無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

株で生活したいと考える人は、失敗が100%約束されるのか?について  

氷川祐介さんから
---------------------------------------------
株で生活したいと考える人はいますが、それは失敗が100%約束されています。
やめた方が賢明ですし、今ならまだやり直すこともできるのではないでしょうか?
---------------------------------------------
とコメントを頂いたので、株で生活したいと考える人は100%失敗するのかを考えてみました。


このコメントを頂いて、真っ先に思い浮かんだのが
トレードでは無く競馬の話です。

ある男性が「WIN5」(5レースすべての1着馬を当てる馬券)を的中させて、
4億3000万円の払戻金を手にしたというニュースをネット上で目にしました。
彼は3年間で28億7000万円もの馬券を購入し、30億1000万円の払い戻しを受けたそうですが、
所得を申告しなかったとして脱税起訴されたそうです。

彼のやり方は、競馬の予想ソフトウェアを改良して、
インターネット上で何通りもの馬券を大量に自動購入していたそうです。

この払戻金が、一時所得とみなされて課税されるのか、
雑所得とみなされ、購入した外れ馬券は経費として認められるのか、
といった裁判がありました。




私も若い頃、競馬、競輪に入れ込んだ時期がありました。
何とかして、ひと儲けてやろうと企んでいたのですが、結果は全くダメ。
トータルの収支はマイナスで、最後はサジを投げてしまい、
競馬、競輪は儲からないもの、といった結論に達しました。

競馬の控除率は25%。やればやる程損をする。
儲かる訳が無いと思っていました。
まさに「競馬は100%失敗する」という考えでした。




しかし、このニュースを見た時は、目からうろこが落ちる思いでした。
私が競馬をやっていた頃は、競馬は単勝式、複勝式、連複式しかありませんでした。
連複式で8枠フルゲートでも36通りしか買目はありません。

しかし、今は色々な馬券があります。
このWIN5の場合、5レース全てが18頭立てとすると
約189万通りとなります。

ここが、意外な盲点で、
36通りしか買目が無い場合、単勝オッズに対して、
その情報が、連複のオッズに対してもほぼ適正に反映されます。

しかし、これが189万通りとなると、単勝オッズに対して、
その情報がWIN5のオッズ全てに適性に反映しきれず、いわゆる歪が生じてきます。
(購入される馬券が多くなれば多くなるほど、この歪は解消されるが、
 189万通りともなると、膨大な参加者がいないと適正化されないはず)

おそらく、彼はこの歪を探すアルゴリズムを作って、
ソフトを介して馬券を購入していたのでしょう。




凄いなーと思いつつも、何だ、そんな方法があったのか?
それなら、確率統計の知識と、プログラミングの知識があれば、
できる人はできるだろうなあと思いました。
(まあ、実際やってみると、そんな単純では無いとは思いますが)
私は昔の連複式36通りの時代しか知ら無かったので、
そんな方法は全く気が付かなかった。

これはたまたま、競馬の払い戻し金に対する課税の裁判が行われて、
彼の馬券の購入方法が明るみにでたから、彼が儲けてきた方法が分かっただけで、
もしこの裁判が無く、この記事を目にしなければ、
私は一生「競馬では100%儲けられない」と思っていたでしょう。




この、競馬は100%儲けられないという考え方は、
自分の無知さをさらけ出すような考えでした。

どんな世界でも、儲けている人は少なからず存在します。
そして、その方法は、みんなが知ら無いだけなのです。

そもそも、儲かる方法なんて誰にも口外しません。
みんなこっそり、自分だけが儲けているものです。
(そういう方法の公開を謳うような商材は詐欺まがいの物が多い)




そして、この「100%失敗する」とか、「絶対にダメ」という先入観は、
自分の視野を狭くするだけで、良いことはあまりないような気がします。

99%失敗するかもしれない、
でも、自分は気が付いていないかもしれないけど
1%ぐらいは成功する可能性はあるのではないか。
そういう考えで、私は生きてきたいです。
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 5

トレードが好きか?  

私はトレードが好きか?

1~2年前だったら、その答えはNoだと思います。
会社員として定年まで勤めたかったという思いが強かったですし、
40歳を過ぎて失職して、雇ってもらえる場所が無く、
仕方なくトレードで日銭を稼いでいるという卑屈な感情の方が大きかったです。

何よりも、トレードは怖いです。
生活費を賭けた勝負ですから。
現在の私は、働いてお金を得る事ができません。
今やっているトレードでお金を失ってしまったらどうなるのだろう?
そう考えるととても不安です。

これは、トレードでお金を稼ぐ限りはずっと付きまとう問題だと思います。
だから、早くこの世界から足を洗って、違う世界に行きたいと思うことが良くあります。




一方で、トレードがもしかしたら好きかもしれないと最近思うようになりました。

私は学生時代から数学が得意でした。
高校時代は、試験を返される時に最高得点の人だけ発表されますが、
私は良く名前を発表されていました。
数字を眺めているだけで、いつも幸せな気分になれました。

学生時代、野球がとても好きでした。
野球を見に行くことや、することも好きでしたが、
一番好きだったのは、レコード・ブックを眺めることでした。
選手個人の過去の成績の一覧を眺めたりして、
その選手はどういう選手なのか推測するのが好きでした。

トレードでも同じ事をやっています。
週末になると、ネット証券から監視銘柄の株価データ(株価、出来高、信用残など)をダウンロードして
ずっとその数字を眺めています。
その数字を頼りに、何でこういう値動きをしてきたのか、この先どう動くのか、を推理をします。




