無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

赤羽酒場放浪記 その4  

赤羽酒場放浪記 その1
赤羽酒場放浪記 その2
赤羽酒場放浪記 その3からの続きです。

3軒はしごして6杯飲んだので、私的にはもう帰っても良かったのですが、
友人がもう1軒とのことで、最後は寿司屋で〆ることに。

W320Q75_P1120261.jpg
というこで、17時にまるよしを出ると、
明るかった空も暮れ初めていました。

W320Q75_P1120258.jpg
立ち飲みのお店いこいも候補でしたが、
3軒飲んでへべれけだったので、立ち飲みは今回はパス。
また次回ということで。

W320Q75_P1120265.jpg
4軒目は、赤羽駅のガード下にある、海鮮処寿し常

W320Q75_P1120276.jpg
とりあえず、お腹は一杯だったので、
刺身盛りを軽く注文 1,100円

W320Q75_P1120266.jpg
最後は緑茶杯で


なんかもう何を話したのかも良く覚えていないのですが、
30分程の滞在で帰ろうと思っていたのに、
1時間半も居てしまって驚きました。

私的には飲み過ぎた1日でした。


4軒目 海鮮処寿し常は17:05~18:25まで1時間20分の滞在。
私:緑茶杯1杯、友人:ウイスキーハイボール1杯
刺身盛り、お通し2つで
一人約1,200円でした。


今日1日では、
13:25~18:25まで5時間で4軒をはしごして、
お酒は
・缶ビール350ml
・生ビール大
・梅サワー
・バイスサワー3杯
・緑茶杯
食べ物は、おでん盛り、刺身、メンチカツ、串焼き、ポテトサラダ、刺身盛りなどで
合計6,000円でした。(1軒平均1,500円)

やっぱり赤羽は安くて美味しいです。
今度は上野酒場放浪記、立石酒場放浪記、などもやりたいです。

【赤羽酒場放浪記 完】
スポンサーサイト

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

赤羽酒場放浪記 その3  

赤羽酒場放浪記 その1
赤羽酒場放浪記 その2からの続きです。


まるます家を出てからは、赤羽一番街を出て再びJR赤羽駅前へ。
3軒目は、大衆酒場の名店まるよしへ。

W320Q75_P1120218.jpg
2軒飲んで、3軒目でもこの明るさ。
まだ、15時過ぎですから。

しかし、店内に入ると25席あるカウンター席は8割方埋まっていて
今日も昼から大盛況。

一方3卓あるテーブル席はずっと空いたままでした。
あそこにグループ客がいると、うるさくて嫌な時があるので
今日はカウンターで静かに飲めて大満足です。

W320Q75_P1120230.jpg
まずはバイスサワー
安定の美味しさです。

W320Q75_P1120226.jpg
ポテトサラダ 210円

W320Q75_P1120224.jpg
焼き物
友人のリクエストで、とり皮、シロ、かしら
1本 90円

W320Q75_P1120234.jpg
豚バラ こちらは1本100円

見ての通り、安くて美味しくて最高のお店です。
今日はお腹の都合で、定番のキャベタマ、串カツは食べませんでしたが、
次回一人で来た時には是非食べたいです。


3軒目 大衆酒場まるよしは15:15~17:00まで1時間45分の滞在。
2人でサワーを6杯(私:バイス3杯、友人:レモンサワー3杯)
焼き物8本、ポテトサラダで
一人約1,600円でした。


4軒目に続きます。

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

赤羽酒場放浪記 その2  

赤羽酒場放浪記 その1からの続きです。


さて、2軒目は丸健水産からほど近い
鯉とうなぎのまるます家です。

W320Q75_P1120202.jpg
入り口の扉に、「酔っての来店お断りします」という張り紙がありますが、
丸健水産は0次会なので、私の中ではOKとします。

W320Q75_P1120204.jpg
一人だったらジャン酎(ジャンボ酎ハイ)を頼むところですが、
ビール好きの友人に合わせて、生ビール大で乾杯

W320Q75_P1120206.jpg
まぐろ赤身刺し

W320Q75_P1120209.jpg
つぶ貝刺身

あとは、写真に取り忘れましたが、メンチカツを食べました。

牛すじ煮込みとか、他に食べたいものもあったのですが、
今回は友人に合わせました。
あまり食べ過ぎると、次の店で食べれ無くなりますし。

W320Q75_P1120211.jpg
2杯目は梅サワー

W320Q75_P1120213.jpg
友人はウイスキーハイボール(2杯飲んでいました)


私達2人は入り口付近のカウンターに座っていたのですが、
酔いも回ってきた頃に、30代とおぼしき男女2人のお客さんが入って来ました。

店員さん、2人が入ってくるなり「他のお店で飲んできていませんか?」と
振り向くと、これはどう考えてもアウトでしょう、と言う位の赤ら顔をした男性が。
かなり飲んでいる御様子。

入店を断らるのかなと思いきや、3杯までということで
女性店員に許可されました。


下町の酒場は、知ら無いルールがあってややこしいです。
まるます家は、
・酔っての来店お断り
・アルコールは一人3杯まで(ジャン酎は1000mlなので1本まで)
だから、知っている人に連れて行ってもらうのが一番です。

