夢職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。夢職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

一見裕福そうに見えても・・・  

連日暑い日が続いています。
昨日は夕方車に乗ってスーパーへ買い物に行っただけ。
そして、今日はまだ一歩も家を出ていません。

エアコンの効いた部屋にずっとひきもこっていて
体調はそれほど悪くないです。
外に出たのは2日間で1時間ぐらいです。

朝はバナナと牛乳、昼は昨晩の残りのカレーライスを自宅で食べました。
食欲はあまりありません。


私の住んでいる家は新興住宅地です。
近所の人達は、みんな同じような家族構成で、同じような車に乗って、
同じような仕事(会社員、公務員、教員など)をしています。
(私が家を購入した当時は、無職ではなく会社員でした)

しかし、その中に1軒だけ風変りな家があります。
ガレージには高級車をとめて、家の造りも他の家とは差別化しています。
お金持ちなんだろうなと思っていましたが、
自営業を営んでいる経営者であることを後に知りました。



周りの他の住民とは良好な関係を築いていますが、
この家の住民はみんな変っています。

子供は未成年なのですが、ベランダでタバコを吸っています。
この家は奥さんも庭でタバコを吸っているので、
家族全員吸っているのでしょう。

奥さんも、女友達を自宅に呼んでどんちゃん騒ぎをしてうるさいです。
窓を全開にして、深夜まで騒いでいる時もあります。

旦那さんは、休みの日は決まってTVゲームをしています。
ピコピコという電子音と共に時々絶叫が聞こえてきます。
これも窓全開なので良く聞こえます。

先日は、派手は夫婦喧嘩を繰り広げていました。
旦那さんが若い女性と浮気しているらしく、
奥さんは「ロリコン」と連呼しながら、家中の物をぶん投げていました。
喧嘩の内容も丸聞こえです。
旦那さんは、働いて家に金を入れているんだからと開き直っていました。


なんでこういうことを知っているかというと、
いつもこの家は窓が全開だからです。
今年の夏はとても暑いのに、クーラーを入れないようです。

そういえば、この前の夫婦喧嘩で、
「借金が沢山ある事をばらしてやる」というような事を奥さんが言っていたので、
家にはお金があまりないのかもしれません。


見た目は立派な家に住んで、高級車をガレージとめて、まわりからは経営者と見られ、
一見裕福層に見えるのですが、家庭内はボロボロなんだと思ったりして。



私だったら、お金がないのなら車を売ったり
生活レベルを下げるのになあと。
でも、経営者というのはそうはいかないのかもしれません。

同業者や取引先との付き合いもあって、
安っぽい車に乗り換えたら、経営が危ないと思われて、取り引きを縮小させられたりとか。
この世界は見た目が意外と大事なのかもしれません。

私はそういう世界とは無縁の生活を送ってきたので良く分かりませんが、
それでも、若い女性と浮気をしている場合じゃないですよ。


そんな遊び金があったら、日中エアコンを入れて家族を楽させてあげて下さい。
近隣住民の私としては、夏ぐらいはエアコンを入れて、
窓を閉め切って静かにして欲しいです。

そして、思う存分夫婦喧嘩をして下さい。
内容が聞けなくなるのは些か寂しいですが。
スポンサーサイト

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 0

今日1日  

7月も半分が終わろうとしています。

難しい相場が続いており、今月はトレードをお休みする予定でしたが、
軽い気持ちで少しばかり売りから入ったら大火傷しました。

本日の寄りで、売り建ても買い建も全て清算しました。
保有株は長期保有予定の1銘柄のみとなりました。
2桁万円の損失を確定。気分的にはすっきりしました。

この3連休は、取引履歴を振り返りつつ
チャート分析でもしようと思います。
いつもなら、心が折れてやる気が無くなってしまうのですが、
今回はなぜか前向きな気持ちです。
7月後半は、月次プラスを目指して頑張ります。



相変わらず暑い日々が続いています。
午前中からエアコンを入れていますが、
洗濯物を干したり、家事をすると汗をかきます。
日中はシャワーを2回浴びました。



家に一人で居ると気が滅入りそうなので、後場はお休みして外に昼食を食べに行きました。
W320Q75_IMG_6388.jpg
チキン南蛮定食 820円也(アイスコーヒー付き)
W320Q75_IMG_6390.jpg
さっぱりとして美味しかったです。
食べ過ぎかな。


明日からは3連休です。
プールにでも行きたい気分です。

category: トレーダーの日々201807

tb: 0   cm: 0

近況  

何となく気分が重いです。

仕事を辞めてからストレスから解放され、
生きているのが辛くなくなりました。

だからといって、毎日おもしろおかしく過ごしているかというとそうでも無く、
時々気分が重たい時期が訪れます。

その時期は、トレードが暇だったり上手く行っていない時と重なります。
今月はマイナスです。



折角自由の身なので、気分転換でもしに外出したいのですが、
暑さが酷くて外に出る気がしません。

だから日中はエアコンの効いた部屋にひきこもっているのですが、
ますます気が滅入ってしまいます。




元々考え込むことが多い気質なので
会社員時代も鬱になってしまったのだと思います。

もっと気楽に生きた方が良いと分かっているのですが、
考え込んでしまいます。
この先、どうなってしまうのだろうか?
こんな生活を続けていて良いのだろうか?