私は数学は得意ですが、国語は大の苦手です。
会社員時代は、機械メーカーで技術者として働いてきました。

実験をやったり、物を作ったりするのはとても好きでしたが、
レポートや報告書を書いたりするのは大の苦手でした。
社会に出ると、数学が得意という事だけでは生きていけません。

一方、今のトレードの仕事は、数字だけを眺めていても何の問題もありません。
トレードの報告書も書く必要は無いのです。

私は売買記録は残していますが、全て数字です。
数字以外の記載は銘柄名と、簡単なメモ、雑感のみです。
それを見れば、過去の自分の考えが全て分かります。




長くなりましたが、こんな感じで、
学生時代、好きだった数字を眺めながら色々な事を推理して、
当たればお金が貰え、外れればお金を奪われるのがトレードだと思っています。

自分が好きだったこと、得意なことで生活の糧を得ているのだから、
「トレードが好き」ということになるのかもしれない。


一方で、私は気が小さくて、いつも臆病です。
今、投資信託を沢山保有していて、外国株や外国債券の比率が大きいのですが、
つい最近も、ドル円が一晩で3円も落ちて、大損する夢を見て
朝からゲッソリしてしまったことがありました。

繰り返しになりますが、本当に私はトレードが怖いです。
これは不思議なことですが、慣れることはありません。


なぜ、好きな数字を眺めているのに、こんなに辛い思いをするのだろうと考えたことがあります。
それは、多分、自分の身の丈に合ったロットでやっていないからだと思います。
でも、生活費を稼ぐとなると、どうしてもロットを大きくしなくてはなりません。

もしも、ロットを1/10にして、損をしても良いかなと思えるような取り引きだったら
純粋に楽しめるのかな。

競馬でも、100円を賭けた勝負と、1000万円を賭けた勝負とでは、
同じレースを見るにしても、景色が全然違うと思います。




長くなりましたが、これが私のトレードに対する感情です。

category:

tb: 0   cm: 3

トレードでコンスタントに利益をあげているのか?  

あるやんさんから
---------------------------------------------
毎月、コンスタントに利益をあげておられて、さすがです。
---------------------------------------------
とコメントを頂いたので、本当に毎月コンスタントに利益をあげているのか?
検証してみました。


私が仕事を辞めたのは2012年の11月末

仕事を辞めた時は鬱がまだ酷く、しばらくは自宅で寝た切りでした。
当然、トレードをすることなど考えられませんでした。
また、2013年の7月~9月の3ヶ月間は精神病院に入院していました。

鬱が良くなりかけて、精神病院から退院した2013年10月から再就職活動を始め、
それからしばらくした2014年1月から、再就職活動と並行する形でトレードを再開しました。

2014年の夏ごろ、コンビニのアルバイトに応募したものの連絡すら無く、
再就職はあきらめ、無職専業として生きていくことを決意しました。



以下、各年度における月間収支です。
 ○は月間で50万円以上の利益
 △は月間でプラスではあるものの、50万円以下の利益
 ×は月間でマイナス
を示します。

月50万円の利益を目標にしていますが、その根拠は、
40歳で仕事を辞めた時の手取り年収が600万円程度だったので、
それと同じ額を家に入れようと思ったからです。

利益の少ない月、マイナスの月は、
自己資金を切り崩して生活費を入れています。



【2013年】

 鬱で療養

【2014年】

 1月:○    7月:○
 2月:○    8月:△
 3月:×    9月:○
 4月:△   10月:○
 5月:△   11月:○
 6月:○   12月:○

 50万円以上 8回
 50万円以下 3回
 マイナス   1回 

【2015年】

 1月:△    7月:○
 2月:○    8月:×
 3月:○    9月:○
 4月:○   10月:△
 5月:○   11月:○
 6月:△   12月:○

 50万円以上 8回
 50万円以下 3回
 マイナス   1回

【2016年】

 1月:×    7月:○
 2月:○    8月:△
 3月:○    9月:○
 4月:×   10月:○
 5月:△   11月:○
 6月:○   12月:○

 50万円以上 8回
 50万円以下 2回
 マイナス   2回


【2017年】

 1月:△    7月:
 2月:△    8月:
 3月:○    9月:
 4月:○予定 10月:
 5月:    11月:
 6月:    12月:

 50万円以上 2回
 50万円以下 2回
 マイナス   0回


こう見ると、1年の中でマイナスになる月が1~2回ありますが、
9割はプラス収支で終わっています。
それなりにコンスタントに利益をあげています。

一方で、目標とする50万円以上の利益をあげているのは
年間で2/3です。
1/3の月は、生活費を捻出できず、自己資金を切り崩しています。


ただ、年間のトータルの利益を考えると、専業になった3年では常に600万円/年を超えており、
会社員時代の収入よりは良いといえます。

今年はどうなるか分かりません。
そして、この先もずっと稼ぎ続けられるかというと、正直自信がありません。

トレードは、地合いであったり、運の要素も大きいです。
3~4年程度なら、運だけで利益をあげ続けることは良くあることだと思います。



博打は引き際が大切です。
どの時点で、この世界から足を洗うかです。

一方で、博打は依存性もあるので、
破産するか、死ぬまでやり続ける人は沢山います。

私はどうなりますかね?

category:

tb: 0   cm: 3

優待って割に合うの?  

>権利落ち日の寄りで売りと買いの成り行きの反対売買で決済するのだと思うのですが、
>それにかかる手数料など考慮した場合割に合うものなんでしょうか?

