FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

引地川散策 2日目 (湘南台~鶴間)  その2  

前回からの続き
引地川散策 1日目 (鵠沼海岸~湘南台) その1
引地川散策 1日目 (鵠沼海岸~湘南台) その2
引地川散策 2日目 (湘南台~鶴間)  その1

引地川を河口から源流まで21kmを歩く旅をしています。
河口に一番近い鵠沼橋からの眺めは
W360Q75_IMG_4596.jpg
川幅はとても広かったです。

引地川を3/4ほど遡った福田14号橋からの眺めは
W360Q75_IMG_5438.jpg
かなり川幅は狭くなってきました。
こういった川の変化を眺めていくのが、川歩きの醍醐味です。

W360Q75_IMG_5450.jpg
人の殆どいない川沿いの道を歩きます。
本当は昨年の春、桜の咲く頃にこの道を歩くはずでしたが、
コロナウイルスの影響で外出を自粛していたために来れませんでした。
今年の春は行けるでしょうか?
W360Q75_IMG_5460.jpg
しばらく雰囲気の良い桜並木を歩きますが、
八幡橋からは舗装した道路に戻ります。
大和市立福田小学校付近
W360Q75_IMG_5474.jpg
中原街道(神奈川県道45号線)と交差します。
W360Q75_IMG_5512.jpg
大和市役所 環境管理センター柳橋ふれあいプラザ付近
15:20 日が暮れてきました。
湘南台の柳橋をスタートしたのが12:40なので、歩き始めて2時間40分です。
W360Q75_IMG_5520.jpg
大和市草柳付近
源流に近づくにつれ寂しい雰囲気になってきます。
W360Q75_IMG_5548.jpg
大和市草柳付近
住宅街ですが人は殆ど歩いていません。
時々ウォーキングやランニングをしている人を見かけました。
W360Q75_IMG_5550.jpg
カルガモが沢山いました。
W360Q75_IMG_5563.jpg
横浜銀行大和総合グラウンドの脇道を歩きます。
ここから先は川沿いを歩けず、迂回路を歩きます。
W360Q75_IMG_5576.jpg
相鉄線と交差するトンネルをくぐります。
W360Q75_IMG_5594.jpg
トンネルを抜けると「ふれあいの森」という緑地が広がっていました。
W360Q75_IMG_5588.jpg
紅葉がとてもきれいでした
W360Q75_IMG_5590.jpg
イロハモミジ
W360Q75_IMG_5597.jpg
夕方だったこともあって、人はあまりいませんでした。
W360Q75_IMG_5602_2021012521503766d.jpg
来年は紅葉を見るためだけに、この緑地に行きたいです。
W360Q75_IMG_5587.jpg
紅葉の写真を撮るのに一生懸命になってしまいましたが、
川に戻り、上流へと再び歩き始めます。
W360Q75_IMG_5610.jpg
緑地の中を川は流れます
W360Q75_IMG_5630.jpg
東名高速道路と交差するトンネルをくぐります
W360Q75_IMG_5644_20210125215718358.jpg
さらに上流へ。ゴールは間近です。
W360Q75_IMG_5651_202101252157208df.jpg
泉の森という公園に入ります。
ここに引地川の源流があります。
W360Q75_IMG_5655.jpg
しらかしの池(写真左)の横を引地川は流れています。
W360Q75_IMG_5661.jpg
泉の森も紅葉が綺麗でした。
W360Q75_IMG_5666.jpg
イロハモミジのグラデーション
W360Q75_IMG_5669_20210125215726234.jpg
この奥が源流です。
W360Q75_IMG_5676.jpg
ここでゴールです。
ここから先へは行けません。
全長21.3km 引地川を河口から源流まで歩く2日間の旅はこれで終了です。


■引地川 雑感

引地川は本当に良い川でした。
昨年歩いた目久尻川も良い川でしたが、私の中ではベストかもしれません。

色々な川を歩きましたが、引地川は歩いていて飽きのこない川でした。
単調な景色が続くことが少なく、次々と変化して楽しませてくれました。
紅葉がまだ残っていたのも良かったです。
自然豊かで理想的な川でした。
季節を変えて、あと何度か歩きたいです。

今はコロナの緊急事態宣言が出ていて、
現時点では公共の交通機関を使った外出は控えていますが、
桜の咲くころ、宣言が解除されていたら、また歩きたいです。



W360Q75_IMG_5671.jpg
泉の森の紅葉も綺麗だったので、もっとゆっくりと写真を撮りたかったのですが、
日が暮れてきたので断念。
W360Q75_IMG_5708.jpg
泉の森の北側の出口から出て、最寄り駅である小田急線鶴間駅へと向かいます。
W360Q75_IMG_5711.jpg
12:30から歩き始めたのですが、辺りはすっかりと暗くなってしまいました。
W360Q75_IMG_5713.jpg
泉の森から歩くこと15分で鶴間駅に到着
この日は12:30~16:50まで4時間20分の散策でした。


最近は、山や丘陵を歩くことが多かったのですが、
1か月半前に歩いた引地川の事を思い出し、川を歩くのも良いなと思いました。
次は鶴見川水系の恩田川を歩きたいと思っています。


おわり
スポンサーサイト



category: 旅行

tb: 0   cm: 0

引地川散策 2日目 (湘南台~鶴間)  その1  

ブログに書き残しておきたいなと思っていることが結構あるのですが、
面倒だと思うとなかなか手が付かず、そのままになってしまうことが多いです。

昨年の12月に歩いた引地川はとても良い川で、
その時のことを記録しておかなくてはと思いつつ放置していました。

この週末は天気が悪く、外に出かけられないので
今日はブログの更新をすることにしました。


前回からの続きです
引地川散策 1日目 (鵠沼海岸~湘南台) その1
引地川散策 1日目 (鵠沼海岸~湘南台) その2


■12/11(金)

午前中に自宅を出て、
前回は歩いた湘南台駅まで戻ります。
W360Q75_IMG_5177.jpg
湘南台駅 西口
湘南台駅には過去にも来たことがあります。
境川を江ノ島から源流まで歩いた時で、
その時は東口から川まで歩きました。
W360Q75_IMG_5197.jpg
ランチは湘南台駅近くにあるラーメン店へ。
53's ヌードル
11:30開店で、開店5分前に着いたのですが凄い行列。
既に10人以上並んでいてげんなりしました。
私は並ぶのが大嫌いなので、いつもなら別の店にするのですが、
湘南台にはそうそうくることも無く、次はないかもしれないので
待つことにしました。

外で待ったのですが、この日は寒くてトイレに行きたくなり
辛かったです。並ぶこと30分で店内へ。
W360Q75_IMG_5191_20210124140850e07.jpg
醤油ラーメン大盛と切れ端肉ご飯
W360Q75_IMG_5184.jpg
醤油ラーメン大盛 880円
あっさりして出汁の効いたスープはとても美味しかったです。
周りの人の注文を聞いていると、「リッチで」と言っている人が多くて
何だろうと思ったら、味玉とチャーシューを増したセットのことでした。
リッチは200円増しです。
W360Q75_IMG_5194.jpg
切れ端肉ご飯 200円
チャーシューの切り落としの小さな丼です。数量限定です。

なかなか美味しいラーメンでしたが、
寒空の中並ぶのはちょっときつかったです。
W360Q75_IMG_5200.jpg
昼食を食べてからは、前回歩いた柳橋へと向かいます。
W360Q75_IMG_5205.jpg
橋に向かう途中、円行公園があり
紅葉がきれいそうだったので立ち寄りました・
W360Q75_IMG_5208.jpg
12月でしたが、紅葉は残っていました。
W360Q75_IMG_5210.jpg
大きな公園ではありませんが、とても静かな雰囲気で良かったです。

公園をでてからは柳橋へ
W360Q75_IMG_5214.jpg
今日はここからスタートです。
W360Q75_IMG_5224.jpg
川沿いの桜並木を歩きます。
春にまた来てみたいです。
W360Q75_IMG_5237.jpg
しばらく歩くと、川の護岸工事をしていました。
いずれ川の側を歩けるようになるようです。
工事中で川沿いは歩けず、しばらく川から逸れた道を歩きました。
W360Q75_IMG_5268.jpg
川から離れた迂回路を歩きます。
川が見えないのは寂しいです。
W360Q75_IMG_5262.jpg
湘南台駅近辺は都会的な雰囲気がありましたが、
そこから外れると素朴な景色が広がります。
W360Q75_IMG_5264.jpg
晩秋は一番好きな季節です。
W360Q75_IMG_5282.jpg
熊野橋の手前から再び川に出て、川沿いの土手を歩きます。
W360Q75_IMG_5297.jpg
藤沢総合高校付近
土の道で川と遮る柵はありません。
こういう道を歩くのが私は一番好きです。
W360Q75_IMG_5318.jpg
長後橋付近
最寄り駅は小田急江ノ島線長後駅
大学時代の友人が、この辺りの会社に勤めていて、
長後に住んでいたことを思い出しました。
彼は今は海外に赴任しています。
もう3年ぐらい経つので、そろそろ日本に帰ってくると思います。
W360Q75_IMG_5316.jpg
カルガモ
W360Q75_IMG_5339.jpg
長後橋(藤沢市長後)を過ぎると大和市福田に入ります。
W360Q75_IMG_5361.jpg
このあたりから、気に入っていた土の土手から
舗装された道へと変わります。
W360Q75_IMG_5373.jpg
東海道新幹線と交差します
W360Q75_IMG_5393.jpg
左岸に大和市立福田小学校があり、大きなイチョウの木が見事でした。
W360Q75_IMG_5418.jpg
少し単調な道が続きます
W360Q75_IMG_5428.jpg
この川を歩いている時、コサギを何度か見かけました。
W360Q75_IMG_5440.jpg
福田14号橋のあたりから、また土の道を歩きます。
この辺りは、「引地川沿いの千本桜」として有名なようです。

長くなりましたので、このあたりで一旦切ります。
引地川散策 2日目 (湘南台~鶴間)  その2 に続く

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

小野路・真光寺・黒川散策 その2  

前回からの続き
小野路・真光寺・黒川散策 その1

真光寺公園で昼食を食べてからは黒川に戻ります。
W360Q75_IMG_6851.jpg
黒川は神奈川県川崎市麻生区になります。
最寄り駅は小田急線黒川駅。
W360Q75_IMG_6862.jpg
どんど焼きの準備が進められていました。
どんど焼きとは、正月飾りや門松、書初め、お守り、古札などを持ち寄り、
お焚き上げして1年の無病息災を祈るものです。
W360Q75_IMG_6859.jpg
近くに行くと、お賽銭箱があって
「1月11日(月・祭日) 午後5時に点火します」と書かれていました。
W360Q75_IMG_6868.jpg
黒川を尾根幹線道路(よこやま道)を目指して歩きます。
初夏に来た時は、青々とした田んぼが広がり、とても美しい景色でしたが
冬の今は水も抜かれ寒々とした景色でした。
W360Q75_IMG_5683_2021011018013230b.jpg
昨年の6月24日に黒川を歩いた時の、ほぼ同じ場所の写真が偶然ありました。
カメラのシャッターを切りたくなる瞬間というのは感性によるものです。
良い景色だなと感じ、この瞬間のこの風景を切り取っておきたいという感覚です。
私の感性は半年前と変わっていないことを再認識しました。
W360Q75_IMG_6874.jpg
谷戸を田んぼ沿いに進み、山道に入ります。
W360Q75_IMG_6878.jpg
尾根幹線道路沿いの「よこやまの道」に
しばらくよこやまの道を歩きます。
黒川地区は人は殆どいませんでしが、よこやまの道は
歩いている人が多かったです。
W360Q75_IMG_6885.jpg
国士舘大学沿いを歩きます。国士舘大学のグラウンド
W360Q75_IMG_6894.jpg
国士舘大学 体育学部の正門からよこやまの道を逸れて
東光禅寺方面へと向かいます。
よこやまの道を逸れると、また人はいなくなります。
W360Q75_IMG_6895_20210110181042236.jpg
東光禅寺付近からの眺め。
まだ14:20なのに日が落ちてきます。
W360Q75_IMG_6903.jpg
明治大学黒川農場
W360Q75_IMG_6906.jpg
谷戸の田んぼ沿いを再び歩きます。
田んぼが夕日に照らされてきれいでした。
W360Q75_IMG_6912.jpg
再び真光寺に戻り、町田いずに浄苑の横から
布田道を歩きます。
W360Q75_IMG_6917.jpg
川崎市黒川と真光寺町の境目にある尾根道はかつて布田道(ふだみち)と
呼ばれていました。
布田道は布田五宿(現・調布市布田)と小野路(現・町田市小野路町)の宿を
結んでいました。
新選組の近藤勇と土方歳三も歩いた道です。
W360Q75_IMG_6922.jpg
電源開発 送変電ネットワーク  西東京電力所
の横を通ります。
W360Q75_IMG_6930.jpg
小野路に戻ってきました。
15:10 どんどん日が落ちていきます。
W360Q75_IMG_6942_20210110181053334.jpg
再び鎌倉街道別所交差点へ。
同じ道を通って帰るのも詰まらないので、
帰りは関谷の切り通しを通って一本杉公園に向かうことに。
W360Q75_IMG_6971.jpg
関谷の切り通し
トンネルの採掘技術が発達していなかった明治時代以前は、
山や丘を掘削して道を切り開きました。
その跡が、多摩丘陵には残っています。
W360Q75_IMG_6977.jpg
旧小野路宿付近に出ます。
W360Q75_IMG_6990.jpg
再び雑木林を歩き、一本杉公園を目指します。
はじめて歩く道なので少し心細いです。
W360Q75_IMG_6995.jpg
無事、一本杉公園に着きました。
W360Q75_IMG_6996.jpg
公園の池の水は部分的に凍っていました。
とても寒いです。
W360Q75_IMG_7006.jpg
いろはもみじの落葉
W360Q75_IMG_7013_202101101828318da.jpg
一本杉公園の紅葉もきれいかもしれません。
来年の秋に再訪したいです。
W360Q75_IMG_7018_20210110183421a3b.jpg
15:50 駐車場に到着
この日は12:00~15:50まで3時間50分の散策でした。
W360Q75_IMG_7019.jpg
公園の駐車場をうまく利用して、またこの辺りを歩きに行きたいと思います。

