FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

人生で何が役に立つか分からない 3/3   

で、自分を顧みて見ると

中学生でファミリーコンピューターで麻雀を覚えて、
高校生になると、フリージャンに通い、ウインズ(場外馬券場)にも通うようになり、
大学生の頃には、大学、バイト先、雀荘、競輪場のどこかに居て、家には殆ど帰りませんでした。
寝るのはいつも、大学の空き教室。

博打三昧の学生生活を送って、碌な大人にならないのでは思っていましたが、
実際に、碌な大人になりませんでした。

社会人になってからは、学生時代の博打の延長で、
株の取り引きをするようになったのかもしれません。

でも、職を失った後、再就職活動に失敗して、
何気なくやっていたトレードで、生活が助かっている訳ですから、
(今のところは。この先はどうなるかわかりませんが・・・)
本当に、「どこで何が役に立かわからない」ということには、
激しく同意できました。



最後に結論なのですが、

人生、どこで何が役に立つか分からないから、
色々な事に興味を持って、色々な事をやるといいのではないかなと思います。

仕事ありきの趣味だと、(例えば、接待ためのゴルフとか?)
結局苦しくなって、長く続かない可能性があるので、
「打算的」な事よりも、
「好き」「面白い」「興味がある」という事の方が重要ですかね。



今回は「趣味」が役に立ったという話を書きましたが、
「友人」についても書きたいなと思っています。

今年は色々と旅行にいっているけど、今回の岡山の専業さんを含めて、
色々な人に助けられているなと感じたので。
怠け者なので、いつになるかは分かりませんが。

スポンサーサイト



category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 3