トレード以外の、面白いと思えるような何かを見つけたいです。
これは無職になってからずっと考えているのですが、
これといったものが未だに見つかりません。

トレードを忘れられるような、逃げ場が欲しいです。

category: トレーダーの日々201807

tb: 0   cm: 0

若者の証券離れ ~コメントへの返信~  

泉州のドンファンさん
コメントありがとうございます。
コメント欄では長くなりそうなので、こちらの記事にて返信させて頂きます。

------------------------------------------------------------------
若者が投資をしないのは単純に知識がないからだと思いますね。
------------------------------------------------------------------

では、知識を得るためにはどうしたら良いのか?

投資のとっかかりとして、面白いと感じるか、興味を持てるかということが大切です。
私が10代後半から20代前半にかけての娯楽と言ったら
パチンコ、麻雀、3競オートぐらいしかなかったです。
(私の興味が博打に偏っているだけかもしれませんが)
だから、私はそれらの博打の延長で、株もすんなりと興味が持てました。

今は娯楽が多様化して、ネットを通じて色々なことができます。
友人の中には、1日動画を見ていても飽きないという人もいます。
そう考えると、株式投資以上に手軽に安価に楽しめることが沢山あるから、
投資に興味を持つ人は少ないのではないでしょうか。


投資の知識を得るというのは、とても大変な事だと思います。
机上の理論も大切なのですが、実戦や経験はそれ以上に大切です。
無傷で知識は得られません。

それに知識を得ようにも、親切に教えてくれる人などあまりいません。
それは、自分の飯の種を明かすお人好しはいないからです。

だから投資に興味を持ち、知識を蓄えるということは
相当ハードルが高いことだと思います。
高い授業料を払ってでも、投資を続けたいという熱意があるかどうか。
そこまでの価値は無いと思う若者が、大多数なのではないかな。


------------------------------------------------------------------
もっというと、最も効率的に富裕層になれる可能性があるのが投資です。
資産を掛け算で増加させていくことが出来る装置であることを理解していない。
頭の悪い人間ほど足し算で物事を考えます。
毎月1万円の貯金×12ヶ月=12万円とかね。
------------------------------------------------------------------

効率的に富裕層になるには投資が最も近道というのはおっしゃる通りだと思います。
起業して富裕層になるよりも数段ハードルは低いです。

また、投資で稼ぐということは、会社員として働いて稼ぐよりも効率は良いと思います。
ただ、そこまでのステージに行くための労力や授業料を考えるとどうか?ということです。

投資の世界は、必ずしも努力しても報われない。
運の要素も大きいです。(例えば、どの時期に投資を開始したかとか)


一方、投資で富裕層までたどり着けるのはほんの僅かです。
ネット上では「億り人」とかもてはやされていますが、
その億り人の下には、その何十倍、何百倍もの投資で失敗して散っていった屍のがいるわけで、
そう簡単な話ではないと思います。

そもそも、みんなが投資家を目指してしまったら、
会社員として働くのがバカバカしくて、企業自体が無くなってしまいます。
(そんなわけは無いか)


それと、最近の若い人はあまりお金に執着がないのかなとも感じます。
車に乗らない、お酒を飲まない、女性と付き合わないといった話を聞いたりするので、
お金を必要とする生活スタイルではないのかもしれません。
だから、富裕層を目指す人はあまりいないのでは?

自分一人がのんびりと食べていけるだけの給料を稼いで
細々とでもいいからのんびりと生きたい。
サラリーマンとしての出世志向も低いらしいですし。

私が若いころのように、「仕事で出世してガンガン稼ぎたい」「株で一儲けしよう」
というような、ギラギラした人は少ないのかもしれません。

実際、私は若い人との付き合いは皆無なので本当の実態は分かりません。
しかし、ネットでの情報を垣間見る限りそんな感じがします。


------------------------------------------------------------------
断言できるのは、日本のような異常な高税率の国で労働収入のみで富裕層になるのは100%不可能です。
年収1000万円でも手取りで約600万円ほどですよ。
バカらしいと思いませんか?
賢い若者はこの現実に気付いています。
賢者と愚者がハッキリと二分されてるんだと思いますね。
------------------------------------------------------------------