終わり

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

小野路・真光寺・黒川散策 その1  

1/8(金)

久し振りに多摩丘陵を歩きたくなって
小野路・真光寺・黒川へ行ってきました。

コロナ禍の影響で緊急事態宣言も発出されており、
できるだけ人との接触を減らすため電車は利用せず、車に乗って行きました。
W360Q75_IMG_6748.jpg
本日のスタートは一本杉公園です。
この公園には無料の駐車場があり、そこに車を泊めました。
W360Q75_IMG_6751.jpg
公園内をぶらぶらと歩きます。
東京の最低気温は7℃と寒かったせいでしょうか。
人はあまりいませんでした。
W360Q75_IMG_6755.jpg
園内を歩くと古民家がありました。
W360Q75_IMG_6756.jpg
その近くには鶏が7~8羽ほど放し飼いにされていました。
W360Q75_IMG_6754_20210109160002c3d.jpg
早咲きの梅の花が咲いていました。
今年は梅の季節に積極的に歩きに行きたいです。
W360Q75_IMG_6767.jpg
公園内を5分程歩いて一般道に出ます。
W360Q75_IMG_6769.jpg
恵泉女学園大学に沿って歩きます。
大学時代は英会話部で、恵泉女学園や清泉女子大学と交流がありました。
みんなでディズニーランドに行った記憶があります。
当時の私は異性と話をしたり一緒にいるのが苦手でした。(今も苦手です)
W360Q75_IMG_6771.jpg
そんな昔の出来事を思い出しながら歩いているうちに妙櫻寺に着きました。
ここの駐車場の脇道を入り、小野路方面へと向かいます。
W360Q75_IMG_6774_202101091600144c8.jpg
見慣れた雑木林の景色です。
W360Q75_IMG_6778_20210109161559134.jpg
このあたりでは、所々に畑が広がっています。
W360Q75_IMG_6779_202101091616012cb.jpg
以前来た時は、道なき道を蜘蛛の巣を掻き分けながら進みましたが、
今回も似たようなものでした。
歩く人がほとんどいないためか、雑草が生い茂り、
道が踏み固められていません。
W360Q75_IMG_6780_202101091616022e3.jpg
それでも、人が多いよりは少ない方が良いです。
観光客に荒らされている山より、
知る人ぞ知る静かな山の方が居心地は格段に良いです。
W360Q75_IMG_6784_20210109161603469.jpg
雑木林を抜けると谷戸にでます。
冬特有の澄んだ空がきれいでした。
W360Q75_IMG_6792.jpg
鎌倉街道、別所に到着
小野路を抜けて真光寺にある真光寺公園を目指します。
W360Q75_IMG_6795_2021010916160625e.jpg
私は歩いている時、自然に色々な考え事をします。
ふと、今、ここを歩いていることを不思議に感じました。
普通の人が働いている平日の昼間に、
自分の好きな場所を歩けるということは幸せなことだなと。
W360Q75_IMG_6800.jpg
49歳である私は、普通であれば仕事をしていたでしょう。
でも40歳の時に、長くて深い鬱を患い仕事を失いまった。
その鬱は、自閉症スペクトラム障害の二次障害としての鬱でした。
W360Q75_IMG_6803.jpg
自閉症スペクトラム障害の人生はとても生き辛さを感じます。
仕事に興味が持てず続けられなかったこともそれが原因ですし、
鬱を患ったり、不安神経症、強迫神経症を抱えていたり、
日常生活では音に敏感で、大きな音や雑音が気になり苦しくなったり。
これらは全て自閉症スペクトラム障害によるものであることが分かりました。
W360Q75_IMG_6806.jpg
そして、これは治ることがありません。
脳の障害であるため不可逆なのです。
こういった生き辛さは生涯続き、治らないことを知った時は
絶望的な気持ちになりました。
W360Q75_IMG_6810.jpg
私は自閉症スペクトラム障害であることを受け入れることで、
大多数の人と同じように生きていくことを諦めました。

社会から外れ仕事にも就かず、あるがままに
自分が好きなこと(苦しさを感じないこと)をして生きていく。
他人からどう思われようが、そのように生きるのも有りなのではないか。
それからは随分と楽に生きれるようになりました。
W360Q75_IMG_6811.jpg
生きていく中で、個々人が目指す色々な理想形があると思うのですが、
人生は自分の思ったようにはならないもので。
W360Q75_IMG_6820_2021010916475548d.jpg
人生の後半になると、そういったことを一つ一つ諦めていく。
諦めることによって楽になる部分が沢山あることに
ここ最近気が付きました。

何かを欲したり、何かにしがみつこうとしている限りは、
生きることが辛く苦しい。
「なるようにしかならない」「明日は明日の風が吹く」
W360Q75_IMG_6826.jpg
もし、私が自閉症スペクトラム障害ではなかったら。
おそらく、平日の今、ここで歩いていることはなかったでしょう。
同年代の世間一般の大多数の人と同じように、オフィスや工場で働いていたと思います。
そう考えると、自閉症スペクトラム障害であることは悪いことばかりではないのかも。
あまりにも生きづらく、そう思い込みたいだけなのかもしれませんが。
W360Q75_IMG_6828.jpg
そんなことを考えているうち、布田道に出ました。
真光寺公園はもうすぐです。
W360Q75_IMG_6832.jpg
鶴川街道の入谷戸バス停を通り
W360Q75_IMG_6834_20210109164759867.jpg
真光寺公園へ
ここで昼食を食べます。
W360Q75_IMG_6837_20210109164800683.jpg
スーパーで買ってきたコロッケ、からあげ、おにぎり
足りないと困るので多めに買ってきましたが、
おにぎり1つとからあげは残してしまいました。
W360Q75_IMG_6845.jpg
前回、春に来た時は青々とした芝生が広がっていましたが、
無職日記 六月二十三日
芝は冬枯れして白くなっていました。
気温は寒かったですが、日があたるところは暖かかったです。


その2
 に続く

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

城山湖・大戸緑地を散策  

この年末・年始はコロナウイルスが流行していて
外出することができなかったので、人混みを避け、
山や湖へ歩きに行きました。

■1/3(日)
午後から城山湖と大戸緑地に歩きに行きました。
 ・城山湖
 ・大戸緑地
昨日、八王子城跡を一緒に歩いた娘を誘いましたが
あっさり断られ、一人で歩くことに。
W360Q75_IMG_6437.jpg
神奈川県相模原市緑区の小松橋から今日はスタートです。
W360Q75_IMG_6444.jpg
13:50 小松ハイキングコースを城山湖を目指して歩きます。
W360Q75_IMG_6453.jpg
この日は10時まで寝てしまい、自宅を出たのが遅くなり
歩き始めたのは14時前でした。
すれ違うのはコースを下る人がほとんどでした。
普段はあまり人のいないコースですが、この日は多くの人とすれ違いました。
みんな家にいことに飽きてきてのでしょうか。
W360Q75_IMG_6460.jpg
途中、もみじの落葉が綺麗でした。
W360Q75_IMG_6470.jpg
14:20 30分歩いて金毘羅宮に到着
龍籠山(たつごさん)展望台もありますが、今回はそこには寄らず
城山湖を目指します。
龍籠山展望台からの夜景
W360Q75_IMG_6472_2021010415122855a.jpg
ススキ
W360Q75_IMG_6477_20210104151231059.jpg
14:25 金毘羅宮から歩いて5分で城山湖へ
W360Q75_IMG_6474.jpg
いつもは閑散としている城山湖ですが、
車で来ている人、サイクリングの人でにぎわっていました。
(城山湖には車でも行けます)
W360Q75_IMG_6481.jpg
今日も良い天気で、日差しが出ている日中は暖かかったです。
W360Q75_IMG_6482.jpg
14:30 城山湖の周遊コースへ入ります。
日も落ちてきました。
W360Q75_IMG_6486.jpg
林道を歩きます。
W360Q75_IMG_6496.jpg
周遊コースでは所々から城山湖を眺めることができます。
W360Q75_IMG_6505.jpg
15:00 草戸山(364m)に到着
ここから城山湖周遊コースと、高尾駅・大戸緑地方面に分かれます。
W360Q75_IMG_6503_20210104153013387.jpg
草戸山の休憩所からの眺め
W360Q75_IMG_6508.jpg
大戸緑地方面に進みます。
W360Q75_IMG_6513.jpg
15:10 草戸峠
この峠で高尾駅方面と大戸緑地方面に分岐します。
W360Q75_IMG_6512.jpg
草戸峠からの眺め
ベンチもあって、いつもは休憩している人を見かけますが、
もう15時なので人はいません。
W360Q75_IMG_6514.jpg
林道を歩きます。
ここからは尾根伝いをあるくのであまりきつくはありません。
W360Q75_IMG_6524.jpg
山で日が暮れてくると心細くなりますが、
もう何度も来ている道なので大丈夫です。
W360Q75_IMG_6525.jpg
落ち葉が多くて、今日も滑って転びました。
W360Q75_IMG_6528.jpg
夕暮れ時はいつものことですが、寂しい気持ちになります。
W360Q75_IMG_6529.jpg
尾根からの眺め
W360Q75_IMG_6534.jpg
辺りが夕日に照らされ橙色に染まっていきます。
とてもきれいでした。
W360Q75_IMG_6537.jpg
15:45 冬は日が落ちるのが早いです。
W360Q75_IMG_6539.jpg
大戸緑地の林道をひたすら進みます。
すれ違う人は誰もいませんでした。
W360Q75_IMG_6547_20210104162004752.jpg
ゴールはもうすぐ
W360Q75_IMG_6548.jpg
夕方になると鳥たちも活動をやめ、とても静かになります。
W360Q75_IMG_6551.jpg
16:00 大戸緑地を抜けて町田街道に出ました。

W360Q75_IMG_6597.jpg
1/2(土)八王子城跡、1/3(日)城山湖・大戸緑地と
2日間山を歩きました。
最近は川を歩くことが多く、山に来たのは久し振りでしたがとても良かったです。
山特有のひんやりとした澄んだ空気を胸いっぱい吸うと
体と心がきれいになるように感じます。

今年もたくさん歩きに行きたいです。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

引地川散策 1日目 (鵠沼海岸~湘南台) その2  

引地川を相模湾の河口から源流まで歩く旅をしています。
前回からの続きです。
引地川散策 1日目 その1

W360Q75_IMG_4726_20201209171935503.jpg
右岸の芝生の道を歩きます。
土の道は歩きやすくて好きです。
(神奈川県藤沢市大庭)
W360Q75_IMG_4737.jpg
歩ているとススキをよく見かけました。
W360Q75_IMG_4740_20201209171939949.jpg
右岸を歩いていると、右手に一面の田んぼが広がっています。
こういった風景を見ながら歩くと、心が癒されます。
W360Q75_IMG_4746_20201209171941f56.jpg
しばらく歩き左岸へ。砂利道にななります。
W360Q75_IMG_4747.jpg
左手に引地川親水公園があったので、少し園内を歩くことに。
W360Q75_IMG_4748.jpg
園内の木道を歩きます。
W360Q75_IMG_4752.jpg
私の背丈をはるかに超える高さのススキが生い茂っていました。
W360Q75_IMG_4756.jpg
ススキはイネ科ススキ属の植物で、高さは1~2mほどになるようです。
W360Q75_IMG_4778.jpg
公園内の桜並木を歩きます。
初冬なので葉は散っていますが、桜が咲くことはきれいだと思われます。
また、春に改めて来ようと思いました。
W360Q75_IMG_4786_20201209172843007.jpg
公園内では川の近くまで行けました。
W360Q75_IMG_4792.jpg
ドウダンツツジの紅葉がきれいでした。
W360Q75_IMG_4802.jpg
芝生を歩いたり。
引地川親水公園はとても広く、
公園内を流れる引地川に沿って30分程歩きました。
W360Q75_IMG_4825.jpg
公園を抜け、再び川沿いを歩きます。
水道橋が見えてきました。
W360Q75_IMG_4826.jpg
この水道橋は、相模川の寒川堰で取水した水を
横浜市戸塚区の小雀浄水場に送っているそうです。
かながわ いーとこ より
W360Q75_IMG_4833.jpg
右岸を歩きます。右手には田畑が広がります。
この辺りに、私の知り合いのトレーダーさんが住んでいて、
数年前彼の家に招待されたことがありました。

