FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

いくらあればアーリーリタイアできるのか  

「5000万もあれば早期退職してもイイと思う。」
といったブログの記事を読みました。

このブログの方は、
・30歳、男性。
・夫婦2人、子供なし。
・必要金額は5000万円
・必要生活費は、350万円/年
と書かれています。

という事で、私の事を少し書いてみました。

■いくらあればアーリーリタイアできるのか

 これは、その人のお金に対する価値観、
 生活様式、家族構成などによって異なると思います。

 私は仕事は好きでなかったので、常にアーリーリタイアは意識していました。
 その時考えていた、アーリーリタイアできる資産の基準としては

 (定年の60歳-退職時の年齢)×退職時の年収

 例えば、41歳で退職をして、その時の年収が800万円とすると
 (60-41)×800万=15200万円
 となります。

 結構ハードルが高かったと思います。
 これでは何時まで経っても仕事は辞められません。

 しかし、仕事を辞めることで、家族にひもじい思いをさせたくなかったので、
 会社員を続けた時と同じ額は確保しておきたかったです。

 今トレードで目標にしている、手取りで月50万円の利益も、
 これに準じていると思います。


■強制的にアーリーリタイア

 前述したように、
 アーリーリタイアしても、十分やっていけると思える資産が無かったので、
 仕事を辞めるつもりは全くありませんでした。

 しかし、仕事が原因で30歳過ぎから鬱を繰り返し、
 退職前の40歳の時には、精神病院に入院し、休職もしていたので、
 退職する事を決意しました。

 例え元の職場に復職しても、鬱を繰り返すだろうし、
 当時は、会社の業績も悪化していて、
 自分の希望する、負担の少ない部署への配置転換も無理だと思いました。

 半ば強制的なリタイアでした。
 精神が完全に崩壊して、「会社員生活」からの強制退場です。

 ※30歳過ぎから、10年近く仕事が原因で鬱状態でしたが、
  仕事を辞めた現在、鬱状態は全く無くなりました。
  人生の中で、ストレスの無い生活があることに驚いています。
  精神薬も必要無くなりました。


■生活費を株で賄う

 十分な資産が無いまま退職しました。

 41歳で、家族4人がこの先ずっと暮らしていくための十分な蓄えはありませんでした。
 このまま、何もしなければ、路頭に迷うのは目に見えていました。
 だから、鬱が良くなったら働こうと思っていました。
 しかし、現実は厳しく、職は見つかりませんでした。

 「生活資金を株で賄う」なんてことは、全く考えていませんでした。

 理由は、
 私のやっている方法では、安定した収入が得られないこと。
 失敗したら、資産(=生活費の原資)を失ってしまう可能性があること。
 です。

 今でもこの考えは変わりません。
 つなわたりの毎日だと思っています。


■金、金、金

 生活の事を考えると、お金の事ばかりに目が行きます。

 退職して、安定した収入が絶たれ、正直、先の見通しが全く立ちません。
 にもかかわらず、精神的にはとても安定しています。
 これは凄く不思議な事です。

 先の生活への大きな不安から、鬱状態になってもおかしくないと思うのですが、
 その気配すら感じられません。
 トレードで大負けしても、1週間ぐらいで復帰します。
 (というか、忘れてしまう)

 仕事をしていた時は、憂鬱な思いが、延々と続いていました。
 
 生活費の為に一生懸命働いていましたが、それは間違いだったかもしれません。
 会社員生活を強制退場して、気付いた事があります。
 「お金より大切な物は、自由な生き方」ですかね。
 もちろん、自分の作った家族の為に、最低限の責任は果たさなくてはなりません。


 ・嫌な事は極力避けています。
 ・人生の選択肢は常に自分にあります。(人に「やらされる」ことが無い)
 ・やりたいと思うことしかやりません。
 こんな感じなんで、ストレスなんて無いですよね。



この方のブログの最後に
-------------------------------------------------------------------------
と言う事で齢30にして無職になりました。
多分、もう会社に勤める事はないと思う(片手間で出来る美味しいポジションがあったら別)。
年収は生きてけるレベルで週休5日を目指します。
-------------------------------------------------------------------------

週休5日はやり過ぎでしょう(笑)
スポンサーサイト



category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 2