みんちゃんさんから上記のコメントを頂きましたので、
優待取得時のコストについて書いてみました。

クロスによる優待の権利取得にかかる費用は主に3つあります。
それらを如何に安く抑えるかが大事になります。


■売買手数料

手数料の安いネット証券を利用しますが、
ネット証券間でも手数料が異なります。

また、手数料体系(1日定額、1約定毎)の選択によっても
手数料が異なります。

これらの証券会社、手数料体系を複数組み合わせることによって
最も手数料が安くなる最適な組み合わせを考える必要があります。


また、手数料を無料にする方法、キャッシュバックを利用する方法もあります。
例えば、松井証券は1日10万円以下の約定であれば手数料は無料です。

証券会社によっては、条件(前日の信用の建玉残高や、月間の新規建約定代金合計)
を満たすと、信用取り引きの手数料が無料になります。

証券会社の株主優待を利用することで、
手数料の一部をキャッシュバックしれくれる会社もあります。

時々ですが、期間限定で信用取引の手数料を無料(キャッシュバック)にしてくれる
キャンペーンがあったりもします。

こういった事を利用しつつ、手数料は最低限に抑えます。


■逆日歩

制度信用でクロスする場合、売り建て玉に逆日歩が生じます。
逆日歩とは、日証金が株主から貸株を調達をするのですが、
その際に発生する品貸料を言います。

この価格は入札で決まります。
当然、小型株などは品薄になりがちで、権利日を跨ぐ場合、高騰する傾向があります。
ですから、品貸料が高く付きそうな銘柄は避けるようにします。

また、休日を跨ぐ場合(受渡しベースで)、品貸料は休日分も支払わなくてはならないので
注意が必要です。

12月は年末年始を跨ぐので、最高料率が付いた場合は大変です。
私は2013年12月のアルペンで、56,000円の逆日歩を4口座で支払いました。
(2万円の優待券に、品貸料22.4万円の支払いです)


逆日歩を回避する方法としては、一般信用の利用が考えられます。
一般信用は日証金を介さず、各証券会社が独自に貸株を調達するので
品貸料は発生しません。

しかし、貸株数量には限りがあり、
小型株や人気銘柄の場合、権利日直前には残っていません。
ですから数週間前からクロスを作っておく必要があります。

抽選を行っているところもありますが競争は厳しいです。
夜の19時によ~いドンのところもあります。
その辺りは、各証券会社のルールを調べて下さい。


一般信用の場合、制度信用よりも貸株料が高いです。
また一般信用を取り扱っている証券会社は、手数料が高いところが多いです。
500円のクオカードを取得するのに、手数料負けするのはバカバカしいです。


■貸株料

証券会社によって異なります。
制度信用、一般信用によっても異なります。
長期間クロスをするような場合、貸株料も多くなりますので、
優待内容に見合うかどうか?事前に計算する必要があります。


以上の3つが、優待を取得するときのコストとなります。

取得する優待内容と、掛かるコストを事前にシミュレーションして、
取得する価値が有るのか?無いのか?を銘柄毎に判断しなくてはなりません。

銘柄数が少ない月は良いのですが、
3月末のように700銘柄以上ある月は本当に大変です。


以上です。

category:

