FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

10月は大敗  

10月後半は、手持ちの株や投信を損切りして終わりました。

いつもは売買記録をエクセルで管理しているのですが、
ここ最近は損ばかりしているので計算する気にもなれず放置しています。
残念ですが、今月の損失は100万円を超えいます。
明日で10月も終わるので、できれば今週中に集計します。



先日、投信を売却したいといったら断られたと書きましたが、
その店頭証券の担当者の話を書きます。
今月の損失の半分以上は、彼に買わされた商品によるものですので恨みも込めて。

昨年4月に前任者(40代後半、男性)が異動になり、
今の担当者(40代前半、男性)にかわりました。

前任者は強引な取り引きが多く、
(あきらかに損をする確率が高い商品を勧めてきたり、高額である手数料を説明をしなかったり)
やりにくく感じましたが、彼は前任とはうってかわっておとなしく、
無理な取り引きもさせられなかったので、それなりに信頼していました。

その彼に、今年の夏に外国株を勧誘されました。
リスクが高いことと、直前に投信を2本買っていたので、その時はお断りしました。
しかし9月なり再びお願いされ、渋々条件付きで購入をすることになりました。

それがこの10月の株安で、大きな損失になってしまいました。
途中で損切りをしたいと申し出るも、もうしばらく保有してほしいと言われ、
その結果損失を拡大させてしまいました。
また、投資信託も電話では売らせてもらえず、
昨日直接店頭に行って解約しました。

株にしろ、投信にしろ、きちんと売らなかった私が一番悪いのです。
彼との関係を悪くすることを恐れてしまいました。
そして、購入時の条件も守ってもらえず、その件についてはクレームも付けましたが
のらりくらりとかわされました。



彼とはずっと良い関係が続いていましたが、今回の一件で信頼は崩れてしまいました。
信頼関係を築くのは長い時間がかかりますが、失うのはあっという間です。
これが儲かっていれば、まあ良いかとあやふやになっていたかもしれませんが、
ここ最近は損ばかりしているので、私も余裕がなかったのだと思います。

そんなこともあって、これまでは彼の提案をほぼ受け入れていたのですが、
今後はそういった取り引きはできないことを昨日伝えてきました。
資金も直ぐに引き上げるもの不自然なので、少しずつ引き上げていきます。


証券会社の担当者も、会社の利益であったり、自分の営業成績のためにやっていることは
私も十分承知しているのですが、それでも行き過ぎると、
顧客の不利益を顧みずに行動となり、私も頭にきてしまいます。

そして、理不尽なことではあるのですが、
自分の成果のみのために行動する人の方が、この世界は出世していきます。
そして、まともな人ほど早くに辞めていきます。
人が良いと勤まらない業界なのでしょう。


以下 NHK NEWS WEBより転記
----------------------------------------------------------------------
うそで株の買い替え勧める 東洋証券への行政処分を勧告
2018年10月30日 17時38分

東京に本社がある東洋証券が、実際には損失が出ているのに「利益が出ている」などと
高齢者の顧客にうそを言って株の買い替えを勧めたとして、証券取引等監視委員会は30日、
行政処分を行うよう金融庁に勧告しました。

勧告の対象となったのは、東京 中央区に本社がある東洋証券です。
証券取引等監視委員会によりますと、東洋証券の営業担当者は、平成25年からことし2月
までの間、顧客に株を売却した場合の損失額を実際より少なく説明したり、実際には損失が
出ているのに「利益が出ている」とうそを言って、アメリカ株の買い替えを勧めていたとい
うことです。

うその説明をした営業担当者は、全国各地の店舗で多数に上り、高齢者など合わせて16人
の顧客に対して行われていたということです。

こうした不適切な勧誘は、社内の検査で何度も指摘されていましたが、営業部門の責任者が、
部下に目標の達成を強く求め、経営陣も再発防止に向けた改善措置を取っていなかったという
ことです。

監視委員会はこうした勧誘が、金融商品取引法に違反するとして、30日に東洋証券に行政処分
を行うよう金融庁に勧告しました。
東洋証券は「勧告を真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努めたい」とコメントしています。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

10月も終わります  

今月もあっという間に1ヵ月が終わりました。
ただ収支の方は酷く、先月末から資産は100万円以上減りました。

現状のポートフォリオは
 日本株式  7%
 (優待クロスなどの両建ては除く)
 日本債券 27%
 外国株式  3%
 外国債券 13%
 現金   50%

下落局面で指数連動型ETFを購入して、損失を拡大させてしまいました。
戻りらしい戻りが全く無く、逃げ場がありませんでした。
先週、電話で投資信託の解約を申し出て断られた証券会社に
月曜日行くことになったので、そこでもう一度解約について話してきます。



来週は現金が更に増える予定なので、今後の方向について少し考えます。

買うならば株価指数に連動したETFです。
日経平均のPERは12.37倍とかなり低い位置にあります。
ただし、決算シーズンに入りEPSが低下傾向なのが気になります。
また、来年10月には消費増税を控えており、
株価は増税による企業業績悪化を織り込みつつあるのかもしれません。
そこをどう考えるかです。

米国をはじめとした海外要因も、多くのリスクを抱えています。
25日発表されたアマゾンの第3・四半期決算は、
売上高が市場予想を下回り株価は急落しました。
一貫して上昇してきた米国市場も踊り場を迎えているのかもしれません。

その他にも、米国、中国、欧州など、多くのリスクがあり、
しばらくは不安定な相場が続きそうです。
(参考資料1参照)