3階建ての家にはエレベーターが付いていて、
2階のジャグジーからは富士山が見え(それとは別にお風呂もある)
広々として庭にはプールがある。
TVで良く見る芸能人が住んでいる豪邸のようで、
実際にそういった家を見るのは初めてで感心するばかりでした。

建物だけで1.2億円。
彼には有り余るお金があり、こういった所にしかお金を使うところが無いと言っていました。
私なんかは生活するだけで汲々。
このようなお金持ちは世の中にはいるのだなと再度感心してしまいました。
W360Q75_IMG_4842.jpg
秋本橋から下流に向かっての眺め。
日が暮れてきました。
(神奈川県藤沢市石川)
W360Q75_IMG_4872.jpg
再び芝生の道を歩きます。大好きな土の感触。
W360Q75_IMG_4879.jpg
川沿いのベンチに座って紅葉を見ながら一休み。
(神奈川県藤沢市円行)
W360Q75_IMG_4896.jpg
円行新橋付近の紅葉
W360Q75_IMG_4911.jpg
湘南台に近づくにつれて人通りも多くなってきます。
引地川の周りも住宅が目立ちます。
味気ないアスファルトの道ですが、桜並木なので許せます。
W360Q75_IMG_4918.jpg
柳橋からの下流の眺め
(神奈川県藤沢市柳橋)
W360Q75_IMG_4919.jpg
今回の散策は柳橋までです。
最寄り駅の小田急江ノ島線の湘南台駅へ。
W360Q75_IMG_4926.jpg
歩いて5分程で駅に着きました。
W360Q75_IMG_4933.jpg
鵠沼海岸駅(小田急江ノ島線線)~湘南台駅(小田急江ノ島線)まで
2時間40分の散策でした。

次回は、湘南台駅から引地川の源流である泉の森を目指します。
引地川散策 2日目 (湘南台~鶴間)  その1 に続く

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

引地川散策 1日目 その1  

川歩きが好きです。
何も考えず、川に沿って歩くのが良いです。
道に迷うこともありませんし。

■12/3(木)
引地川を歩きに行きました。
今年は年初に境川を歩いて、秋に鶴見川を歩いて、3つ目の川です。

引地川(ひきじがわ)は、神奈川県を流れる河川です。
洪積台地の相模野台地中央部に当たる神奈川県大和市上草柳の泉の森に源を発し、
洪積台地を浸食して谷底平野を形成しながら南流。
藤沢市稲荷付近から湘南砂丘地帯へ流れ出て、藤沢市鵠沼海岸の
湘南海岸公園から相模湾に注ぐ全長21.3kmの河川です。
Wikipediaより引用

スタート地点は鵠沼海岸ですが、歩く前にランチを食べるため
藤沢駅で途中下車
W360Q75_IMG_4543.jpg
ふじやす食堂
W360Q75_IMG_4530.jpg
一階はふじやす水産という魚屋で、その二階に食堂があります。
W360Q75_IMG_4532.jpg
メニューは全て魚系
W360Q75_IMG_4537.jpg
特上海鮮ちらしずし 1,200円を注文しました。
(並はありません)
W360Q75_IMG_4538_2020120621000129e.jpg
カニ、サヨリ、湘南に近いこともありシラスなど
普段はあまりお目にかからない具材もあり、
これで1,200円は安いと思いました。
W360Q75_IMG_4548.jpg
ランチを食べてからは小田急藤沢線に乗り鵠沼海岸を目指します。
W360Q75_IMG_4560.jpg
鵠沼海岸駅 
片瀬江ノ島駅に比べると静かな雰囲気です。
夏は賑わうのかもしれませんが、観光客はみんな江ノ島に行くのでしょう。
W360Q75_IMG_4574.jpg
駅から歩いて10分程で、引地川の河口に着きました。
(左奥に見えるのが江の島)
W360Q75_IMG_4586.jpg
ここが相模湾に注ぐ引地川の河口です。
ここから大和市にある泉の森の源流まで21kmを歩きます。
以下コメント中の右岸、左岸の記載は、上流に向かってとします。
W360Q75_IMG_4596.jpg
鵠沼橋から上流方面の眺め
川幅は広いです。
W360Q75_IMG_4601.jpg
右岸の川沿いの舗装された道路を歩きます。
平日の昼間ということもあって、人はまばらです。
W360Q75_IMG_4626.jpg
橋を渡って左岸へ
芝生の道を歩きます。とても歩きやすいです。
W360Q75_IMG_4633.jpg
ゆりかもめ
近くを流れる境川でも見ることができました。
海が近いからでしょう。
W360Q75_IMG_4649.jpg
藤沢に近づくと住宅が増えてきます。
W360Q75_IMG_4663.jpg
JR東海道本線の橋をくぐります。
W360Q75_IMG_4678.jpg
このあたりは藤沢市辻堂新町になります。
しばらくは舗装された道路が続きます。
W360Q75_IMG_4705.jpg
国道1号線と交差します。
W360Q75_IMG_4713.jpg
国道1号線の陸橋をくぐり、しばらく歩くと左岸左手に柏山稲荷神社があります。
いちょうの落ち葉がきれいでした。
台風の影響で立ち入り禁止になっていて、中には入れませんでした。
W360Q75_IMG_4726_20201209171935503.jpg
藤沢市街を抜けるとのどかな雰囲気になります。
左岸の芝生を歩きます。


引地川散策 1日目 その2 に続く

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

鶴見川散策 3日目 鴨居駅~河口(鶴見小野駅)  

前回からの続きです
鶴見川散策 1日目 源流の泉~鶴川駅
鶴見川散策 2日目 鶴川駅~鴨居駅

■11/6 鶴見川散策 3日目 JR横浜線鶴川駅~JR鶴見線鶴見小野駅

鶴見川を下る旅3日目
前回、足に豆ができてしまい、予定していた新横浜まで歩けませんでした。
今日はその分も歩かなくてはならないので、いつもり長時間歩くことになりそうです。
W360Q75_IMG_1900.jpg
横浜線に乗って鴨居駅に 
11時前に駅に着きました。
W360Q75_IMG_1904.jpg
駅前の鴨池橋を渡ります。
W360Q75_IMG_1908.jpg
鶴見川の左岸を下流に向かって歩きます。
W360Q75_IMG_1909_20201118111322248.jpg
天気は少し曇りがち
鶴見川を歩きはじめ10分程で横道に逸れ、家系ラーメンのお店へ
ここでランチを食べることにしました。
W360Q75_IMG_1918.jpg
横浜ラーメン 一二三家
W360Q75_IMG_1922.jpg
コロナ対策のためか、カウンター席はアクリル板で仕切られていて、
各テーブルに調味料がおかれていました。
W360Q75_IMG_1925.jpg
ネギラーメン中盛 980円 を注文
凄く美味しい家系ラーメンでしたが、ネギの風味が強くて、
家系ラーメンの醤油豚骨のスープが負けるぐらいでした。
ネギラーメンでなく普通のラーメンにしておけばと後悔。
それでも満足できる1杯でした。
W360Q75_IMG_1941.jpg
昼食を食べ終えてからは、再び鶴見川の土手に戻り
河口を目指して下ります。
W360Q75_IMG_1943.jpg
河口まで17.5km まだまだ先は長いです。
W360Q75_IMG_1960.jpg
鴨居からしばらくは横浜線に沿って鶴見川は流れます。
このあたりになると、大きなマンションも見えてきます。
(神奈川県横浜市港北区)
W360Q75_IMG_1984.jpg
その一方でキャベツ畑があったり。
このギャップが面白いです。
W360Q75_IMG_1994.jpg
第三京浜港北IC付近
中央に見えるのはシウマイで有名な崎陽軒横浜工場。
一度、見学に行ったことがありますが、
鬱のときだったのであまり記憶がありません。
W360Q75_IMG_2012.jpg
小机大橋と交差してからは、鶴見川を少し逸れ
新横浜公園に入ります。
W360Q75_IMG_2025.jpg
大きな公園なのですが、人は殆どいません。
ガランとした公園は寂しいです。
W360Q75_IMG_2056.jpg
日産スタジアム
W360Q75_IMG_2085.jpg
亀甲橋を渡り、下流に向かって鶴見川の左岸を再び歩きます。
W360Q75_IMG_2088_202011192117171a1.jpg
新横浜大橋を過ぎたあたりから、川沿いの道は寂しくなります。
草が生い茂り、川を見ることができません。
私が一番嫌いな道です。相模川を歩いた時を思い出します。
W360Q75_IMG_2109.jpg
しばらくつまらない道を歩きますが、新羽橋を渡ったあたりから
また道は開けてきます。ここからは右岸を歩きます。
(この先、左から早渕川が合流してくるので)
W360Q75_IMG_2126.jpg
土手を歩きますが、川は遠く見ることはできません。
河口から10.5km地点
(神奈川県横浜市港北区)
W360Q75_IMG_2138.jpg
東急東横線の橋をくぐります。
最寄り駅は綱島駅
W360Q75_IMG_2152.jpg
更に、東海道新幹線の橋をくぐります。
W360Q75_IMG_2155.jpg
新幹線の鉄橋の裏
W360Q75_IMG_2172.jpg
樽綱橋のあたりから再び開けてきて
川を見ながら歩くことができるようになります。
W360Q75_IMG_2175.jpg
上流方面の眺め。この日は曇り空でした。
W360Q75_IMG_2188.jpg
鷹野大橋付近
河口まであと6.5km
(神奈川県横浜市鶴見区)
川幅もかなり広くなってきました。
W360Q75_IMG_2216.jpg
東の空が晴れてきました。
W360Q75_IMG_2236.jpg
森永橋から下流の眺め
更に川幅は広くなります。
W360Q75_IMG_2238.jpg
森永橋の側には、森永製菓鶴見工場があります。
W360Q75_IMG_2251.jpg
JR東海道本線の橋をくぐります。
水面と橋の距離が近いです。増水したらどうなるのだろうかと心配です。
W360Q75_IMG_2272.jpg
東海道本線と並行して走る、京浜急行本線の鉄橋もくぐります。
W360Q75_IMG_2294.jpg
芦穂橋 河口まであと2kmです。
W360Q75_IMG_2304.jpg
日が暮れてきました。
秋の空は高くてきれいです。
W360Q75_IMG_2314.jpg
毎度のことながら、夕日を眺めていると涙が出そうになります。
W360Q75_IMG_2334.jpg
鶴見線の橋が見えてきました。
W360Q75_IMG_2340.jpg
時刻は15:45 秋は日が暮れるのも早いです。
W360Q75_IMG_2341.jpg
鶴見線の鉄橋をくぐります。
ゴールはもうすぐです。
それにしても、水面と橋の距離が近い。
W360Q75_IMG_2346.jpg
今日の川歩きは、新横浜を過ぎたあたりからあまり良い道ではなく、
ハズレの1日だったかと思いましたが、
最後にとてもきれいな景色を見せてもらえて良い1日になりました。

河口の川幅はとても広いです。どのぐらいあるのでしょう。
ちなみに、初日に歩きはじめた鶴見川源流の泉の付近の川幅は
W360Q75_IMG_9728_20201115102732a94.jpg
1mぐらいでしょうか?

