fc2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

うつ病と更年期障害について その4  

その3からの続き


ホルモンの補充量を受けてから、あきらかに体調が良くなりました。

今回はエナルモンデポー125mgの注射で補充をしましたが、
男性ホルモンは減少してしまうため、維持には繰り返しの注射が必要になります。
125mgだと約2-3週間、250mgでも約3-4週間程度で元に戻るそうです。



また、男性ホルモンの補充療法には下記のような副作用もあります。
多血症、精巣萎縮、前立腺癌、前立腺肥大症、肝機能障害など。

子供を作ることなど考えている人には向きません。
ドーピングの関係で、競技をするアスリートもダメなようです。

後ほど詳細を書きますが、注射の費用は1回1,000円程度と安いものの
体のことを考えると少し考えてしまいます。

注射によるホルモンの補充療法だけに頼るのではなく
生活習慣の改善、充分な睡眠、適度な運動、筋力トレーニング、
亜鉛などのサプリメント使用、漢方薬の内服などで
男性ホルモン値の改善を目指すのが良いかなと思っています。



最後に費用について書いて終わります。

まず、初診は2,370円でした。
診察、尿検査、血液検査全て保険適用になります。

2回目は860円でした。
診察とホルモン補充の注射代です。
これも全て保険適用です。

別途、柴胡加竜骨牡蛎湯という漢方が14日分42包処方され
薬代が1,310円でした。



ホルモンの補充療法は美容整形外科やスポーツジムなどでもやっています。
こちらは自由診療なので、1回1万円前後ぐらいかかるようです。
高いことろでは3万円ぐらいすることもありました。

保険適用だと1,000円程ですが、
これは40歳以降で、男性ホルモンの低下が認められ、
医師がホルモンの補充が必要とした場合にのみに限られます。

男性ホルモンの補充には
エナルモンデポーの筋肉注射以外にも、
グローミンという塗り薬もあります。
こちらは保険適用外で3,780円です。

クリームは1本使っても補充される量は100mgなので、
注射(125mg)の方が効率よく補充できます。
ちなみに注射は250mgもあります。



50歳になると体に色々な変化が出てきて、
聞いてはいたものの大変だなと思いました。

お酒のことを考えても、昔は体に悪いと思っていても、
好きなだけ飲んでいました。

食べ物も、体重のことなど気にせず、
好きなものを好きなだけ食べていました。
最近は体重が増え、膝が痛くなってきたので
食事の量も考えるようになりました。

50代から60代、70代へと向かうにつれ、
体は衰えていく一方で、良くなることはないのでしょうから、
自分の体を労わりながら生活したいと思うようになりました。

category: 精神病院/鬱/発達障害

tb: 0   cm: 0

うつ病と更年期障害について その3  


更年期障害の検査は泌尿器科ですることにしました。
私は泌尿器科には一度かかったことがあります。

3~4年前、市の健康診断で、尿蛋白と潜血が陽性になり、
精密検査を受けるように言われ、泌尿器科を受診しました。
精密検査の結果は異状無しでした。

その泌尿器科のホームページを見ると、
男性の更年期障害の検査や治療を行っていると書かれていたので、
そこに行くことにしました。



初回の診察は緊張して、精神安定剤(ソラナックス)を飲んで行きました。
受け付けの女性に、集中力と気力が湧かず、
男性の更年期障害の検査をして欲しいと伝えました。

30分程待ち診察。
先生は初老の男性です。
私の症状である
・朝起きた時の気持ちが苦しい
・理由もなく憂鬱な気持ちに支配されている
・不安感が強い
・無気力で何もする気が起こらない
・関節が痛い
・性機能が低下している
といった話をして、更年期障害を疑っていると話をしました。

先生は、私の年齢(52歳)から更年期障害は十分考えられると言い、
血液検査で男性ホルモンである遊離テストロンの量を調べ
その結果を見て、ホルモンを補充するための注射をするか、
漢方薬を処方するか決めましょうと言いました。

