FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

■無職の1日 夏バテで寝てばかり  

■無職の1日

 4:40起床
 今日は上の子の部活の大会があったので、
 早く起きて、駅まで車で送らなくてはならなかった。
 5:20車で上の子を駅に送る。

 帰宅後、溜まっていた録画したTVを見た。
 家族はまだ寝ていたので、のんびり見れた。

 ザ・ノンフィクション(フジテレビ系)
 ◆6/22(日)「ザ・ノンフィクション 国境を越えたパン」
 ◆6/29(日)「ザ・ノンフィクション 家を失うとき」
 
 あとは、NHKテレビ将棋トーナメント
 
 明日、放送予定のザ・ノンフィクションも面白そう。
 「お金がなくても楽しく暮らす方法」

 以下、引用
 「働きたくない。好きなだけ寝て、好きなことして過ごしたい」という思いを綴った 「ニートの
 歩き方」(技術評論社2012)で、日本一有名なニートになったpha(ふぁ)さん、34歳。(phaは
 インターネット上のハンドルネーム)。京都大学を卒業後、就職するも、28歳で会社を辞め、定職
 を持たずに暮らしている。ニートというと、ネガティブなイメージが強いが、phaさんやその仲間
 たちは、「お金がなくても楽しく暮らす方法」を実践している。

 Phaさんの収入源は、ブログの原稿料や広告料、たまにするバイトなどで月8万円ほど。月8万円し
 か収入のないライターと言えば、苦しそうだが、ニートなのに月8万円も収入がある、と考えたら
 結構いいのではないか、要は考え方次第だと言う。食べて行くのに必要なギリギリの分だけ働いて、
 ゲームやマンガを楽しみ、お金をかけずに仲間と遊ぶ毎日だ。額に汗して働くことを是としてきた
 世代からは批判されるが、格差が広がり、過労死、鬱病、引きこもり、高い自殺率など、資本主義
 が揺らぎ始めているなか、彼の生き方は人間らしい暮らしを取り戻すための挑戦にも見えてくる。
 「弱い者は集まっていると死ににくい」「家族以外と暮らす方法もある」といい、仲間とシェアハ
 ウスに暮らす。

 そんな生活なのに、彼は田舎に別荘を持っている。費用はほとんどかからずに手に入れたという。
 夏休みや正月は仲間とゆっくり田舎で過ごす。Phaさんのまわりには、彼のように「お金にしばら
 れずに」好きなことをして暮らす人たちが多い。鈴木健太郎さん(31歳)もまた、お金をほとんど
 かけずに、東京・檜原村にゲストハウスをオープンした。元は、「チームラボ」というIT業界の最
 先端が職場だった。死ぬほど働いていた生活をやめて、田舎暮らしを選んだ。

 彼らのように「働きすぎず」「お金がなくても楽しく暮らす」若者がじわじわと増えつつある。
 働き続けてきた大人たちが築き上げたこの国がゆらぐ今、彼らの生き方は是か非か。
 引用終わり


 午前
 朝早く起きたので、もう一度寝ることに。
 7:00-10:00昼寝
 ウトウトしただけで、あまり良く眠れなかった。
 朝食は、食欲が無く抜き。

 起きてからは、
 車のエアコンが壊れていて、今日直しに行こうと思ったので洗車をした。
 朝から日差しが強くて暑かった。
 もう夏だね。

 それから、庭の植木の剪定。
 先週、剪定したばかりなのに、もう伸びてきた。
 夏の植物の生命力って凄い。


 午後
 車のエアコンを直してもらう整備工場に電話したら、
 今週の土曜日は休みらしい。残念。

 昼食も食欲が無く抜き。
 完全に夏バテかな。

 特にすることも無く、TVを見ながら、エアコンの効いた部屋でゴロゴロしていた。
 そうしたら、また寝てしまった。
 14:00-16:40昼寝
 
 昼寝から起きてからは、
 庭の植木の水やりをしたり、
 下の子どもとオセロをしたり(毎週やっているな)
 ネットをしたり。

 起きてから、頭が痛くて我慢できず、さっきロキソニンを飲んだ。
 なんだか、体調が悪い。



 明日のザ・ノンフィクションは楽しみです。

 >格差が広がり、過労死、鬱病、引きこもり、高い自殺率など、資本主義が揺らぎ始めているなか、

 私が前勤めていた会社は、精神科にかかっている人が全社員の10%位いたらしいです。
 で、全社員の1%ぐらいが休職していると聞きました。
 みんな苦労しているのだなあと思います。

 以前、会社から紹介された精神科にかかっていたのですが、
 私が初めて診察を受けた10年ぐらい前は、
 完全予約制で、診察に15分枠を取って貰えました。
 しかし、何年か前からは、30分で4~5人の予約枠に変わってしまいました。
 だから、一人当たり診療時間は5~6分です。
 それだけ、病んでいる人が増えたということでしょう。

 他の会社も同じようなものなのかな。



 >彼の生き方は人間らしい暮らしを取り戻すための挑戦にも見えてくる。

 これは本当に大切なことだと思います。
 でも、会社員をしている時は、働くことに必死で、人間らしい暮らしなんて考えもしなかった。
 仕事なんて、辛いのは当たり前と思っていたし、
 精神薬漬けになっても、何とか定年までしがみつこうと思っていた。

 休職して、退職して、しばらく苦しい思いをしたけど
 自分の中で、働くだけが人生でないと気付いてからは、本当に楽になった。

 今では、あれほど手放せなかった、精神薬も全く必要なくなった。
 精神薬を完全断薬して6ヶ月になるけど、人間らしい暮らしを取り戻しつつあると思う。

 あと、目下の課題はどうやって安定した収入を得るか。
 ザ・ノンフィクションの人はブログの原稿料や広告料、たまにするバイトで収入を
 得ているみたいだけど、
 私はどうしましょうかね。

 今日も1日、お疲れ様でした。(23:00)

■トレード
 土曜日で休場

■再就職活動
 なし  
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ
スポンサーサイト



category: トレーダーの日々201407

tb: 0   cm: 4