tb: 0   cm: 2

トレーダーを辞める時  

学生時代の友人も、沢山集まると、
自慢をしたがる人が居て嫌気が差します。


~~~先日の大学時代の新年会での話~~~

友人Aが、今乗っている車は株の儲けで買ったとか。
そんな話って、話している方は気持ちい良いと思います。

しかし、一度だけ言えば良いものの、
本人は酔いも手伝ってか、繰り返しその自慢話をします。
聞いている方は辟易します。

そして、2次会の席もその自慢話。
そこで友人Bが友人Aに一言

B 「それで、車買った後は株はやって儲けているの?」
A 「今は家族もいて大変なのでやっていない」
私 「家族は関係ないんじゃない。だって儲かれば、家族がいてもいなくてもやるでしょう」
B 「確かに・・・」

その後、Aは株で車を買った自慢話をしなくなりました。



私は十代の頃から色々な博打を打ってきました。
パチンコ、麻雀、競馬、競輪、競艇、
オートは行ったこと無いかな、
FX、株、も博打の類?
商品先物は、会社員時代に勧誘の電話が沢山掛かってきたけど、
訳が分からないので断りました。


で、結局
パチンコ → 勝てなくて止め
麻雀 → 腰と腕が痛くなり、時間の割りには儲から無いので止め
競馬 → 競輪の方が面白くなったので止め
競輪 → 勝てないので止め。でもレースは好きだったので、車券を買わずに競輪場に通って観戦
競艇 → 楽しさが分かる前に止め
FX → リーマンショックで1ヶ月で1,500万円やられて止め


結局、博打って勝てなくて止めてしまうのだろうなと。

だから、株で車を買ったとみんなの前で自慢していた友人Aが
今は株やっていないと言った時には直ぐに分かったよ。
その後、負けたんだろうなと。

見栄を張りたがる人間って、自分の都合の良い所だけを誇張して威張る。
そして、弱みは絶対に見せない。

株を止めたの、家族のせいにしたら可哀想だよ。
自分の実力でしょうと。
まあ、そこまでズバズバ言ったら、みんなからも嫌われるだろうから言わなかったけど。




私もいつかは、望もうと望まざろうとも、
トレーダー生活を辞める時が来るのだろうな。
そう遠く無い未来に。

category:

tb: 0   cm: 0

2016年12月 株主優待雑感  

2016年12月の権利取得銘柄の逆日歩の発表が本日ありましたので、
気になる銘柄をピックアップして


■1899 福田組 0円/5日

 毎年逆日が歩が付かない銘柄です。
 私は今年はじめての取得で、一般信用を使いました。
 今年は危ないと思っていましたが、なぜ0円?


■2211 不二家 0.25円/5日

 2014年(2年前)に制度信用で取得しましたが16.5円/6日でした。
 3,000円の買い物券に16,500円のお支払。
 昨年は見送り、今年は一般信用での取得でした。


■2501 サッポロホールディングス 5.75円/5日
■2503 キリンホールディングス 3.25円/5日
■2502 アサヒグループホールディングス 4.5円/5日

 いずれも一般信用で取得。
 ビール三社なんて、昔は5銭/日しか付かなかったのですがね・・・
 当時はサッポロやキリンは1,000株単位だったこともあるのでしょうけど。
 時代は変わりました。


■3028 アルペン 3.25円/5日

 私に取っては、思い入れのある12月銘柄です。

 2013年12月、精神病院から退院後、久し振りの優待クロス
 何も考えずに制度信用で申し込み、結果は112円/7日
 5,000円の買い物券(500株)に、逆日歩のお支払56,000円

 ちなみに家族4人で取得でしたので、
 逆日歩のお支払合計金額は224,000円でした。
 湖池屋なんて序の口です。
 この自己記録は、未だ塗り替えられていません。

 今年は一般信用で100株取得です。


■3178 チムニー 190円/5日

 今年の6月は一般信用で取得。
 ちなみに一ヶ月以上前からクロスしていました。

 優待は500株でお食事券15,000円分。
 今回は一般信用が取れなかったので見送りましたが、
 制度信用使っていたら、95,000円の逆日歩を支払らっていました。


■6067 メディアフラッグ 28円/5日

 昨年はは2.75円/5日、私のみの取得でしたが、
 今年は危ないと思って見送り。
 正解でした。


■6078 バリューHR 104円/5日

 昨年は2.75円/5日、私のみの取得でしたが、
 風邪薬、胃腸薬、湿布、歯磨き粉などの医薬品を
 ポイントで購入できてとても重宝していました。

 今年は妻もと思って2名義で取得。
 5000ポイント(5,000円相当)の優待に、10,400円の支払いとなりました。
 2名義なので倍です。


■8179 ロイヤルホールディングス 50円/5日

 今年の6月は12.5円/1日でした。
 私は制度信用で1000株の取得したので、
 12,000円分の優待券に対して、支払った逆日歩は12,500円でした。

 今回は一般信用の取得を試みましたがダメだったので
 あきらめました。


■9384 内外トランスライン 48円/5日

 昨年は2.75円/5日、制度信用を使って家族全員での取得でしたが、
 今年は警戒して私のみ取得。

 しかし、カタログギフト2,500円(200株)に
 9,600円の逆日歩のお支払。
 見送れば良かった。


■9722 藤田観光 0円/5日(0.00%)

 今年の6月は、逆日歩2円/1日だったので、
 逆日歩5日の今月は見送り。
 仕方ないです。


ここ1~2年、逆日歩だいぶ付くようになった印象です。
桐谷さん効果?みんな考えは同じ?
大型でも怖いです。


 制度信用 あぶない あぶない(福田和子風に)

category:

tb: 0   cm: 0

どうやって、トレード方法を学んだか その2  

その1からの続きです。


【トレーダーのオフ会】

 その掲示板で知り合った人と、2003年にオフ会をしました。
 ネット上で知りあい、見ず知らずの人に会うのはかなり抵抗がありましたが、
 会ってみるとみんな気さくな良い人ばかりでした。

 しかし、その後、オフ会で知り合った人の中から、
 投資顧問業を初めて、入会の勧誘をしてくる人、
 このオフ会で投資方法の情報を集めて、セミナーを開催する人、
