FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

近況  

■7/30(木)

最近は冴えない日が多いです。
朝は調子が悪く、夕方から少しましになってくるという
うつ病の日内変動の典型だと思うのですが、
食欲は普通にあり、お酒も飲む気力もあります。

本物の鬱は、食欲が全く無くなり、お酒なども飲みたいとも思わなくなります。
だから、まだまだ大丈夫と自分に言い聞かせているのですが、
無気力と不安感、憂鬱感がなんともなりません。

夜になると気力が出てくるのでお酒を飲むのですが、
お酒を飲んでいる時は辛い気分が幾分薄らぎます。



昔勤めていた会社でのこと、
不眠で産業医の先生に相談したことがあったのですが、
不眠だからと言ってお酒を飲むのは良くない。お酒を飲むぐらいなら、
睡眠薬を飲んでぐっすり眠って、翌日疲れを残さずに仕事をした方が良いと。

その産業医の先生が、私の会社の来る前に勤めていた企業では
管理職の約半数は睡眠薬を飲んでいたとか。
本当かな?と思うのですが、そこまでして働きたくないなと。

睡眠薬なんか飲まず、お酒を飲んで憂さを晴らし、
翌日は二日酔いで嫌々、そしてダラダラと仕事をする。
そっちの方が至って健全だと思うのですが・・・

管理職は仕事が大変だから、薬飲んで、きちんと睡眠をとって疲れを無くし
効率良く仕事をしましょうなんて、全く同意ができませんでした。



話はそれましたが、最近はお酒を飲んで何とか精神の調子を保っている感じです。
これはこれで、一歩間違えばアル中への道を歩むことになりますので
危険なことなのですが。

私の知り合いのトレーダーさんは、3人程アル中疑いの人がいます。
(私の見立てでは完全なアル中です)
彼らはお金もそこそこあるので、もうまともにトレードもしていません。
そして揃って連続飲酒です。
連続飲酒というのは、夜お酒を飲んで、寝て、朝起きたらまた直ぐに飲み始める。
寝ている以外は1日中アルコールを体に入れています。

そのうちの一人は日中仕事をしているのですが、
緑茶のペットボトルの中に焼酎を入れ、飲みながら仕事をしているようです。
経営層の人なので、まわりの人も注意できないようです。
それはそれで不幸なことのような気がします。

昼酒と言っても、私の場合、月に1度あるかないかです。
W360Q75_IMG_6752.jpg
明るいうちから生ビール
W360Q75_IMG_6759.jpg
にぎり寿司と天ぷらの定食 
W360Q75_IMG_6768.jpg
ファミレスの和食なので・・・
やはり、お寿司は寿司屋で食べたいです。
W360Q75_IMG_6762.jpg
天ぷらは揚げたてで美味しいです。
なんか、旅行に来た気分になりました。
旅行も当分の間行けそうになく、寂しいです。
W360Q75_IMG_6770.jpg
追加で生ビール
W360Q75_IMG_6765.jpg
妻はうな玉せいろ蒸しの定食
うな玉を半分もらいましたが、とても美味しくてお酒が進みました。
W360Q75_IMG_6774.jpg
角ハイボール

もう一杯飲みそうになりましたが、
昼から飲みすぎるのもあれなので、控えておきました。
W360Q75_IMG_6778.jpg
最後にデザート
W360Q75_IMG_6780.jpg
妻のデザート

帰りにスーパーで買い物をして帰りましたが、私は酔ってダウン。
車の中で寝ていました。
自宅に帰ってからはシャワーを浴びて布団に入ってひと眠り。
そして、夜も焼酎を400ml飲みました。

といった感じで、昨日は昼も夜も1日飲んでいました。
たまには昼酒も良いですが、体はかなりきつかったです。
スポンサーサイト



category: 夢職の日々202007

tb: 0   cm: 3

近況  

またしても、ブログの更新が滞っていました。
そろそろ更新しないと忘れられしまいそうなので、
近況を書いておきます。


涼しくて体調は悪くないのですが、精神面が低位で安定しています。
ここ1ヵ月ほど、漢方薬の抑肝散を飲んでいますが
これは気休めですので効果は全くありません。

4連休中の最終日である7/26(日)
あまりにも調子が悪く、精神が無限に落ちて行きそうな嫌な感覚になったので
ソラナックス(抗不安薬)を1錠頓服で飲みました。
このソラナックスは妻が緊張性頭痛で過去に脳外科で処方された薬です。
飲んだら幾分気分が落ち着きました。
もっと早く飲んでおけば良かったか?
といっても、ベンゾジアゼピン系の薬は依存などの関係で
連用できないのですが。