株式の譲渡益課税は、どんなに稼いでも税率が20%ちょっとなので
所得税+住民税の最高税率が55%であることを考えると確かに優遇されています。
沢山稼げればですが。

税金を沢山持っていかれるというのは正直嫌ですが、
警察、消防、その他のインフラ整備に使用されていること考えれば、
この暮らしやすい日本に住んでいる限りは仕方の無い事なのかなと。

無駄に使われていることも沢山ありそうなので
それは何とかして欲しいですが。


ところで泉州のドンファンさんは
本家、紀州のドンファンさんと比較してどんな感じなのですか?
本家は美女4000人に30億円を貢いだらしいです。

category:

tb: 0   cm: 0

若者の証券離れ  

「若者の証券離れ」が進行中か 打開策は「スマホ証券」にあり?
AERAより引用
------------------------------------------------------------------
政府は若年層投資家の育成を目指すが、実はいま、対面型にとどまらず、
ネット証券取引も高齢化が進んでいる。日本証券業協会の調査によると、
インターネット口座による株の現金取引金額に占める39歳以下の人の割合は、
13年3月末時点で26.8%だったのに対し、今年3月末には13.5%にまで低下した。
若者が投資に参入できない大きな壁が単元株価格(投資可能な最低価格)だ。
------------------------------------------------------------------

話は変わりますが、栃木の専業さんも私と同じ大の競輪好きです。
先日会った時、競輪はもうダメだと言っていました。

何がダメかというと、競輪場には観客が殆どいないらしいです。
一昔前であれば、記念競輪などはゴール前は観客で一杯でしたが今はスカスカ。
最もネットで自宅に居ながら車券を買えるようになったこともあるかもしれません。

しかし彼が言うには、客層が年寄りばかりで若者が全然いないと。
だから競輪に未来は無いと言うのです。

それは競輪に限らず、公営競技(競馬、競輪、競艇オート)全般に言えるのかもしれません。
パチンコなども売り上げが右肩下がりのようですし。



そもそもギャンブルなどは儲かる筈も無く
(パチプロが存在するように、限られた一部の人は儲けているのかもしれませんが)
ネットが普及した現代においては、ネット上にはギャンブル以外にも人生には色々な楽しみ方が
あることが示唆されているからだと思います。


ギャンブルで儲かるのは開催する胴元(公営競技は主に自治体)です。
その他では予想屋。
自分は投票券を買うことなく、予想だけして客からお金をもらいます。

これを株式投資に当てはめると、儲けているのは金融商品を取り次ぐ取引所や証券会社です。
その他で儲けようと思ったら、投資顧問業を開業するか評論家になることです。
手軽に儲けようと思えば、情報商材を売ったりアフィリエイトをしたり。

株が上がろうが下がろうが高みの見物。
自らは株券を買わず、リスクを負わないで儲けるのが理想的です。

最近の若者は、株は儲からないものだと分かっているのかもしれません。
儲かるの確率が高いのあれば、単元株価格がいくら高くても
無理に資金を作って投資をするはずですから。

category:

tb: 0   cm: 1

今日1日  

なんだか毎日酷い相場です。

長期保有の株式は、春先には10%以上の含み益があったのですが、
今は買値近辺に戻ってしまいました。
新興国債券も高値から10%以上の円高に。
しばらくは死んだ振りをしているしかありません。



今日の午後は胃腸クリニックへ行ってきました。
15時に受付を済ませ、診察が始まったのは16時10分
(1時間10分待ち)
薬を1か月分出してもらい、内視鏡検査の予約を取りました。
(診察は5分)
その後、会計をし、調剤薬局で薬を受け取り終わったのは17時20分。
(1時間15分待ち)

いつもよりはかなり空いましたが、
5分診療にトータル2時間20分かかりました。

先ほど自宅に帰り、マルファ配合内服液を飲みました。
(昔よく飲んだマーロックス液に似ています)

調子が悪いのですが、なぜかビールは飲みたい気分です。
ただ飲むと後が怖いので止めておきます。
7日連続で飲んでいません。

お酒を飲めない苦しさを選ぶか、飲んで胃の調子悪くなった時の苦しさを選ぶか、
しばらくは悩みそうです。


明日の午前中は証券会社の店頭へ行ってきます。

category: トレーダーの日々201807

tb: 0   cm: 0

今日1日  

東京は今日も30℃を超えました。
6月25日(月)から10日連続の真夏日となり、
7月上旬までとしては観測史上初の記録だそうです。

そのためか、すっかり体調を崩してしまいました。
胃の調子が悪く食欲がありません。

普段は朝食を抜くことが多く、昼も11時~16時頃と不規則だったのですが、
そういった食生活を改めることにしました。

朝は食べたく無いのですが、バナナと牛乳なら何とか食べられそうなので
昨日スーパーで買ってきました。



でも、そろそろ薬に頼らなくてはならないかもしれません。
胃腸クリニックはいつも混んでいて、診察まで1時間ほど待ち、
更に会計から薬の受け取りまで1時間以上待つので、何となく行く気にはなれません。
しかし背に腹は代えられないか。



