FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

16年間の会社員生活について その23(最終回)  

今回で最終回になります。
長くなりましたので、お時間がある時に。

16年間の会社員生活について その1~21はこちらから
         10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22

2012年9月頃(入社16年目 40歳)~11月末(退職)

2度目の休職をして5ヵ月程が経過しようとしていました。
この時、私が何をしていたのか?何を考えていたのか?
当時の記憶はほどんどありません。
鬱の時は思考が停止しているので当然かもしれません。

ただ、同じ仕事に戻ることは考えられなかったので、
会社を辞めることをぼんやりと考えていました。

しかし、会社を辞めてしまったら生活はどうなるのか?
といった問題は全く解決していませんでした。
でも、元の会社に戻ることは絶対に嫌でした。



夏が終わりかけたある日のこと、
妻に仕事を辞めたいという話をしました。
妻は了承してくれました。
無理をして仕事をして、ここ10年ほどはずっと精神的に不安定で
塞ぎ込むことが多かった私といるよりは、
仕事を辞めて、普通の精神状態に戻って欲しいと思ったようです。

それから数日後、会社に電話をしました。
直属の上司であるM課長と話をして、退職したい趣旨を伝えました。
M課長は「N部長と相談してみますと」いって電話を切りました。


その翌日か、数日後かは定かではありませんが、
M課長から電話があり、あさりと退職は認められました。

鬱を患い休職しており、会社にとってお荷物社員であることは重々承知していましたが、
何も引き止められることが無かったことに、一抹の寂しさを感じました。



話は飛びますが、
退職して無職になってからこのブログを始めたのですが、
退職して3年が経過したときに、退職した時の記録を残したいと思い立ち
ブログの記事にしました。

退職3周年記念 その1
退職3周年記念 その2
退職3周年記念 その3
退職3周年記念 その4
退職3周年記念 その5

今現在、退職して8年になりますが、当時の記憶が薄れてしまい
思い出すことができないことが多々あります。
そこで、5年前に書いた記事の一部を修正し、引用することにしました。
以下は、2012年9月頃に上司に退職を申し出てから
2012年9月末に退職するまでの出来事です。

---------------------------------------
■退職願いを書いて上司に渡す

私の場合は、鬱で休職中でしたので、
上司に直接退職願を渡すことはありませんでした。

直属の上司である課長に
「辞めることを考えています」と電話と話したところ
「部長に相談します」との返事があり、
それだけの会話で終わりました。

だから、電話で口頭により自分の意思を伝えただけで
退職願いと言うものは書きませんでした。


■上司に引き留められる

直属の課長に退職の相談をして
「部長に相談します」との言われて電話を切ったのですが、
確か、その日のうちに「部長から退職の許可がでました」
との電話がありました。

鬱を患っていたので、引き留められることは無いだろうとは思いたものの
あまりにも、あっさりと許可がでたので
拍子抜けしてしまいました。

と同時に、16年間、苦しい思いをして働いてきた自分は何だったのだろう?
といった寂しい思いも込み上げてきました。

会社という組織は、自分が思っていたよりもずっと冷たいものでした。
元々私は、優秀ではありませんでしたので
引き留める理由が全くなかったのだと思います。

退職の許可が出てからは、会社から書類が送られてきて、
色々な書類を書いて(おそらく、同業他社には就職しませんとかの誓約書など)
印鑑を沢山押して、それを送り返して手続きは終了だっと思います。


■送別会

鬱だったこともあって、人と会いたいという気持ちには全くなれませんでしたが、
色々お世話になった人もいたので、
お礼や挨拶をしたかったなと、今となっては思う事があります。

送別会自体には興味はありませんが、自分にとっては不本意な形で、
会社を去ってしまったことは残念でした。

そういった意味では、鬱が良くなるまで休職して、もう一度職場復帰して、
落ち着いてから退職した方が良かったのかもしれません。

でも、もう会社とは関りを持ちたくない、一刻も早く辞めてしまいたい
という気持ちも強かったので、休職中に辞めたのは良かったようにも思えます。


■仕事の引き継ぎ

当時は2つの仕事をしていました。
1つの仕事は、私一人の業務でしたが、一区切りついた状態で、
今後継続するか、打ち切るかの審議中でしたので
特に引き継ぎの必要はなかったと思います。