私は小心者なので、行った事のお店のカウンターに一人で座るのは、
なかなか敷居がが高いです。



2軒目 まるます家では13:45~15:10まで1時間半の滞在。
2人でビール(大)を2杯、梅サワー1杯、ウイスキーハイボール2杯、
まぐろ刺し、つぶ貝刺し、メンチカツ食べて
一人2,400円でした。


3軒目に続きます。

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

赤羽酒場放浪記 その1  

おはようございます。

一昨日、友人と赤羽に飲みに行きました。
4軒はしごして、予定通りといいますか、
風邪がぶり返してしまい、昨日は1日寝込んでしまいました。

1/6から調子が悪くなって今日で9日目。
私より2~3日早く風邪を引いていた妻も
また調子が悪くなったようで、今日の午前はずっと寝ています。

今年の風邪は、熱は出ないのですが、喉が痛くて、咳が出て長引きます。
性質が悪いです。



今日は昨日書こうと思っていた、赤羽酒場放浪記を書きます。

中学時代の友人から、珍しく飲みに行こうとメールが来て、
一昨日の木曜日に赤羽で飲んできました。

W320Q75_P1120184.jpg
友人は、前日夜勤で昼まで仕事との事。
家に帰らず、直接飲みに行きたいというので、
13:20赤羽駅北改札口前で待ち合わせ。

W320Q75_P1120187.jpg
予定通り友達と落ち合い、一番街を目指す。
久し振りに赤羽に胸はワクワク。

W320Q75_P1120191.jpg
1軒目は丸健水産

平日の13時過ぎということも有り結構空いていましたが、
禁煙の立ち飲みテーブルの2つのうち1つは、
30代ぐらいの女性4~5人のグループ客に占拠されていました。

それでも、15時頃だと満席という事もザラなので、
今日は運が良かったかもしれません。


友人に、今日は平日で空いて飲めるけど、
土日は混み過ぎていて飲めないと教えてあげたら、
おでんを盛ってくれた店主が、
以前はTV取材を受けていたが、今は人が来過ぎて常連客に迷惑が掛かっているので取材は断っていると。
ただ、雑誌取材だけは受けているんですよ、と教えてくれました。

赤羽も、5年ぐらい前までは、地元客と一部のコアな酒飲みしかいなかったのですが、
TVや雑誌で紹介される度に人が押し寄せてきて、
今では観光地化してしまった感があります。

賑わう事は悪い事では無いと思うのですが、
平日でも満席で断れるのは、ちょっと寂しいです。

W320Q75_P1120197.jpg
ということで、本題に戻りまして、おでんセット(800円)で乾杯

おでん4~5品に飲み物が1本付きます。
赤羽の地酒、丸眞正宗のカップ酒にしようと思ったのですが、
本日はこれから長丁場の予定でしたので、無難に缶ビールにしておきました。

他にも缶チューハイもあったと思います。
確か、キリンの氷結果汁のレモンだったと思うのですが、
今はあるのか分かりません。

W320Q75_P1120193.jpg
冬だからおでんは美味しいですが、流石に夏はきついです。
アーケードの中の立ち飲みですし、
このお店は10月~5月頃までの季節限定?かな。


退店するとき、先ほど話をした店主が、
また平日の早い時間にいらして下さいと声を掛けてくれました。

1軒目 丸健水産では13:25~13:40まで15分間滞在。
ビールを1杯とおでん盛り合わせを食べて
一人800円でした。


2軒目に続きます。

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

週末の出来事  

我が家は、週末に外食することが多いです。

しかし今年に入ってから、
週末、上の子はアルバイト、下の子は部活に忙しくて
自宅で食事をすることが多くなりました。

飲むこと、食べることを生きがいにしている私にとっては
ちょっと残念な事ですが仕方がありません。
この週末は、久し振りに居酒屋に行って来たので、
(上の子は外出中だったので私、妻、下の子の3人で)
その時の事を書きます。

W320Q75_P1090611.jpg
生ビール(480円)
※今回は2時間飲み放題のコース
お通し(350円)

W320Q75_P1090615.jpg
生ビール(中)
量は300mlぐらいと少ない・・・
今回は飲み放題にしたけど、
普通に飲んだら、ちょっと辛いかも。

W320Q75_P1090612.jpg
お通しはもずく酢
これも350円は高いな・・・
しかも、子供もソフトドリンク飲み放題にしたら
しっかりお通し代も取られた。

もずく酢3人分、3ケで
350円×3=1,050円
ひえ~

W320Q75_P1090617.jpg
ポテトフライ(390円)
自宅で揚げた方が美味しい。

ちなみに、自宅で揚げるポテトは
業務用スーパーで買ってくるベルギー産の冷凍ポテト1kg(250円)

W320Q75_P1090620.jpg
串焼き盛り合わせ(790円)
四文屋へ行きたくなった。

W320Q75_P1090625.jpg
海鮮チヂミ(490円)
自宅で作った方が美味しい。
具は3mm角のイカが少しは行っているだけ。
これで海鮮を名乗るのか?

