FC2ブログ

夢職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。夢職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

私の生きづらさについて ~発達障害のこと~ その3  

■結婚生活

妻とは学生時代に知り合って、交際して5年で結婚しました。
付き合っていた当時は特に問題なかったと思いますが、
それでも、私は数字へのこだわりが強く、
特に時間に関しては、拘りが強かったと思います。
(今は意識して人を巻き込まないよにしています)

待ち合わせ時間に、妻が少し遅れたことで大喧嘩した記憶があります。
今思うと、妻はよく一緒になってくれたと思います。


結婚後、妻は私が普通の人とは何かが違う事に気が付いていたようでした。
付き合っていた頃は、一緒にいる時間に限りがありますが、
結婚すれば常に日常を共にします。
おかしな考え、行動は否が応にも見えてきます。

後に聞いた話では、妻は結婚して3年目におかしさは感じていたと。
しかし、そのことを私に指摘しても私は否定し、喧嘩になることは目に見えていたので
言わなかったそうです。

とにかく、色々なことに拘りが強く、常に自分の考えが正しく、
私と異なる考えであっても価値観の違いと言って、他人(妻子)の考えを受け入れない。
そういうこともあって、2~3ヵ月に一度は大きな夫婦喧嘩をしていました。

私は弁が立つので、妻を理詰めで追い込んでいき、
どうにもならなくなった妻が、物に当たり壊す。
(当時の事は、思い出しただけでも胸が痛みます)

離婚して欲しいと言われたことも数度あったり、
夜中に家を飛び出して行くこともありました。
それでも、自分が常に正しく、間違っているのは妻だと信じて疑いませんでした。


発達障害の事を知って、初めて自分が間違っていたことに気が付きました。
今では、自分の心無い言動で、妻や子供たちを苦しめてしまったことを深く後悔しています。
しかし、その当時は、自分の異常さに気が付かなかったのです。


■数字への拘り

私の拘りの対象は数字になります。
私は手帳に日常生活のメモを付けているのですが、
人と待ち合わせしている時間のみならず、
家を出た時間や帰ってきた時間など、事細かにメモしています。
その日の最高気温もメモしています。
私の手帳は、数字だらけです。
おそらく、こういう人は他にはあまりいないと思います。


一方、数字への拘りが強いが故、
トレーダーとして生きてこれた面もあると思います。

トレードは、株価、出来高、会社の業績、
殆どのものが数字で表され、それを判断して売買します。
もしかしたら、この拘りが役に立っているのかもしれません。

数字を見ているのはとても楽しく、
高校時代の数学の成績だけはズバ抜けていて、
テストの成績は、常にクラスでは3位以内でした。
(他の教科の成績は、平均~平均以下と冴えず)

今は1日相場に張り付くことは無くなりましたが、
フルにやってい時には、100銘柄程度であれば、
コード番号や大まかな株価は諳んじることができました。
別に覚えようと意識したのではなく、自然と頭に入って来る感じでした。


その4に続く
スポンサーサイト

category: 精神病院での入院生活

tb: 0   cm: 0

私の生きづらさについて ~発達障害のこと~ その2  

■発達障害

発達障害にも色々とあります。
注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、自閉症、アスペルガー症候群
その中で、私は高機能自閉症の可能性があると言われました。
可能性があるというのは、その病院には発達障害の専門医がおらず、確定診断できないので、
専門医のいる病院へ行って欲しいとのことでした。

自閉症は、社会性、コミュニケーション、想像力の3領域に障害が見られ、
言葉の発達が極端に遅かったり、特手のものに異常な興味をしめしたりします。
そして、その多くは知的障害を伴います。
高機能自閉症というのは、自閉症のなかで知的障害を伴わないものを指します。


主治医から、「高機能自閉症」と言われたときは、全くぴんときませんでした。
発達障害、自閉症という言葉は聞いたことがありましたが、
自分とはおおよそ無縁の世界のことだと思っていたからです。

私の場合、軽度だったので、社会性やコミュニケーションも
社会生活を送るうえで大きな障害があった訳ではなく、
学校生活、会社員生活、結婚生活を送ってこれたようです。