もう1つの仕事は、他の部員から、一部の業務を引き継ぎ途中の仕事だったので
私の休職中に、既に他の人に変わっていたと思われます。

といった感じでしたので、
引き継ぎ業務をしなくても、困る人はいなかったと思います。


■私物の整理

ずっと休職中でしたが、会社には、自分の机の中やロッカーには、
仕事の資料などが残っていました。
それらの私物を整理するために、人が居ない日曜日を見計らって、
会社に出向いて私物の整理をしました。

不要と思われる、業務上の資料をシュレッダーにかけて、
パソコン内のデータを消去して、最後に更衣室のロッカーに入っていた、
作業着と作業靴をゴミ箱に捨てました。

作業着とかは、会社に返すものだと思っていたのですが、
数年前、私より先に鬱で退職した後輩が、
そのようにしていたのを覚えていたのが役に立ちました。
(後輩に聞いた所、上司に捨てる様に指示されたとのこと)

日曜日だったので、誰も居ないだろうと思って作業をしていたのですが、
途中から、入社したときに同じ部署で働いていたSさんが
休日出勤だったようで、出くわしてしまいました。
Sさんは、とても優しい人で、何でも相談に乗ってくれるようなタイプの人でした。

事情を一通り話、退職することになりました、といった話をしたと思います。
ただ、当時は鬱だったので、どんな事を話したかとか
記憶があまりありません。
「この先、がんばれよ」と最後に声を掛けられたような記憶があります。

とても良い人だったのですが
会ってとても気まずい思いをしたのだけは覚えています。

会社での私物の整理は、3時間程で終わったと思います。
これが、私が最後に会社に出社した日となります。


■社員証の返却

私物の整理の際に、社員証などの重要なものだけは
自宅に持ち帰りました。
その後、退職日を待たずして、
郵送で上司宛に返却したと思います。

この辺りの事も、良く覚えていません。
とにかく、その当時は、精神薬もたっぷり飲んでいたし
記憶が曖昧です。


■退職日

11月30日付けで退職しましたがその日は自宅でいつもと同じ様に過ごしました。
(おそらく、鬱が酷くてずっと臥せっていた)
特別に会社から電話が掛かって来ることもありませんでした。

一夜明けて12月1日になりもう会社員では無く、無職になったのだなあと
思ったのは覚えています。

鬱で療養中でしたので、
仕事から解放された喜びも全くありませんでした。
むしろ、本当に辞めてしまったけど、それで良かったのだろうか?
この先、家族を養っていけるだろうか?
といった、不安の方が大きかったです。

退職してから暫くは、自分の選択した道が間違っていたのではないか?
と自分を責める日が続いきました。会社に戻る夢も良く見ました。
とにかく、辞めてから暫くは、精神的にかなり辛かったです。

---------------------------------------


以上が、16年間勤めた会社を入社してから退職するまでの話です。
23回に渡って書きましたが、色々な出来事が思い出されて
とても懐かしい気持ちになりました。
どんなに辛いことでも、時が経てば美化されてしまうのは
不思議なものです。


入社したての頃は、希望に満ちていて
それが現実を知るに従って、精神がどんどん病んでいく。
どこかで生き方を修正する(仕事に対する考え方を変えたり、転職を真剣に考えたり)
ことはできなかったのか?と思うときがあります。

しかし、仮に当時に戻ることができたとしても
それはできなかったような気がします。
私は元来そういう人間なのです。



16年間の会社員生活について その1~その23までは、
時系列でその時々の出来事を書いたのですが、
最後に私にとっての会社員生活とは何だったのか?
という全体的なことを書いて終わりにしたいと思っています。

まだ書こうと思うことは全く決まっていないので、
少し時間がかかると思います。


つづく
スポンサーサイト



category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 1

16年間の会社員生活について その22  

16年間の会社員生活について その1~21はこちらから
         10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21

2012年4月(入社17年目 40歳)~2012年8月
退職まであと4ヵ月

4月下旬より2度目の休職期間に入りました。
春になりうららかな日々が続いてましたが、私の鬱は酷くなる一方で、
1日寝ているか、膝を抱え込むように座り、
ボーっと窓の眺めているぐらいしかできませんでした。

夕方の16時ごろ、寝室の布団で臥せていると、
家の前の道路で遊ぶ近所の子供たちの楽しそうな声が聞こえてきて、
毎日何もせず、ほとんどの時間を寝て過ごしている自分が情けなくなりました。