診察は5分程で、その後、看護師さんに採血をしてもらい、
1週間後に結果が出るので、次週来院するように言われました。



1週間後、再び診察。
血液検査の結果を先生から教えられました。

50~59歳の男性の標準的な遊離テストロンの量は4.6~19.6pg/mlだそうです。
それに対して、私の結果は5.8pg/mlと、ほぼ下限に近い値でした。

7.5pg/ml未満は要治療
7.5~11.8pg/mlまでがボーダーラインだそうです。

先生は、ホルモン補充の注射もしても良いし、
漢方薬を飲んでも良いと言い、両方お願いしました。

男性ホルモン(テストステロン)の補充は
エナルモンデポーの筋肉内注射で行いました。
はじめてなので125mgを注射して、
変化があるか様子を見ましょうと言われました。

漢方薬はツムラの12番
柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコトボレイトウ)
が処方されました。

2週間後、再び診察があります。



注射を打ってから、翌日には体に変化が現れました。
朝、下半身が元気になりました。

あとは関節の痛みが徐々に良くなってきたように感じます。

気力は出てきたようにも感じますが、
昨日などは1日気力が湧かなかったので、微妙かもしれません。
しかし、全く手に付かなかった妻の確定申告の書類の作成
(医療費控除の領収書をまとめるのが大変だった)
が、あっさりと出来たので、やはり効いているのかもしれません。

不安感が強いのは相変わらずです。
これは不安神経症で、昔からの持っているものなので、
更年期障害とは関係ないのでしょう。

あと、明らかに違うのが、朝起きた時の憂鬱感が無くななったことです。
これも偶々かもしれませんが、ホルモンを補充してからは
朝の調子が悪いことが無くなりました。

睡眠も中途覚醒が無くなり、質が上がったような気もしますが、
はっきりとは分かりません。


全体的に見ると、ホルモンを補充して以降、
体や精神が良くなっていると感じることの方が多く、
悪くなっていることは全くないので、
更年期障害が改善されてるように思えます。



ホルモン補充療法の効果は、人によって効きが違うようです。
直ぐに効く人もいれば、3ヶ月ほど経ってから効果がでる人もいる。
全く効果がない人は、うつ病などの違う病気も考えられるそうです。

私も場合は、2~3日で効きが感じられました。
もっと早く行っておけば良かったと思っています。


次回は、この先、注射を打ち続けるのか、
ホルモン補充療法の副作用について書こうと思います。
あと、検査や注射の費用につても書きます。

その4 に続く

category: 精神病院/鬱/発達障害

tb: 0   cm: 1

うつ病と更年期障害について その2  


冬になると精神的な調子が悪くなります。
でも、今年は比較的調子が良かったです。

それが1月の中旬から急に不安定になりました。
これといった悪い出来事や憂鬱になることなどは全く思い当たりませんでした。

強いてあげるなら、1/20の朝に寝違えたのか
朝起きると首と肩が強烈に痛み、それが1週間ほど続きました。

でも翌々考えると1/12に秦野に歩きに行った時、
電車に乗っていて不安感が強くて、財布に入れてあるソラナックスを飲むか
迷ったりしたので、そこ頃からダメだったのかもしれません。

もっと早くはじめたかったそうですが、
女性は閉経前にホルモン補充療法をすると、乳がんになるリスクがあるので
医師が勧めなかったそうです。

私の中では、定期的に来る情緒不安的なので、
数か月間はこの不定愁訴を耐えるしかないなと思っていました。



私には同じ歳の妻がいます。
彼女は40代の半ば頃から、ずっと異常発汗、ほてり、関節痛といった
女性の更年期障害特有の症状がありました。
そして彼女は、今年の1月からホルモンの補充療法を始めました。

妻曰く、男性も同じように更年期相があると言い、
私もその可能性があるのではないかと言われました。



私の症状は、
・朝起きた時の気持ちが苦しい
・理由もなく憂鬱な気持ちに支配されている
・不安感が強い
・無気力で何もする気が起こらない
ということなのですが、
他にも少し気になる症状がありました。