しかし、それでも普通の人とは何かが違うので
大きなストレスを感じていたようです。


退院後、発達障害に関する本を読むと、
自分にあてはまることが沢山あって、びっくりしました。

私がこれまで普通の人と同じ社会生活を送ることが、
辛く感じていた原因がわかり、ストンと腑に落ちた感じがしました。
「そういうことだったのか」と。

発達障害と告げられて、ショックを受ける人もいるとも言われますが、
私の場合、今までの生きづらさの原因が分かってスッキリとした気分でした。
しかし、これが脳の機能不全であり、一生治ることは無く、
このまま、この辛さと向き合っていかなくてはならないとう不安感もありました。



■確定診断

3ヵ月間入院した精神病院を退院した後、病院から紹介された
東京都発達障害者支援センター(TOSCA)へ相談に行きました。
ここは、東京都から委託された発達障害に関する相談が無料でできる相談施設です。
(各自治体に発達障害情報・支援センターはあります)

ここで、発達障害の確定診断を受けた方が良いのかを相談をしました。
大人で発達障害を疑われる人は多く、それに対して確定診断をできる医療機関は限られているので、
診察を受けるまでとても時間がかかるようでした。(予約が数ヵ月待ちとか)

確定診断を受けるメリットは、精神障害者保健福祉手帳を受け取れることにあります。
この手帳があると、再就職活動において、障害者枠での雇用を期待できるとのことでした。


当時の私は、ハローワークなどで再就職活動をしていましたが、
障害者枠を使ってまで、再就職活動はしたくないと思っていました。

それは、これまで苦しいながらも社会人生活を送ってこれたのだから、
何とか普通の人と同じように仕事をしたいという気持ちが強かったからです。
それは、自分のプライドからなのか、障害者という言葉に対する抵抗感からなのか。
心のどこかで、自分は健常者であるという意識を拭い切れない部分がありました。


結局、再就職活動では十数社応募して面接の機会を与えられたのは1社のみで全て不採用。
そのうち、趣味のトレードで収入を得られるようになったので、
再就職活動は止めてしまいました。

しかし、たまたまトレードで稼げるようになったので再就職活動は止めましたが、
生活費が稼げなければ、何かしらの仕事をしなくてはならず、
障害者手帳を得るために、確定診断を受けに行ったと思います。


その3につづく

category: 精神病院での入院生活

tb: 0   cm: 0

私の生きづらさについて ~発達障害のこと~ その1  

しばらくは私の発達障害のことを書こうと思います。
いずれは書こうと思っていましたが、なかなか書く機会がなかったので。

最近、この発達障害に起因する聴覚過敏で、精神状況があまり良くありません。
(後に詳細を書きますが、こんな感じです 聴覚過敏「音」で極端に疲れる
ブログを書いていなかったのはこのせいもあります。


■精神病院で告げられたこと

 16年間の会社員生活を送ってきましたが、
 会社員生活になじめず、1年目からストレスで十二指腸潰瘍を患い2年目で入院。
 30歳からは欝を患い、精神薬を飲みながら仕事を仕事を続けました。
 40歳で休職し、精神病院に入院。その後、退職することに。

 16年の会社員生活は本当に辛かったです。
 かといって、私の勤めていた会社がブラック企業だったかというと、
 そんなことは無かったと思います。
 一緒に働いていた同僚や上司もとてもいい人でした。

 仕事を続けられなかったのは、会社に問題があったからでは無く
 私自身に問題が有ったことが後に分かりました。


 休職中に精神病院に入院しましたが、
 退職後も仕事を失った絶望感から脱することができず、
 鬱状態が酷く2度目の入院をすることになりました。

 2度目に入院した病院は、休職中に入院したのは別の病院で
 主治医も変わりました。

 その病院で主治医に言われたことは、
 私は軽度の発達障害であり、その二次障害として鬱を発症しているのではないかと。
 軽度というのは、障害がありながらも、なんとか社会で自立して生活できている
 ということだったと思います。



■なぜ、主治医が私の発達障害を疑ったのか?