小学校低学年だった下の子とは、いつも夜は一緒に寝ていましたが、
私の様子がおかしいのを察してか、私から離れ一人で無言で寝ていました。
そんな子供を不憫に思い、さらに胸が苦しくなりました。


食欲も無く、砂を噛むような味気ない食事を、生きるために義務的にとっていました。
できれば食べたくありませんでした。
点滴で栄養を取れたらいいのにと思いました。
食卓での会話も全くなく、静まり返っていたと思います。

当時は家族のことまで考える余裕は全くありませんでしたが、
今にして思うと、毎日食事を作ってくれた妻に対して申し訳なく思います。
また家族に対しても、家庭の雰囲気を暗くしてしまい、
辛い思をさせてしまったと思います。
病気だから仕方が無かったこととは言え、胸が痛みます。



「仕事なんかで鬱にない方が良い」
「鬱になるような仕事からは逃げが方が良い」
こういった言葉を他人は軽々しく口にします。

しかし、当事者は、
「生活費を稼ぐために仕事をしなくてはならない」といったことと
「精神を病んでしまような仕事は辞めたい」という
相反することの板挟みに苦しみ、鬱になっているのです。

簡単に解決できるような問題ではありませんでした。
鬱病というのは、どうにもならないことに悩み苦しんだ末
なってしまう病気なのです。


近年は、仕事の効率化を求められ、業務のハードルも高くなる一方です。
それに伴い、仕事で逃げ場を失い、精神を病んでしまうようなな人々は
これからも増え続けると思います。

W480Q75_img_data_01.png
オレンジ色のうつ病など:気分[感情]障害(双極性障害を含む)は増えている。
厚生労働省 精神疾患による患者数推移 より

次回は退職を会社に申し出た時のことを書きます。
その23 に続く

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

近況  

3連休初日。
暑いのでどこへも行く気はなかったのですが、
下の子が友達を家に呼び、うるさくなりそうなので
しばらく家を空けて欲しいと言われ、
妻と2人であても無く出掛けることに。

とりあえず、車に乗ってファミリーレストランにでも行って、
それから大型の本屋にでも行こうかと思ったものの、
ちょっと気になっていた場所があってので
急遽、予定を変更して行くことに。

以前、町田フットパスガイドマップ2で
薬師ヶ丘から七国山のコースを歩いたときに見かけた町田リス園へ
W360Q75_IMG_7031.jpg
町田リス園 HP
入園料400円を支払って中へ
W360Q75_IMG_7024_2020080918184761e.jpg
リス放し飼い広場へ
入り口でリスの餌のひまわりの種100円を買って中に入ります。
W360Q75_IMG_7007.jpg
広い敷地にリスが放し飼いにされています。
W360Q75_IMG_6921.jpg
ひまわりの種をチラつかせると、リスが寄ってきます。
W360Q75_IMG_6987.jpg
すぐ近くまできます。
リスは臆病な動物なのですが、ここのリスはあまり逃げません。
W360Q75_IMG_6947.jpg
餌を持ってウロウロしていると、飛びついて来るリスもいます。
W360Q75_IMG_6942.jpg

W360Q75_IMG_6925.jpg

W360Q75_IMG_6949_2020080918184139d.jpg

W360Q75_IMG_7009.jpg
この日の最高気温は32℃
日陰は涼しいものの、外は暑かったです。

リスの放し飼い広場から出てからは
W360Q75_IMG_7015.jpg
うさぎを見たり
W360Q75_IMG_7018.jpg
モルモットを見たり
W360Q75_IMG_7020_20200809182851dca.jpg
インコを見たり

ふれあいコーナーは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため
お休みでした。残念。

町田リス園には30分程滞在して、
帰りは近接する町田薬師池公園近辺を散策しようと思っていましたが
あまりにも暑いので断念。帰ることにしました。
W360Q75_IMG_7035.jpg
また、涼しくなった頃に出直すことに。

