無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

愚痴  

3連休2日目
予定通りに過ごしています。


朝は8時過ぎまで寝て、
日中は将棋の対局の録画を見つつ時々昼寝。
夕方から夕飯の買い物に行って、
夜は晩酌。

酔って気分が良くなったら暖かい布団で眠る。
理想的な1日です。
幸せです。


3日間相場が無いのって、本当に楽だな~と。
8時前に起きなくて良いし、
15時以降も何も考えなくて良い。
19時からの予約注文を気にする必要も無いし、
平日24時までのPTSの監視からも解放されている。
本当に自由です。



学生時代の友人と時々会う機会があるのですが、
一部の友人は、私がトレードで生計を立てていることを知っていて、
「楽して稼いでいる」と思われている節があります。

トレードに真剣に向き合ったことの無い人には、
分から無いんだろうな。

トレーダーの仕事時間は8時~15時です。
それ以外は自由時間です。

前引けの11時半で仕事を終わりにしても良いです。
15時に場が引ければお風呂に入れます。
そう考えると、会社員に比べれば楽な稼業とも言えます。



でも、本当に稼ごうと思っていたら、
立会外の時間の方が大切なのです。

翌日の作戦を考えたり、
どうやったら儲かるのかの研究をしたり、
むしろ8時-15時の立会外の時間の密度を
濃く使わなくてはなりません。


相場が動いている時は、5時起きで深夜の1時まで
ずっとパソコンに向かっていることなんてこともあったりして
(昼寝はしますけど)
はっきり言って、トレーダーなんてブラック企業並みの労働時間だと思います。
本当に好きな人じゃないと務まらないんじゃないかな。

真剣に生活費を稼ごうと思うときついです。
趣味でふらふら~とギャンブル感覚でやる人が時々羨ましく感じます。
(それでも私は、自分の意思でこの道を選んでいるのですが)


競輪の山口健二選手が言っていました。
「仕事は練習、レースは回収」
それと同じて、トレーダーは
「仕事は研究、場中に回収」
立会中以外の時間の使い方が大切です。

相場を知ら無い私の周りの人は、
立会中の時間だけ働いていれば良いと思っている人が多過ぎます。
まあ、別にいいんですけど。



週明けの火曜日、証券会社の店頭に呼ばれています。
行きたくありません。

募集物の某案件、ずっとやりたくなくて逃げ回っています。
担当者から3回、その上司から2回も電話がかかって来て逃げ切れない感じ。

期末なので入金はするけれど、
現金のままでおいておくように交渉してみます。



今日は日本酒飲んで酔っています。
少し愚痴を書きました。
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201709

tb: 0   cm: 0