W320Q75_P1090630.jpg
秋刀魚の刺身(450円)
滅茶苦茶美味しい。
臭みが全く無い。
もう一つ追加で注文したかったけど、妻がお腹が一杯とのことで
やめておいた。

W320Q75_P1090633.jpg
鯵の姿造り(590円)
これも新鮮で美味しい。
捌きたてだと思う。
スーパーのは美味しくない。

W320Q75_P1090636.jpg
穴子の一本揚げ天ぷら(390円)
揚げ物はお腹が一杯でパス

W320Q75_P1090639.jpg
たこのから揚げ(490円)
同じく、揚げ物はお腹が一杯でパス


写真に取り忘れけど
たくあん巻き(240円)
子供が御飯代わりに食べていた。

W320Q75_P1090643.jpg
バイス(400円)
コダマ飲料のバイス使っているのかな?
味は、いつも赤羽のまるよしで飲んでいるバイスと同じような気がする。

W320Q75_P1090646.jpg
生ビール5杯飲んだ後、バイスを3杯飲んでしまった。


飲み放題だと、貧乏根性が出てしまい飲み過ぎた・・・

居酒屋には、18:30~20:50まで滞在して
3人で8,200円でした。


ご馳走様でした。

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

平井で昼飲み その4(最終回)  

平井で昼飲み その3からの続きです。

平井の豊田屋を出てからは、
浅草橋の西口やきとんに行く予定でしたが、
上野の専業さんの体調が悪いようで、立ち飲みは辛いと。

ということで、鶯谷に行くことになりました。

W320Q75_P1060262.jpg
鶯谷駅前の信濃路です。
NHKのドキュメント72時間にも出てきたことがあります。
2014年5月23日放送 「大都会・真夜中の大衆食堂」
早い時間だったので、風俗系の女性はいませんでしたが・・・

W320Q75_P1060264.jpg
レモンサワー 380円

W320Q75_P1060282.jpg
まぐろ刺身 500円

W320Q75_P1060276.jpg
こんな感じ

上野の専業さんは体調が悪いようで、
このお店では飲まずに、月見そば(280円)を食べて
先に帰ってしまいました。

W320Q75_P1060292.jpg
信濃路には15分程滞在して、次のお店に行くことに。
2人で1160円でした。


3軒目は一人です。
ちょっと寂しいけど、気楽と言えば気楽です。
鶯谷のラブホテル街を抜けて、焼き鳥のお店ささのやへ
W320Q75_P1060294.jpg
3軒目なのに、まだ明るいです。

このお店、先週末、出没!アド街ック天国に出ていました。

W320Q75_P1060303.jpg
もう、充分飲み食いしたので、
軽く飲んで、軽くつまんで。
レモンサワー360円 焼き鳥4本280円(1本70円)

W320Q75_P1060300.jpg
上から、シロ、ねぎま、かしら、タン
だったと思う。

ささのやは店の外での立ち飲み。
サラリーマンとか、盛り上がっていて楽しそうだったな。
このお店には20分程滞在して、自宅に帰ることに。
会計は640円でした。

W320Q75_P1060323.jpg
鶯谷駅から自宅へ。
空はまだ薄っすらと明るいです。
今回の酒場は、平井(江戸川区)、鶯谷(台東区)を巡りました。

次回の一人飲みは、
今回行けなかった、浅草橋(台東区)の西口やきとんか、
十条(北区)の山田屋あたりに行けたら思っています。


おしまい。

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

平井で昼飲み その3  

その2からの続きです。

上野の専業さんとドトールでアイスコーヒーを飲んでからは
目当ての店、平井豊田屋へ向かいます。

W320Q75_P1060224.jpg
豊田屋は16:30開店
口開けだったこともあり、店内は空いていました。

このお店は鍋料理が有名なので、
鍋の季節は予約も取れないほど盛況なのです。
今は季節外れなので、予約なしで余裕で入れました。

W320Q75_P1060227.jpg
まずは焼酎ハイボール(260円)から。
焼酎ハイボールを注文すると、“白”か“黄色”かと聞かれます。
私は迷わず黄色。梅エキスの色だと思います。

W320Q75_P1060232.jpg
おしんこ 200円

W320Q75_P1060241.jpg
ウナギキモ焼(2本) 440円

W320Q75_P1060243.jpg
アナゴ天プラ 500円

W320Q75_P1060236.jpg
カモ鍋 1450円  ※写真は2人前

W320Q75_P1060252.jpg
店内はこんな雰囲気です。

W320Q75_P1060234.jpg
短冊メニューも色分けされていて見やすいです。


このお店では、焼酎ハイボールを2杯、
2人で瓶ビールを1本飲み、次のお店へ。
1人2800円でした。

その4に続く

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

平井で昼飲み その2  

前回からの続きです。

W320Q75_P1060217.jpg
15:30に上野の専業さん(65歳)とドトールで落ち合って
アイスコーヒーを飲みながらお互いの近況報告をしました。

上野の専業さん、今年はリーマンショックの時以下の稼ぎと落ち込んでいました。
上野に一軒家の自宅と2億円持っているだから、そんなに落ち込む必要も無いと思うのですが。
独身ですし、65歳なら余生の心配も無いでしょうし。