一つは、首と肩の関節が痛くなりました。
運動不足かなと思ったりもしましたが、これまでに無く痛みが続きました。

もう一つは、性機能の低下です。
朝立ちが無くなったり、性欲が著しく減退しました。
性欲に関しては、うつ病の時も全く無くなりましたが、
朝立ちはあったと思います。

もう歳だし、使うことも減ってくるから良いかなと思いつつも、
男性の機能がダメになってしまうことに一抹の寂しさを感じていました。

私が今回、更年期障害の検査を受けようと思ったのは、
いつもと違う、関節痛と性機能の低下があったからだと思います。


次回は病院へ検査に行った時の話を書きます。
その3 に続く

category: 精神病院/鬱/発達障害

tb: 0   cm: 0

うつ病と更年期障害について その1  

今日はうつ病と更年期障害について書きたいと思います。

ここ数ヶ月ずっと精神的な調子が良かったのですが、
(私の記録によると昨年の9月末から)
今年の1月の中旬頃から精神的なバランスを崩しました。

特に思い当たる理由もないのに憂鬱な気持ちになり、
不安感も強く、無気力で何もする気が起こらなくなりました。
ブログの更新も滞っていました。

妻の勧めもあって男性の更年期障害の検査に行った結果
男性更年期障害(加齢性腺機能低下症、LOH症候群)と診断され、
男性ホルモンの補充療法を始めました。

そのことを書こうと思います。
かなり長くなりますので、興味のある方だけ読んで下さい。



私は仕事をしていた30~40歳の時、
うつ病を患ってずっと精神科に掛かっていました。
うつ病で2度精神病院に入院ました。

仕事を辞めてからは、ストレスになるようなことも無く、
精神薬を飲まなくなりました。

もう精神科には掛からないと思っていましたが、
3年程前(49歳の時)から再び精神的に不安定になり、
精神科に掛かるようになりました。


2つの精神科に掛かり、情緒不安定なこと、不安感が強いこと、
睡眠がとれないことを訴えましたが、いずれもうつ病とは言えないと診断され、
抗不安薬や睡眠薬を処方され、抗うつ薬は処方されませんでした。

私自身も、会社員時代に患ったうつ病とは違うように感じていました。
寝込むほどではないし、何よりも食欲は普通にある。
うつ病の時は食欲が全くなく、無理やり口に食べ物を詰め込んでいたことを覚えています。
そう考えると、うつ病ではないような気がしていました。


では、うつ病でなければ何なのか?
憂鬱な気持ちに支配され、不安感が強く、無気力で何もする気が起こらない。
躁うつ病、冬季うつ、適応障害、愛着障害などといったことを考えましたが、
どうもしっくりいきませんでした。

そうこうしているうちに、自然と精神的に不安定な状態はおさまり
また普通の生活が送れるようになりました。

でも症状が良くなっても、再び精神的に不安定なる、
といったことを繰り返していました。


2年前、精神科に掛かっていた時に、
憂鬱な気持ちや不安感が強いことを訴えたら、
カウンセリングを勧められました。

そのカウンセリングの中で、
怒りの感情や不安の感情が強く、
そういった負の感情を抑えられないという話をしたら、
私の年齢的(当時49歳)に、更年期障害の可能性を指摘されました。

一度、検査を受けてみて、漢方薬などを飲むと良くなるかもしれません、
と言われたたことを覚えています。
その時は、あまり検査を受ける気にはなりませんでした。

更年期障害の検査を受けることに抵抗がありました。
それは初めて精神科に掛かる時の敷居の高さに
似ているような感覚です。


その2に続く

category: 精神病院/鬱/発達障害

tb: 0   cm: 1

無職日記 1/12(金) 大磯丘陵(弘法山公園)を散策 その4  

その3 からの続き

W360Q75_IMG_5236_20240128195115b9e.jpg
弘法山からは舗装された階段を下り弘法山公園へ
W360Q75_IMG_5245_20240128195117cea.jpg
馬場道
権現山から弘法山に続く尾根道は、馬場道と呼ばれ、
戦前は農民が草競馬を楽しんだ所だそう。
W360Q75_IMG_5266_2024012819512048d.jpg
再び階段を登り、権現山の山頂へ
W360Q75_IMG_5280.jpg
権現山の山頂
W360Q75_IMG_5278_2024012819542125c.jpg
13:55-14:05 権現山
W360Q75_IMG_5274_2024012819512051c.jpg
展望台があったので登って見ることに
W360Q75_IMG_5284_20240128195426bda.jpg
秦野市内の眺め
W360Q75_IMG_5282_20240128195423df7.jpg
富士山も見えてきれいだった。