 私は入院当初、希死念慮が強く閉鎖病棟に入院していました。
 その後、1ヵ月ほどで症状が良くなり、解放病棟に移ることになります。

 しかし、閉鎖病棟で慣れた環境、人間関係を
 解放病棟へ移ることで、また初めから構築することにとてもストレスを感じ、
 主治医に「元の閉鎖病棟に戻して欲しい」と直訴しました。


 閉鎖病棟は自由が全くありません。
 散歩や売店の買い物も、決められた時間に職員同伴で行かなくてはなりません。
 お風呂も監視の元、決められた時間に大きなお風呂にみんなつかります。

 そんな不自由である閉鎖病棟に、自ら進んで戻りたいという患者を
 その主治医は初めて見たと言っていました。

 発達障害の特徴として、変化を嫌うということがあるらしいです。
 自分の居心地の良いと思う場所に固執する。
 主治医はそこで、私のおかしさに気付いたようです。

 その後、色々な検査を受けて
 (知能検査、おそらくWAIS-IIIを受けたり、絵を書かされたり)
 その疑いがあると診断されました。

その2につづく

category: 精神病院での入院生活

tb: 0   cm: 0

今日1日  

【6:30】
 起床。昨晩はお酒を飲まなかったので
 目覚めはまずまず。

【午前】
 寄り付きで8月の優待銘柄をクロス
 本日のトレードはそれで終わり。

 あとは、証券会社のマイナンバーの書類を書いたり。
 そんなことをしていたら午前中は終わり。
 意外と時間がかかった。

 ただこの先、金融機関のマイナンバーの運用はどうなるのか?
 ----------------------------------------------------
 政府は13日までに、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)を活用して高齢者が保有する 
 預金や有価証券などの金融資産を把握する仕組み作りを先送りする方針を固めた。 
 時事ドットコムニュースより
 ----------------------------------------------------

【午後】
 14時頃、自宅で少し遅めの昼食。
 冷凍うどんを茹でて、スーパーで買ってきたイカ天とさつまいも天を入れて
 天ぷらうどんを食べる。

 昼食後、まだ場中ではあったものの、将棋のTV対局を2局見る。
  第26期銀河線 決勝トーナメント
   屋敷伸之九段vs渡辺大夢五段
  NHK杯テレビ将棋トーナメント
   松尾歩八段vs山崎隆之NHK杯選手権者
 
 トータルで3時間ほど見たら、もう夕方になっていた。
 ベランダの洗濯物を取り入れる。

【夜】
 妻が実家に帰っていたので私が夕飯の準備。
 暑くて台所に立つ気が起こらず、子供たちはから揚げ弁当。
 私はスーパーのお寿司。

 その後は自由時間。ネットをしたり、お風呂に入ったり。


今日は1日何もしませんでした。(マイナンバーの書類は書いたけど)
明日の予定も特に無し。
明日は明日の風が吹く。

category: トレーダーの日々201808

tb: 0   cm: 0

今日1日  

昨晩は外へ飲みに行きました。
1軒目で生ビール3杯の後、2軒目ではちょっと羽目を外して、
金宮焼酎梅割りを2杯、最後にグレープフルーツサワーを飲んだら、
無事撃沈しました。


【8:30】
 目を覚ますも布団から出られず。
 二日酔いでは無いものの、何となく起きる気がしなくて
 ゴロゴロしながらスマホで寄り付き前気配を確認する。

【9:30】
 なんとか布団から出て、ベランダに洗濯物を干す。
 今日も朝から暑い。
 部屋に掃除機をかけるのはパス。
 台所の洗い物は午後にすることに。

【10:30】
 することも無く暇だったので
 ブランチを食べに車に乗って郊外の喫茶店へ。
 アイスコーヒーとミックスサンドを食べる。

【12:45】
 帰宅
 後場も暇で、そろそろ昼寝でもしようかと思っていると、外は凄い雨と稲光
 慌てて洗濯物を取り込む。
 外出していた子供から電話があって、車で駅まで迎えに行く。