私にはそんな資産も無く、子供を含めが家族4人の今後の生活がかかっていので、
もっと切羽詰っていてもいいはずなのですが、何か気分的には余裕があります。
なぜだか分かりませんが、会社員時代のようなストレスが無いからですかね。
(ちなみに、今年のこれまでの稼ぎは会社員時代の半分程度なので、資産切り崩していいます。)


いつもは、巣鴨の専業さん(52歳)も一緒に酒場巡りに来るのですが、
今回はメールの返信が無く、連絡が取れないとの事で来ませんでした。

巣鴨の専業さんは独身で、両親も他界して兄弟もいません。
アル中?なので、自宅で一人で倒れているのかも心配になりました。
連絡が付かないようなら、上野の専業さんと2人で、巣鴨の自宅に行ってみようという話になりました。


巣鴨の専業さんは、ここ数年ザラ場もろくにやらないで、
夜は、焼酎、日本酒、ワインと片っ端から飲んで、
気が付くとそのまま寝て、毎日起きるのは昼過ぎと言っていました。

REITの配当で生計を立てているので、ザラ場をやらなくても良いのですが、
専業投資家としては、そんな生活はまずいのではと思います。
昔は新興市場でバリバリに稼いでいた人なのですがね。
まあ、人それぞれの稼ぎ方があるので、口は出せません。
お酒で人は変わるのかもしれません。


改めて思うのは、トレーダーは自制心が大切かなと。
何をやっても、どんな生活を送っても良いのです。
注意してくれる上司や同僚はいません。
私はこれからどんな生き方をすれば良いのか?と、考えてしまいました。


豊田屋の事を書こうと思いましたが、横道に逸れてしまいました。
豊田屋の話は次回ということで、今日は寝ます。

その3へ続く

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

平井で昼飲み その1  

先週の木曜日(5/12)、上野の専業さんと2人で平井に飲みに行きましたので
その時のことを書こうと思います。
長くなりますので、お暇な時にどうぞ。

W320Q75_P1060149.jpg
今回は常磐線の平井に来ました。江戸川区です。
下町の酒場と言えば、常磐線、京成線沿線が多いのですが
今回は初の総武線沿線です。

W320Q75_P1060173.jpg
上野の専業さんとの待ち合わせは15:30
1時間程前に平井に着いたので、
ちょっと駅前をブラブラと。
旧中川に出ました。写真右上はスカイツリー。

W320Q75_P1060177.jpg
立花大正民家園 旧小山家住宅

W320Q75_P1060183.jpg
12:30~16:30まで
無料で住宅内を見学できます。

W320Q75_P1060190.jpg
築99年、関東大震災、東京大空襲の災害も免れた住宅です。

W320Q75_P1060194.jpg
石川県の祖父母の家もこんな感じでした。

W320Q75_P1060188.jpg
99年前に作られたお風呂場。今とは全く違います。

W320Q75_P1060211.jpg
20分程滞在して、旧中川にかかる平井橋を渡り、平井駅前に戻ります。

W320Q75_P1060162.jpg
上野の専業さんと待ち合わせは、平井駅北口のドトールコーヒー

W320Q75_P1060217.jpg
アイスコーヒーを飲んで待ちます。

その2に続く

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

赤羽で昼飲み その2  

前回からのつづき

1軒目の寿司屋で食べ過ぎてしまい
帰ろうかとも思ったのですが、折角赤羽まで来たので
もう1軒行くことに。

その前に、腹ごなしのため、赤羽の街を散策
W320Q75_P1030818.jpg
一番街へ向かう

W320Q75_P1030859.jpg
まるます家

おなか一杯なのでまた次回

W320Q75_P1030861.jpg
丸健水産

15:00前なのに、立ち飲みは大盛況
今日はカップ酒とおでんとうい気分にはなれず。
肌寒くなった、晩秋とかが良いね。

W320Q75_P1030863.jpg
串かつでんがな 

チェーン店みたい。
一度行ってみたい。
大阪の通天閣でムーンさんと串カツ食べたのが懐かしい。

W320Q75_P1030864.jpg
いいとこ鶏

行った事ないけど、ここもチェーン店みたい。

焼き鳥屋は個人店の方が好きだけど、
最近は、四文屋とかちょっと気になるチェーン店がります。

W320Q75_P1030866.jpg
結局、いつも行く大衆酒場まるよしへ。

15:00前なのに激込み。
店に入って、一瞬怯んでしまったよ。
25席ほどのカウンターは8割埋まっていた。

カウンターの後ろのテーブル席も、10人程のサラリーマンが大宴会。
なんで、こんな時間からサラリーマン風の人達が飲んでいるのか不思議。
この店、いつもそういう人達がいるんだよな。

W320Q75_P1030868.jpg
いつものバイス 350円
美味しいな。
我が家の近くでも、バイス飲める店があればいいのに。

W320Q75_P1030869.jpg
串カツは今日は1本 210円

大ぶりの玉ねぎ、豚肉は小さいけど、
揚げたてにたっぷりソースを掛けてたべるのは最高です。


といった感じで、まるよしには30分程滞在して店を出ました。

バイス350円、串カツ210円で 会計は560円
いつものことだけど、安い!