 投資に失敗して無一文になり、オフ会で健康食品を売り始める人、
 など良からぬ人達も現れ始めました。

 どこの世界にも、一定数このような人達は存在しますので、
 そういった人とは拘わらない様に注意しています。


 オフ会で色々な人と知りあって、
 その中で自分と気の合うような人と
 個人的に会ったり、メール交換をするようになりました。

 この人達との会話の中から、投資のヒントを貰って、それを自分で発展させる
 というのが、今振りかえると、私の勉強法だったと思います。



【それなりの知識は必要】

 他のトレーダーさんから話を聞くことがあると思うのですが、
 それなりの知識がないと理解できないことがあります。

 例えばなのですが、
 一般信用が出た当時、逆日歩の付かない凄い信用取り引きがあると
 オフ会で話題になっていましたが、当時、私は信用取引をしなかったので
 その話がさっぱりわからず、理解したのはずっと後のことでした。

 そういった情報があっても、自分の知識がなければ話について行けないので、
 それなりの基礎知識は必要だと思います。


 その知識というのは、実戦を通して身に付けるのか?
 大事なのは、興味を持って自分で勉強することだと思います。



【独学の勉強法まとめ】

 ということで、私の独学の勉強法は
  1.5年間で投資の基礎知識を実戦を通して身に付ける。
  2.ネットの掲示板で、自分の分からないこと、理解できないことを質問して勉強する。
  3.掲示板で知りあった人と、直接コンタクトを取って、投資のヒントを貰う。
 といった感じですかね。


 最も、これは19年前に私が投資を始めた時のことですから、
 今はブログなどもあって、もっと効率良く勉強できるような気がします。

 しかし、いつの時代でも変わらないことは
 勉強とは自分の頭で考えることです。

 人に教えて貰った事を、自分の頭で考え直して、それを自分のものにして、
 更に発展させてオリジナルのものにしない限りは、儲け続けることは難しいと思います。




トレーダーで生活費を稼ぐことについても書きたいと思っていますが、
それはまた明日以降ということで。


おわり

category:

tb: 0   cm: 2

どうやって、トレード方法を学んだか その1  

匿名さんより、トレードの勉強方法についてコメント欄で質問を頂きました。

少し、私が株を始めた時のことを振り返りつつ
どうやって勉強してきたのかを書いてみました。

長文ですのでお暇な時に。



【トレードの勉強方法について】

 結論を先に書きますと、
 私のトレードの勉強は全て独学です。
 今やっていることは全部自己流。

 本も読まないし、セミナーの類にも参加したことはありません。
 そもそも、本を読んだり、セミナーの話を聞いただけで、
 利益を上げられるような世界ではないと思います。
 とっかかりとしては良いのかもしれませんが。

 他のトレーダーさんのブログは見ますが、
 参考になることは殆どありません。

 自分の飯の種を無料で公開するような親切な人は
 この世界にはいないでしょう。

 では独学でどうやって学んだかを、
 株をはじめた背景を交えて、少し書いてみることにします。



【株との出会い】

 初めて株を買ったのは1998年、27歳の時でした。
 8263ダイエイが初めて買った株でした。
 今はもう上場していません。

 株をはじめたきっかけは、母や母方の祖父が株の売買をしていたからかもしれません。
 株を買う事にあまり抵抗感はありませんでした。
 (今はネットで手軽に取り引きできますが、当時は証券会社の店頭での売買でした。)

 また、私自身も麻雀、競輪が好きだったので、
 博打の延長といった感覚があったと思います。

 株の売買を投資と考えたことはありませんでした。
 資産形成といった崇高な思想も全く無し。
 上がるか下がるかにベットする丁半博打でした。

 当時は会社員をしていたのですが、
 給与以外に、少し小遣いが稼げたら良いなといった
 軽い気持ちで始めたと思います。



【はじめの5年間は全くダメ】

 1998年に株を始めましたが、
 何の根拠も無く、適当にやっていたので全くダメでした。

 当時のやり方や心境は覚えていまえせんが、
 株価だけ見て売買していたと思います。

 何の基準も持たないで、1ヶ月前に比べて株価が大きく下げていれば
 安いから買いだとか。
 材料なども殆ど見ていなかったと思います。

 といった、いい加減トレードだったので、
 1998年~2001年までの4年間はトータルでマイナス。
 2002年はそれなりにプラスで、
 4年間の赤字を解消し、トータルの収支がプラスに浮上しました。

 そして、この5年間あれこれとやってみて
 何となく自分の向かう方向が見えてきました。



【ネットの掲示板】

 6年になって、やっと自分の方向性が決まってきてからは、
 私と同じようなことをやっている人達が集まるインターネットの掲示板を見つけ、
 そこで色々と情報交換をしました。

 当時はブログはあまり無かったので、
 この掲示板では色々と分からないことを、古くからやっている人に質問して、
 かなり勉強になったと思います。

 ところが、この掲示板で質問ばかりしていたら、
 この掲示板の主さんに、
 「ニックさんは質問ばかりしているけど、自分の考えは無いのか?」と窘められ、
 確かにそれではまずいなと思い、
 それ以降は、質問するときは、自分の考えを示した示した上で聞くようになりました。

 この考えは、今一番役に立っていると思います。
 結局は、自分なりに投資方法を考えて、自分オリジナルのもにしないと長くは続きません。
 また、人の物まねではあまり旨みはありません。
 その一歩先を行くのが美味しいのです。
 常に、新しい事を考え続けた方が良いのですが、それはそれで苦しい作業でもあります。




その2に続きます

category:

tb: 0   cm: 0

トレーダーの実力って?  

東京は、ここ5日ほど涼しい日が続いています。

暑さが苦手な私にとっては大歓迎ですが、
今週中に東京も梅雨が明けるそうで、
この涼しさとももうすぐお別れです。

しかし、2ヵ月もすれば涼しい秋になるでしょう。
それまでは、部屋に籠城して我慢です。



7月ももうすぐ終わります。
