FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

■無職の1日 3連休  

■無職の1日

 昨晩は、ウイスキーハイボールを2杯飲んで、
 下の子と一緒に布団で横になったら、気が付いたら寝てしまった。
 寝たのは23:00頃

 2:20起床
 寝たいのに眠れない。
 仕方なく起きることに。

 特にすることも無く、ネットをした。

 5:00頃から、飲みたくなって、
 発泡酒350mlを飲んでいる。今2本目。
 なんだか朝から堕落している。

 今週末は3連休なので、今日の午後から、八ヶ岳の父の家に行くことになった。
 なので、ブログの更新は、週明けの月曜日の夜までお休みです。
 よろしくお願いします。



 私の父はサラリーマンだった。
 定年まで無事に勤め上げた。

 私の一家は、ずっと都内のマンション暮らしだった。
 だから、父は土地がある生活に憧れていた。

 定年後、退職金を全部叩いて、八ヶ岳に土地を買い、家を建てた。
 そこで、家庭菜園をしたりして、今は実家と八ヶ岳を行き来して、楽しそうに暮らしている。

 父曰く、八ヶ岳の家は
 「会社員時代はずっと辛かったら、自分への褒美」だそうだ。
 
 父が勤めていたのは、従業員数が300名ほどの小さな会社だった。
 そこで、社長まで上り詰めたのだから、サラリーマンとしては成功した人生だったと思う。 
 そんな人でも、ずっと仕事が辛かったと思っていたとは意外だった。
 サラリーマンをして、幸せだったと思う人って、どんな人なんだろう。
 
 

 父は株が嫌いだ。
 父の兄は公務員だった。
 その公務員の兄の職場に、株ばかりして、仕事を全くしない人がいたらしい。
 当時はネットなども無かったので、頻繁に、証券会社と電話でやりとりしていたようだ。
 だから、その兄は、父に「株をすると、仕事をしなくなるのでやるな」と言われたらしい。

 私が会社員時代に、父は私が株をやっている事を知っていて
 「お前は株をやっていようだけど、ちゃんと仕事しているのか?」と言われた事があった。

 父は今、私が仕事が見つからず、トレードで生活費の一部を稼いでいることを
 何となく察していると思う。
 どんな思いで、私の事を見ているのだろうか。

 週明けまでお休みします。
 みなさま、良い3連休をお過ごし下さい。(7:40)

■トレード
 土曜日で休場

■再就職活動
 なし   
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ
スポンサーサイト



category: トレーダーの日々201407

tb: 0   cm: 2