W320Q75_P1030874.jpg
16:00前、赤羽駅をあとにしました。

寿司を食べ過ぎて、2件目は飲めず、食べれず。
ちょっと不完全燃焼な1日でした。

おしまい

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

赤羽で昼飲み その1  

昨日は赤羽で昼飲み。
そして、自宅に帰って、缶酎ハイを飲みつつ一人で2次会。
飲み過ぎてしまい、昼飲みの様子をブログにUPできませんでした。

ということで、今日も朝から暇なので
早速ブログの更新。



前場修了後、都内の金券ショップで株主優待を換金して、
その足で赤羽に行きました。

W320Q75_P1030817.jpg
赤羽駅。
そして駅のガード下へと向かう。

W320Q75_P1030820.jpg
大阪王将。
餃子とビールも良いなと思いつつも・・・

W320Q75_P1030824.jpg
当初の予定通り寿司屋へ。
初めて入るお店。

W320Q75_P1030830.jpg
瓶ビールで一人で乾杯。
今日は朝から何も食べていなかったので、胃にしみた。

プレミアムビールはヱビスが一番好き。
プレミアルモルツはフルーティーな味があまり好きではないのでけど
今日はやけに美味しく感じた。

W320Q75_P1030826.jpg
茶わん蒸し。

蟹身とあんかけがかかっていて美味しい。
でも、ちょっとぬるい。
茶わん蒸しは熱々がいいのだけど、ランチでは文句は言えず。

W320Q75_P1030839.jpg
ランチ握り1.5人前

W320Q75_P1030849.jpg
ネタは良いのだけど、ちょっと雑な感じ

W320Q75_P1030841.jpg
10貫と裏巻き

W320Q75_P1030850.jpg
裏巻きは、きゅうりとお新香

W320Q75_P1030843.jpg
セットのお椀は、青のりと豆腐の味噌汁
美味しかった。


という感じで、瓶ビール1本とランチ握り1.5人前を食べて
次のお店に行こうと思ったのだけど、
食べ過ぎておなかが一杯になってしまった。


ひきこもり生活が長いせいか?
もう44歳と若くないせいか?
最近は、昔と比べて食べれないし、飲めない。

もう大盛りとか、1.5人前とかは止めた方が良いのかなと
思いました。


ランチ握り1.5人前(茶わん蒸し、お椀付) 
 1,317円(税込み)
プレミアムモルツ中瓶 
   680円(税込み)

1,997円で美味しく飲めました。


それでも頑張って次のお店に。
その2につづく

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

南千住・御徒町・神田の酒場巡り その3  

巣鴨の専業さんと3軒目に行くことになったのですが、
食べ過ぎ、飲み過ぎで、少し腹ごなしするために歩くことに。

W320Q75_P1020985.jpg
御徒町界隈も、昔と様変わり。
学生時代は良く来たけど、あれから30年経てば変わるよな。

W320Q75_P1020988.jpg
都会のネオンは良いね

W320Q75_P1030001.jpg
御徒町から春日通りを歩き、本郷を抜けて東京ドームシティーへ

W320Q75_P1030005.jpg
夜の遊園地
無職の中年男性同士だと、ロマンティックでも何でもありません。

W320Q75_P1030008.jpg
ジェットコースターは苦手

W320Q75_P1030018.jpg
東京ドーム
巨人も大変だな。そして、他球団にも飛び火。

勝負の世界に生きる者、山っ気が強いのは当たり前。
プロ野球選手を引退したら、トレーダーの道が開けています。

W320Q75_P1030025.jpg
神保町へ。
とんかつ いもや
高校がこの近くだったので、良く通ったな~

高校を卒業して30年経っても、店の佇まいは変わらず。
金の無い高校時代、安くて美味しい店でした。

天ぷらのいもやもあります。

W320Q75_P1030040.jpg
ということで、3軒目のお店
神田淡路町 みますやに到着

1905年創業。歴史を感じさせるお店です。
吉田類の酒場放浪記でも出てきました。

18:20に御徒町を出て、店に着いたのは20:50
1時間半歩いたので、喉も乾いて、少しお腹も減りました。


その4に続く

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

南千住・御徒町・神田の酒場巡り その2  

丸千葉を出てからは、都営バスに乗って上野駅前へ。

W320Q75_P1020968.jpg
上野から御徒町方面に、4人でとぼとぼと歩く

W320Q75_P1020970.jpg
肉の大山
揚げたてのコロッケ、メンチカツをつまみながら、店先で立ち飲みもできるけど
奥にテーブル席もある。(土日は凄い混んでいるらしい)
せんべろのお店

W320Q75_P1020971.jpg
もつ焼き 大統領支店
ガード下の店が有名。
良くTVで有名人が飲んでいる。
ただ、支店の方が、店が広くて良いような気がする。

W320Q75_P1020972.jpg
ここも良く行きます。
立ち飲み たきおか
マグロ、串カツ、野菜天、煮込み、全て300円以下
この界隈に3店舗あって、お勧めです。

