FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

今日1日 & 貧乏生活につて思う  その2  

毎日お金が稼げなくても、幸せです。

ここ最近、暇ですが、
トレードをしなくて済むというのは、
ストレスが無く、本当に良いです。
収入はありませんが、貧乏には慣れています。




幼少時代、我が家は貧しかったと思います。

靴下は、穴が開くと、母が継ぎはぎをしてくれました。
それが普通と思って育ってきたので、
結婚してから、穴が開いた靴下は捨てるもと
妻から聞かされ、カルチャーショックを受けました。


外食も、ほどんどしませんでした。
私の家族は、両親と下の兄弟の4人家族でしたが、
年4回の家族の誕生日が、唯一の外食のハレの日でした。
誕生日が本当に楽しみでした。



ですから、家族で焼肉屋や寿司屋に行った記憶がありません。
大学に入ってから、先輩や、同級生に連れられて、
初めてお店で焼肉や寿司を食べたのですが、
世の中にこんなに美味しいものがあるのかと、感動したのを覚えています。



中学1年までは、小さな賃貸マンションの一室に住んでいました。
8畳のリビング、4畳半の部屋、キッチン。
そこで家族4人が肩寄せ合って住んでいました。

狭い部屋でしたが、たまに喧嘩をするぐらいで、
とても楽しく過ごしていました。
今でも、両親や兄弟とは仲が良いです。
それも、あの狭い部屋のお蔭かもしれません。




貧乏生活に慣れているので、
あまりお金に執着が無いのかもしれません。

ただ、周りの友人に負けたくない一心から、
お金に目が眩んでいたような気がします。

大学時代の同級生よりも良い生活がしたい、
会社の同期よりも、お金を稼ぎたい、広い家に住みたい。
いつしか、私は見栄っ張りな人間になっていました。



そうした会社員時代の無理がたたり、
鬱になり、仕事を失うこととなります。
やはり、私には分不相応なことをしていたのだと思います。



今は一人で部屋にひきこもってトレードをする毎日なので、
見栄を張る相手はいません。
自分の好きなように生きています。
最低限の生活費が稼げれば、それで満足です。
決して、大金持ちになることが目的ではありません。


お金を稼ぐよりも、自由であることが一番です。
それと引き換えに、不安定な収入ではありますが、
私自身は貧乏生活には抵抗がありません。


家族のことを考えると、少し心は痛みますが、
決して貧乏は悪いことでは無いと思います。

金持ちの家は、概して争いが絶えなかったりします。
お金なんて、むしろ無い方が良いのかもしれません。

ただトレーダーは、商売道具としてお金が必要なので、
なかなか難しい問題です。
スポンサーサイト



category: トレーダーの日々201506

tb: 0   cm: 4

今日1日 & 貧乏生活につて思う  その1  

今日もやることが無く、
8時からパソコンの前に座りましたが、
9時10分には仕事は終了。

10時過ぎから、外に早めの昼食を食べに行きました。

行きつけの中華料理屋へ行き、野菜タンメンを食べました。
さすがに、朝酒をしている御方はおりませんでしたが、
12時前後なら間違いなく居たと思います。



連日「暇」と書くと、
働いている人から見れば、羨ましいと思うかもしれませんが、
私の場合、暇=仕事が無い=収入が無い
なので、決して望ましいことではありません。

会社員時代は、
暇=仕事をしなくても給料を貰える=嬉しい
でした。




今日は妻が夜不在でしたので、
夕飯の支度は私がしなくてはなりませんでした。

子供たちは、○スバーガーが食べたいというので、
バーガー類だけ買ってきて、
私が自宅で、ポテトとオニオンリングを揚げました。
揚げ物は、技術が要らないので私にもできます。

私の夕飯は、スーパーで買ってきた、刺身の5点盛り、
菜の花のからし和え、カニ風味サラダ、玉子の炒り豆腐。

そして、酒盛りを始めました。
禁酒生活は4日で終了。
明日の昼に解禁予定でしたが、持ちませんでした。
情けない・・・


揚げ物をしつつ缶ビール350mlを飲み干し、
(キッチンドリンカーです)
子供の夕飯を見届けてからは、
刺身盛りを食べつつ、日本酒を飲みました。
今週は、これといった仕事はしてませんが、至福の一時です。


日本酒は、自宅でないと飲めません。
私はお酒に弱いので、外で飲むと
家に帰れなくなる恐れがあるからです。



子供の夕飯が終わってからは、酔ったまま、台所で食器洗いをしました。
毎日、好きなことをして過ごし、
美味しいお酒を飲んで、幸せだな
とふと思いました。

category: トレーダーの日々201506

tb: 0   cm: 0