W360Q75_IMG_2359.jpg
ゴールの0キロポスト
W360Q75_IMG_2357.jpg
これで3日間に渡る鶴見川を歩く旅は終わります。
3日間で42.5km歩きました。
W360Q75_IMG_2368.jpg
鶴見川河口から最寄り駅の鶴見線鶴見小野駅までは徒歩で5分程
W360Q75_IMG_2378.jpg
鶴見線で鶴見駅に行きました。

鶴見川を歩く旅最終日
JR横浜線鴨居駅(10:45)~JR鶴見線鶴見小野駅(16:00)まで
5時間15分の散策でした。

普段、私が歩くベストな距離は12kmぐらいです。
この日は20km弱歩いたと思います。
前回歩いた時、足に豆ができてしまい距離を稼げなかったためです。
そでれも長時間歩くことができ自信がつきました。

次は、鶴見川水系の恩田川引地川
少し捻って帷子川(かたびらがわ)あたりを歩こうかと考えています。

当面は紅葉の季節が続くので、しばらく川歩きはお休みです。

category: 旅行

tb: 0   cm: 1

鶴見川散策 2日目 鶴川駅~鴨居駅  

前回からの続きです
鶴見川散策 1日目 源流の泉~鶴川駅

■10/28 鶴見川散策 2日目 小田急線鶴川~JR横浜線鶴川駅

鶴見川を下る旅2日目
午前中に自宅を出て、昼前に鶴川駅へに着きました。
W360Q75_IMG_0584_20201116165454525.jpg
鶴川駅にはもう何度も来ていて、見慣れた景色になりました。
真光寺三輪緑地を歩く時の拠点になっています。

歩く前に、鶴川駅近くで昼食を食べました。
W360Q75_IMG_0590.jpg
龍聖軒
W360Q75_IMG_0591.jpg
丹念に煮込んだ豚と魚介の清湯スープ
特有の香りを持つ、牛のオイルを加えて
合わせるのは極太縮れ麺
W360Q75_IMG_0594.jpg
というのがこちらです。
醤油ラーメン大(300g) 850円
あっさりとした醤油ラーメンと思いきや、牛オイルがとても効いています。
今まで食べたことが無いラーメンで、また食べたくなる味でした。
ご馳走様でした。
W360Q75_IMG_0611.jpg
昼食を食べ終えてからは、前回歩いた川井田人道橋へ
W360Q75_IMG_0613.jpg
今日はここからスタートです。
W360Q75_IMG_0631_202011161655022f7.jpg
先月、三輪緑地を歩いたとき、ところどころ歩いているのですが、
全部歩いておかないと気持ちが悪くて落ち着かない・・・
このあたり私の完璧主義というか、強迫神経症なんだと思います。
W360Q75_IMG_0639_202011180951587b2.jpg
鶴見川中流域では多くの鳥類を見ることができました。
アオサギ
W360Q75_IMG_0643_20201118095200c50.jpg
チョウサギ
W360Q75_IMG_0653.jpg
開戸(かいと)親水広場
前回、三輪緑地を歩いたときもここを通りました。
W360Q75_IMG_0661.jpg
東京都町田市三輪町付近 
しばらく川は真っ直ぐ流れます。
人もまばら、自転車もあまり通ることがなく、とても歩きやすいです。
下流を目指し黙々と歩きます。
W360Q75_IMG_0669_2020111809520484d.jpg
左はコガモ 右の鳥は? 分かりません。
W360Q75_IMG_0721_20201118095206b91.jpg
神奈川県川崎市麻生区付近
鶴見川(左)と麻生川(右)の合流地点です。
W360Q75_IMG_0747.jpg
柿畑
W360Q75_IMG_0772.jpg
県道18号線の常磐橋と交差を過ぎたあたり
神奈川県横浜市青葉区付近
色々な土地を歩いていると、凄く感動を覚える場所に出くわすことがあります。
ここはそんな場所でした。
(私の感性なので、他の人がどうかは分からない)
川と土手を隔てる柵やフェンスが無いのもまた良いです。
W360Q75_IMG_0787.jpg
アスファルトで舗装された土手よりも、砂利や土の道を歩く方が好きです。
W360Q75_IMG_0819_20201118101616c3f.jpg
国道246号線(厚木街道)と交差します。
神奈川県横浜市青葉区
W360Q75_IMG_0833.jpg
東急田園都市線と交差します。
最寄り駅は市が尾駅
この辺りは駅に近いということもあってか人が多いです。
W360Q75_IMG_0846.jpg
更に、東名高速道路と交差します。
W360Q75_IMG_0870.jpg
前方に東名高速道路の青葉ICがあります。
W360Q75_IMG_0867.jpg
ネコ
W360Q75_IMG_0897.jpg
厚木街道、田園都市線、東名高速といった交通の要所を過ぎてからは
再びのどかな雰囲気に戻ります。
W360Q75_IMG_0898.jpg
しばらく歩くと、市営地下鉄グリーンラインと交差します。
神奈川県横浜市都筑区付近
最寄り駅は川和町
W360Q75_IMG_0915.jpg
このあたりから住宅街が広がり、人通りも増えてきました。
JR横浜線にも近づいてきています。
W360Q75_IMG_0923.jpg
県道140号線 千代橋
この橋を渡って左岸を歩くか、そのまま右岸を歩くか、運命の分かれ道でした。
私は何も考えていなかったので、そのまま右岸を歩きました。
W360Q75_IMG_0934.jpg
右が鶴見川 左から合流してきたのが恩田川。
恩田川を渡る橋がありません。
W360Q75_IMG_0936.jpg
私は鶴見川(谷本川)と恩田川の中州に取り残さてしまいました。
元の道を戻るのも悔しいので、恩田川を0.5kmほどさかのぼり
落合橋で対岸に渡りました。
W360Q75_IMG_0953.jpg
1kmのロスですが、綺麗なコスモスを見ることができました。
W360Q75_IMG_0977_2020111810271638a.jpg
再び鶴見川を歩きます。
このあたりから鶴見川はJR横浜線と並行して流れます。
神奈川県横浜市緑区付近
W360Q75_IMG_0983.jpg
この日の目標は、JR横浜線新横浜駅まで歩くことでした。
しかし右足の裏に豆ができ、痛くてそこまで歩けそうにありませんでした。
W360Q75_IMG_0993.jpg
ということで、一駅前の鴨居駅で今日の散策は終えることに。
鴨居駅前の鴨池橋が見えてきました。
W360Q75_IMG_0997.jpg
今日の散策は鴨池橋までで終了。
小田急線鶴川駅(11:40)~JR横浜線鴨居駅(15:45)まで
4時間5分の散策でした。
W360Q75_IMG_1003.jpg
次回は、JR横浜線鴨居駅から、鶴見川の河口にある、JR鶴見線鶴見小野駅まで歩きます。

鶴見川散策 3日目 鴨居駅~河口(鶴見小野駅)

つづく

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

鶴見川散策 1日目 源流の泉~鶴川駅  

10月~11月にかけて
鶴見川を源流から河口まで歩いてきました。
その時の記録を3日間に分けて書こうと思います。

この春、多摩丘陵を良く散策しました。
小山田、三輪地区を歩いていると、鶴見川を見かけることが多く
川歩きマニアの私としては、いずれ鶴見川を歩かなくては思っていましたが、
秋になり涼しくなってきたので歩き始めることにしました。

鶴見川は、東京都および神奈川県を流れる
流路延長は42,5km、流域面積は235kmの河川です。
その流域は、東京都町田市、神奈川県川崎市、横浜市の3市(2政令指定都市を含む)からなり、
一級河川に指定されています。
流域の形がバクに似ていることから「バクの流域」を愛称とし、しばしばバクが鶴見川流域の
河川管理行政においてマスコットとして用いられています。
Wikipediaより
鶴見川のマップ

■10/21 鶴見川散策 1日目 源流の泉~鶴川駅

初日は鶴見川の源流の泉から歩きました。
昼前に自宅を出て、多摩境駅近くでランチを食べました。
W360Q75_IMG_9687.jpg
承知の助 多摩境店
W360Q75_IMG_9704.jpg
ランチちらし丼セット 1,480円
W360Q75_IMG_9707.jpg
ちらし丼
W360Q75_IMG_9713_202011151027296e0.jpg
セットの天ぷら
昼から少し食べ過ぎました。
沢山歩いてカロリー消費しなくては。

昼食後は、鶴見川散策のスタート地点へ。
W360Q75_IMG_9723_20201115102731f1c.jpg
鶴見川源流の泉
ここから3日間に分けて、42.5kmを歩きます。
W360Q75_IMG_9728_20201115102732a94.jpg
この細い川の流れが、いくつもの支流と合流して
どんどん川幅が広くなっていく。
そんな変化を見ていくのも、川歩きの楽しみの一つです。
W360Q75_IMG_9729.jpg
のどかな風景です。
秋晴れの良い天気でした。
W360Q75_IMG_9765.jpg
稲刈りも終わり、秋が終わっていくのを感じます。
W360Q75_IMG_9769.jpg
東京都町田市下小山田町付近
住宅街を川は流れていきます。
W360Q75_IMG_9846.jpg
東京都町田市図師町 宮川橋付近
ここから芝溝街道と並行して、鶴見川は真っ直ぐと流れます。
W360Q75_IMG_9863.jpg
東京都町田市図師町 鶴見橋付近
鶴見川源流付近と比べると、だいぶ川幅も広くなってきました。
W360Q75_IMG_9889.jpg
東京都町田市山崎町 新鎧橋付近
W360Q75_IMG_9895.jpg
川沿いに咲くコスモスが綺麗でした。
W360Q75_IMG_9899.jpg
鶴見川の川辺
W360Q75_IMG_9929.jpg
東京都町田市野津田町付近
田んぼが広がっています。日も暮れてきました。
秋は日も暮れるのが早いです。
W360Q75_IMG_0034.jpg
コガモが泳いでいました。
W360Q75_IMG_0042.jpg
鶴川街道にかかる下川戸橋です。
ゴールの鶴川駅はもうすぐです。
W360Q75_IMG_0059.jpg
鶴見川は小田急線と交差します。
W360Q75_IMG_0088.jpg
東京都町田市能ヶ谷 川井田人道橋
小田急線鶴川駅の裏です。
日も暮れてきたので今日はここまでにします。
W360Q75_IMG_0089.jpg
鶴見川から鶴川駅までは徒歩で3分程。近いです。
W360Q75_IMG_0093.jpg
鶴川駅 南口改札に到着。

この日は
鶴見川源流の泉(13:35)~鶴川駅南口改札(16:55)まで
3時間20分歩きました。

次回は小田急線鶴川駅~JR横浜鴨居駅まで歩きます。
鶴見川散策 2日目 鶴川駅~鴨居駅につづく

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

湘南を散策 片瀬江ノ島~茅ケ崎  

■10/30(金)

午前中は都内の金券ショップに優待券を売りに行きました。
今年はコロナの影響で、航空系、レジャー系の優待券は軒並み暴落。
飲食系は比較的値を保っているものの、居酒屋系は額面の半値以下となっており、
小遣い稼ぎには厳しい1年となりました。

優待券を売り、小銭もできたのでランチを食べにつけめん屋へ
W360Q75_IMG_1073.jpg
つけめんTETSU  京王モール新宿店
W360Q75_IMG_1081.jpg
中華そば大盛、ネギトッピング 1,080円也

昼食を食べ終え、このまま家に帰るものなんなので、
どこかへ歩きに行くことに。
新宿から江ノ島までなら電車1本で行けることに気付いて、
海を見に行くことにしました。
W360Q75_IMG_1103.jpg
快速急行で藤沢まで行き、各駅に乗り換えて片瀬江ノ島に
W360Q75_IMG_1111.jpg
1時間9分で片瀬江ノ島駅に着きました。
W360Q75_IMG_1123.jpg
江ノ島は今年の1/14に境川を歩いた時以来です。
境川散策 その1
当時、工事中だった駅舎も完成していました。
W360Q75_IMG_1130.jpg
駅前の弁天橋を渡るのも1/14と同じです。
W360Q75_IMG_1136.jpg
弁天橋からの境川の眺め。
また、境川を歩くのも良いかなと思いました。
年初歩いたときは、インフルエンザ明けで調子が今一つだったことは
懐かしい思い出です。
W360Q75_IMG_1140.jpg
今日は江ノ島方面には行かず、片瀬橋を渡って江ノ島水族館方面へ。
W360Q75_IMG_1138.jpg
片瀬橋からの境川河口の眺め。
W360Q75_IMG_1150.jpg
片瀬橋を渡ると、橋のたもとに藤沢市観光センターがあって、
そこで無料の地図を貰いました。
W360Q75_IMG_1154_2020103123122306a.jpg
片瀬漁港を通り、
W360Q75_IMG_1163.jpg
片瀬西浜・鵠沼海水浴場へ
ここから砂浜を歩きつつ、茅ヶ崎駅を目指します。
W360Q75_IMG_1164.jpg
新江ノ島水族館
中学生の遠足でしょうか。学生の姿が見えます。
W360Q75_IMG_1168.jpg
少し曇りがちだけど、天気はまずまず。
秋のガランとした浜辺を一人で歩きます。
W360Q75_IMG_1200.jpg
サーフィンをしている人が50人ぐらいいました。
平日の昼間らかサーフィンをしている人は、どんな仕事をしている人たちなのだろうか?
W360Q75_IMG_1195.jpg
歩くにつれ、江ノ島がどんどん小さくなっていきます。
W360Q75_IMG_1233.jpg
引地川にかかる鵠沼橋を渡ります。
W360Q75_IMG_1235_20201101205749ef5.jpg
引地川の河口。
この川は、源流から河口まで桜の咲く春に歩く予定でしたが、
コロナ騒動で取りやめとなりました。
いずれこの川も歩きたいと思っています。
W360Q75_IMG_1266.jpg
釣り人と魚をねだる鳥
アオサギでしょうか。
釣り人の近くをウロウロとしていて、逃げようとしませんでした。
W360Q75_IMG_1281.jpg
少しずつ日が暮れていきます。
W360Q75_IMG_1337.jpg
日が沈むのを見ていると、なんとなく涙が出てきそうになります。
別に悲しくはないのですが。
W360Q75_IMG_1341.jpg
歩くこと2時間45分で茅ケ崎漁港へ。
W360Q75_IMG_1356.jpg
サザンビーチ茅ケ崎海水浴場に到着
サザンビーチモニュメント 茅ケ崎サザンC
------------------------------------------------------------
このモニュメントは、二人で円の側に立つと円が結ばれ完成する、
「縁(円)結びの輪」であると同時に、貧困や一族対立、環境汚染や交通禍等、
人が抱える様々な問題に、いたわりや譲り合う心を思い出し、不完全な円(縁)を
完成させる、幸せな暮らしを形づくる。
「思いやりの輪」をイメージしています。
平成14年3月3日竣工
------------------------------------------------------------
と横の看板に書かれていました。
W360Q75_IMG_1360.jpg
京都北白川ラーメン魁力屋
昨年の11月5日に、目久尻川~相模川を歩いたときに来たお店です。
目久尻川散策 その3(寒川~茅ケ崎)
あれからもう1年。懐かしいです。
W360Q75_IMG_1362.jpg
サザン通りを歩くこと15分
W360Q75_IMG_1366.jpg
JR東海道線 茅ヶ崎駅に到着です。


