FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

16年間の会社員生活について その22  

16年間の会社員生活について その1~21はこちらから
         10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21

2012年4月(入社17年目 40歳)~2012年8月
退職まであと4ヵ月

4月下旬より2度目の休職期間に入りました。
春になりうららかな日々が続いてましたが、私の鬱は酷くなる一方で、
1日寝ているか、膝を抱え込むように座り、
ボーっと窓の眺めているぐらいしかできませんでした。

夕方の16時ごろ、寝室の布団で臥せていると、
家の前の道路で遊ぶ近所の子供たちの楽しそうな声が聞こえてきて、
毎日何もせず、ほとんどの時間を寝て過ごしている自分が情けなくなりました。


小学校低学年だった下の子とは、いつも夜は一緒に寝ていましたが、
私の様子がおかしいのを察してか、私から離れ一人で無言で寝ていました。
そんな子供を不憫に思い、さらに胸が苦しくなりました。


食欲も無く、砂を噛むような味気ない食事を、生きるために義務的にとっていました。
できれば食べたくありませんでした。
点滴で栄養を取れたらいいのにと思いました。
食卓での会話も全くなく、静まり返っていたと思います。

当時は家族のことまで考える余裕は全くありませんでしたが、
今にして思うと、毎日食事を作ってくれた妻に対して申し訳なく思います。
また家族に対しても、家庭の雰囲気を暗くしてしまい、
辛い思をさせてしまったと思います。
病気だから仕方が無かったこととは言え、胸が痛みます。



「仕事なんかで鬱にない方が良い」
「鬱になるような仕事からは逃げが方が良い」
こういった言葉を他人は軽々しく口にします。

しかし、当事者は、
「生活費を稼ぐために仕事をしなくてはならない」といったことと
「精神を病んでしまような仕事は辞めたい」という
相反することの板挟みに苦しみ、鬱になっているのです。

簡単に解決できるような問題ではありませんでした。
鬱病というのは、どうにもならないことに悩み苦しんだ末
なってしまう病気なのです。


近年は、仕事の効率化を求められ、業務のハードルも高くなる一方です。
それに伴い、仕事で逃げ場を失い、精神を病んでしまうようなな人々は
これからも増え続けると思います。

W480Q75_img_data_01.png
オレンジ色のうつ病など:気分[感情]障害(双極性障害を含む)は増えている。
厚生労働省 精神疾患による患者数推移 より

次回は退職を会社に申し出た時のことを書きます。
その23 に続く
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

無職日記 六月二十四日  

■6/24(水)
前日の6/23(火)に多摩丘陵の真光寺(東京都町田市)を歩きました。
予定では真光寺~小野路~黒川を経て若葉台まで歩くつもりでしたが、
暑さで体がだるくて断念。
途中からバスで帰ることになりました。

翌日の6/24(水)
この日も雨が降らない予報で、最高気温も26℃と低めだったので、
予定はしていませんでしたが、急遽、前日の続きを歩くことにしました。

午前中に自宅を出て小野路へと向かいます。
昼前に小野路に着いたので、近くで昼食を食べて行くことに。
W360Q75_IMG_5604.jpg
ラーメンショップ 小野路店
W360Q75_IMG_5606.jpg
ラーメン サービスライス 600円
ラーメンショップはチェーン店系のラーメン店です。
スープのジャンルとしては「東京豚骨ラーメン」です。

学生時代、運送屋で引っ越しのアルバイトをしていた時に、
トラックで引っ越し先に向かう途中に良く食べた記憶があります。
懐かしい味でした。
W360Q75_IMG_5619.jpg
お腹も満たされて歩き始めることに。
別所バス停付近から鎌倉街道を外れ、布田道へと入ります。
W360Q75_IMG_5620.jpg
道幅が狭いので、一般車両は殆ど通らず快適です。
W360Q75_IMG_5642.jpg
飯森神社の先から雑木林の中へ入ります。
薄暗く細い道を抜けると急に竹林が広がります
W360Q75_IMG_5648_202006291800021c5.jpg
息を飲むような、あたり一面の美しい竹林に圧倒されてしまいました。
とても神秘的な雰囲気でした。
W360Q75_IMG_5651.jpg
京都や鎌倉の竹林も素晴らしいと思いますが、
ここは人が殆どおらず、静かで別世界が広がっているようでした。
W360Q75_IMG_5674.jpg
布田道を抜けて黒川方面へと向かいます。
このあたりは住宅も殆どなく、人通りも全くと言っていいほどありません。
人混みが苦手な私にとっては心地良いです。
W360Q75_IMG_5689.jpg
黒川に出ると、あたり一面にたんぼが広がっていました。
W360Q75_IMG_5712.jpg
畑もあって、農作業をしているお年寄りがちらほらいます。
彼らは別の場所に住んでいて、軽トラックでこの地に来ているようです。
W360Q75_IMG_5683.jpg
平日の昼間なのに人が殆どいない。
私はこの静かな黒川という地が好きになり、住んでみたい気持ちになりました。
W360Q75_IMG_5728.jpg
黒川海道特別緑地保全地区の整備された道をフラフラと
W360Q75_IMG_5748.jpg
そこからよこやまの道に出て若葉台駅を目指します。
W360Q75_IMG_5765.jpg
15時過ぎと早く歩き終えたので、駅前でアイスコーヒーでも飲んでいこうと思いましたが、
今日も体力の消耗が激しく疲れていたので、そのまま家に帰ることにしました。