W360Q75_IMG_7066.jpg
帰り道、「ドトールキッチン」という聞きなれないお店を発見。
寄っていくことに。

ドトールキッチンとは、株式会社ドトールコーヒーと、JXTGエネルギー株式会社とが協業し、
ドライブスルー型サービスステーション併設の郊外型ドトールコーヒーショップだそうです。
メニューも通常のドリンクメニューに加え、キッチンプレート、パスタ、ピザなど
食事メニューが充実していました。
折角なので、食事をしていくことに。
W360Q75_IMG_7049.jpg
私はエビとトマトのビスク仕立て 825円
サラダとじゃがいもの冷静スープ付きです。
アイスコーヒーL 326円
W360Q75_IMG_7046.jpg
妻は夏野菜と蒸し鶏のライスプレート 886円
アイスコーヒーL 326円
W360Q75_IMG_7059.jpg
食後に2人で マンゴーチーズタルト 600円
W360Q75_IMG_7040_20200809183933b20.jpg
お店はガソリンスタンドの一角にあります。
15:00過ぎだったので、結構混んでいました。
勉強している学生さん、本を読んでいる中年男性、
一人でも利用しやす感じでした。

その後、自宅へと帰りました。
18時過ぎに自宅に戻ると、丁度子供の友人が帰ったところでした。


リスと遊んで、アイスコーヒーを飲んで、
私にとってはとても良い1日でした。

category: 夢職の日々202008

tb: 0   cm: 1

近況  

コロナ禍の影響で、今年の3月頃から私の良く利用していたお店が
どんどん無くなっています。
もつ焼き屋、焼鳥屋、パン屋、イタリアンレストラン。
とても残念なことですが、今の状況では仕方がないことかと思います。


■8/7(金)

最近は、夜、外に食事に行くことが無くなりました。
夜だとお酒を注文してしまい、お店に長居することになるからです。
そのかわり、昼間にランチを食べに行くことが増えました。

金曜日も、一人でランチを食べに行きました。
12時~13時の時間は混むだろうと思って、開店直後の11時に行きました。
W360Q75_IMG_6880.jpg
コーンスープ、サラダ
W360Q75_IMG_6889.jpg
ハンバーグ、カットステーキ、エビフライ 
W360Q75_IMG_6900.jpg
デザートは、わらび餅、ミニロールケーキ、オレンジゼリー、ストロベリーアイスなど

開店直後に行くと、お客さんが一人。持ち帰りを注文していました。
その後、しばらくは誰もきませんでしたが、
11時半頃、やはり持ち帰りのお客さんが一人。

私が食べ終わった頃、2人組のお客さんが来ましたが、
それ以外は全く来ませんでした。
12時頃にお店を出ましたが、平日とはいえ1時間で私を含め2組のお客さんでは
経営は成り立つのだろうかと心配になりました。



飲食店の経営は、店舗家賃、人件費といった固定費がかかります。
どんなにお客が来なくても、一定の支払いは生じます。
その固定費の重さに耐えかねて、撤退してく飲食店は多いです。
外食が好きな私としては、行くことのできるお店が減っていくことは
寂しい限りです。


銀座でイタリアンレストランを3店舗経営していた方のnotoです。
閉店のお知らせ


私は飲食店を利用する側なので、まだ我慢はできますが、
飲食店を経営している人は、本当に大変なのだろうなと思いました。

なんとかしてほしいけど、どうにもならないことが、
世の中には沢山あるような気がします。

category: 夢職の日々202008

tb: 0   cm: 0

近況  

■8/5(水)

朝起きると強烈に喉が痛い。
そして体がだるい。
ついに私もコロナにかかったか?と熱を測ると36.2℃。

午前中、喉の左が痛み、それから耳の奥も痛み(これも左だけ)
頭皮の表面も痛みはじめました。
ピリピリ・チクチク・ズキズキといった神経痛のような痛みです。
おそらく帯状疱疹でしょう。



私は帯状疱疹を繰り返しています。
はじめは皮膚科で診断してもらって、抗ウイルス薬を飲んでいましたが、
何度も繰り返すので病院へ行くのはやめました。
片側だけ痛むのが特徴的で、私の場合、頭部(喉、耳、頭)が痛みます。
頭皮にはブツとした発疹がいくつかでき、指で触るとズキズキした痛みがあります。
痛みに耐え、1週間も経てば治ります。

でも、昨日は痛みが酷くて、夜になって右の頭全体がピリピリ・ズキズキ痛むので
たまりかねて19時頃にロキソニンを飲みました。
ロキソニンを飲んだら良くなったのですが、
寝る前になると薬が切れてしまい再び痛みだす。
寝たら大丈夫かと思いましたが、寝ている途中も、痛みで何度も目を覚ましてしまいました。
こんな酷いのは初めてです。