今の私は、鬱というよりも、
不安神経症の要素の方が大きいように思えます。
昔からですが、予期不安が酷いです。
起こるかどうか分からないこと、起こる可能性が極めて低いことでも
起きるのではないかと勝手に考えてしまいとても不安になります。



こんな状態がもうしばらく続くようであれば、
再度、精神科の門を叩かなくてはならないかなと思っています。
予防的に、抗不安剤が手元にあると安心できそうなので。

元々は自閉症スペクトラム障害というベースがあって、
その上に、鬱病、不安神経症、強迫神経症という持病があるので
なかなか安定した生活を送れません。
ずっと誤魔化し誤魔化し生きています。

でも、これは治るようなものでもないですし、
上手く付き合いながら生きていくしかありません。
しばらくは、どっぷりと苦しみながら生きています。



7/23(木)~7/26(日)までの4連休は、
部屋を掃除するなど、自宅で私用を片付ける予定でしたが
全く手が付きませんでした。

唯一、7/24(金) 妻に誘われて神奈川県の宮ケ瀬湖の近くに行ってきました。
この地は、つげ義春の貧困旅行記のなかの「丹沢の鉱泉」にも出てきた所なので、
是非とも行ってみたいと思っていました。
余裕のある時に、その時のことを書こうと思います。

category: 夢職の日々202007

tb: 0   cm: 0

近況  

しばらくブログの更新が滞っていました。



今年はなかなか梅雨が明けず、涼しくて体調はすこぶる良いのですが
精神面での調子が悪く、やる気が起こらず、毎日布団でゴロゴロとして過ごしています。
本もあまり読めていません。



東京では、コロナ感染者が日々増えており、
不安神経症である私は人一倍恐怖を感じています。
都内に出掛けることや、一人で外に飲みに行くことを控えています。
家族での外食もずっと行っていません。

外食は、平日の昼にランチを食べに、
開店直後の空いている時間に一人でサッと食べに行くぐらいです。
長時間、飲食店に滞在することには抵抗感があります。

こんな感じで、コロナウイルスのために、これまでの日常が失われてしまい、
精神のバランスを崩しているのかもしれません。
楽しいことは何もありません。



昨日は、自宅で久し振りにお酒を飲みました。
ずっと晴れない気分でしたが、お酒を飲んだら一瞬気分が良くなりました。
今日の夜も飲むことにしました。



明日から4連休ですが、予定は全くありません。
Go To トラベル キャンペーンが今日から始まりますが、
東京は除外されているため何の恩恵もありません。

しかし東京が適用されていたとしても、旅行には行かなかったです。
観光地などの人混みに行き、コロナにかからないという自信が全くないからです。
上の子は旅行へ行く気満々だったようで、東京都除外をとても残念がっていました。

私はこの先も、しばらくは家でじっとしているつもりです。



会社員時代の話は、あと2~3回で終わる予定です。
できれば、この週末に終わらせたいです。



面白いことは何も無いです。
秋になり涼しくなって外出できるようになったら、
埼玉方面の丘陵地帯(狭山丘陵・加治丘陵あたり)を歩きに行こうと思っています。
それまでは部屋にひきこもって、鬱々とした日々を送っています。

category: 夢職の日々202007

tb: 0   cm: 0

近況  

コロナウイスの日本での感染は
今年の1/21にクルーズ船で最初の感染が報道されて以来
もう6ヵ月になろうとしています。

その間、自粛期間があったり、休業要請があったりして、
生活様式が大きく変わってしまいました。
いまだにリモートワークをしている人や、学校が休みの人もいるのではないかと思います。


そんな生活を社会全体が6ヵ月近く強いられているせいか、
体調を崩したり、精神的に参ってしまっている人が増えているそうです。
鬱や原因不明の体の痛みなどを訴える人が多いとか。


私もここ1ヵ月位は精神的に不安定になっていて、
朝起きた時辛く、日中も無気力なことが多いです。

しかし、会社員時代の事を思い出しながらブログを書き、
当時の鬱病のことを思い返してみると、
現在の状態とは比較にならないほど辛かったように思えます。

当時の自分を一言であらわすならば「廃人」です。
体が全く動かず、考えることも全くできず。
石のようになって1日家でじっとしていました。

時々、物凄い焦燥感、不安感が突然襲ってきて
頓服の精神安定剤を服用するもどうにもならず、
あまりにも辛すぎて、何度か予約外で精神科を受診していました。
身のおきどころが無い辛さです。