■湘南を散策 片瀬江ノ島~茅ケ崎 総評

久し振りに海を歩きました。
昨年の4/25に江ノ島~鎌倉まで歩いたとき以来です。
江ノ島へ その1
片瀬西浜・鵠沼海水浴場の砂浜に出ると、
広大な海と空が広がり、開放的な気持ちになりました。

山も良いし、川も良いけど、やはり海が一番と思いましたが、
1時間も歩くと変化のない単調な景色に飽きてきて、
また砂浜を歩くのは、砂に足を取られ思った以上疲労が蓄積していき、
海はそれほど良くないかも?と1時間前とは全く逆の感情が湧いてきました。

とは言え、暮れ行く空の変化は素晴らしいものでした。
できることならば、夕暮れ時から夜の海なども歩いてみたいと思いました。
しかし海は自宅からはかなり遠くなるので、その時はこの近くに宿でも取れれば最高です。

11月に入り紅葉の季節になるので、これからは山を歩きたいです。
その他にも、鶴見川の続きや、鶴見川の支流である恩田川、今日通った引地川、
多摩川にもそろそろ再訪したいとも思っています。

しばらくは、歩くところには事欠かないです。

category: 旅行

tb: 0   cm: 2

三輪緑地(東京都町田市)を散策  

■10/14(水)

10月に入ってからは天気が悪い日が続いていますが、
その合間を縫って歩きに行っています。
10/14(水)は東京都町田市の三輪緑地へ歩きに行きました。

今回は東京都町田市のホームページ
町田市ウォーキングマップについて
からコースを選びました。

コース6<三輪町・三輪緑山周辺>古墳時代の横穴墓めぐり

PDFファイルになっていて、このマップを印刷し持参して歩きました。
とても便利な世の中になったと感動しました。


午前中、自宅を出て小田急線鶴川駅を目指します。
途中、町田で下車して早めに昼食を食べました。
W360Q75_IMG_9067.jpg
海鮮処 寿し常 町田東急ツインズ店
チェーン店系の寿司店です。
11:00開店で開店5分前ぐらいに着いたのですが、既に並んでいました。
W360Q75_IMG_9086.jpg
ランチ満腹握り 1,380円
隣の席の男性はビールを飲んでいました。
最近、お酒を控えていることもあってか、
他人が飲んでいるのを見ても、あまり飲みたいと思わなくなりました。

昼食後は鶴川へ
W360Q75_IMG_9107.jpg
小田急 鶴川駅
鶴川には何度か歩きに来ていて、
前回は多摩丘陵の真光寺(東京都町田市)を歩きました。
無職日記 六月二十三日

真光寺は小田急線の線路を挟んで北側になりますが、
今日歩く三輪緑地は南側になります。
これまで全く歩いたことが無いので楽しみです。
W360Q75_IMG_9115.jpg
駅を出て、しばらくは鶴見川沿いを歩きます。
私は川歩きも好きで、源流から河口まで色々な川を歩きました。

鶴見川の源流は行ったことがあるので、
コロナの日々
今度機会があるとき、源流から河口まで歩きたいです。
W360Q75_IMG_9123.jpg
開戸(かいと)親水広場
川の間近まで行けます。
W360Q75_IMG_9135.jpg
精進場橋から川を逸れて、住宅街を歩きます。
W360Q75_IMG_9143.jpg
満蔵寺
とても静かなお寺でした。
W360Q75_IMG_9145.jpg
何となく京都を思い出します。
W360Q75_IMG_9149.jpg
紅葉の時期は綺麗だと思います。
W360Q75_IMG_9152.jpg
更に先に進みます。
三輪地区には初めてきたのですが、とてものどかで良い所だと思いました。
W360Q75_IMG_9157.jpg
道を歩いていると、階段がありました。
この階段を上ったところに三輪白坂横穴がありました。
W360Q75_IMG_9159.jpg
三輪白坂横穴墓群
この遺跡は崖面に横穴を掘り、遺体を安置した
古墳時代における有力者のお墓だそうです。
W360Q75_IMG_9186.jpg
三輪の森 ビジターセンター
三輪緑地の入口になります。トイレもあり少し休憩しました。
W360Q75_IMG_9190.jpg
緑地に入り、しばらく竹林を歩きます。
とても良い雰囲気です。
W360Q75_IMG_9198.jpg
雑木林を歩きます。私が好きな道です。
W360Q75_IMG_9203.jpg
三輪緑地を抜けると
W360Q75_IMG_9208.jpg
水田が広がります。
穏やかな景色で、写生をしたり、写真を撮ったりしている人が数多くいました。
W360Q75_IMG_9227.jpg
こういった景色を見ていると、嫌なことを忘れて癒されます。
W360Q75_IMG_9231.jpg
マップのコースから少し外れて、寺家ふるさとの森を歩きました。
W360Q75_IMG_9234.jpg
早い時間から歩き始め、時間に余裕があったので。
W360Q75_IMG_9237.jpg
寺町ふるさとの森を少し歩き、水田地帯に戻ってきました。
ここからマップのコースに再び戻ります。
W360Q75_IMG_9243.jpg
切通し(きりどおし)
切通しとは、山や丘などを掘削し、人馬の交通を行えるようにした道である。
トンネル掘削技術が発達していなかった明治時代以前には、
切り立った地形の難所に道路を切り開く手段として広く用いられた。
(ウィキペディアより引用)
W360Q75_IMG_9256.jpg
妙福寺
W360Q75_IMG_9253.jpg
妙福寺鐘楼門(しょうろうもん)
上層に鐘を釣った一間楼門
※楼門(ろうもん)とは2階建ての門を言い、1階には屋根が付いていません。
W360Q75_IMG_9264_20201017181848c4c.jpg
廣慶寺
W360Q75_IMG_9273.jpg
道を歩いていると、西谷戸横穴墓群が見えました。
横穴墓(よこあなぼ)とは、崖面に横穴をあけて埋葬施設とした古墳時代における墓であり
多くは群集してつくられます。ここには9基の横穴墓が確認されています。
W360Q75_IMG_9286.jpg
三輪中央公園で一休み。
この日は曇りで涼しかったですが、歩くと汗をかき喉が渇きます。
持参した水筒の氷水が尽き、予備のペットボトルのお茶を飲みました。
W360Q75_IMG_9291.jpg
三輪緑山住宅街
街並みがとてもきれいです。
近くにTBSの緑山スタジオがあります。
緑山スタジオといえば、風雲たけし城を思い出します。
ケーブルTVのTBSチャンネルで再放送をしているようなので、今度見てみます。
W360Q75_IMG_9301.jpg
再び鶴見川へ。
鶴川駅はもうすぐです。
W360Q75_IMG_9312.jpg
鶴川駅に戻ってきました。
約9km、3時間30分の散策でした。
W360Q75_IMG_9323.jpg
まだ15時過ぎだったので、コーヒーでも飲んでいこうと思いましたが、
甘い物が食べたかったのでサイゼリヤへ
W360Q75_IMG_9328.jpg
コカ・コーラ(ドリンクバー200円)
W360Q75_IMG_9336.jpg
プリンとヘーゼルナッツの盛合せ 400円

お酒を控えるようになってから、
甘い物ばかりたべるようになりました。


■三輪緑地(東京都町田市)散策総評

前回歩いた 埼玉県の高麗の里 は
舗装道路を歩くことが多く、あまり自然を楽しめませんでしたが、
今回の三輪緑地は山道を歩いたりとなかなか良かったです。
また久し振りに川辺を歩き、鶴見川を源流から河口まで歩くのも
良いかなと思いました。

次回はどこを歩こうか、明日日曜日に候補をいくつか考えようと思います。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

高麗の里(埼玉県日高市)を散策  

■10/12(月)

気候もだいぶ良くなってきたので、
本格的に歩きはじめることにしました。

ここ最近は多摩方面を歩くことが多く、歩きつくした感もありますので、
この秋は、隣県の埼玉方面を開拓しつつ、
いつもの多摩方面を織り交ぜながらあちこち歩く予定です。

昨日は埼玉県日高市にある高麗の里を歩いてきました。
歩いたコースは西武鉄道のWebサイトに紹介されてたコースです。
西武鉄道で行くハイキングコース24選
このサイトは参考になるコースが数多くあり、コースマップも印刷できてとても便利です。
そのなかで、高麗の里を訪ねるコースを歩きました。


午前中、自宅を出て西武線に乗ってスタート地点である高麗駅を目指します。
歩く前にどこかで昼食を食べることに。
高麗駅近辺は何もなさそうなので、一駅手前の東飯能駅で食事をすることにしました。
W360Q75_IMG_8710.jpg
電車を降りるとホームに人影はありません
W360Q75_IMG_8658.jpg
駅を出てすぐのメイン通り。車は殆ど通っていません。
埼玉県は西の方(大宮、浦和)は栄えていますが、東の方は過疎化しているのでしょうか。
とても寂しい感じがしました。
W360Q75_IMG_8662.jpg
駅から歩くこと5分
福六十という蕎麦屋へ入りました。
W360Q75_IMG_8666.jpg
地元の個人経営のお蕎麦屋さんです。
先客は2組。私は一人だったので、中央にあるテーブル席へ
W360Q75_IMG_8673.jpg
チキン南蛮セット 1,300円
W360Q75_IMG_8680.jpg
タルタルソースが大量にかけてあります。
W360Q75_IMG_8678.jpg
そばは手打ちそばです。温かいかけそばと冷たいざるそばが選べます。
かなりのボリュームで食べ過ぎました。

再び西武線に乗って高麗駅へ
W360Q75_IMG_8750.jpg
降りる人も殆どおらず閑散としていますが、この雰囲気は嫌いではありません。
私は都会よりも田舎の空気の方が合っているのかもしれません。
W360Q75_IMG_8754.jpg
台風も過ぎ去り良い天気でした。
W360Q75_IMG_8761.jpg
駅から歩くこと5分
高麗村石器時代居住跡に着きました。
W360Q75_IMG_8763.jpg
居住跡
W360Q75_IMG_8766.jpg
国道299号線沿いをしばらく西に歩き、そこから小道に入ります。
W360Q75_IMG_8777.jpg
のどかな田舎道です。民家の庭先には柿がなっています。
W360Q75_IMG_8786.jpg
高麗川の水量も台風のあとのせいか、濁っていて多かったです。
W360Q75_IMG_8812.jpg
小道から車道に合流して、しばらくはカワセミ街道を歩きます。
車はたまにしか通りませんが、道が空いているせいか
かなりのスピードを出していて、歩いていて怖ろしかったです。
W360Q75_IMG_8821.jpg
聖天院
W360Q75_IMG_8839.jpg
高麗神社
W360Q75_IMG_8844.jpg
七五三のお参りをしている家族もいました。
もう、そんな時期です。
W360Q75_IMG_8863.jpg
高麗家住宅
茅葺屋根も見事でしたが、その隣の枝垂桜も見事で、
春にまた来たくなりました。
W360Q75_IMG_8872.jpg
高麗川にかかる出世橋を渡って、高麗駅方面に向かいます。
W360Q75_IMG_8873.jpg
高麗川
W360Q75_IMG_8884.jpg
野々宮神社
W360Q75_IMG_8902.jpg
満蔵寺
W360Q75_IMG_8934.jpg
巾着田曼殊沙華公園
(きんちゃくだまんじゅしゃげこうえん)
W360Q75_IMG_8927.jpg
曼殊沙華が一面に咲き、紅のじゅうたんのように広がっていると聞いたので
それを期待していたのですが、時期が終わっていました。
9月中旬から下旬までだったようです。来年以降に期待です。
W360Q75_IMG_8938.jpg
夕暮れ
W360Q75_IMG_8945.jpg
公園内の川沿いを歩きます。
バーベキュウをしている家族が何組かいました。
W360Q75_IMG_8958.jpg
日が暮れる前の時間は、いつも寂しい感情が沸き起こってきて抑えられません。
W360Q75_IMG_8967.jpg
巾着田公園から高麗駅に向かう小道
W360Q75_IMG_8968.jpg
猫がいました。しばらくカメラを向けていたのですが、
絶対こちらに視線を向けませんでした。
W360Q75_IMG_8986.jpg
高麗駅に到着
W360Q75_IMG_9020.jpg
丁度電車が行った後で、30分待ちました。
1時間に2本しか走っていません。

この日は10.65km 3時間35分の散策でした。
どちらかというと舗装道路を歩くことが多く、
あまり自然を楽しめなかったような気がします。

高麗駅からの別のコースとして、
日和田山(305m)、高指山(330m)を登り、武蔵横手駅に出るコースや
高麗峠を越えて、飯能駅に行くコースもあるので、
機会があったらそちらのコースも歩きたいです。




ところで、自宅から高麗駅に向かう途中、以前勤めていた会社の最寄り駅を通りました。
もう辞めて8年になりますが、働いていた時のことを思い出し、
何とも言えない嫌な気持ちになりました。