権現山の展望台で30代半ば位の男女がいた。
展望台から見る富士山があまりにもきれいだったので、
こちらから「きれいですね」と話しかけた。

彼らは最近秦野に引っ越してきたそうだ。
それまでは横浜や鎌倉に住んでいたと言っていた。
自然豊かな秦野は良いところだと。

山の話にもなり、高尾山系や丹沢山系の話もした。
話した感じ、山が好きなように思えた。
だからここに越してきたのだろうか。

この展望台から見える夕焼けや夜景もきれいだそうで、
今度見に行きたいと言っていた。

久し振りに家族以外の人と会話を交わした。

権現山を下ってからは浅間山へ
W360Q75_IMG_5298.jpg
14:15 浅間山
ここからも富士山が見えた。
東京でも陣馬山など富士山が見えるところがあるが、
秦野は静岡県に近いこともあり、富士山が大きく見えてきれいだった。
W360Q75_IMG_5303.jpg
更に山を下って秦野駅へ
下りは急な階段が続いていて、いつも痛くなる左膝が痛くなった。
これはどうにかならないものだろうか。
W360Q75_IMG_5313.jpg
14:25 弘法山公園入口へ
W360Q75_IMG_5309.jpg
山道は終わり、ここからは普通の道を歩いて駅へ
W360Q75_IMG_5325_20240205103636230.jpg
水無川沿いを歩く
W360Q75_IMG_5330.jpg
冬は雨が少ないせいか、川の水量は少なかった
W360Q75_IMG_5335.jpg
14:45 弘法の清水
W360Q75_IMG_5339_20240205103639585.jpg
秦野市内には、湧水が多く見られ、その水は古代から人々の暮らしに利用されてきた。
1985年には、秦野盆地湧水群が環境庁により「全国名水100選」に選定された。
湧水群の中で特に有名なのが、伝説の残るこの弘法の清水。
年間を通して、水温は16℃前後、水量は日量100トン前後で安定している。
W360Q75_IMG_5346.jpg
湧水は飲むことができ、喉が渇いていたので美味しかった。

「弘法の清水」の伝説
ある夏の日のこと、一人の旅の僧が水を恵んでもらおうと、ある農家を訪れたが、
その家には水がなかった。
「ちょっと待って下さい。」と外に出た娘はなかなか帰ってこない。
水を求めて遠くまで行ったのだ。
僧は大変感謝し、持っていた杖を地面につくと、そこから水が湧き出てきた。
後になって、旅の僧が、弘法大師とわかり、この井戸を弘法の清水と呼ぶようになった。
W360Q75_IMG_5353.jpg
14:50 秦野駅に到着
鶴巻温泉駅から秦野駅まで、2時間35分の散策だった。
今回もコースはなだらかな道が多かったので、まだ体力に余裕があり、
少し歩き足りない感じがした。
W360Q75_IMG_5365_2024020510530449d.jpg
小田急線に乗り、自宅へと向かう。
W360Q75_IMG_5371.jpg
秦野はとても良い所で、また歩きに来たいと思った。

電車の中で、仕事に行っている妻に今日の夜、飲みに行かないかとLINEで誘ったら、
良いと返事が来たのでお店の予約を取った。
W360Q75_IMG_5390_20240205105306d9f.jpg
歩いた後の生ビールは美味しかった。
W360Q75_IMG_5418_20240205110256ada.jpg
刺身盛り合わせ
W360Q75_IMG_5432_20240205110259dec.jpg
ベーコン、温玉サラダ
W360Q75_IMG_5440_20240205110302d21.jpg
あんこうの唐揚げ
W360Q75_IMG_5442.jpg
たこの唐揚げ
W360Q75_IMG_5456.jpg
さつまいもとベーコンのチーズ焼き
W360Q75_IMG_5461.jpg
細巻き(梅しそ、穴子きゅうり)