【15:30】
 午前中から放置していた台所の洗い物を片付け、
 夕食の御飯を炊飯器にセットする。

【16:00以降】
 自由時間
 友人と電話をしたり、ネットをしたり。
 夕飯はカレーライスだったので、お酒は飲まず。
 そろそろ寝ます。



夏休みにつき、することが無く暇です。
トレーダーさんとのラインの遣り取りで、毎日暇だと送ったら、
「平和で良いですね」と返ってきた。
長期保有ポジションが痛んでいて、それ程平和でもないのですが。

そんなに暇だったら、図書館にでも行って
名作と言われるDVDでも見てきたらどうですか?と勧められた。
そういうことができるのですね。
良い事を聞きました。

category: トレーダーの日々201808

tb: 0   cm: 2

FXのスワップ生活が破綻した時の話  

トルコリラが騒がれているので、少し昔話を書いてみます。
今から10年程前の話です。

2006年までは新興市場がそれなり好調で、株式で利益を上げることができました。
しかし、ライブドアショックを境に風向きが変わり、
2007年になると株式で利益を上げることが難しくなってきました。

そこで私が着目したのは、高金利通貨に投資してスワップ(利息収入)を得ることでした。
トルコリラ、南アランド、NZドル
なかでもトルコリラの金利は高く、
私は資金の多くをトルコリラに投資していました。
最初にトルコリラを購入したのは2007年6月。当時の為替は93.08円でした。



高金利通貨のスワップ収入は、私の想像している以上に凄い物でした。
何もしなくても、毎日スワップで1万円以上の収入を得ることができたのです。
当時、新居を購入したばかりで、住宅ローンの支払いが月14万円ありましたが、
スワップで月30万円を超える収入があり、ローンを支払っても、まだ手元に16万円以上が残るのです。
会社帰りに、焼き鳥屋や寿司屋へ一人立ち寄り、
カウンターに座って、夢見心地気分で美味しいお酒を週に2~3日は飲んでいました。
そんな生活を送っても、スワップで得たお金は使い切らないのです。

株では稼げなくなったものの、FXの高金利通貨で不労所得を得る方法を見つけてしまった。
自分の人生は楽勝だと確信していました。



ところが、2008年9月15日、アメリカ合衆国の投資銀行である
リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが経営破綻したことに端を発して、
連鎖的に世界規模の金融危機が発生しました。

その結果、安全通貨である日本円に買いが殺到し急激な円高が進行。
特に新興国通貨の売りは激しく、私の保有していたトルコリラも急落。

ここでよせばいいのに、ナンピン買いをしてしまい、傷口を更に広げることに。
最後は強制ロスカットとなり、私の21年の投資人生の中で、
未だ破られることの無い過去最大級の損失を出してしまいました。

この時、もう金輪際、投資と名の付く物からは足を洗おうと決意したのでした。
(まだ、株はやっていますが、FXはそれ以来やっていません)



私が思うに、世の中に美味しい話、上手い話は無いということです。
トルコリラを含む新興国通貨が高金利なのは理由があるのです。

信用力の乏しい新興国と言われる国は、
金利を高く設定しないと外貨を集めることができません。

一方、金利とインフレ率は連動していて、
インフレ率が高いということは通貨安を引き起こす要因になります。

例えば、インフレ率が10%であるならば、
1年後にその通貨は10%切り下がる、と理論的には考えられます。
(あくまでも理論的にはで、上下変動はあると思います)

だから、どんなに高金利であっても、
通貨安から逃れられない限りは、利益を得ることができないのです。
得られたスワップは、通貨安による損失で相殺されてしまうのです。
これは、何年投資しても結果は同じです。理論的には。

こいうった結論が自分の中で得られたので、
私は高金利通貨のスワップ(利息)を期待した投資は止めました。



つい1ヵ月前も、ある証券会社からトルコリラに連動した仕組債を勧められました。
トルコリラ円が23円位の時で、担当者曰く、今が底値に近いのではと。
しかし、リーマンショックの時に、1年で通貨価値が半値近くになったトルコリラが
信用できるわけがありません。