もっと早く仕事に見切りをつけて、別の道を歩めたら違う人生が歩めたかもしれないと
思うこともありますが、
「別の道とは何か」ということが当時も、そして今でも分かりません。
自分がどう生きていきたいのか、何を生業としたら良いのか、
頭を悩ませても全く何も浮かばないのです。

学生時代親に勉強しろと言われ、言われるがままに何も考えずに勉強してきた。
生きることや仕事に関して、真剣に考えてこなかったつけが回ってきたような気がしますが、
それでも、もう一度人生をやり直せるとしたら(学生時代)どういう生き方をしたら良いのか
やはり分かりません。

好きなこと、興味のあることを仕事にしたら良いとは思いますが、
それではたして生計を立てられるのか。
生計を立てられないくらい貧しくても、好きなことをして幸せなら良いかもしれない。
そんなことを空想することはできます。

しかし、空想と実際とでは全く違うでしょう。
そうなってみないと分からないことの方が多いような気がします。
貧困の苦しさ、好きなことをすることの喜び。
それらの苦しさと喜びを比較してどちらが良いのか?
想像では分かりません。
また、苦しい時、切羽詰まった時だからこそ考えられるアイデアもあるでしょう。
平凡に生きていたら気付かないことも多くあると思います。


これまでの人生、私は常に無難な方、無難な方へと選択してきました。
無難に生きていくのは悪ことではないと思いますが、
そんな生き方で良かったのだろうかと疑問を感じる時があります。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

七生丘陵(東京都日野市)を散策  

ここ最近は涼しくてとても過ごしやすいです。
夜も良く眠れて体調は良いです。
精神的にも安定しています。

10/7(水)
暑さも和らいできたので今週から散策を再開しました。
この日は七生丘陵(東京都日野市)へ行きました。
七生丘陵へ行ってみよう 日野市観光協会
暑くなる前、最後に散策へ行ったのは6/24(水)
この時は多摩丘陵の真光寺(東京都町田市)、黒川(神奈川県町田市)を歩きました。
その時以来2ヵ月半振りの散策です。


電車に乗って京王線高幡不動駅へ。
W360Q75_IMG_8249.jpg
駅近くの居酒屋でランチを食べました。
W360Q75_IMG_8247.jpg
和食レストラン天狗 高幡不動店
W360Q75_IMG_8235_20201010202353d10.jpg
肉豆腐と鶏の唐揚げ4個セット 599円
W360Q75_IMG_8242_20201010202356cda.jpg
肉豆腐は固形燃料で温める方式
W360Q75_IMG_8241.jpg
鶏の唐揚げはとても美味しかったです。
安くて美味しい下町の酒場に慣れている私にとって、
チェーン店系の居酒屋はあまり好きでは無いのですが、
天狗は美味しいと思いました。

昼食を食べ終えてからは散策へと出かけます。
本日のコースは
高幡不動尊~七生丘陵散策路かたらいの路~七生公園~都立平山城址公園
~都立長沼公園~京王線長沼駅です。
W360Q75_IMG_8252_20201010202400267.jpg
高幡不動駅前を通り、高幡不動尊参道へ
W360Q75_IMG_8259.jpg
参道を5分ほど歩くと高幡不動尊金剛寺に着きます。
W360Q75_IMG_8263.jpg
不動堂
W360Q75_IMG_8264.jpg
五重の塔
平日の昼間ということもあって、境内の人は疎らでした。
中学校の遠足の生徒がちらほらいました。
W360Q75_IMG_8290.jpg
不動尊から続くハイキングコースを歩きます。
W360Q75_IMG_8275.jpg
このお寺は紫陽花や紅葉が綺麗です。
東京はだいぶ涼しくなりましたが、楓の紅葉にはまだ早いようです。
W360Q75_IMG_8284.jpg
金木犀(キンモクセイ)の花の香りが漂っていました。
私は沈丁花(ジンチョウゲ)や金木犀の花の香りが好きです。
W360Q75_IMG_8292.jpg
曼珠沙華(マンジュシャゲ)の花も咲いていました。
W360Q75_IMG_8293.jpg
別名は彼岸花。秋のお彼岸の頃から咲き始めます。
W360Q75_IMG_8307.jpg
高幡不動尊のハイキングコースを抜け、住宅街の道を5分程歩くと
七生丘陵散策路かたらいの路入り口に着きます。
階段を登って散策路へ。
W360Q75_IMG_8327.jpg
フェンスの向こう(写真左側)は多摩動物公園です。
しばらくは動物園の沿った道を歩きます。
W360Q75_IMG_8302.jpg
歩くのにはまずまずの天気でした。
W360Q75_IMG_8331.jpg
七生公園
W360Q75_IMG_8347.jpg
七生公園から15分程一般道を歩いて都立平山城址公園へ。
W360Q75_IMG_8349.jpg
30分程園内の散策路を歩きます。
W360Q75_IMG_8365.jpg
都立長沼公園

長沼公園は雑木林が多く、春に歩いたときはホトトギスなど野鳥が鳴いていました。
春は野鳥が賑やかで楽しいですが、この時期は秋の虫が鳴いていて
なんだか寂しく感じます。
W360Q75_IMG_8366.jpg
また、日が暮れるのも早くなり、より一層寂しさを感じさせます。
W360Q75_IMG_8384.jpg
鬱蒼とした雑木林を30分程歩きます。
W360Q75_IMG_8392.jpg
公園を抜けると住宅街へ。
春に来た時は、田んぼも青々とていましたが、
水も抜かれ、稲木に稲が干してありました。
W360Q75_IMG_8394.jpg
公園から歩いて5分ほどで長沼駅に到着。
この日は3時間ほど歩きました。

久し振りの散策にしては、疲れることなく歩けましたが、
翌日は足腰が筋肉痛で痛くなしました。
来週からは週1日ぐらいのペースで歩く予定です。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

宮ヶ瀬ダムへ  

■7/24(金)

4連休は何も予定がありませんでしたが、
妻に宮ヶ瀬ダムに行こうと誘われて
急遽出掛けることになりました。

宮ヶ瀬ダム(愛川町観光協会から抜粋)
---------------------------------------
宮ヶ瀬ダムは、東京都心から約50km、横浜や川崎の市街地から
約40kmという近さの場所にある、首都圏最大級のダムです。
平成13年に神奈川県のほぼ中央を流れる相模川に注ぐ支流のひとつ、
中津川に完成しました。
この宮ヶ瀬ダム建設によって生まれた人造湖の宮ヶ瀬湖は、
現在、神奈川県に欠かせない水源地となっています。
---------------------------------------

自宅から車に乗って宮ヶ瀬湖へと向かいます。
途中、オギノパン本社工場直売所に寄りました。
W360Q75_IMG_6428.jpg
オギノパン本社工場
4連休ということもあってか、バイクのツーリングで来ている人も多く
駐車場も満車で少し待ちました。
W360Q75_IMG_6430.jpg
工場直売所のわきにある扉を開けると工場見学ができ、
パンを焼いているところが見れます。
休日だったので、あまり生産はしていないようでした。
この工場では近くの学校の給食のパンも作っているとのことでしたが、
コロナ禍で生産は減っているのかもしれません。
W360Q75_IMG_6433.jpg
私の家の近くにあるパン屋は、学校関係との取り引きが多かったようで、
つい最近、閉店してしまいました。
安くて美味しいパン屋さんだったので、とても残念です。
パン屋の直売所で、あげぱんなどを購入しました。

続いて、服部牧場へ
W360Q75_IMG_6455_202007301046536b4.jpg
服部牧場は乳牛中心の牧場で、他にも羊、やぎ、馬、あひる、犬、
インコなどの動物と触れ合うことができます。
駐車場を含めて見学だけなら無料です。
W360Q75_IMG_6447.jpg
精神を病んでいる私にとって、動物との触れ合いは癒されます。
W360Q75_IMG_6494.jpg
ホルスタイン成牛舎
W360Q75_IMG_6472.jpg
ホルスタインというのは、牛の品種だそうです。
日本では主に乳牛としてのイメージが強いですが、
欧州では肉乳両方を目的として飼育されているそうです。
W360Q75_IMG_6471.jpg
凄く大きくて威圧感がありますが、とても大人しいです。
直ぐ近くで見ることができます。
W360Q75_IMG_6477.jpg
山羊を見たり
W360Q75_IMG_6483.jpg
馬を見たり

牧場ではソーセージ工房アイス工房BBQのお店などもあり
食事をすることもできます。
アイスクリーム工房は激混みで凄い列でした。

牧場を見学してからは、宮ヶ瀬ダムのある
神奈川県立あいかわ公園へ。
W360Q75_IMG_6565.jpg
駐車場代は平日は無料ですが、休日は500円/日かかります。
W360Q75_IMG_6502.jpg
宮ヶ瀬ダムは、公園の管理等から1,000m徒歩15分かかります。
W360Q75_IMG_6503_20200730110601f1a.jpg
バスだと300円です。
小さい子供がいるとバスも楽しそうですが、私は道中の景色も
楽しみたかったので歩いて行きました。
W360Q75_IMG_6506.jpg
石小屋ダム
W360Q75_IMG_6562.jpg
近くまで行ってみました。
石小屋ダムは宮ヶ瀬副ダムの通称で、
宮ヶ瀬ダムの放流水および愛川第1発電所の放流水を調整し、
下流の急激な水位上昇を抑制する逆調整機能があるそうです。
W360Q75_IMG_6560.jpg
ダムの上も歩けます。
W360Q75_IMG_6558.jpg
ダムの上からの眺め
W360Q75_IMG_6510_202007301826017b7.jpg
石小屋ダムから上流に5分程歩くと宮ヶ瀬ダムになります。
宮ヶ瀬ダムは堤高156m。
国内の重力式コンクリートダムとしては第2位。
堤体積は206万立方メートル。これは国内の重力式コンクリートダム中最大です。
日本100ダムより引用
W360Q75_IMG_6519_202007301826024e2.jpg
ダムからの水はきれいなエメラルドグリーです。
季節によって水の色は変わるとか。
W360Q75_IMG_6520_20200730182604af5.jpg
宮ヶ瀬ダム
月に数回放流する日があるそうですが、
新型コロナウイルス感染拡大防止のため現在は観光放流は中止されています。
W360Q75_IMG_6535_20200730182605bf7.jpg
間近でみると迫力があります。
放流、見たかったです。

といった感じで、久し振りの外出は楽しかったのですが、
精神状態はこの後更に悪くなりました。

今日は妻の仕事が休みでしたので、一緒にランチへ行き
やけくそで昼からビールを飲んでしまいました。
時間があったら、その時のことを書きたいと思います。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

境川散策 その3  

■2/5(水)

境川を河口から源流まで遡る旅をしています。
1日目 江ノ島~湘南台 
2日目 湘南台~南町田グランベリーパーク と歩いてきて、
3日目は南町田グランベリーパーク~多摩境(小山郵便局前:バス停)まで歩きました。

W360Q75_IMG_6650.jpg
前回まで歩いた南町田グランベリーパーク駅へ。
W360Q75_IMG_6656.jpg
新しくとても奇麗な駅です。
以下、ウィキペディアより引用
2017年より、駅周辺の再開発計画「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」に伴い駅舎が改良され、
再開発計画により新たに整備されるエリアには「南町田グランベリーパーク」の愛称が付けられ、
駅名も南町田駅から南町田グランベリーパーク駅に改称しされた。
W360Q75_IMG_6664.jpg
改札を出てすぐの、南町田グランベリーパークをブラブラと。
本日のランチはこのパーク内で食べることに。
W360Q75_IMG_6680.jpg
回転寿司 日本橋粋 グランベリーパーク店
W360Q75_IMG_6675.jpg
八重洲にぎり 1,490円
ネタは大振りでとても美味しかったです。
しかし、回転寿司でこの価格は少し高いような。
この値段であれば、回転しない寿司屋へ行った方が良いかなと思いました。
W360Q75_IMG_6688.jpg
ランチを食べ終え、グランベリーパーク内を抜けて境川を目指します。
W360Q75_IMG_6694.jpg
パーク内には子供が遊べる公園などもあり、
週末は賑わうのだろうなと想像すると、空いている平日で良かったと思いました。
人混みは苦手なので・・・
W360Q75_IMG_6698.jpg
本日は、ここからスタート
W360Q75_IMG_6705.jpg
少し歩くと、境川水管橋(さかいがわすいかんきょう)が見えてきました。
W360Q75_IMG_6708.jpg
この水管橋の中には水が流れています。
道志川や相模湖に貯められた水を、横浜市の浄水場(井川、西谷)に運ぶための導水路です。
W360Q75_IMG_6718.jpg
国道16号線をくぐります。
W360Q75_IMG_6754.jpg
しばらくは住宅街を歩きます。
人もまばらで比較的静かです。
W360Q75_IMG_6760.jpg
上流に向かって
右岸:東京都町田市金森 左岸:神奈川県大和市下鶴間
W360Q75_IMG_6772.jpg
道はアスファルトで整備されています。
自転車も少なく無く歩きやすいです。
W360Q75_IMG_6779.jpg
都営金森アパート
W360Q75_IMG_6795.jpg
町田駅に近づくにつれて、マンションやアパートといった
高層住宅が増えてきます。
W360Q75_IMG_6797.jpg
町田市原町田
親水広場があったので降りてみました。
W360Q75_IMG_6804.jpg
水深は数十センチ
江ノ島の河口に比べるとその差は歴然です。
W360Q75_IMG_6814.jpg
境橋 
町田駅近くまで来ました。
市街地なので人通りも、車通りも多いです。
W360Q75_IMG_6822.jpg
駅前ということもあってか、
川の両岸にはタワーマンションが林立しています。
W360Q75_IMG_6841.jpg
小田急小田原線と交差します。
W360Q75_IMG_6843.jpg
ここからしばらくは、川はうねりがなく直線になります。
W360Q75_IMG_6858.jpg
JR横浜線と並行して歩きます。
W360Q75_IMG_6870.jpg
町田駅から15分程歩くと、またのどかな景色に戻ります。
この落差は大きいです。
W360Q75_IMG_6888.jpg
JR横浜線と交差します
W360Q75_IMG_6910.jpg
一気に寂しい雰囲気になってきました
上流に向かって
右岸:町田市森野 左岸:神奈川県相模原市南区古淵
W360Q75_IMG_6938.jpg
相変わらず舗装道路が続きます。
このあたりは生活道路のようで、お年寄りが散歩をしている姿をよく見かけます。
W360Q75_IMG_6951.jpg
川の両岸には住宅が立ち並びます。
W360Q75_IMG_7013.jpg
歩き始めて2時間。日も落ちてきました。
知らない街を歩き、日が暮れてくると心細くなってきます。
W360Q75_IMG_7024.jpg
人はほどんど歩いていません。
寂しいですが、人が多いよりは全然良いです。
W360Q75_IMG_7040.jpg
昨年の台風18号で境川は氾濫したので、その傷跡が所々に残っています。
Googleより
境川も大変だったことが分かります。
W360Q75_IMG_7065.jpg
常矢橋を過ぎたあたりからは、町田街道を並行して川は流れます。
W360Q75_IMG_7091.jpg
比較的まっすぐな道が続きます。
W360Q75_IMG_7100.jpg
夕方になると、学校帰りの小学生が多いです。
W360Q75_IMG_7114.jpg
多摩境駅まで歩く予定でしたが疲れてきたので断念。
セブンイレブン町田境店(小山郵便局前バス停)で、今日の散策は終えることにしました。