W320Q75_P1020983.jpg
上野の専業さんが、座って飲みたいとうので
御徒町駅、JRガード下の味の笛へ。

W320Q75_P1020978.jpg
店内はこんな感じ。
カウンターで、各々お酒とつまみを購入してから席に着く

W320Q75_P1020977.jpg
前のお店で沢山食べたので少しだけ。
レモンサワー200円、ポテトサラダ200円
(この後、レモンサワーをお代わり)

W320Q75_P1020976.jpg
上野の専業さんは、日本酒熱燗とマグロ、タコ刺し

W320Q75_P1020980.jpg
巣鴨の専業さんはビールのハーフ&ハーフ


一軒目で沢山食べてお腹が一杯だったので、
食べ物の飲み物もあまり進まず。

味の笛には17:45~18:15まで30分滞在して
次のお店に行くことに。
会計は各自という事で、レモンサワー2杯、ポテトサラダで600円でした。

ここで、上野の専業さんと、その甥さんは帰ることに。
私と巣鴨の専業さんの2人で、次の店へと向かいました。


その3に続く

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

南千住・御徒町・神田の酒場巡り その1  

昨日は、トレーダー友達というか、酒飲み友達と
酒場巡りに行って来ました。

その時のことを今回書こうと思いますが、
結構、長くなると思いますのでお暇な時に。



メンバーは上野の専業さん(64歳)、その甥(34歳)、巣鴨の専業さんの4人
いつものように、喫茶店で待ち合わせ。

W320Q75_P1020947.jpg
西日暮里のエクセルシオールカフェに14:15集合。
平日の立会中なので、みんな後場の仕事はさぼりです。

W320Q75_P1020948.jpg
アイス宇治抹茶ラテ(M) 440円
おもったより大きくてびっくりした。


14:00~15:00 
エクセルシオールカフェで、お互いの近況など話て、
1件目の酒場、南千住の丸千葉へ


日暮里駅前より都営バスに乗ること20分
泪橋停留所で下車。

W320Q75_P1020953.jpg
泪橋交差点
明日のジョーで有名らしいです。
------------------------------------------------
この橋はな― 人呼んでなみだ橋という
いわく…人生にやぶれ 生活につかれはててドヤ街に流れてきた人間たちが 
なみだでわたるかなしい橋だからよ
三年ほど前のわしもそうだった
おめえもその ひとりだったはずだ…
だが 今度はわしとおまえでこのなみだ橋を逆にわたり あしたの栄光めざして 
第一歩をふみだしたいと思う
わかるか わしのいうてる意味が…ああ?わしのいうてる意味がわかるかよジョー!
------------------------------------------------

W320Q75_P1020957.jpg
泪橋交差点より歩くこと10分程で丸千葉に到着

まだ15:30とうい時間なのに店内はぼほ満席。
今回は上野の専業さんが席を予約してくれていたのですんなり座れましたが、
予約がなかったらダメだったでしょう。
みんな、昼からよくやるよ。(私も含めて)

W320Q75_P1020959.jpg
サッポロの赤星(写真中央)で乾杯
赤星を置いている店は珍しい。

その後は、いつもの濃いウーロン杯(写真左)。
もちろん焼酎はキンミヤ焼酎。

つまみは
・しめ鯖
・いわし刺し
・菜の花のからし和え
・ほうれん草のごま和え
・エビフライ
・カキフライ
・あんこう鍋
・カキ鍋

W320Q75_P1020961.jpg
あんこう鍋

W320Q75_P1020962.jpg
酎ハイ梅入り(もちろん濃い)


覚えている限りではこんな感じで
瓶ビールの後は、各自2杯ずつ飲んで
会計は4人で12,000円でした。

どの料理も美味しくて、赤星も飲めたし、濃いキンミヤ焼酎も飲めたし
大満足のお店でした。


丸千葉には15:30~16:50まで1時間20分滞在。
このメンバーにしていは、1軒のお店に長居してしまいました。

南千住、丸千葉を出てからは、バスに乗って上野へと向かいます。


その2に続く

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

昨日は飲みに行って来ました。  

昨日は、上野の専業さん、巣鴨の専業さん、
そして、上野の専業さんが34歳の甥を連れて来て
4人で飲みました。


その時のお店など、写真を交えてブログを書く予定でしたが、
トレードの方がここに来て忙しく
これから、明日の予約注文を入れなくてはならないので、
更新は後ほどになります。

1:00頃を予定しています。

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

夕飯はステーキレストランへ  

今日は土曜日です。
(みなさんは分かっているかもしれませんが、無職は曜日感覚がありません)

今週は月、火、水と3日間、叔父の仕事の手伝いをしました。
仕事をしていたせいか、1週間はあっというまでした。

今日は週末で休みですが、特に予定も無く、
1日中家にひきこもっていました。

夕飯は、家族を連れてステーキレストランへ。

W320Q75_P1020907.jpg
まずは赤ワイン(ハウスワインのデキャンタ500ml)
木、金と飲んでいたし、おなかの調子も悪かったので、
飲むのを止めておこうと思ったのですが、
誘惑を断ち切れず。