多摩丘陵は東から、黒川、真光寺、小野路宿、小野路城、小山田、尾根緑道、七国峠、
大地沢と、この3ヵ月でかなり歩きました。この辺りを歩くのも少し飽きてきたので、
今後は埼玉県の加治丘陵、狭山丘陵あたりを歩きたいと考えています。


この先、夏に近づくに連れもっと暑くなっていくので
歩きに行くのはしばらくお休みの予定です。
それでも行くとしたら、湘南の海(江ノ島~茅ヶ崎辺り)を考えています。
その時は、歩くというよりも缶ビールを買って平日の昼間から海岸で酒盛りです。
(土日の湘南は混んでいるので近づきたくない)

終わり

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

16年間の会社員生活について その15  

一読者さんから
---------------------------------------------------------------------
こんにちは。会社員時代のお話を興味深く読ませて頂いておりました。
続きを楽しみにしております。
---------------------------------------------------------------------
とコメントを頂きました。
続きを書かなくてはと思いつつ書いていませんでしたが、
リクエストがありましたので、ボチボチ続きを書こうと思います。
自分でも、この話は最後まで書かなくてはと思っていたので、
コメントを下さりましてありがとうございます。

16年間の会社員生活について その1~14はこちらから
         10
11 12 13 14

■後輩のKさん

Sさんが共同研究をしていた大学の研究室に、Kさんという大学院生がいました。
彼は大学院を卒業後、私の会社に入社して同じ部署で働くことになりました。

Kさんは旧帝国大学に入学する頭脳を持っているだけあって、とても優秀な若者でしたが
融通が利かない、我が強いところがあり、事あるごとに色々な上司と対立していました。
そんな彼でしたので、会社員生活に居心地の悪さを覚えたのか、
入社して3~4年経ったころに鬱になり、私と同じ精神科にかかっていました。


彼とは良く休憩をしながら、飲んでいる精神薬の話や、主治医の話をしました。
その精神科は、私の会社からの紹介で行く人が多く、
ある時彼は、「ニックさん、ニックさん、聞いてください、
この前社長賞を取った〇〇さん、あの精神科で見ましたよ」と教えてくれました。

社長賞を取るような優秀な人でも、精神的に病んでしまうのか?
その話を聞いた時は衝撃を受けました。
それと同時に、優秀な彼と自分が同列であることに安堵感を覚えました。

私の会社では、全従業員の10%が何らかの精神的な疾患を抱え、
さらに、精神的な疾患を抱えた10%の人が休職しているそうです。
え!そんな多いの?と思って、自分の部署を思い浮かべてみたら、
50人の部署で、精神科に通院している人が5人ぐらい、
更に休職している人が1~2人いて、
あながち間違っていないなと腑に落ちました。


そんなKさんも、しばらくは通院しながら出社していましたが、
直属の上司Yさんとの対立が激しくなり、
適応障害による鬱が酷くなって3ヵ月ほど休職しました。

復職後は隣の部署に異動になりましたが、
今度は部長であるNさんと揉めてしまい、
彼は会社員生活には向かないのだなと、つくづく思いました。
(私も向かなかったのですが)

傍から見ていて、彼は信念を持って仕事をしていました。
自分の信じた通りに仕事をしたかったのだと思います。
しかし、会社員の世界で一番に求められるのは協調性です。
この協調性が無いと、会社では生きていくことは難しいです。



そんな彼ですが、ある時、お父様が突然亡くなられました。
聞くところによるとすい臓がんで、がんが見つかった時には手遅れ。
あっという間に亡くなってしまったそうです。

お父様は地方銀行に勤めており、それなりの地位に居て
次の辞令で役員になることが決まっていたようですが、
病気を患われたことで、それも叶わぬまま他界されたそうです。