今日は昨日よりは幾分良くなりました。
左の頭は痛むものの、薬を飲むほどでは無く、
喉と耳の痛みもかなり消失しました。



帯状疱疹という病気は、子どもの頃に感染した水ぼうそうと同じ
水痘・帯状疱疹ウイルスが、疲れやストレスなどの影響で
体の免疫力が下がったときに再び活動を始めることによって起こるそうです。

先日の突発性難聴のような症状といい、今回の帯状疱疹といい
ストレスが溜まっていて、身体症状にでているのだろうかと思ったものの、
家にずっとひきこもっていて、何もすること無く過ごしているのでストレスは殆どありません。
考えるに、ここ最近の暑さで、肉体的な疲労が出ているような気がします。
私は寒さにはとても強いのですが、暑さには弱いです。



体調面は悪いのですが、精神面はかなり安定してきました。
精神安定剤が必要だとは全く思わなくなりました。
抑肝散も飲み忘れることもちらほらと。

ここ最近の環境は全く変わりません。
外の散策にも行けないし、夜は外にも飲みに行けません。
にも拘らず、良くなってきたのはなぜか?

良くなりはじめた時期を考えると、8月に入ってからです。
8/1は東京の梅雨明けが宣言が出た日です。
その日を境に、晴れの日が続くようになりました。

7月はずっと梅雨で晴れの日は1日だけだったそうです。
8月になって日の光を浴びるようになったのが良かったのか?
いずれにせよ、精神的に安定してきたのはとても有難いです。
生きていることが楽です。


8月は子供たちも夏休みに入りますが、今年は全く予定がありません。
しばらくは暇な毎日が続きそうです。

category: 夢職の日々202008

tb: 0   cm: 1

近況  

■8/3(月)

午前中、大阪在住のトレーダーSさんから
久し振りに電話が掛かってきました。
今日はその話を少し書きます。


Sさんは私より5歳年上の今年54歳です。
専業投資家ですが、不動産経営もしています。
彼と私の共通の友人Jさんがいます。
Jさんは、私と同じ年の会社経営者です。

Sさんは、Jさんと仲が良く、よく電話するのですが、
つい最近、全く連絡が取れなくなったそうです。
電話をしても「電源が入っていないか、電波の届かない・・・」といったメッセージが
流れるだけだと言っていました。

数週間ほどして再度電話を掛けると、やっと繋がったと。
そして、Jさんは入院していたそうです。
コロナウイルスに感染してしまったとのこと。



その経緯は、
Jさんの経営者仲間での集まりがが北新地であり、
家に帰ると急に喉が痛くなり、寒気がして、
高熱が出たまでは覚えているらしいのですが、
その後の記憶は一切無く、気が付いたら病院で
鼻からチューブを入れられていたそうです。

その後、回復して一般病棟に移った時に、
Sさんから電話が掛かってきたそうです。
その時も、体がだるく、喉が強烈に痛いと言い、
長く会話できる状態ではなかったそうです。



Jさんは、人一倍健康に気を使う人でした。
運動をしたり、ゴルフをしたり、とても健康的な生活送っていました。
それでも、マスクが大嫌いで、良く奥さんに
マスクを付けないで外出することを怒られていたそうです。
それが原因かどうかは分かりませんが。

今のご時世、なぜ北新地に飲みに?
経営者だと、同業者との付き合いもあるでしょうし、
危ないと思っても断り切れなかったのかもしれません。
無職の私とは立場が違います。



話は変わりますが、私の父の友人(70代)も、コロナにかかって
つい最近亡くなられたそうです。
私の身近な人もコロナにかかっていて、なんとなく他人事ではなくなってきました。

今、私ができることは
人が密集するようなところへの外出はできるだけ控え、
マスク、手洗いを徹底して、
長時間の飲食店の滞在は避けることぐらいです。

あと、大事なことは
イソジンでうがいをすること。(大阪府知事)
歯磨き粉は家族で共有しないこと。(東京都知事)
ほんとですか?