今月からデイトレをやめたのですが、
肉体的にも精神的にもとても楽になりました。

8月からは、また復帰しようと思っていたのですが、
このままデイトレは止めてもいいかなと思っています。
まあ、お金無くなったら、やらなくてはならないのですけど。



今週末は金融政策決定会合があるので
取り引きは殆どできません。
最近は暇なので、じっと部屋で本を読んでいます。


私は将棋が好きなので、羽生善治さんの本を読んでいるですが、
面白いことが書かれていました。


以下、抜粋
------------------------------------------------------------------
偶然性の沢山入るもののほうが、実力の差が出やすいんじゃないか?
偶然性の入るゲームは、それだけ選択の幅が広いし、
常に状況がまったく変わっていく中で対応しなきゃいけない。
そいうもののほうがむしろ実力の差は出やすい、ということはあると思います。
------------------------------------------------------------------


トレードなんて、まさに偶然性の沢山入るゲームだと思います。

個別企業の材料もあるし、為替、世界各国の株価指数、経済指標、
あらゆるものが互いに影響しあって、そして刻一刻と変化してく。

トレーダー個人個人が、
状況、状況を的確に判断していかなくてはならない。
その積み重ねが日々の売買だと思います。


そういった判断がちゃんとできる人と、できない人とでは、
かなり差が出てくるような気がします。




まがりなりにも、10年以上トレードをしているのですが、
何となく周りのメンバーって変わっていないような気がします。

一時、大儲けするような華々しい人はいるけれど、
いつの間にか消えてしまったりして。



実力の有る人は、着実に資産を増やしているけど、
実力の無い人は、いつも新規に資金を入れていて、資産は全く増えていない。
実力の有る人のところに、実力の無い人の資金が移っているだけのようです。



では、トレードの実力って何?
実力ってどう付けるの?
と言われると、答えに窮してしまうのですが・・・



少なくとも、目先の値動きとか、儲けとかに心を奪われたらダメで、
なぜ、そういった値動きになるのか?
もっと突き詰めると、株価はどういった仕組みで形成されるのか?
なぜ、その値段で現在取り引きされているのか?
といった株価形成の原理を突き詰められるかどうかってことなんですかね。


こういう事は、株に興味がある人じゃないとあまり考えないような気がします。
目先の儲けばかり考える人は、どうしても株価の値動きばかりに目が行ってしまうので
考えないでしょう。

そもそも、そんな事を深く考えるのは面倒だし、
手っ取り早く儲けたい人の方が圧倒的に多いですから。
また、突き詰めて考えた所で、直接的にはお金になりません。



昨日は22時頃に寝てしまい、
今朝は4時前に目が覚めてしまったので、
ふと、昨日読んだ羽生さんの本について書いてみました。

category:

tb: 0   cm: 0

ピカチュウ及びその関連銘柄  

自分用メモ

2215 第一パン
2432 DeNA
2454 オールアバウト
2702 マクドナルドHD
3652 DMP
3668 コロプラ
3858 ユビキタス
3912 モバファク
3917 アイリッジ
3930 はてな
4312 サイバネット
4676 フジメディアHD
6177 AppBank
6658 シライ電子
6736 サン電子
6750 エレコム
6767 ミツミ電機
6804 ホシデン
6875 メガチップス
6879 イマジカ・ロボ
7022 サノヤスHD
7552 ハピネット
7844 マーベラス
7867 タカラトミー
7974 任天堂
8369 京都銀行
9413 テレ東HD
9602 東宝

category:

tb: 0   cm: 0

トレードで、常に利益を上げている人の共通点は? その2  

日曜日の朝、元気な時に書き始めたネタなのですが、
その後やる気が消失して、
月曜日の夜になってしまいました。
一気に書ききらないとダメですね・・・



■大金を儲けようとしない


私の付き合いのある専業投資家さんは
40代~70代の人だからかもしれないけど、
一発儲けてやろう的な人は、あまりいないです。

どちらかというと、
「お金にはあまり困っていないけど、他にやることないし、やっておこうかな」
みたいな人が多いです。


1月に会った岡山の専業さんはもう70代で、
「自分が生きているのも、あと何年かだ」と言いつつも、
トレードはしっかりやっていて
昨年儲けたお金は、孫への贈与に使ったそうです。



同じく、1月に会った大阪の専業さん(50代)は
「55歳になったらトレーダーは辞めようと思っていたのに、
 57歳になっても朝から晩までやっているよ。自分はワーカーホーリック(仕事中毒)だ」と



やることが無いから、とりあえずやっていると言うと聞こえは悪いのですが、
一獲千金を夢見て一儲けしてやろうというようなガツガツした感じが無くて、
余裕を持ってトレードしているから、
あまり負けないのかなと思ったりしました。



最も、私が投資を始めたきっかけは、
株で一儲けしてやろうと企んでいた訳で、
20~30代の若いうちや、投資を始めたての頃は、欲まみれでも良いと思いますが、
いつまでもそういった思想の(お金儲けに主眼を置いた)ままだと
いずれは痛い目に遭うのかなと思います。

この世界、数億円稼いでスッカラカンになった人は数多くいます。

category:

tb: 0   cm: 0

トレードで、常に利益を上げている人の共通点は? その1  

仕事を辞めて、再就職活動にことごとく失敗して、
専業投機家をやっていこうかなと思ってから、
過去に交流のあった、何人かの専業投資家さんに会ってきました。

何年もの間、この世界で生き残っている人達の
共通点をちょっと書きたいと思います。
(3回に分けて)



■トレードが好き

これは必ずです。

みんな、朝から晩までトレードの事で頭が一杯な人達ばかりです。
本やパソコンといった情報に向かっていなくても、
頭の中では常に投資のアイデアを考え続けている。


四季報を隅から隅まで目を通し、