ビール、レモンサワー、日本酒(2人で4合)、酎ハイを飲んだ。

21:00帰宅。
飲み過ぎたので自宅では飲めなかった。

23:10就寝
疲れていたので直ぐに寝てしまった。


大磯丘陵(弘法山公園)を散策 ―終―
その1その2その3

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

無職日記 1/12(金) 大磯丘陵(弘法山公園)を散策 その3  

その2 からの続き

吾妻山から弘法山(235m)までは地図によると45分程の距離である。
コースはこちらを参照
弘法山公園・吾妻山コース
W360Q75_IMG_5117.jpg
山道の土の感触が心地良く、とても歩きやすい道だった。
多くの人が訪れるのも分かるような気がした。
W360Q75_IMG_5120.jpg
北高尾山稜だと、この時期の平日であれば、
すれ違うのは多くてせいぜい5人程度だと思う。
W360Q75_IMG_5123.jpg
アップダウンが激しくてきついし、景色も楽しむことができず
不人気のコースだと言える。
体を鍛えたい(虐めたい)人向けのトレーニングの場だと思う。
ここに通えば肉体も、精神も鍛えられるだろう。
W360Q75_IMG_5131_202401211936301e3.jpg
最近は神奈川県の丘陵を歩くことが多い。
三浦丘陵の武山、砲台山、三浦富士、鷹取山、
鎌倉アルプスの大平山・天園など
W360Q75_IMG_5140_20240121193630c93.jpg
低山は体力もあまりいらないので
ひきこもり生活が長い私でも登ることができる。
W360Q75_IMG_5169_2024012119363290a.jpg
神奈川県には大磯丘陵の他にも渋沢丘陵、曽我丘陵などの
低山があり、今年は順次行こうと考えている。
W360Q75_IMG_5161.jpg
ただ難点は家から遠い事。
片道で2時間以上、往復だと4~5時間かかってしまう。
W360Q75_IMG_5171.jpg
となると、小田原・平塚あたりのビジネスホテルに泊まって
2日続けて歩くのが良さそうかなと。
W360Q75_IMG_5197_202401211936350dd.jpg
13:25 弘法山に到着
W360Q75_IMG_5208_20240121211407fd3.jpg
山頂
W360Q75_IMG_5211_20240121211410e17.jpg
山頂から秦野市方面の眺め
W360Q75_IMG_5200_20240121210828cd3.jpg
鐘楼(しょうろう)
W360Q75_IMG_5209.jpg
釈迦堂
W360Q75_IMG_5223_20240121211539166.jpg
弘法山のトイレには塩が置いてあった。
ヤマビル対策らしい。

北高尾山稜を歩いていた時、道すがら出会って話し込んだ人に
丹沢方面はヤマビルがいるから注意した方が良いと聞いたことがあった。
こういうことかと思った。
W360Q75_IMG_5225.jpg
弘法山からは階段を下り、弘法山公園を経て権現山へ

その4
 につづく

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

無職日記 1/12(金) 大磯丘陵(弘法山公園)を散策 その2  

その1 からの続き

本日のコースは
小田急線鶴巻温泉駅-吾妻山-弘法山-(弘法山公園)-権現山-浅間山-小田急線秦野駅
の7.5kmのコース
弘法山公園・吾妻山コース
W360Q75_IMG_5087.jpg
最初の目的地は吾妻山
W360Q75_IMG_5093.jpg
道標も整備されていて分かりやすいコースだった
W360Q75_IMG_5094.jpg
道の途中、無人販売所があり農作物が売られていた。
といっても、ブルーシートが敷かれていて、
その上にみかんなどの果物や野菜が置いているだけだった。
W360Q75_IMG_5095_202401201132138ed.jpg
とてものどかな感じがして、
天気も良く歩いて気持ちが良かった。
W360Q75_IMG_5096.jpg
人が少ないであろう平日を選んだが、
多くのハイカーとすれ違った。
W360Q75_IMG_5099_2024012011321568c.jpg
登り始めた時は、2~3分おきにすれ違った。
下山する人たちばかりだ。
「これからですか?お気を付けて」と声をかけられた。
一人で静かに歩きたい方なので、それが結構ストレスになった。
W360Q75_IMG_5101.jpg
尾根は起伏も無く穏やかな道が続いていた。
良く歩く北高尾山稜とは大違いだ。