早く元の世界に戻ることを切に願います。

category: 夢職の日々202008

tb: 0   cm: 1

近況  

■8/1(土)

前日は自宅でお酒を飲んで朝寝坊。
11:00前に起きたら、右耳の聞こえが悪い。
耳が詰まった感じがして、明らかに聞こえずらい。

偶にこういうことがあるのですが、
いつもは10分もすれば良くなります。
しかし、この日は全然良くなりませんでした。



30代後半の頃、突発性難聴を患ったことがあります。
休日の午前中、リビングでパソコンをしていたら、
突然激しい耳鳴りとともに、右耳が聞こえなくなりました。

突発性難聴の原因は明らかになっていませんが、
ウイルス性とも言われていて、一度罹患するとかからなくると言われていますが、
まれに二度かかる人もいるとか。

その時の状況と似ていたので(強いて言えば耳鳴りはしなかった)
急に不安になり、耳鼻科に行ってきました。



以前かかった自宅近くの耳鼻科は、今は突発性難聴を見ていないと言われ
電車で一駅先の病院を紹介されました。

土曜日は午前中しか診療しておらず、慌てて病院へと向かいました。
車で病院へ向かう途中、耳の通りが良くなってきたのか、
少し詰まった感じはするものの、普通に聞こえるような気も。

このまま、自宅に引き返そうかとも思いましたが、念のため受診しました。
聴力検査をした結果、突発性難聴でみられるような難聴は無く、
異常は無いと。



帰りは歩いて自宅に帰りました。
東京は梅雨が明け、天気も良かったので
一駅分、1時間弱歩きました。

歩く予定では無く、帽子も、水筒も持参していませんでしたが
久し振りに歩いて気持ちが良かったです。

歩いている途中も、普通に耳は聞こえる。
完全に元に戻ったと思いましたが、自宅に帰ってシャワーを浴びたら、
再び聞こえが悪くなりました。
良くなったり、悪くなったりをしばらく繰り返し、
3日経った今日現在は全く異常はありません。



突発性難聴はストレスや過労、睡眠不足などがあると起こりやすいとのこと。
今回の耳のトラブルは、何らかのストレスから来ているのかもしれません。

category: 夢職の日々202008

tb: 0   cm: 0

近況  

■7/30(木)

最近は冴えない日が多いです。
朝は調子が悪く、夕方から少しましになってくるという
うつ病の日内変動の典型だと思うのですが、
食欲は普通にあり、お酒も飲む気力もあります。

本物の鬱は、食欲が全く無くなり、お酒なども飲みたいとも思わなくなります。
だから、まだまだ大丈夫と自分に言い聞かせているのですが、
無気力と不安感、憂鬱感がなんともなりません。

夜になると気力が出てくるのでお酒を飲むのですが、
お酒を飲んでいる時は辛い気分が幾分薄らぎます。



昔勤めていた会社でのこと、
不眠で産業医の先生に相談したことがあったのですが、
不眠だからと言ってお酒を飲むのは良くない。お酒を飲むぐらいなら、
睡眠薬を飲んでぐっすり眠って、翌日疲れを残さずに仕事をした方が良いと。

その産業医の先生が、私の会社の来る前に勤めていた企業では
管理職の約半数は睡眠薬を飲んでいたとか。
本当かな?と思うのですが、そこまでして働きたくないなと。

睡眠薬なんか飲まず、お酒を飲んで憂さを晴らし、
翌日は二日酔いで嫌々、そしてダラダラと仕事をする。
そっちの方が至って健全だと思うのですが・・・

管理職は仕事が大変だから、薬飲んで、きちんと睡眠をとって疲れを無くし
効率良く仕事をしましょうなんて、全く同意ができませんでした。



話はそれましたが、最近はお酒を飲んで何とか精神の調子を保っている感じです。
これはこれで、一歩間違えばアル中への道を歩むことになりますので
危険なことなのですが。

私の知り合いのトレーダーさんは、3人程アル中疑いの人がいます。
(私の見立てでは完全なアル中です)
彼らはお金もそこそこあるので、もうまともにトレードもしていません。
そして揃って連続飲酒です。
連続飲酒というのは、夜お酒を飲んで、寝て、朝起きたらまた直ぐに飲み始める。
寝ている以外は1日中アルコールを体に入れています。

そのうちの一人は日中仕事をしているのですが、
緑茶のペットボトルの中に焼酎を入れ、飲みながら仕事をしているようです。
経営層の人なので、まわりの人も注意できないようです。
それはそれで不幸なことのような気がします。