境川を遡る散策の3日目が終了しました。
4日目は2/13(木)に歩いてきました。

次回は多摩境(小山郵便局前バス停)から、相原(法政大学バス停)までです。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

境川散策 その2  

■1/31(金)

境川をさかのぼる旅をしています。
1/14(火)に江ノ島の河口から歩き始め、湘南台駅まで行きました。
境川散策 その1
今回はその続きです。

10時、自宅を出て小田急江ノ島線湘南台駅を目指します。
散策前に昼食を食べて行きました。
W360Q75_IMG_5923.jpg
家系ラーメン 中盛 820円

開店の時間に合わせて行ったのに、開店が5分遅れました。
ニンニクの蓋も固まっていて開けづらい。
時間にルーズで衛生的ではないお店は概して美味しく無いのですが、
とても美味しいラーメンでした。
W360Q75_IMG_5946.jpg
小田急線湘南台駅に到着
W360Q75_IMG_5952.jpg
駅を出ると相鉄ローゼンがあります。
「またこの地に戻って来た」と感慨深いです。
W360Q75_IMG_5976.jpg
駅から歩くこと約20分で、境川のほとりにある境川遊水地公園に着きました。
野鳥撮影をしている人が何人かいました。
今日はここから歩きます。
W360Q75_IMG_5988.jpg
この日も天気が良く穏やかでしたが、途中から風が強くなって寒かったです。
桜並木を歩くと、春にまた来れたらといつも思うのですが、
腰が重くてなかなか行けません。
どこの川も川べりには桜の木が植えてありますが、私のおすすめは
野川の調布付近多摩川の福生付近、です。
W360Q75_IMG_5993.jpg
藤沢・大和自転車道
自転車に気を付けながら歩かなくてはなりませんが、
今回自転車は少なかったです。
W360Q75_IMG_6008.jpg
のどかな景気を見ると、心が穏やかになります。
W360Q75_IMG_6014.jpg
途中、川岸に降りることが出来ました。比較的奇麗な川です。
W360Q75_IMG_6016.jpg
国道1号線から7.5km歩きました。
藤沢・大和自転車道の終点である国道246号線までは11.5kmあります。
河口からは13.5kmぐらいです。
W360Q75_IMG_6020.jpg
長後のあたりは、川は真直ぐに流れています。
W360Q75_IMG_6062.jpg
長後街道を横切りしばらく歩くと、県営いちょう団地が見えてきます。
最寄り駅は小田急江ノ島線、高座渋谷駅。
W360Q75_IMG_6075.jpg
東海道新幹線 境川橋梁をくぐり抜けます。
W360Q75_IMG_6084.jpg
舗装された道を歩くことが多かったのですが、
上流に向かって右岸は、時より砂利道など舗装されていない道でした。
(左岸は自転車道路なのでずっとアスファルト道路)
歩きやすいです。
W360Q75_IMG_6109.jpg
このような川幅がずっと続きます。
水量はそこそこ多い印象です。
W360Q75_IMG_6119.jpg
厚木街道を横切ります
W360Q75_IMG_6143.jpg
相鉄本線の柏橋(大和-瀬谷)
ここで川沿いの道は一旦途切れます。
W360Q75_IMG_6148.jpg
相鉄線沿いの道を歩いて迂回ルートへ
W360Q75_IMG_6154.jpg
5分程歩き入村橋へ
ここから、また川沿いを歩きます。
W360Q75_IMG_6157.jpg
しばらくは上流に向かって右岸の砂利道を歩きます。
自転車を気にしなくて良いので歩きやすいです。
W360Q75_IMG_6175.jpg
ずっと川は直線です。
上流に向かって、左岸は大和市、右岸は横浜市瀬谷区になります。
私にはまったくゆかりの無い地で、境川を歩くことがなければ、
来ることはなかったでしょう。
W360Q75_IMG_6187.jpg
15:20 歩き始めて3時間弱
日も落ちてきました。
暮れ行く空を眺めていると、理由もなく無性に寂しい気持ちになります。
昔からずっとそうでした。
W360Q75_IMG_6195.jpg
中島橋付近で、川の近くに降りることができました。
W360Q75_IMG_6212.jpg
更に歩き、東京都町田市を目指します。
W360Q75_IMG_6218.jpg
東名高速道路をくぐります。
W360Q75_IMG_6239.jpg
歩き始めて約12km もうすぐ国道246号線です。
W360Q75_IMG_6241.jpg
国道246号線 大和橋に到着
藤沢・大和自転車道絽はここで終わります。
ここから境川をずっと下っていき、藤沢の手前の境川大橋まで走り、
そこから国道1号線を走って引地川へ。
引地川沿いを走り終点の神奈川県立湘南海岸公園までは24.5kmの道のりです。
W360Q75_IMG_6244.jpg
国道246号線を横断して、更に歩きます。
W360Q75_IMG_6267.jpg
上流に向かうに従って、川幅も狭くなり、水量も減ってきました。
W360Q75_IMG_6272.jpg
東京都町田市に入りました。
ここからは境川ゆっくりロードという
自転車・歩行者専用道路になります。
境川を挟んで、上流に向かって
左岸は神奈川県、右岸は東京都町田市になります。(一部を除く)
W360Q75_IMG_6294.jpg
16:30 歩き始めて約4時間 
南町田グランベリーパーク付近
東京都に入ると一気に住宅が増えてきます。
南町田は東急田園都市線で渋谷まで乗り換えなしで約40分で行けるので
人気のある場所だと思われます。
W360Q75_IMG_6304.jpg
東急田園都市線が見えてきたので、
今日の境川沿いを散策する旅はここまでにしました。
線路沿いを歩いて、南町田グランベリーパーク駅を目指します。
W360Q75_IMG_6315.jpg
南町田グランベリーパーク入り口
W360Q75_IMG_6325.jpg
夕日がとても奇麗でした
W360Q75_IMG_6336.jpg
16:50 南町田グランベリーパーク駅に到着
W360Q75_IMG_6333.jpg
駅の改札を出るとすぐ南町田グランベリーモールになります。
今日は歩いて疲れているのでまたの機会に。
W360Q75_IMG_6337.jpg
田園都市線に乗って自宅へと帰りました。


本日は
小田急湘南台駅 12:05
境川遊水地公園 12:25
長後街道 13:10
東海道新幹線 13:45
中原街道 14:25
厚木街道 14:45
瀬谷本郷公園 15:05
東名高速度道路 15:45
国道246号線 16:05
南町田グランベリーパーク駅 16:50
4時間45分の散策でした。

次回はこの続きで、
南町田グランベリーパークから京王線多摩境駅を目指します。
実は2/5(水)にもう歩いていますので、近いうちに写真を整理しつつ
「境川散策 その3」を記事にまとめようと思います。



境川散策 その3 に続く

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

境川散策 その1  

今年に入ってからずっと家に閉じこもった生活を送っていたので、
昨日は久し振りに外出しました。

境川と言う、東京都、神奈川県を流れ
藤沢市の江の島付近で相模湾に注ぐ延長52.1kmの川を歩きたいと思っていたので、
今年は年初から何回かに分けて江の島の河口部から、
東京都町田市の草戸山(365 m)にある源を目指して歩くことにしました。

実は、この境川の源流は、城山湖を散策した時に道を間違えて偶然通った
ことがあるので、既にゴールの景色は分かっています。
でも、途中の道は殆ど歩いたことがありません。


午前中、自宅を出て江の島駅を目指します。
途中、早目の昼食を食べて行くことに。
家系ラーメンを食べに行くつもりでしたが、
まだ食欲が今一つだったので回転寿司屋へ
W360Q75_IMG_5104.jpg
中とろランチ 860円
W360Q75_IMG_5121.jpg
小田急江ノ島線に乗って、終点の片瀬江ノ島駅へ。
平日なので、降りる人は殆どいません。
W360Q75_IMG_5128.jpg
まだ駅舎は工事中でした。
W360Q75_IMG_5127.jpg
弁天橋を渡って江の島方面へと向かいます。
W360Q75_IMG_5135.jpg
境川に沿って河口付近へと向かいます。
奥に見えるのは江の島です。
W360Q75_IMG_5145.jpg
ここが最先端。
ここから源流まで52.1kmの旅がスタートです。
W360Q75_IMG_5160.jpg
その前にちょっと寄り道
江の島大橋をくぐって鎌倉方面へ
W360Q75_IMG_5158.jpg
片瀬東浜海水浴場のなだらかな海岸線が続きます。
海を眺めながら缶チューハイを飲む女性
動画を見ながら500mlの発泡酒を飲む男性
海とお酒は何でこんなに相性が良いのでしょうか。
私もお酒を飲みたい気分に(少しばかり)なってきましたが、
ここで飲んだら歩けなくなること必死なので我慢しました。

このブログに何度か書いていますが、
私は山よりも海の方が好きなような気がします。
広大な海を見ていると、自分の存在がちっぽけに感じます。
そして、空と海の青色のコントラストが心に突き刺さります。
オレンジ色の夕日もまた良いです。
冬の冷たい海風も好きす。
海岸はとても居心地の良い場所です。

夏よりも冬の海が好きです。
ガランとしたひとけの無い砂浜。
波の音だけが静かに響く。
ここで一人静かに、コンビニ買ってきたビールを飲みつつ
あたりめを食べれれば、最高の時間が過ごせるのになあと思いつつ
境川に戻って川沿いを歩き始めました。
W360Q75_IMG_5131.jpg
河口付近は川幅が広いです。
藤沢方面に向かって川沿いを歩きます。
W360Q75_IMG_5169.jpg
川辺の道は舗装されていて歩きやすいですが、
私はどちらかと言うと、土や砂利道を歩くのが好きです。
河口付近だからかもしれませんが、中流域に期待しています。
W360Q75_IMG_5185.jpg
この日は天気も良く、そして寒さもそれ程でも無く歩きやすかったです。
私は写真を撮りながら歩くので、寒い日は手がかじかんで辛いです。
W360Q75_IMG_5188.jpg
鵠沼付近
江ノ島電鉄の鉄橋をくぐります。
江ノ電の写真が撮れたら良かったのですが、タイミングが合いませんでした。
W360Q75_IMG_5211.jpg
ユリカモメでしょうか。
W360Q75_IMG_5229.jpg
藤沢駅付近で、境川(左)と柏尾川(左)に分かれます。
柏尾川は、大船、戸塚方面から流れているようです。
W360Q75_IMG_5257.jpg
JR東海道線の踏切を渡って、しばらく歩き藤沢橋へ
W360Q75_IMG_5259.jpg
旧東海道の藤沢宿があった場所らしいです。
藤沢宿は東海道五十三次の6番目の宿です。
W360Q75_IMG_5261.jpg
江戸時代の人は、東京(日本橋)から京都(三条大橋)まで歩いたのですが、
凄いなと思います。
私も歩くのが好きで、時間もたっぷりあるので東海道を歩くことに興味はあるのですが、
東京から京都まで歩くのは体力的にちょっときついかな。
W360Q75_IMG_5265.jpg
藤沢の市街地を抜けるとのどかな雰囲気になってきます。
W360Q75_IMG_5276.jpg
少し曇ってきました。
W360Q75_IMG_5278.jpg
国道1号線を横切ってからしばらく歩くと
藤沢・大和自転車道になります。
W360Q75_IMG_5290.jpg
自転車が通れるように舗装された道が続きます。
時より、ロードレーサーやマウンテンバイクが猛スピードで走ってきます。
自転車道なので仕方が無いのですが、
自転車を気にしながら歩かなくてはならず、歩き心地は悪いです。
それを考えると、目久尻川は殆ど自転車も通らず、散策するには良い川でした。
W360Q75_IMG_5301.jpg
東保野付近 最寄り駅は小田急江ノ島線六会日大前だけど、
かなり駅からは離れています。
W360Q75_IMG_5304.jpg
猛スピードの自転車さえ来なければそれなりに良い道。
せめて鈴を付けて走ってくれたら。
W360Q75_IMG_5325.jpg
同じような景色で少し飽きてきました。
河口から歩いて10kmぐらい。
インフルエンザ明けで、もっと体力が落ちているかと思ったけど、
意外と歩けました。そろそろ疲れてきた。
W360Q75_IMG_5326.jpg
川の砂利を運搬するトラック
W360Q75_IMG_5349.jpg
境川遊水地公園
奥に見える鉄橋は、横浜市営地下鉄と相鉄いずみ野線
河口から12.5kmぐらい
もう少し歩けるかなと思ったけど、足がそろそろ限界か?
私にとっては、大体3時間12kmが丁度良い距離のような気がします。
W360Q75_IMG_5357.jpg
日も落ち来てきたことだし、そろそろ帰ることに。
横浜市営地下鉄、相鉄いずみ野線の線路沿いに歩いて
最寄り駅である湘南台駅を目指します。
W360Q75_IMG_5365.jpg
湘南台公園を抜けて
W360Q75_IMG_5368.jpg
湘南台駅へ