時々北高尾山稜が懐かしくなる。
北高尾山稜は、尾根に出てもアップダウンが激しくきついコースだ。
胃が痛くなりながら歩いた。
なぜ、私はこんな所に来てしまったのだろうかといつも後悔しながら歩いた。
それでも不思議と行きたくなる。
最近は熊が出るとのことで足が遠のいている。
W360Q75_IMG_5107.jpg
12:40 吾妻山に到着
W360Q75_IMG_5102.jpg
秦野市の街並みを眺めることができた。
W360Q75_IMG_5108_20240120113220afa.jpg
吾妻山を出てから、弘法山へと向かった。

その3 に続く

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

無職日記 1/12(金) 大磯丘陵(弘法山公園)を散策 その1  

7:20起床。
良く眠れたが、昨晩は寝たのが遅かったので寝足りなかった。
目を覚ましてからは布団の中でウトウトして8:30に起きた。

午前は洗濯物を干し、ゴミ出しをして
神奈川県の大磯丘陵にある弘法山公園に歩きに行く予定だったので
出掛ける支度をした。

10:00過ぎ
自宅を出て小田急線の鶴巻温泉へと向かった。
W360Q75_IMG_4971.jpg
鶴巻温泉は初めて行く。
土地感が無いこともあってか、電車の中では極度に緊張して胸が一杯だった。
途中、乗換駅で昼食にラーメンを食べるつもりだったが、
食欲も無くそのまま鶴巻温泉まで行った。
W360Q75_IMG_4999_20240119202549458.jpg
昼前に鶴巻温泉に着いた。
何も食べずに歩きに行っても良かったが、
途中でお腹が減っても困るので軽く食べて行くことにした。
W360Q75_IMG_5049.jpg
鶴巻温泉駅から歩いて10分程のところにある 手打ちそば信玄 へ。
W360Q75_IMG_5019.jpg
開店直後で、先客は2人だった。
カンター席に座った。
W360Q75_IMG_5016.jpg
蕎麦はお店で打っているようだ。
W360Q75_IMG_5040.jpg
冷したぬきそば 1,050円 
大盛(250円増し)を食べた。

蕎麦はとても美味しく、食べに来て良かったと思った。
この辺りの秦野盆地には湧水群があり、名水百選にも選ばれていて
水が美味しいから蕎麦も美味しいのだろう。

昼食を食べてからは弘法山公園へと向かった。
W360Q75_IMG_5062.jpg
再び鶴巻温泉駅前へ(12:15)
W360Q75_IMG_5073_202401192032561c8.jpg
ハイキングコースに行く途中、
鶴巻温泉 元湯 陣屋 旅館の前を通った。
陣屋旅館は将棋のタイトル戦も度々行われている。
その昔には「陣屋事件」が起こった舞台でもある。
W360Q75_IMG_5082.jpg
陣屋から歩いて5分程で吾妻山ハイキングコース入口へ


その2
 に続く

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

無職日記 1/13(土)   

9:00起床
ぐっすりと良く眠れた
朝の憂鬱感はやや有り。
休みの日特有の憂鬱な気持ちだった。

■午前
昨日、弘法山公園に歩きに行った時の写真の整理をした。
10:50から朝食。
サンドイッチ、塩バターパン、アイスコーヒーで食べた。
その後は洗濯物を干し、天気が良かったので布団を干した。

■午後
12:25
コロナワクチンの接種(5回目)に出掛けた。

コロナワクチンの接種は昨年は一度もしてなかった。
接種記録を見ると、
2021年は8月に2回、2022年は3月と10月に打っている。

私の身近では私と妻はまだコロナに罹患していない。
2人の子供と両親は昨年罹患している。
いずれ罹ると思うが、出来るだけ罹らないようにしたい。

帰宅してからは写真の整理の続きをした。

14:30から昼食。
焼き鳥丼を食べた。

昼食後、台所の洗い物をして、お風呂掃除をした。
15:30頃から雨が降ってきたので洗濯物を取り入れた。

■夕方
16:30コロナワクチンを打った左肩が強烈に痛みはじめた。
夕方はabemaTVで朝日杯将棋オープン戦を見た。
外を見ると雪が降っていた。

■夜
18:00
将棋の銀河戦の決勝戦(丸山vs藤井聡)の録画を見た。

20:05
妻とスーパーに夕飯の買い物に行った。
帰宅してからお風呂に入り、夕飯を食べた。
夕飯はスーパーで買ってきたやきそば、イカのリングフライ、ウインナーとポテト。