(四季報の発売日が楽しみだったりする)
開示情報をいつもチェックしている。

会う人会う人、みんな知識量が豊富です。
彼らは投資の勉強しようとしている訳ではなさそうです。

ただ単に、トレードが好きだから情報を追い求めている。
人から指示されている訳でもないのに、いつもアイデアを考え続けている。
好きだからこそ、こういった事が苦にならないのでしょう。



私の場合、生活の為にサラリーマン的にトレードをしている要素が強いです。
もちろんトレードは好きですが、
彼らほどの情熱はありません。

立会中、家の中をフラフラしたり、昼寝をしたり、
将棋の対局をTVで見たり、
結構、怠けています。



相場が良い時は、私のような素人でも勝てます。
副業で片手間にやっている人も勝てるでしょう。

しかし、相場が悪くなっても、稼ぎ続けることができるのは
やはり、「トレードが好き」な人だと思います。
彼らの知識量や洞察力には敵いません。



好きであることは、とても大切な要素であって、
何となくやっている人は、彼らには絶対敵いません。

category:

tb: 0   cm: 0

デイトレでコツコツ勝つには何が必要なのか  

東洋経済オンラインの記事です。

デイトレでコツコツ勝つには何が必要なのか
資産1億円超の「満州中央銀行」氏が伝授


ここでも書かれていますが
トレードで重要なのは事前の準備だと思います。

私の場合、事前の準備に使う時間は9割。
注文を執行するのはほんの一瞬。
ポジション取った後の監視の時間が1割。
ですかね。

category:

tb: 0   cm: 0

損切りの話 その2  

前回からの続き

先のソフトバンク株も、
私が3000円で損切り後
2008年10月に636円の安値を付けるも
2013年12月には9320の高値があったので、
確かにずっと持っていれば、利食うチャンスはあったと思う。


では、ずっと保有していた方が良かったかというと、
それはできなかった。

というのも、私は常にカツカツの資金でやっているので
塩漬け銘柄を作ってしまうと、次のチャンスが来ても、
買うお金が無いという、悲惨な状況に陥ってしまう。

この会社経営者さんは、私の5倍以上(推定)の資金を持ち、
尚且つ、毎月、会社からの報酬も得られているので、
塩漬け銘柄を多少作ろうが、資金的には全然余裕なのである。

そして、それらの塩漬け銘柄も、
2013年のアベノミクスで全て救済され
損切りすること無く、殆どが利食いできたようだ。



だからと言って、
私はどんなに資金的に余裕ができても
塩漬けだけはやりたくない。

というのも、損失を抱えた時の精神状況はとても辛い。
毎日、毎日、含み損のことを考える生活は御免だ。

だから、こらからもずっと
切って、切って、切り捲ると思う。


【完】

category:

tb: 0   cm: 0

損切りの話 その1  

10年ほど前、良く相談に乗ってもらった
会社経営をしている兼業トレーダーさんがいた。



2006年の話

2006年の1月に、ある証券会社の営業マンにお願いされて
9984ソフトバンクを4350円で購入した。

しかし、このソフトバンク株
買って1週間経たずして、3000円台前半まで下落してしまった。

今でこそ、10%も下落しようものなら
即損切りといった習慣が身に付いているが、
当時は損切りを躊躇して、損失を拡大させることがかなりあったと思う。

結局2ヵ月後の2006年3月に、3000円丁度で売却した。
買値の2/3である。



この話を、当時良く相談に乗って貰った会社経営者さんに話したら
「何!売ったの?勿体無い」
「ずっと持っていれば、戻るのに」
と言われ、唖然とした思い出がある。

私としては、損切りを早くしなかった為に、損失を拡大させてしまった事を酷く後悔し、
どうすれば、早く見切りを付けることができるかを
この会社経営者さんに教えて貰いたかった。
ところがその真逆な考えを教えられ、
この人に付いていったらダメだなと思った。


その後、この会社経営者さんに、ある銘柄に関して、売りか?買いか?
といった議論になった時に、
「○○さんが買っているから大丈夫!」
と、根拠の無い理由を挙げられて、
それ以来、全く縁が切れてしまった。



こういう方は、早晩、消えていくのが世の常なのだが、
不思議な事に、未だに生き残っており、
毎年順調に利益を上げられているようである。
(この経営者さんのブログからの推測)

その2につづく

category:

tb: 0   cm: 0

証券会社を訪問  

昨日は証券会社の店頭に行って来ました。


担当者が代わるというので顔合わせに。
私の投資方針を話して、
あとは雑談をして30分程で終了。

新任は20代後半の女性でした。
課長代理だそうです。
そんな若くして課長代理になれるの?

ちなみに、前任の担当者は、50前後の女性でしたが、
押し売りをする割には、全然利益をもたらしてくれず
結構、きつかったです。




この課の上司の課長は、ここ2年程変わらず。
30代前半の男性で、浅黒で髪を染めていて、サーファーのような出で立ちです。
金融機関の人って、もっとカッチリした人が多かったように思いますが、
最近の若い人は感覚が違うんですね。


その前任の課長も、30代前半の男性。
ITバブルの頃は学生だったとのこと。


前々任は、50前後の次長。
この人には、私の知らない事を色々と教わりました。
そして、利益を結構もたらしてくれました。



この証券会社、ここ10年で雰囲気ががらっと変わってしまいました。

そんな話を他社(大手D)の担当者に嘆いたら、
「あこそは人材不足が顕著なんですよ。
 だから、若くても管理職にしているようです。」と


証券会社も合併を繰り返し、
リーマンショックの時にはリストラをやって、
優秀な人ばかりが残ったかというと、そうでも無く、
後から入ってきた若い社員は、
相場の事は浅く広くしか教育されていないような感じです。



地場証券や中堅証券は、それなりにしっかりしている人が多い印象だけど、
大手証券の若い担当者は、株の事をしらない人が多すぎるなと、
最近切に思います。

category:

tb: 0   cm: 0

元銀行員さん  

10年前、株の掲示板で知り合った元銀行員さんと
月曜日に会う事になりました。