私は断りましたが、この低金利時代にトルコリラは魅力的な商品には違いません。
それは「通貨安圧力」を勘案しなければの話なのです。



世の中、上手い話はないのです。

category:

tb: 0   cm: 0

今日1日  

■カフェイン

昨晩は、布団のなかで本を読み、1時頃に電気を消すも眠れませんでした。
頭が冴えて眠気が全然来ない。
何でだろうと考えたら、昼に自宅でアイスコーヒーを飲んだからでした。
自宅のアイスコーヒーは濃いので、カフェインに弱い私は眠れなくなるのです。
2時頃やっと眠れたと思ったら、6:30に目が覚めてしまい、その後は眠れず。
今日は寝不足気味でした。


■金券ショップ

クオカード、株主優待券を換金しに
昼から都内の金券ショップへ行ってきました。

最高値で売るため、4軒の金券ショップにまわったのですが、
1軒は午前中のみの営業で午後は休み
2軒は買取金額に制限あり(1万円までと5万円まで)
1軒は通常営業
と、お盆休み前で買い取りを控えているようでした。
予定の7割程度しか売れませんでした。


■中華料理屋

金券ショップを回って、14時過ぎに昼食を食べに中華料理店へ。
ラーメンと半チャーハンのセットを頼みました。

初めてのお店だったのですが、色々と残念でした。
オープンキッチンのカウンター席に座ったので、作ることろが見えるのですが、
ラーメンは中華鍋のお湯が沸騰する前に麺を投入し、4~5分茹でている。
チャーハンは、すでに作り置きしてあるものを炒めなおして提供する。
美味しいはずがありません。

腰の無いフニャフニャの麺と、パサパサのチャーハンを
複雑な気持ちで食べました。

私は旅行へ行ったり、外出した時は、
出来る限り同じ店には行かないようにしています。
色々な経験をしたいので。
だからハズレの店に行ってしまうのは、仕方の無い事です。


■トレード

決算シーズンも今日がピーク。
来週の火曜日まではまだ少しありますが、
8月後半からボチボチトレードを再開する予定でした。

が、トルコリラショック?でリスクオフモードに突入か?
夜間の日経平均先物、海外市場は軟調です。
もうしばらくトレードは控えた方が良いかもしれません。
今年は本当、ダメですね。

先月は無理をしてお金を減らしてしまったので、
今月はトレードでお金を減らさないように。
それでも、日々の生活費は確実に減って行く訳で、
毎日が自由な身と言えども、こういう時は専業投資家は辛いです。

category: トレーダーの日々201808

tb: 0   cm: 0

昨日1日  

一月前、胃の調子が悪くて、7/10に内視鏡検査を受けましたが、
まだ、その結果を聞いていなかったので
昨日の午前中、検査を受けたクリニックに行ってきました。

逆流性食道炎はあるものの、胃は異常なし。
薬を飲んで、しばらく様子を見てくださいとのことでした。
最近はお酒も飲めるようになってきたし、
ちょっと調子は上向きです。


昼前に診察が終わって、折角街に繰り出したのだから、
どこかで昼食を食べて行こうと思ったものの、あまり食欲はありませんでした。

ラーメン、とんかつ、カレーライス、
あれこれ候補は思い浮かぶものの、どうも食べる気がしない。
結局、胃に優しそうな(脂っぽくないという意味で)海鮮丼を食べました。

海鮮丼を目の前にして、ビールを追加注文するかしないかで
散々逡巡したものの、やめることに。
後場もトレードの予定は無かったので、飲んでも良かったけど、
やっぱり胃の調子は全快ではないので。


自宅に帰ってからは、ボードをぼんやりと眺めつつ決算銘柄のチェック。
資生堂、激しすぎます。
昨日もだけど今日も。

バーチャトレードで見ているだけだけど、
付いていけない感じです。


手持ちは4銘柄(東証1部:2銘柄、REIT:2銘柄)
中期で保有予定なので、しばらくは何もせず見守っています。

明日もノートレードの予定。
金券ショップに行って、クオカードを換金してこようかな。


明日から上大岡で京急将棋まつり。
都合が付けば1日は行きたいです。

category: トレーダーの日々201808

tb: 0   cm: 0

今日1日  

台風が接近しいるおかげで
東京は涼しくて快適です。


トレードは、決算銘柄を避けていることもあって暇です。
取り引きも殆どしないだろうから、
信用で買っているREITを現引きしました。
稼げない時は金利もバカになりません。