コロナワクチンを打ち、身体に怠さはあったが、体調はそこまで悪くなかったので
ビール(350ml)、缶チューハイ(350ml)、焼酎(140ml)を飲んだ。
夕飯後は部屋では将棋の銀河戦の準決勝(丸山vs永瀬)の録画を見た。

1:30
急に体が怠くなり、起きているのも辛くなった。
1:50就寝。
お酒を飲んでいたこともあり直ぐに眠れた。

category: 無職日記 202401

tb: 0   cm: 0

無職日記 1/8(月)  

6:15起床。
あまり良く眠れなかった。
今日は娘の成人式で、7:30に娘を車で美容院に送ることになっていた。
その時間が気になって早くに目を覚ましてしまい、その後は寝れなかった。

■午前
7:30車で外出。
娘を美容院の近くまで送って行き、
その後、近くの駐車場で娘の着付けが終わるのを待った。

再び美容院に迎えに行く途中、
裏道で右折するとき車をポールに派手にぶつけてしまった。

バキバキという大きな音がして、車を降りて確認すると
車体の広範囲に傷が付き、車体が凹んでいた。
とてもショックだった。修理代、いくらかかるのだろうか。
気が動転していたので、妻に運転を交代してもらい、
娘を成人式の会場へと送った。

9:50帰宅
帰ってからは朝食
トースト2枚、チーズ、ホットコーヒーで食べた。
その後、洗濯物を干し、台所の洗い物を拭いた。


■午後

12:00
布団で横になり将棋のTV対局を見た。
朝早く起きてたせいか直ぐに眠くなり、12:10-12:40昼寝をした。

14:30
娘が成人式から帰ってきたので家の前で写真を撮った。
近所の子供達も成人式に行っていたようで、一緒に写真を撮った。

子供が成人したという感慨は全く無い。
あるのは子供が生まれてから、20年とい歳月があっという間に過ぎ去って行ったこと。
私の親としての役割が終わり、死期が着々と近づいていること。
ただそれだけだ。



私の成人式の日のことを思い出した。
当時は大学生で、1月末に試験があった。
その試験勉強が忙しいから、成人式には行けないと周りには言った。

勉強が忙しいということは全く無かった。
行きたくなかったので嘘をついた。

大勢の人のいる式典などに行きたいと思わなかった。
中学時代の同級生に会いたいとも全く思わなかった。
当時から私は社会性が無かったのだろう。

今も同級生に会いたいとは思わない。
一人で好きなことをして過ごす方が余程良い。



15:30
娘が近所のお寺で着物を着た記念写真を撮りたいという。
妻と娘と3人で行った。
誰もいない静かなお寺はとても良かった。

帰宅してからは、庭の植木の剪定をした。
剪定に夢中になり、気が付くと辺りは日が暮れて暗くなり、寒くなっていた。
1時間半剪定をして、庭がきれいになり気持ちもすっきりとした。
春になり、芽吹く木々を見るのが楽しみだ。


■夜
娘は18時から同窓会があるらしく出掛けて行った。



私と娘は似ているところが多い。
息子は妻に似ている。

私と娘の共通点は、
計画的、緻密、自他ともに厳しい(怒りっぽい)、神経質

妻と息子の共通点は
おおらか(穏やか)、やさしい、ずぼら(いいかげん)

私と娘は同類だと思っていたが、私と正反対で社交的だ。
妻もどちらかと言えば非社交的。
私の父は社交的な人なので、隔世遺伝なのかもしれない。



夕飯
ドミノ・ピザ、「成人の日」は新成人にピザを無料プレゼント

という企画があったようで、娘がドミノビザを持ち帰ってきた。

そのピザと、年始、八ヶ岳に行った時に買ってきたウインナーを食べた。
お酒はシャングリア(600ml)を飲んだ。
お酒を飲んだら直ぐに眠くなった。

その後、部屋でネットをしたり、将棋のTV対局を見た。
22:10いつもより早めに布団に入った。
布団で横になりながら将棋のTV対局を見て、23:00就寝。
眠かったので10分も経たずに寝てしまった。

category: 無職日記 202401

tb: 0   cm: 0