FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

JINJINさんへのコメントの返信です  

長くなりましたので、記事にさせて頂きました。


JINJINさん
いつもお越し頂いて有難うございます。

------------------------------------------
いつも読ませていただいてます。
私も、ニックさんと同じく、友人の酒癖が原因で疎遠になったこともあり、共感しました。
Aさんはお酒を飲まなくてもそもそも他人へ口撃する癖があったのかもしれませんね。
同窓会でAさんがBさんに何を伝えてたかとか、後日談も興味あります。
ニックさんにとっては、嫌な気持ちにになるのもわかりますが
、続き聞かせてください。寒くなりますがお身体ご自愛下さい。
------------------------------------------

酒癖の悪い人間・・・困ります。

私もお酒は好きで、飲み過ぎると調子に乗ってしまう性質なのですが、
周りの人を不快にさせないように注意をしています。

結構、酔った勢いで、言いたいことを言ってしまい、
酔いが覚めてから後悔したという事が何度かあります。


大学時代の友人で、酒を一滴も飲まない友人がいました。
彼は先輩からの酒の勧めでも、頑なに断っていて、
全く飲みませんでした。

当時は、「そこまでしなくても良いのでは?」
「付き合いというのもあるのに」と思っていました。


大学を卒業して、20年程経って再会した時に、
彼は普通にお酒を飲んでいました。

「あれっ???、お酒飲めなかったんじゃないの」と私が言うと

彼から返答は、
父親の酒癖が悪く、父親がお酒を飲むと家で暴れるらしく、
物心ついたときから、家の中が滅茶苦茶だったと言っていました。
そのせいで子供の頃にずっと嫌な思いをしてきた。
酒を恨んでいたとも言っていました。

自分も酒癖の悪い父親の血が流れているので、
お酒を飲んで、自分の知らない間に、
先輩や友人に迷惑を掛けるかもしれないと思っていたので
当時はお酒は一滴も飲まなかった。

でも、大人になって、それなりに自制心があると思ったので
今は少しお酒を飲むようになった。
だそうです。

この話を聞いて、涙が出そうになりました。
酒飲んで暴れる奴は最低です。
酒に罪はありません。



>Aさんはお酒を飲まなくてもそもそも他人へ口撃する癖があったのかもしれませんね。

これはその通りだと思います。
他人を攻撃するは彼の人格でしょう。

人を攻撃する人は、自身の生活に不満を抱えている人が多いです。
ストレスがあると、自分よりも弱いものを攻撃します。

こういう人は、周りの人間は自然と離れて行くと思います。
仕事でも、家庭でも苦労しているのではないでしょうか。


>同窓会でAさんがBさんに何を伝えてたかとか、後日談も興味あります。

本当ですね。
どんなことを言っていたか聞いてみたいです。

実は、中学時代の友人とはしばらく距離を置こうと思っていたので、
どうでもいいと思っていましたが、ちょっと気になります。

電話なり、メールでBに聞いてみようかなと。

ただ、Bは凄く心の優しい人間です。
また、AとBと私の3人で、昔のように飲みたいと思っている男なので、
おそらく真相は隠すと思います。



まあ、いずれにせよ、Aは酒癖の悪いおかしな人間なのですが、
私自身も、自己主張の強いキチガイなので、
昔のように仲良くなれるとは思いません。



やっぱり、友達付き合いなんかなくても
一人でいるのが一番楽です。



追記です

>同窓会でAさんがBさんに何を伝えてたかとか、後日談も興味あります。

といったコメントを頂いて、確かに私も興味があるので、
このブログを書いた後に、Bにメールをしようと思いましたが、
上手く文章が書けなくて・・・

だったら、直接電話をしようと思ったのですが、
なんと話せば良いのか分から無くて・・・

で、出た結論は、もうこの件について関わるのは止めようと。
結局、Bから真相を聞けたとしても、
自分の気持ちが前向きになれるとは思いません。
Aに対する恨みが増幅するだけかもしれません。


他人を恨んだり、攻撃することは、
まわりまわって、自分自身の心を痛めつける事になると思うので、
今回の事は、もう忘れようと思います。
スポンサーサイト



category: トレーダーの日々201611

tb: 0   cm: 4

今日は同窓会だけど・・・ その3  

その1、その2からの続きです。


今回の同窓会には欠席しますと、先生に言ったら、
お前が欠席する必要は無いと言われました。
しかし、私はどうしても同窓会に出席したい訳ではなかったので、
そのことについては気にしていません。



私が一番気になったのは、
何で私が殆ど付き合いの無いAに絡まれなくてはならないのかです。

だって、私が無職で働いていなくても、Aには迷惑は全くかかっていないはずです。
親ならば心配になって、小言の一つや二つは言うかもしれません。
しかし、彼は赤の他人です。

私は私なりに、無職でも他人に金を無心するでも無く生きているのです。
放っておいて欲しいです。
だれにも迷惑を掛けず、ひっそりと生きていきたいだけです。

もしかしたら、「無職」であり、働かないで生活していることを、
彼は妬んでいるのかもしれません。



彼が絡んでくるのは、ずっと昔からの事です。

45歳にもなって、まだ他人の人生に説教を垂れるような人のままなのだと。
初めは、彼に対して怒りを覚えましたが、今ある感情は憐みです。
かわいそうな人だと思います。

おそらく、彼自身も人生が苦しいのだと思います。
良い人生を送ているなら、他人のことに構っている暇はありません。



若い頃であれば、色々な人と付き合って行こうと思っていたでしょう。
Aに対しても、きちんと向き合っていたかもしれせん。
しかし、45歳になった今の友人付き合いのスタンスは、
「自分とは合わない人間は避ける」です。


仮に、Aに今回の事を怒ったとしても
彼には分からないでしょう。

Aに理解してもらおうとか、自分の考えを話そうとか、
そんなことをしても、自分の利益には全くなりません。
むしろ、Aの気分をさらに害するかもしれません。

そんな無駄なことはしたくありません。
そもそも、彼に改心させるのは私の仕事ではありません。



生きている時間は限られています。
そんな時間を、彼に使う価値は全くありません。

もう、彼とは一生会うつもりはなくなったので、
それはそれで良いことです。



私は自分にとって価値のある人としか付き合いません。

一緒にいて楽しいとか、私の話(愚痴や悩み)を聞いてくれるとか、
自分の興味のある事を話をしてくれるとか、
自分のこれからの人生に有意義なアドバイスをしてくれるとか、
Aのように、自分にとって害のある人間に構っている時間はないです。



おわり



今回のブログ、私の個人的な恨みを晴らすための
醜いブログになってしまいました。

私も生きていて嫌な思いも結構しているので、
自分のブログで、思いを吐き出すことでストレスを発散しています。

category: 友人

tb: 0   cm: 0