8月の優待銘柄の競争も激しいですね。
今から金利を払ってまで、と思ってしまうので
まったく取る気がしません。

いつも一般信用で早めにクロスしている友人がいて、
彼は相当金利、貸株料を払っているとか。
それで、制度信用で前日にクロスしたらどうだろうとシミュレーションしたら、
高額な逆日歩を払っても、トータルでは制度信用でクロスした方が
コストが安かったと言っていました。

しかし、高額逆日歩は、精神的なダメージが大きいんですよね。
まあ、8月は無理をしない程度にボチボチ取ります。



今日の後場はお休み。
14時頃に遅い昼食を食べに行きました。
から揚げ定食を食べたらお腹が一杯で、いつもの時間に夕飯を食べれませんでした。
これから夕飯を食べます。

午前中、業務用スーパーで2Lの宝焼酎と炭酸水を買ってきたので、
その焼酎を飲みます。
カットレモンで割って。

昔はビールが好きだったけど、今は8割が焼酎です。
この時間から飲むので、明日は朝寝坊かな。
今週1週間は休みで良いや。

category: トレーダーの日々201808

tb: 0   cm: 0

憂鬱  

土曜日の夜から2泊3日で、山梨県にある父の家に行ってきました。
妻の仕事の都合もあり、あまりのんびりは出来ませんでしたが、
日帰り温泉施設へ行ったり、北八ヶ岳にある白駒の池に行ったり、
それなりにリフレッシュできました。



今年の夏は暑いせいか、スズメバチの活動が活発なようです。
父の家にも幾つかハチの巣が作られていて、
これまで手が届くところの巣は、父がスプレー缶の殺虫剤を使って取り除いたようです。
しかし、高いところに作られた10cmぐらいの巣は取れなかったようで、
今回私が家に行く機会があったので、取ることになりました。

昨晩、ハチの活動がおさまった夜に、
軒先に作られていた巣を棒でつついて地面に落としたら、
スズメバチが激怒して、飛び回る飛び回る。
2匹が家の中に入ってしまい、1匹はやっつけたものの、もう一匹は残ってしまい、
寝るときは寝室に居ないことを確認して、部屋を閉めて寝たものの
この家のどこかにまだ潜んでいると思うと憂鬱でした。

朝になって2階の部屋にいることを確認。
車で薬局に行き、ハチ用のジェット殺虫剤を購入。
もし何かあったら使おうと思っていましたが、
襲って来ることもなさそうだったので、
ハチを刺激せず、そのままにして東京に帰ってきました。

父もしばらくは山梨の家には行かないそうなので
その間に、尽きてくれればと思っているのですが甘いかな。



スズメバチに関する知識が全くなかったので、
安易にハチの巣を除去したのですが、
ネットで調べたところ結構危険なのですね。

だからといって、業者に頼めば1万円~の費用がかかる。
そのまま放置すれば、ハチの巣は益々大きくなって行く。
どうすれば良かったのか、未だに良く分かりません。

そんなこともあって、
気分転換に山梨の父の家に行ったのですが、
昨晩の夜から今日の昼までは、何とも言えない憂鬱な時を過ごしました。



東京の自宅に帰ると室温は34.3℃
3日間家を空けていて、閉めっきりにしていたので仕方がありません。

今週は東京に台風が来て、少し暑さは和らぐようですが、
8月一杯は猛暑が続くようで、やはり憂鬱です。

会社員時代は毎日憂鬱な気持ちだったのですが、
最近はトレードでも稼げないし、身の回りでも嫌なことばかりだし、
憂鬱な日々が続いています。

酒で憂さを晴らすしかないのか・・・
(今日は飲んでいます)

category: トレーダーの日々201808

tb: 0   cm: 0