彼と会うのも10年振り位です。

メールで連絡を取った取って分かった事は
・7年前に仕事は退職している。
・今は平日はフィットネスクラブに通っている。
・競馬が府中開催の時は、土日は忙しい
こんなところです。

彼の歳は知りませんが、70歳前ですかね。
会った時に聞いてみます。


彼とは、10年程前に新興市場の株式掲示板で知り合いました。
今年会いに行った、岡山の専業さん(1月)、大阪の専業さん(5月)
栃木の専業さん(11月)、上野の専業さん、巣鴨の専業さんは
みんな、その掲示板で知り合った人で、お互いを知っています。


彼の人となりを書こうと思ったのですが、
今日は飲んでしまったので、また明日。

【男芸者】
【不動産】
【愛人を囲う】
【銀行員という仕事】
といった見出しで書こうと思います。

では、おやすみなさい。また明日。

category:

tb: 0   cm: 0

潜入!投資家たちの秘密パーティー  

NHK総合1午後10時55分~午後11時20分
所さん!大変ですよ「潜入!投資家たちの秘密パーティー」

来週の木曜日(11/12)にNKHで放送する番組です。
忘れるといけないので、録画予約しました。

以下、告知内容を引用
----------------------------------------------------------------------
ディレクターがネットで見つけた、ある告知。
日本各地の投資家たちが、身分を明かすことなく、新宿・歌舞伎町の雑居ビルに集まり、
秘密パーティーを開くという。一体、何が話し合われるのか…。

潜入したディレクターが目の当たりにしたのは、たとえ損を出しても、
将来への不安から株を続ける主婦や元派遣社員の姿だった。

【司会】所ジョージ,久保田祐佳,【ゲスト】澤口俊之,モーリー・ロバートソン,牛窪恵,
【リポーター】徳永圭一,【語り】吉田鋼太郎
----------------------------------------------------------------------
引用終わり

どんな人達が、どんな話をしているのか
興味があります。
「秘密パーティー」というタイトルは、煽っているような気がしますが。

category:

tb: 0   cm: 1

株で成り上がる その3  

そんな個性派揃いの掲示板も
仲間内の揉め事(単なる喧嘩ですが)があったり、
新興市場が低迷したりして、
リーマンショックの起こった2008年頃には
無くなってしまいました。


掲示板のメンバーのモラルも低下も著しく、、
掲示板での情報や、オフ会で仕入れた情報をネタに、
セミナーを開いて商売をする人とか、
本を書いて売る人とか、
投資顧問業を開いて、年間5万円で情報を買ってくれと言う人とかいて。

楽しかったはずの、掲示板やオフ会が
何となく居心地の悪い場所となってしました。
そういった人とは、全て縁を切りましたが。

金の集まるところがあると、一儲けしようとする輩が現れるのは
世の常なんでしょう。

だから、それ以降は、大人数のオフ会には参加することは無く
親しかった人とだけ、個人的に会っています。



とにかく、2004年~2005年頃だったと思うのですが
不動産流動化関連株が賑わっていた頃は、
新興市場は誰もが儲かっていたので、
本当に楽しかったです。
知り合いで、若くして年収が10億円を超える人が当時は2人いました。


あれから10年経ちますが、新興市場が冴えないのは
寂しい限りです。


といった懐かしい過去もありますが、
現実に戻って、11月からも頑張ろうと思います。
少なくとも、生活費ぐらいは稼げないと、かっこが付きません。


それと、明後日、急遽栃木の専業さんと会うことになりました。
彼から
「一人で来るんだろう。俺の車は座席取っ払ってるので2シーターです。ベンツGクラスですよ。」
とメールが来ました。

相変わらず、景気が良いのですかね?
最近の動向について、探りを入れてこようと思います。


株で成り上がる

category:

tb: 0   cm: 0

株で成り上がる その2  

前回からの続きです。


そこの掲示板で知り合った人の一人に
栃木の専業さんがいました。


彼も物凄い個性的な人でした。
掲示板では、歯に衣着せぬ物言いで
信者も多かったですが、敵もかなりいました。

12年前に知り合った時は50代前半だったのですが
堀の深い浅黒の顔で、髪の毛を金髪に染めていて、
芸能人で例えるなら、ヒロミのような感じの人でした。

彼は、当時の資産で5億円はあったと思うので、
私にとっては雲の上の存在でした。



株で資産を築いて5億円といえば、
順風満帆な人生だと思われがちですが、
過去を聞くと、辛い時期もあったようです。



彼が30代前半だったころの話

彼は廃品回収(ちり紙交換)の仕事をしていたそうです。
その時、結婚を前提に付き合っていた女性がいたそうですが、
彼女の御両親に、結婚の話をしに行ったときに
廃品回収の仕事をしていることを理由に、結婚の許しを得られなかった
といっていました。
結局、その女性とは別れて、後に別の女性と結婚したそうです。



そんな彼にも転機が訪れます。
御父様が亡くなられ、1000万円の遺産を相続し、
その資金を元に、資産を5億円にまで増やしたそうです。



廃品回収の仕事を続けていたら、
1000万円の遺産を相続したとしても、
その後、悠々自適な人生を歩めなかったかもしれません。



彼は、装飾品や車が好きでした。
オフ会には、高級時計をしてきましたし、車も頻繁に乗り換えていました。
私は、時計や車には全く興味が無いので、
そちらの話には全く付いていけませんでしたが。



ただ、株で成り上がって、高級外車を乗り回すようになった故
以前から付き合いのあった友人は、みんな離れて行ってしまったと
寂しそうに話していました。



学歴も無く、職歴も無く、仕事も無い。
そんな人生でも、いくばくかのお金があれば、
人生成り上がることが可能なのが、株のような気がします。

最も、株でみんなが成功する訳では無く、
成り上がった人の陰には、失敗していった無数の屍がある訳で、
何とも言えないんですけどね。
成功する人と、失敗する人の違いは何なのでしょうか?



その3に続く

category:

tb: 0   cm: 0