その後、彼は変わりました。
かなりのヘビースモーカーでしたが、タバコはきっぱりと止めました。
お酒もそれなりに飲んでいましたが、飲み会では1滴も飲まなくなりました。
彼の口から直接聞いたわけではありませんが、
タバコとアルコールはすい臓がんの危険因子だったからやめたのでしょう。


彼はお父様が亡くなられてから半年程した頃、何の前触れもなく突然退職しました。
役員目前で亡くなられたお父様を間近に見て、
人生を仕事に捧げることに虚しさを感じたのかもしれません。

人生なんて、元々は儚く脆いものです。
そういったことを多くの人は知っています。
そして、見て見ぬ振り、気付いて気付かぬ振りをして生きているのです。

いつか終わりを迎える短い人生なのに、
我慢して面白くも無い仕事を生活費を稼ぐために続けるのは馬鹿馬鹿しいと
彼は感じたのかもしれません。


彼は仕事を辞めた後も会社近くのアパートに住み、しばらくはブラブラとしていましたが、
半年ほど経った頃、都内にある出版社に再就職したと聞きました。
理系大学の大学院を出た彼で、畑違いの職でしたが、
元々は本が好きな青年だったので、なんとなくしっくりといく気がしました。
「自分の好きなことをして生きて行こう」と彼は考えたのだと思いました。


私はそんな彼の生き方が正しく、そして羨ましく思えました。
自分を鑑みてみると、家族のため、世間体のため、お金を稼ぐためと言い訳をして、
自分の心に嘘をついて、自分を騙しながら仕事にしがみついている。
とても醜いなあと思いました。

それでも、私は仕事を辞めようとはしませんでした。


その16に続く

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

無職日記 六月四日  

6/4(木)~6/6(土) 3日分

■6/4(木)
5:20起床
もっと寝ていたかったけど、目が覚めてしまい寝れませんでした。

【午前】
不要な株主優待券や金券の整理。
早朝から金券ショップでの買取価格をネットで調べました。

10時過ぎから外出
都内の金券ショップへ優待券を売りに行きました。
電車もそこそこ混んでいて、都内もそれなりの人混みでした。

【午後】
自宅に帰ってからは遅めの昼食
マクドナルドに行き、持ち帰りで
グランクラブハウスバーガーとチキンナゲットを買いました。
昼食後は、布団の上でゴロゴロしながら本を読みました。

【夜】
夕方、親戚の病院への付き添いで外出している妻から
帰りが遅くなりそうだと電話がかかってきました。
そのため、一人で飲みに行きました。

一人で飲みに行きました 参照

2軒はしごした後、自宅に帰って飲みなおしました。
宝焼酎25°(50ml)

0:45就寝


■6/5(金)
7:40起床

【午前】
10:00過ぎ
おなかが減って早めに昼食を食べに行きました。
W360Q75_IMG_4466.jpg
肉野菜炒め 710円

帰宅後はブログの更新など

【午後】
散策に行こうか迷いましたが、暑くてバテそうなので止めてました。
布団に寝転がって本を読んだり。
昼はずっと暑かったです。室温は29.8℃まで行きました。

夕方、16時を過ぎてから曇ってきて涼しくなってきました。
涼しくて気持ち良いなり17:30-18:20まで昼寝

【夜】
夕飯はスパゲティーミートソース
お酒は無しです。

夜は本を読んだりネットをしたり。
今日は1日何もなく終わりました。平和な1日でした。

2:00就寝
今日はなかなか寝付けず、寝るのに1時間ぐらいかかりました。


■6/6(土)
8:20に目を覚ますも2度寝して9:30起床

【午前】
朝食はメロンパンとアイスコーヒー
午前中は部屋の掃除をしました。
掃除をすると気分が晴れます。

【午後】
午後も掃除の続き
暑くなってきて、そろそろエアコンの時期なので
エアコンのフィルターの掃除をしました。
これでいつでもエアコンが使えます。

15時過ぎから買い物へ。
妻と下の子とスーパーへ買い物に行きました。
夕飯はサバの味噌煮というのですが、私は青魚があまり好きでは無いので、
別メニューを自分で作ることにしました。
もやし、ニラ、豚バラ肉を買って、肉ニラ炒めを作ることに。

夕方18時過ぎから激しい雨が降り始め、一気に涼しくなりました。

【夜】
自分で肉ニラ炒めを作りました。
味付けは適当なので少し塩辛かったです。
お酒は無し。

23:00布団に入り本を読みました。
旅行記を読んでいるので旅行に行きたくなりました。

1:00就寝
なかなか寝付けず、寝たのは2:00過ぎでした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0