昼酒と言っても、私の場合、月に1度あるかないかです。
W360Q75_IMG_6752.jpg
明るいうちから生ビール
W360Q75_IMG_6759.jpg
にぎり寿司と天ぷらの定食 
W360Q75_IMG_6768.jpg
ファミレスの和食なので・・・
やはり、お寿司は寿司屋で食べたいです。
W360Q75_IMG_6762.jpg
天ぷらは揚げたてで美味しいです。
なんか、旅行に来た気分になりました。
旅行も当分の間行けそうになく、寂しいです。
W360Q75_IMG_6770.jpg
追加で生ビール
W360Q75_IMG_6765.jpg
妻はうな玉せいろ蒸しの定食
うな玉を半分もらいましたが、とても美味しくてお酒が進みました。
W360Q75_IMG_6774.jpg
角ハイボール

もう一杯飲みそうになりましたが、
昼から飲みすぎるのもあれなので、控えておきました。
W360Q75_IMG_6778.jpg
最後にデザート
W360Q75_IMG_6780.jpg
妻のデザート

帰りにスーパーで買い物をして帰りましたが、私は酔ってダウン。
車の中で寝ていました。
自宅に帰ってからはシャワーを浴びて布団に入ってひと眠り。
そして、夜も焼酎を400ml飲みました。

といった感じで、昨日は昼も夜も1日飲んでいました。
たまには昼酒も良いですが、体はかなりきつかったです。

category: 夢職の日々202007

tb: 0   cm: 3

宮ヶ瀬ダムへ  

■7/24(金)

4連休は何も予定がありませんでしたが、
妻に宮ヶ瀬ダムに行こうと誘われて
急遽出掛けることになりました。

宮ヶ瀬ダム(愛川町観光協会から抜粋)
---------------------------------------
宮ヶ瀬ダムは、東京都心から約50km、横浜や川崎の市街地から
約40kmという近さの場所にある、首都圏最大級のダムです。
平成13年に神奈川県のほぼ中央を流れる相模川に注ぐ支流のひとつ、
中津川に完成しました。
この宮ヶ瀬ダム建設によって生まれた人造湖の宮ヶ瀬湖は、
現在、神奈川県に欠かせない水源地となっています。
---------------------------------------

自宅から車に乗って宮ヶ瀬湖へと向かいます。
途中、オギノパン本社工場直売所に寄りました。
W360Q75_IMG_6428.jpg
オギノパン本社工場
4連休ということもあってか、バイクのツーリングで来ている人も多く
駐車場も満車で少し待ちました。
W360Q75_IMG_6430.jpg
工場直売所のわきにある扉を開けると工場見学ができ、
パンを焼いているところが見れます。
休日だったので、あまり生産はしていないようでした。
この工場では近くの学校の給食のパンも作っているとのことでしたが、
コロナ禍で生産は減っているのかもしれません。
W360Q75_IMG_6433.jpg
私の家の近くにあるパン屋は、学校関係との取り引きが多かったようで、
つい最近、閉店してしまいました。
安くて美味しいパン屋さんだったので、とても残念です。
パン屋の直売所で、あげぱんなどを購入しました。

続いて、服部牧場へ
W360Q75_IMG_6455_202007301046536b4.jpg
服部牧場は乳牛中心の牧場で、他にも羊、やぎ、馬、あひる、犬、
インコなどの動物と触れ合うことができます。
駐車場を含めて見学だけなら無料です。
W360Q75_IMG_6447.jpg
精神を病んでいる私にとって、動物との触れ合いは癒されます。
W360Q75_IMG_6494.jpg
ホルスタイン成牛舎
W360Q75_IMG_6472.jpg
ホルスタインというのは、牛の品種だそうです。
日本では主に乳牛としてのイメージが強いですが、
欧州では肉乳両方を目的として飼育されているそうです。
W360Q75_IMG_6471.jpg
凄く大きくて威圧感がありますが、とても大人しいです。
直ぐ近くで見ることができます。
W360Q75_IMG_6477.jpg
山羊を見たり
W360Q75_IMG_6483.jpg
馬を見たり