本日は
片瀬江ノ島駅 12:20
江の島境川河口 12:30
江ノ島電鉄鵠沼付近 13:10
東海道本線藤沢駅(踏切) 13:45
藤沢橋藤沢宿 14:10
国道1号線 14:20 (藤沢・大和自転車道)
境川遊水地公園(鷲舞橋) 15:35
湘南台公園 16:00
湘南台駅 16:10
といった日程でした。
W360Q75_IMG_5376.jpg
3時間50分、約13kmの旅でした。

次回は、湘南台駅から南町田グランベリーパーク駅を目指します。
実は歩いた翌日の今日、左足の甲が痛くて歩きづらくなってしまいました。
急に歩いたからかもしれませんが、次回も同じように歩けるか不安が残ります。
体調を整えて、来週あたり出掛けることを目指します。


境川散策 その2
 に続く

category: 旅行

tb: 0   cm: 3

目久尻川散策 その3(寒川~茅ケ崎)   

これまでの続きです。
目久尻川散策 その1(相武台団地~海老名)
目久尻川散策 その2(海老名~寒川)

11/5(火)
目久尻川を源流から下り、今回は3日目で最後となります。
この日は寒川から茅ケ崎まで歩きました。
W360Q75_IMG_2330.jpg
前回歩いた宮山駅からスタートです。
W360Q75_IMG_2323.jpg
天気が良くて絶好の散策日和です。
W360Q75_IMG_2337.jpg
前回歩いた宮山橋からスタート。
しがらくは川沿いの道を歩きます。
相変わらず人は殆どいなくて歩きやすいです。
保育園児がおさんぽをしていて、無職の私に「こんにちは」と挨拶をしてくれました。
人に声を掛けられるのは嬉しいです。
W360Q75_IMG_2363.jpg
寒川浄水場のあたりで目久尻川沿いの道が途切れてしまいました。
W360Q75_IMG_2371.jpg
寒川神社表参道を通って迂回します。
W360Q75_IMG_2374.jpg
寒川神社一之宮鳥居
JR相模線の踏切を渡って県道44号線を西に向かいます。
W360Q75_IMG_2381.jpg
鷹匠橋で再び目久尻川へ。
ここから相模川の合流地点までずっと直線になります。
W360Q75_IMG_2396.jpg
圏央道と交差すると、合流地点はすぐです。
W360Q75_IMG_2402.jpg
天気が良くて富士山が見えました。山の頂きは冠雪しています。
W360Q75_IMG_2404.jpg
目久尻川(手前)と相模川(中央)の合流地点です。
写真中央の部分が合流地点。
W360Q75_IMG_2410.jpg
草が生い茂る河原歩いて、合流地点まで行きました。
手前の水が澄んでいるのが目久尻川、奥の水が濁っているのが相模川です。

3日間をかけて、目久尻川の源流から相模川の合流地点まで歩き、
合流地点を目の前にすると感動しました。
(他の人から見たら、どうでもいいような事であるのは重々承知です)

目的の場所を目指し、そこに到達することで達成感が得られたのでしょう。
42.195km走るマラソンや、山頂を目指す登山と同じ感覚か?
達成感とは無縁の無職生活を送る私にとっては、とても新鮮な気持ちでした。
W360Q75_IMG_2460.jpg
ここからは相模川沿いに歩き、相模湾の河口を目指します。
前回、相模川(下溝~厚木)を歩いた時もそうでしたが、
相模川は川からの距離が遠いです。
川が見えない景色は面白くありません。
W360Q75_IMG_2476.jpg
平太夫新田(へいたゆうしんでん)のあたりで堤防が無くなり(工事中)
普通の道を歩きます。
W360Q75_IMG_2481.jpg
新田入口で国道1号線(東海道)にぶつかります。
すぐそばを、並行して東海道本線が走っています。
W360Q75_IMG_2490.jpg
少し道に迷いつつ、国道1号線、東海道本線のをくぐります。
W360Q75_IMG_2498.jpg
川沿いに、湘南シーサイドカントリークラブというゴルフ場があるので
相模川を見ることはできません。ゴルフ場に沿って歩きます。
W360Q75_IMG_2513.jpg
国道134号線、柳島交差点。
新湘南バイパスとも接続していて交通量が多いです。
河口まではもう少しです。
W360Q75_IMG_2521.jpg
相模湾の河口に到着
目久尻川の合流地点も感動しましたが、ここも感動しました。
眼前に広がる大きな海を見ると、なんとも言えない気持ちになります。

今日は歩き始めたのが11時からでしたが、途中で昼食を食べられるような
お店がなかったので何も食べていませんでした。
お腹が減っていたので、自宅から持ってきた大福とクランキーチョコを
芝生に座って海を見ながら食べました。
W360Q75_IMG_2549.jpg
しばらく海を眺めながら休憩した後、
海岸沿いを茅ケ崎・江の島方向へと歩きました。
W360Q75_IMG_2578.jpg
真直ぐな砂浜が続きます。
人はまばら。偶に海釣りをしている人を見かけました。
W360Q75_IMG_2581.jpg
冬至に向かっているこの季節、日が暮れるのがどんどん早くなってきます。
沈み行く夕日を眺めると、何とも言えない切ない気持ちになります。
W360Q75_IMG_2583.jpg
砂浜を歩くのは足を取られるので意外と体力を消耗します。
ここをずっと歩くのかと思うと・・・
急に帰りたくなりました。
W360Q75_IMG_2612.jpg
ということで、サザンビーチ茅ケ崎まで歩いて帰ることに。
茅ケ崎駅を目指します。
W360Q75_IMG_2618.jpg
134号線沿いに京都北白川ラーメン魁力屋
自宅に帰るつもりでしたが、ここで食べて行くことに。
W360Q75_IMG_2636.jpg
醤油ラーメン から揚げ定食 990円(税込み)
とても美味しかったです。
W360Q75_IMG_2665.jpg
お店を出てからは、サザン通りを通って茅ヶ崎駅へ。
20分程で駅に着きました。

これで3日間に及ぶ目久尻川散策の旅は終わりです。
目久尻川は少し小さい川ですが歩きやすく本当に良い川でした。
土の土手を歩いり、カワセミを見たり、自然を満喫することができました。
中流のかしわ台付近には桜並木もあるので、春に歩くのも良いかなと思っています。
紹介して下さった しぐまさん 本当にありがとうございました。
W360Q75_IMG_2683.jpg
自宅に戻った頃にはすっかりと日が暮れていました。
晩秋の夕暮れは、いつも寂しい気持ちにさせられます。

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

目久尻川散策 その2(海老名~寒川)  

前回からの続きです。
目久尻川散策 その1(相武台団地~海老名)

10/17(木)
目久尻川を下る旅2日目
海老名駅に戻ってきました。
W360Q75_IMG_0958.jpg
海老名駅の西口には4年前(2015年10月)にららぽーと海老名が開業し、
現在も駅前にタワーマンションが建設中と、急速に発展している街である印象です。

駅前は栄え、駅から少し離れるとのどかな景色が広がっている。
そんな海老名が気に入って、住むのも良いかなと思い
タワーマンションの価格を調べたら5,000万円~
リーフィアタワー海老名アクロスコート
3,000万円台後半位かと思っていたのでびっくりしました。
不動産価格は上がっているのですね。

いつものように散策前に昼食を食べることに。
W360Q75_IMG_0961.jpg
海老名駅西口徒歩1分 横浜らーめん源泉海老名店 へ
家系ラーメンのお店です。
W360Q75_IMG_0968.jpg
豚骨醤油ラーメン中盛 850円、ライスはランチタイムでサービス。
お店はとても清潔で店員さんも3人いて、てきぱきと働いておりとても好感が持てるお店でした。
ラーメンの値段は少し高めですが、それを上回る美味しさなので納得です。
強いて言えば、スープの量が少なかったのは残念でしたが、それ以外は非の打ちどころ無しです。
W360Q75_IMG_0982.jpg
昼食後は、駅前の本屋で神奈川県の地図を購入しました。
これまでは、歩く前に自宅でグーグルマップを印刷した上で、
歩きながらグーグルマップで位置を確認していましたが、
手元で直ぐに見れる詳細なマップが欲しいと思っていたので1,650円で購入。
W360Q75_IMG_0991.jpg
歩くこと15分で、前回歩いた国分交差点へ。
W360Q75_IMG_0994.jpg
本日はここからスタートします。
W360Q75_IMG_1007.jpg
歩き始めてしばらくは土の土手を歩きました。
舗装された道に比べると、土の道は柔らくて歩きやすいです。
W360Q75_IMG_1019.jpg
小園橋からは目久尻川サイクリングロードを歩きます。
W360Q75_IMG_1038.jpg
新武者寄橋まで2.4kmサイクリングロードは続きます。
W360Q75_IMG_1047.jpg
サイクリングロードと言っても、多摩湖自転車道や多摩川の土手のように
ロードレーサーが猛スピードで走っていることはありません。
買い物へ行くお年寄りや、通学の学生がたまに通り過ぎていくぐらいで、
危ない事はありません。
むしろ人が全く通らなくて、ガランとした道を私一人で歩いていて寂しくなってしまいました。
W360Q75_IMG_1092.jpg
サイクリングロードが終わり、中野橋を過ぎたあたりから
再び土の土手を歩くことになります。
このような、のどかな景色を見ながら土手を歩くのが好きです。
W360Q75_IMG_1154.jpg
道庵橋を過ぎたあたりから、再びサイクリングロードとなり舗装した道を歩きます。
川もうねりが無く直線的でおもしろくありません。
W360Q75_IMG_1173.jpg
東海道新幹線と交差します。
W360Q75_IMG_1198.jpg
ずっと直線が続きます。
W360Q75_IMG_1209.jpg
寒川広域リサイクルセンター付近
W360Q75_IMG_1213.jpg
田んぼが広がっています。とてものどかです。
相変わらずすれ違う人はいません。それがまた良いです。
W360Q75_IMG_1228.jpg
秋なので、柿がなっている木をちらほら見かけました。
W360Q75_IMG_1232.jpg
寒川橋近くまで歩いたところで雨が降ってきました。
予報では夕方からと言っていたのに。
折りたたみ傘を差しながらの散策になりました。
W360Q75_IMG_1247.jpg
寒川大橋。本日の目久尻川の散策はここまでです。
W360Q75_IMG_1255.jpg
寒川神社の近くまで来たので参拝しに行きました。
寒川神社は10年以上前に家族で一度来たことがあります。
家を建てるので御祈祷をしてもらいました。
10年振りに来たのですが、当時の記憶はほとんど無く、初めてくる神社に感じました。
W360Q75_IMG_1264.jpg
参道
夕方、しかも天気は雨だったので、人は殆どいませんでした。
W360Q75_IMG_1277.jpg
本殿でお参り。
その後、最寄り駅はJR相模線宮山駅へ
W360Q75_IMG_1314.jpg
歩くこと約10分で駅に着きました。

目久尻川散策2日目
海老名駅を12:45に出て、宮山駅に着いたのは16:30
3時間45分の散策でした。

次回は、寒川町を抜けて、一ノ宮の相模川との合流地点を目指します。
その後、相模川を下って、相模川の河口である相模湾まで歩いて目久尻川散策の旅は終わります。

目久尻川散策 その3(寒川~茅ケ崎) に続く

category: 旅行

tb: 0   cm: 0