W320Q75_P1020905.jpg
サラダ

W320Q75_P1020924.jpg
私と妻はカットステーキ

W320Q75_P1020917.jpg
上の子はサーロインステーキ

W320Q75_P1020922.jpg
下の子はハンバーグステーキ

ライス、スープ付きでしたが、私はワインを飲んでいたので両方とも食べず。
デザートのコーヒーゼリーは食べたものの写真は取り忘れ。


食事をしならが、上の子に、
「お父さん、仕事を辞めたら明るくなった」と言われた。
そうなのかな?
私は昔からずっと根暗(死語かな?私おっさんなんで)なんですが。

  ※根暗:ネクラの「根」とは、性根(しょうね)や根性(こんじょう)など、
      その人の精神性(個性など)の根底を指す。つまり根が暗い性質をさしたもので、
      対義語のネアカと共に人の性格を表現する形容詞として日本の1980年代の流行語であった。
      だが後述する理由で1990年代よりこの言葉はあまり使われなくなっている。詳細はwikipedia

支払いは、4人で10,388円也(税込み)
優待券10,000円分の利用で、実質の支払いは388円
目指せ、優待名人桐谷広人!

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

寿司屋で昼飲み  

前引け後、現金を獲得すべく、株主優待券を握りしめ
都内の金券ショップへ。

現金を獲得した後、遅い昼食を食べに新宿へ。

W320Q75_P1020880.jpg
新宿駅西口
以前から気になっていた寿司屋へ行くことに。

13:30過ぎに寿司屋に入店。
遅い時間だったので、10席ほどのカウンター席はガラガラ。

右隣はサラリーマン風の男性(推定30代)
左隣は携帯電話を販売している女性(推定20代) ※職業は、板前さんとの会話から推測
そして、私の3人でした。

W320Q75_P1020884.jpg
瓶ビール キリンラガー500ml(税込み627円)

寿司屋のビールって、キリンやサッポロが多いような気がします。
アサヒはあまり見ないけど気のせい?
まずは、一人で乾杯。

W320Q75_P1020887.jpg
お通しは、白身魚の南蛮漬け(税込み378円)
お通し代は高いです。私としてはマイナスポイント。

W320Q75_P1020891.jpg
ランチにぎり(税込み1,490円)

W320Q75_P1020892.jpg
茶わん蒸し(セットで付いてくる)

ぬるくて今一つ。
やはり、茶わん蒸しは熱々が食べたいです。
具も、三つ葉、椎茸、小さなエビのかけらだけ。
物足りないな・・・

W320Q75_P1020895.jpg
ビールを飲んだあとの〆のうどん。
お椀の変わりに、プラス100円で変えられます。

以上 総計2,595円也

今日のお寿司屋さん、
TVや雑誌で度々紹介されるお店なので、少し期待していたけど
残念なお店でした。
食べログでは☆3.52なんですけど、私の舌がおかしいのかな。

最近のチャンピオンのお店は、昨年10月に行った下北沢の寿司屋かな。



その後、赤羽まで足を延ばし、まるよしで
バイス、串カツ、きゃべたまを
と思いましたが、お腹一杯で、今回は断念しました。
(前回のまるよし訪問の様子はこちらから


あと、新宿で注目のお店
やまと
W320Q75_P1020878.jpg

24時間営業で、生ビールが180円なので
行って見ようかと思いましたが
お通し代が400円なのでやめました。

私は1杯飲んで、次々と店をはしごする性質なので、
ちょっと割に合わないかなと。
友人と、どっしりと腰を落ち着けて飲む機会に行ってみます。

とういうことで15:00過ぎに新宿駅をあとにしました。
W320Q75_P1020899.jpg

16時に自宅に帰り、風呂を沸かして入って、
夕飯時にハイボールで飲みなおしています。

昼飲みは、無職の楽しみの一つでもありますが、
堕落人生への第一歩でもあり、非常に危険です。

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

大阪 鶴橋の焼肉の話 その3  

結局、本にも載っていなくて、店の前に呼び込みの人がいない
焼肉店に入ることに。


店内に入るとカウンターに案内される。
6人座れるカウンターには、先客が2人。

2人とも中年の女性の一人客だった。
なんとなく、期待できそう。

他にテーブル席があったが、空いていて、
あとから若いカップルが1組入ってきた。
2階席もあるようで、帰るお客が何人かいた。


11:00~15:00までランチタイムで
店長おすすめの定食(上ロース、上カルビ、上タン、上ハラミ)を注文

W320Q75_P1020037.jpg
これまで見たことの無いロースター
関西はこれが定番なのか?

