無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

2月の株主優待  

本日は2月の権利付き最終売買日でした。
2月の権利取得銘柄をまとめました。

2月20日銘柄
 ■取得無し

2月末銘柄
 ■20銘柄(※は制度信用)
  2685 アダストリア
  3048 ビッグカメラ
  3050 DCMホールディングス
  3087 ドトール日レスHD
  3141 ウェルシアHD
  3222 ユナイテッド・スーパー
  3228 三栄建築設計
  3387 クリエイト・レストランツ(※)
  3385 薬王堂
  7516 コーナン商事
  7649 スギHD
  8181 東天紅
  8185 チヨダ
  8251 パルコ
  8267 イオン
  8905 イオンモール
  9787 イオンディライト
  9861 吉野家HD
  9945 プレナス
  9948 アークス
 以上

昨年の2月は34銘柄の取得でしたので
今年は昨年の6割程度となりました。
お金がなかったので仕方がありません。


今月も1銘柄を除いて全て一般信用を使いましたが、
ある友人が、自分の取得した銘柄を、
事前に一般信用を使ってクロスするのと、
前日に制度信用でクロスするのを比較したところ、
年間を通したトータルでは、制度信用の方がコストが低かったと言っていました。


理由は2つあって、
一つは貸株料。
数週間前からクロスすることで、その間ずっと貸株料が発生します。
また、一般信用の貸株料は、制度信用の貸株料よりも割高です。

もう一つは、配当落調整金です。
一般信用の売りの配当調整金は100%ですが、
制度信用の売りの配当調整金は84.685%となります。

従って、一般信用を使用すると、制度信用の1.2倍の
配当落調整金を支払わなくてはなりません。


以上のことから、制度信用の方が
取得コストが低くなると言っていました。


私は、シミュレーションするのは面倒ですし、
逆日歩発表の時にドキドキするのが嫌なので、
保険と思って一般信用をこれからも利用すると思います。
スポンサーサイト

category: 勤務成績

tb: 0   cm: 5