
目久尻川散策 その2(海老名~寒川)

11/5(火)
目久尻川を源流から下り、今回は3日目で最後となります。
この日は寒川から茅ケ崎まで歩きました。
W360Q75_IMG_2330.jpg
前回歩いた宮山駅からスタートです。
W360Q75_IMG_2323.jpg
天気が良くて絶好の散策日和です。
W360Q75_IMG_2337.jpg
前回歩いた宮山橋からスタート。
しがらくは川沿いの道を歩きます。
相変わらず人は殆どいなくて歩きやすいです。
保育園児がおさんぽをしていて、無職の私に「こんにちは」と挨拶をしてくれました。
人に声を掛けられるのは嬉しいです。
W360Q75_IMG_2363.jpg
寒川浄水場のあたりで目久尻川沿いの道が途切れてしまいました。
W360Q75_IMG_2371.jpg
寒川神社表参道を通って迂回します。
W360Q75_IMG_2374.jpg
寒川神社一之宮鳥居
JR相模線の踏切を渡って県道44号線を西に向かいます。
W360Q75_IMG_2381.jpg
鷹匠橋で再び目久尻川へ。
ここから相模川の合流地点までずっと直線になります。
W360Q75_IMG_2396.jpg
圏央道と交差すると、合流地点はすぐです。
W360Q75_IMG_2402.jpg
天気が良くて富士山が見えました。山の頂きは冠雪しています。
W360Q75_IMG_2404.jpg
目久尻川(手前)と相模川(中央)の合流地点です。
写真中央の部分が合流地点。
W360Q75_IMG_2410.jpg
草が生い茂る河原歩いて、合流地点まで行きました。
手前の水が澄んでいるのが目久尻川、奥の水が濁っているのが相模川です。

3日間をかけて、目久尻川の源流から相模川の合流地点まで歩き、
合流地点を目の前にすると感動しました。
(他の人から見たら、どうでもいいような事であるのは重々承知です)

目的の場所を目指し、そこに到達することで達成感が得られたのでしょう。
42.195km走るマラソンや、山頂を目指す登山と同じ感覚か?
達成感とは無縁の無職生活を送る私にとっては、とても新鮮な気持ちでした。
W360Q75_IMG_2460.jpg
ここからは相模川沿いに歩き、相模湾の河口を目指します。
前回、相模川(下溝~厚木)を歩いた時もそうでしたが、
相模川は川からの距離が遠いです。
川が見えない景色は面白くありません。
W360Q75_IMG_2476.jpg
平太夫新田(へいたゆうしんでん)のあたりで堤防が無くなり(工事中)
普通の道を歩きます。
W360Q75_IMG_2481.jpg
新田入口で国道1号線(東海道)にぶつかります。
すぐそばを、並行して東海道本線が走っています。
W360Q75_IMG_2490.jpg
少し道に迷いつつ、国道1号線、東海道本線のをくぐります。
W360Q75_IMG_2498.jpg
川沿いに、湘南シーサイドカントリークラブというゴルフ場があるので
相模川を見ることはできません。ゴルフ場に沿って歩きます。
W360Q75_IMG_2513.jpg
国道134号線、柳島交差点。
新湘南バイパスとも接続していて交通量が多いです。
河口まではもう少しです。
W360Q75_IMG_2521.jpg
相模湾の河口に到着
目久尻川の合流地点も感動しましたが、ここも感動しました。
眼前に広がる大きな海を見ると、なんとも言えない気持ちになります。

今日は歩き始めたのが11時からでしたが、途中で昼食を食べられるような
お店がなかったので何も食べていませんでした。
お腹が減っていたので、自宅から持ってきた大福とクランキーチョコを
芝生に座って海を見ながら食べました。
W360Q75_IMG_2549.jpg
しばらく海を眺めながら休憩した後、
海岸沿いを茅ケ崎・江の島方向へと歩きました。
W360Q75_IMG_2578.jpg
真直ぐな砂浜が続きます。
人はまばら。偶に海釣りをしている人を見かけました。
W360Q75_IMG_2581.jpg
冬至に向かっているこの季節、日が暮れるのがどんどん早くなってきます。
沈み行く夕日を眺めると、何とも言えない切ない気持ちになります。
W360Q75_IMG_2583.jpg
砂浜を歩くのは足を取られるので意外と体力を消耗します。
ここをずっと歩くのかと思うと・・・
急に帰りたくなりました。
W360Q75_IMG_2612.jpg
ということで、サザンビーチ茅ケ崎まで歩いて帰ることに。
茅ケ崎駅を目指します。
W360Q75_IMG_2618.jpg
134号線沿いに京都北白川ラーメン魁力屋
自宅に帰るつもりでしたが、ここで食べて行くことに。
W360Q75_IMG_2636.jpg
醤油ラーメン から揚げ定食 990円(税込み)
とても美味しかったです。
W360Q75_IMG_2665.jpg
お店を出てからは、サザン通りを通って茅ヶ崎駅へ。
20分程で駅に着きました。

これで3日間に及ぶ目久尻川散策の旅は終わりです。
目久尻川は少し小さい川ですが歩きやすく本当に良い川でした。
土の土手を歩いり、カワセミを見たり、自然を満喫することができました。
中流のかしわ台付近には桜並木もあるので、春に歩くのも良いかなと思っています。
紹介して下さった しぐまさん 本当にありがとうございました。
W360Q75_IMG_2683.jpg
自宅に戻った頃にはすっかりと日が暮れていました。
晩秋の夕暮れは、いつも寂しい気持ちにさせられます。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0