どの位置が焼けるのか、感覚が分からず
火力の調整に苦心した。

W320Q75_P1020040.jpg
ライスとわかめスープ

わかめスープはとても美味しい。
しかし、ライスは少し柔らかく、私にとっては今一つ。
スープ、ライスはおかわり無料。

W320Q75_P1020041.jpg
キムチ盛り合わせ。とっても美味しい。
しかも、おかわり無料。

東京は、ライス、スープ、キムチ、全部追加料金取られます。

W320Q75_P1020044.jpg
左から、上タン、上ハラミ、上ロース、上カルビ。

上ロースもサシが入っていて、上カルビのよう。
もう食べる前に、美味しい事が想像つくような肉でした。

食べると予想通り美味しかったのですが、
44年生きてきて、一番美味しい焼肉だったと思います。

自宅に戻って、妻にその話をしたら
「44年で一番というのは、ちょっと大袈裟でしょう」と言われましたが、
それは食べていない人がいう事で、本当にそれ程衝撃的な美味しさでした。
今度、妻も連れて行きたいです。


もちろん、東京でも高いお金を払えば、こういった肉を提供するお店はあるでしょう。
多分、一人1万円はする店だと思います。
そんなお店には、私はそうは行けません。

それが鶴橋では、これで1580円(税込み)ですから
もの凄い衝撃でした。

自宅近くに、A5ランクの黒毛和牛の焼肉を食べれる店があり、
そこのランチは2000円ですが、質も、量も、ここには到底及ばないです。
ちなみにそのお店、食べログで3.5点以上なんですよ。

W320Q75_P1020054.jpg

店を出た後、「空」という店の前を通ると、仕込みをしていました。
夜からの営業なのでしょう。
ここも、とても美味しそうな感じでした。



自宅近くには、これほどレベルの高い店は無い事は分かり切っていますが、
都内で美味しい店を開拓しようかなとも思います。

しかし、美味しくても高いか、安くても激混み、とか予想できてしまうので
なんだか行く気がしないです。
次回の大阪では、また鶴橋に行くと思います。

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

大阪 鶴橋の焼肉の話 その1  

今回の旅行では、
岡山で食べたラーメン(岡山ラーメン)と大阪で食べた焼肉が
とても美味しかったので
今回は少し鶴橋の焼肉の事を書こうと思います。



大阪に行ったのは今回で3回目です。
昨年の1月、5月、今年の1月。

生まれてから一度も大阪の街を歩いたことが無かったのですが、
(電車で通り過ぎたことはあった)
無職になって平日暇になったこともあり
この1年で3回も大阪に行きました。


昨年の1月、大阪に行った時、
大阪に単身赴任している、高校時代の同級生に会いました。

日曜日の夜に会って
鶴橋で焼き肉を食べる約束をしていたのですが、
1日日程がずれてしまい、鶴橋には行けず、
彼の職場である淀屋橋で食事をしました。


その後も、ずっと鶴橋に行く機会がなかったのですが、
今回は友人に会う15時まで暇だったので、
何となく、昼食に食べに鶴橋に行くことになりました。



宿泊先の淀屋橋のホテルを10時に出て、
市営地下鉄に乗って谷町九丁目駅へ。

そこから上町台地を散策しました。
(散策コースの詳細は、JTBのMOOK「詳細地図で歩きたい町大阪」のコース10です)

・生國魂神社
・高津宮
・近松門左衛門墓
・三光神社
などを巡って、

W320Q75_P1020017.jpg
昼過ぎに玉造駅前の交差点に到着

category: グルメ

tb: 0   cm: 0

行ってきたよ! 上野へ その3  

上野で2軒行ったので、電車に乗って日暮里まで移動

W320Q75_018.jpg
日暮里駅前のいずみや
町屋のときわ食堂に並んで、ディープなお店だそうだ。
今度ひとりで行ってみよう。

W320Q75_019.jpg
田端方面に歩いて向かう。
一由そば
上野の専業さんの行きつけの店らしい。

上野の専業さんは揚げ物が好きなので
天ぷらが豊富なこのお店がお気に入りのようです。

W320Q75_020.jpg
西日暮里 鳥のぶ
ここも有名店らしい。
創作料理が多くて、若い女性が多いとか。
私が女性がいない、殺伐としたようなお店の方が居心地が良い。

W320Q75_021.jpg
田端駅前。
秋は暮れるのが早い。

前日、朝まで飲んでいた巣鴨の専業さんは珍しくダウン。
ここで別れる。

W320Q75_022.jpg
上野の専業さんと2人で、田端のたつやへ
17:30の開店と同時に店内へ。
平日ということもあってから客は私達2人のみ。

W320Q75_023.jpg
店内はこんな感じ
キンミヤ焼酎のポスター

W320Q75_024.jpg
2人でカウンターに陣取り、ウーロン杯(私)と酎ハイ(上野の専業さん)で乾杯!
ウーロン杯の濃さは普通

下町の濃いウーロン杯が好き。
南千住の丸千葉に行きたくなった。
そういえば、丸千葉もキンミヤ焼酎だったな。

たつやでは
もつ焼き8本、ポテトサラダ、塩辛、オニオンスライス、コールスローサラダ
ウーロン杯、酎ハイ、(上野の専業さんは、酎ハイ、トマト杯)で
2000円/人でした。

W320Q75_025.jpg
帰りは上野の専業さんの御宅にお邪魔して、
ウィスキーの水割りを2杯頂いき
西日暮里駅からJRに乗って帰りました。


おしまい。

category: グルメ

tb: 0   cm: 0