それに比べれば、今、私が調子が悪いといっても、
当時と比べるととても生ぬるく、自分の甘えではないかと感じるぐらいです。

category: 夢職の日々202007

tb: 0   cm: 0

近況  

今日は雨が降ったり止んだりの一日でした。
一歩も外に出ず。
家で静かに本を読んで過ごしました。
昼はインスタントラーメン。

今読んでいる本は、臨床心理学の本です。
別に心理学士を目指しているわけではありません。
自分を知る一助になればと思って読んでいます。



コロナ感染はおさまる気配がありません。
ここ数か月で、私が良く行くもつ焼き屋さんが無くなり、
安くて美味しいパン屋さんも閉店しました。

これから感染者数が増えてくれば、外出も自粛するようになるだろうし、
外食や旅行も控えることになるでしょう。

それに伴って厳しいと思われる業種は
・飲食(店舗での外食、長時間滞在の飲食)
・風俗(キャバクラ、ホストクラブなど)
・宿泊(温泉施設、ホテル)
・交通(飛行機、長距離のバス、電車)
・スポーツ観戦(野球、サッカーなどの観戦)
・イベント(コンサート、ライブ、観劇など)
・土産物関連全般(観光、スポーツ、イベントに伴うもの)
・カラオケ
・スポーツジム

こういった会社の倒産や廃業が、今後は増えていくような気がします。
個人的には、飲食店が無くなってしまうのが辛いです。
大手のチェーン店系も、不採算店はどんどん閉店していくだろうし。
旅行の計画も全く出来ません。
コロナ禍後の世界は、私にとっては大きなマイナスです。


経済的にもかなり悪くなると思いますが、
これまでが異常に豊か過ぎただけなのかもしれません。
私が子供の頃(昭和50年代)と比較すると
今の時代は物が安価で溢れていると感じます。
家族での外食も、年に数度しかしませんでした。


貧しく質素な生活に戻るのも良いのかもしれません。
外食もせず、酒も全く飲まず、一汁一菜の生活。
私も将来はそういった生活を目指すことになるのか?

category: 夢職の日々202007

tb: 0   cm: 0

近況  

1週間以上ブログの更新をしていませんでした。
体調はそこそこ良いのですが、精神面が不安定で
何もする気が起こりませんでした。

日中も、家でじっとしていることが多く
殆ど外出しない日々を送っていました。

調子が悪い日は、昼間から4時間ぐらい寝てしまい、
過眠傾向にあります。
食欲は普通にあるので、まだ大丈夫ですが
あまり良くない兆候です。



唯一していることは読書です。
最近は聖書を愛読書としている人の書いた本を読みました。

私自身は生まれてからずっと信仰する宗教は無かったので、
神のことについて書かれている部分はあまり理解できませんでしたが、
一方で何かしらの宗教を信仰し、神を信ずる人は
信仰の無い人よりも幸せではないかと思いましました。




「人生のあらゆる困難は、信仰を深めるための試練であり、
神があえて与えてくれているものだ」
私は信仰心はありませんが、これまでの事を振り返ると
困難な時は自分自身が内的に成長している時期でもあるので、
試練はよりよく生きるために必要であると 思えます。

「病気などをしたときも、神が休みなさいと言っている」
これも、生き方に無理があるからに病気を患った可能性があるので
自分自身の生き方を見直す良い機会だととらえられます。




信仰があることの最も良いことは、
何か目に見えない大きな力に支えられていることだと思います。

私は苦しいことがあっても、いつも一人で戦わなくてはなりません。
相談できるような人もいませんし、これまでを振り返っても
相談したことについて的確なアドバイスが帰ってきた記憶が
一度もありません。

出来ることと言えば、過去に同じような経験をした人の書物なりを読んで、
(ブログとかでも良いです)
自分自身で考えることぐらいです。
一人での作業ですから、とても心細いです。

だから信仰がある人は、(少なくとも信仰の無い私よりも)
安心して生きられるような気がします。



では、これから私が信仰心を持てるかと考えると、
それは難しいような気がします。

信仰を持って生きるとは、心の底から神の存在を信じ、
その教えにそって生きることです。
形式的な信仰は全く無意味です。
今の私には、どう考えても神がこの世の中に存在するとは思えません。

また、一般的に宗教は享楽主義を嫌います。
仕事をせず、毎日無為に過ごしたり、
美味しい物を食べることを生きがいにしたり、
沢山のお酒を飲んで楽しい気分に浸るというように
快感を味わう事を人生の目的としてきた私のような人間が
そういった一切のことを、今後捨てていけるのかは甚だ疑問です。


私はこれまで宗教や信仰に関しては、否定的に考えていましたが、
(否定的というのは、宗教自体を否定するものではなく、
私が生きる中では必要ないと考えていた、という意味)
今回本を読んで、信仰も悪くはないものだと考え直しました。



今日は少し体が動くので、これから一人で飲みに行きます。

category: 夢職の日々202007

tb: 0   cm: 2