となると、年内はあまり株式のポジション取らず、
現金、国内債券の割り合いを多めにして、
来年を見据えて求人誌を読んだり、
ハローワークに通っていた方が良いのかもしれません。



参考資料(ラジオNIKKEI夜トレより)

【2018年後半~2019年へのリスク】

■トランプリスク
 中間選挙で共和党<民主党 トランプ大統領弾劾裁判?
■中国リスク
 中国株・元安は株の上値抑制へ
■米金利
 新興国市場から資金引き上げ
■地政学リスク
■欧州リスク
 BRIXIT、イタリア財政赤字、EU統合に
 問題山積みでユーロドル不安定

【2018年の年末までの重要なイベント】

10月28日 ブラジル大統領選挙
10月30日 日銀金融政策発表
11月 6日 米国中間選挙
11月 8日 FOMC政策金利発表
12月13日 ECB政策金利発表
12月19日 FOMC政策金利発表
12月20日 日銀金融政策発表

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

近況など  

ブログの更新をさぼっていました。

この3日間は、毎晩自宅でお酒を飲んでいました。
一昨日は、おでんと焼酎
昨晩は、おでんの残りと焼酎
今日は、から揚げと焼酎
あと、スーパーでかつおとアジの刺身を買ってきました。
秋は食べ物も美味しいので、お酒もすすみます。


おでんなどは、外で食べると高いです。
赤羽の丸健水産や、王子の平澤かまぼこでも、
良い値段しますよ。

自宅だったら、家族4人で2,000円ぐらいではないですかね。
一人500円で鱈腹食べれる。

鍋だってそうですよ。
外で食べれば1人前980円とか普通にしますけど、
自宅だと・・・

外飲みは、人件費や店舗代とかが含まれている値段設定なので、
仕方が無いと言えば仕方が無いのですが。


会社員時代は、同僚とよく仕事帰りに外で飲んだのですが、
無職の今は、外で飲むことは少なくなりました。
専ら家飲み。

自宅に焼酎のボトル(といっても2リットルのペットボトル)をキープ980円
炭酸水1リットル70円
レモン4ヶ300円
氷2kg200円
業務用スーパーで調達しています。

家は安いです。
今日は飲みながらブログを更新しています。



そうそう、コメント頂い方ありがとうございました。
こちらで返信させて頂きます。

H.R.T. さん
---------------------------------------------
職質って財布の中まで見られるんすか。
自分だったら拒否して公務執行妨害で逮捕されるな。
---------------------------------------------
よっぽどあやしく思われたのでしょう。
私、結構そういうことが多いです。挙動不審なのかな。

やましい事は一切ないので、職務質問には応じるようにしています。
時間もあって暇ですし。

防犯登録の照会を待つ間、その警察官に、
何で警察官になったの?
仕事をしていて辛い事は何?
精神的に病む人はいるの?
刑事になるには?
駐在所勤務はどんな感じ?なるためには?
等々、私の興味があることを色々質問をさせてもらいました。

中々一般人は、悪い事をしない限り、お巡りさんと話す機会が無いので。



弱小トレーダーさん
---------------------------------------------
少し前の記事になりますが巣鴨の専業さんの話、他人事とは
思えません。
専業の人は家族がいなければ、自分から社会と繋がらないと
孤立してしまう可能性が高いと感じました。
若いときは一人で平気でも歳をとると厳しくなると。
私も40代半場どうやって社会や人と関わっていこうか考えさせられました。
---------------------------------------------
巣鴨の専業さんの話は、まだ途中までしか書いていません。
続きを書かなくてはならないのだけど、筆が進まなくて。
近いうち続きを書こうと思います。

彼の話で書こうと思ったこと(結論)は、
巣鴨の専業さんは、億を超えるお金があるので将来に不安は無い。
REITの配当もあって、持ち家もあるので生活に不安は無い。
仕事をしていないので、自由な時間も有り余る程ある。

でも、お金もあって時間があるが故に
不幸になってしまうとうことも有り得るのではないだろうか?
彼は有り余るお金、有り余る時間を有効に生かし切れず、
お酒に溺れてしまって健康を害しつつある。

もし彼が、金銭的にあまり余裕が無くて、
生活のために働かざる負えなかったら、
朝からお酒を飲むなんてことはなかっただろうし、
アル中になることはなかったのかなと。


世間一般の人から見れば、お金があって、自由な時間あれば幸せと思うのだろうけど、
そのお金や時間を有意義にコントロールできる度量がなければ、
人間て意外とダメになってしまうのかなと。

人は、器以上のお金や時間を持ってはいけないとういことです。
結論は先に書いてしまいましたが、
巣鴨の専業さんの話は続きを書きますね。

---------------------------------------------
若いときは一人で平気でも歳をとると厳しくなると。
私も40代半場どうやって社会や人と関わっていこうか考えさせられました。
---------------------------------------------
これは私も考えさせられます。
私も基本は一人が大好きです。
お酒を飲みに行くのも一人が好きですし、旅行に行くのも一人が良いです。
人に気遣いができないので、一人で居ることの方が気が楽です。

でも時々、一人が寂しく感じるときがあります。
それは家族がいてもです。

その原因は、弱小トレーダーさんの書かれている通り
社会と関わっていないことにあるのかもしれません。



酔っているので、取り留めの無い文章になってしまいましたが、
書いていて楽しかったです。

では、もうしばらくネットでもしながら焼酎を飲みます。

category: 未分類

tb: 0   cm: 3