牧場ではソーセージ工房アイス工房BBQのお店などもあり
食事をすることもできます。
アイスクリーム工房は激混みで凄い列でした。

牧場を見学してからは、宮ヶ瀬ダムのある
神奈川県立あいかわ公園へ。
W360Q75_IMG_6565.jpg
駐車場代は平日は無料ですが、休日は500円/日かかります。
W360Q75_IMG_6502.jpg
宮ヶ瀬ダムは、公園の管理等から1,000m徒歩15分かかります。
W360Q75_IMG_6503_20200730110601f1a.jpg
バスだと300円です。
小さい子供がいるとバスも楽しそうですが、私は道中の景色も
楽しみたかったので歩いて行きました。
W360Q75_IMG_6506.jpg
石小屋ダム
W360Q75_IMG_6562.jpg
近くまで行ってみました。
石小屋ダムは宮ヶ瀬副ダムの通称で、
宮ヶ瀬ダムの放流水および愛川第1発電所の放流水を調整し、
下流の急激な水位上昇を抑制する逆調整機能があるそうです。
W360Q75_IMG_6560.jpg
ダムの上も歩けます。
W360Q75_IMG_6558.jpg
ダムの上からの眺め
W360Q75_IMG_6510_202007301826017b7.jpg
石小屋ダムから上流に5分程歩くと宮ヶ瀬ダムになります。
宮ヶ瀬ダムは堤高156m。
国内の重力式コンクリートダムとしては第2位。
堤体積は206万立方メートル。これは国内の重力式コンクリートダム中最大です。
日本100ダムより引用
W360Q75_IMG_6519_202007301826024e2.jpg
ダムからの水はきれいなエメラルドグリーです。
季節によって水の色は変わるとか。
W360Q75_IMG_6520_20200730182604af5.jpg
宮ヶ瀬ダム
月に数回放流する日があるそうですが、
新型コロナウイルス感染拡大防止のため現在は観光放流は中止されています。
W360Q75_IMG_6535_20200730182605bf7.jpg
間近でみると迫力があります。
放流、見たかったです。

といった感じで、久し振りの外出は楽しかったのですが、
精神状態はこの後更に悪くなりました。

今日は妻の仕事が休みでしたので、一緒にランチへ行き
やけくそで昼からビールを飲んでしまいました。
時間があったら、その時のことを書きたいと思います。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

近況  

またしても、ブログの更新が滞っていました。
そろそろ更新しないと忘れられしまいそうなので、
近況を書いておきます。


涼しくて体調は悪くないのですが、精神面が低位で安定しています。
ここ1ヵ月ほど、漢方薬の抑肝散を飲んでいますが
これは気休めですので効果は全くありません。

4連休中の最終日である7/26(日)
あまりにも調子が悪く、精神が無限に落ちて行きそうな嫌な感覚になったので
ソラナックス(抗不安薬)を1錠頓服で飲みました。
このソラナックスは妻が緊張性頭痛で過去に脳外科で処方された薬です。
飲んだら幾分気分が落ち着きました。
もっと早く飲んでおけば良かったか?
といっても、ベンゾジアゼピン系の薬は依存などの関係で
連用できないのですが。


今の私は、鬱というよりも、
不安神経症の要素の方が大きいように思えます。
昔からですが、予期不安が酷いです。
起こるかどうか分からないこと、起こる可能性が極めて低いことでも
起きるのではないかと勝手に考えてしまいとても不安になります。



こんな状態がもうしばらく続くようであれば、
再度、精神科の門を叩かなくてはならないかなと思っています。
予防的に、抗不安剤が手元にあると安心できそうなので。

元々は自閉症スペクトラム障害というベースがあって、
その上に、鬱病、不安神経症、強迫神経症という持病があるので
なかなか安定した生活を送れません。
ずっと誤魔化し誤魔化し生きています。

でも、これは治るようなものでもないですし、
上手く付き合いながら生きていくしかありません。
しばらくは、どっぷりと苦しみながら生きています。



7/23(木)~7/26(日)までの4連休は、
部屋を掃除するなど、自宅で私用を片付ける予定でしたが
全く手が付きませんでした。

唯一、7/24(金) 妻に誘われて神奈川県の宮ケ瀬湖の近くに行ってきました。
この地は、つげ義春の貧困旅行記のなかの「丹沢の鉱泉」にも出てきた所なので、
是非とも行ってみたいと思っていました。
余裕のある時に、その時のことを書こうと思います。

category: 夢職の日々202007

tb: 0   cm: 0