トレードは本日もノートレードでした。
一応監視はしていたのですが、手が出ませんでした。
今週はもう休みで良いかなと思っています。
お金を稼ぐことができないので、気持ちにも張りがありません。

明日は朝から何をしようか?
悩みます。

category: トレーダーの日々201807

tb: 0   cm: 0

今日1日  

今日は東京は10時前に30℃を超えました。
8日連続の真夏日だそうです。
私はすっかり弱ってしまいました。

元々胃腸が弱い体質で、
ここ数日、極端に食欲が落ち、食べると胃がもたれる感じで苦しいです。
久し振りに胃腸クリニックへ行こうかと思うのですが、
暑くてそれすら躊躇してしまいます。



【午前】
 妻が仕事に出かけた後、いつもの家事3点セット(洗濯、台所の洗い物、掃除機)を終えてから
 エアコンの効いた部屋でゴロゴロとしていました。
 午前はノートレード

【昼食】
 暑くて自宅の台所で自炊する気も無く、
 かといって、どこかへ食べに行く気力も無く、近くの弁当屋で、
 一番量の少なさそうなのり弁当を購入して自宅で食べました。

【午後】
 昼食後、ラジオ日経のマーケットプレスを聞きながら
 13:30~14:30まで1時間程昼寝。
 暑いので体力を消耗されてしまいます。
 起きて相場を見ると凄い下げ。1銘柄引け間際に衝動買い。

【夕方】
 家の前の掃き掃除と、庭の植物への水やり。
 今、我が家の庭には、ひまわり、朝顔、シソ、キュウリ、ナス、トマトが植えてあります。
 毎日、夕方に水を撒くのが日課です。
 その後、お風呂に入る。

【夜】
 夜になっても暑いです。
 ビールをゴクゴク飲みたい気分ですが、それよりも胃の調子が悪いのが勝っていて、
 お酒を飲む気にはなれません。

 最近はカフェインも控えていて、
 冷たい麦茶、ほうじ茶、豆乳、偶にサイダーを飲んでいます。



台風の影響で木曜日あたりから天気が悪くなり、少し涼しくなるようです。
30℃を超える真夏日はあと2日
直射日光を遮るため昼からシャッターを閉め、
エアコンをかけて部屋に籠城します。

明日も覚悟はしています。

category: トレーダーの日々201807

tb: 0   cm: 0

■2018年6月の勤務成績   

おはようございます。
今日から7月に入りました。
2018年の後半がスタートします。

今年は前半の成績は芳しくありませんでしたが、
後半も無理をせず、マイペースで頑張りたいと思います。
朝からセミが鳴いていて今日も1日暑くなりそうです。


■2018年6月の勤務成績

 今月の収支はプラスでした。

 今年の月次の状況は
   1月:〇    7月:
   2月:〇    8月:
   3月:〇    9月:
   4月:〇   10月:
   5月:〇   11月:
   6月:〇   12月:
   〇:プラス ×:マイナス 


■6月雑感

 4月、5月としばらくトレードを休んでいて、6月から復帰しました。
 前半は好調だったものの後半から失速。
 最終的には何とか生活費を確保できました。

 昔やっていて、いつの間にか止めてしまったシステムトレードに
 (多分、思ったように利益が出ないので、検証も面倒になってそのまま止めてしまった)
 再度取り組む気になりました。
 そのデータ取りを始めましたが、思うようにデータが集まっていません。
 
 
■長期ポートフォリオ

 今月は投資信託の一部を解約し、キャッシュポジションを増やしました。
 
 日本株式  1%(長期保有株1銘柄)
 日本債券 21%
 外国株式  0%
 外国債券  8%
 現金(短期トレード用資金)70% (短期保有株1銘柄を含む)

 4月末には50%に達した長期ポートも、だいぶ解約することができました。
 できればもう少し現金化したいです。
 現状ではストレスはありません。

 含み益はかなりあったのですが、新興国通貨安の影響で半減してしまいました。


■株主優待(6月取得銘柄)

 6月は18銘柄取得しました。(一部制度信用あり※印)

 2418 ツカダ・グローバルHD
 2702 日本マクドナルド
 2811 カゴメ
 2904 一正蒲鉾
 2914 日本たばこ産業
 3028 アルペン
 3085 アークランドサービス
 3154 メディアスHD
 3538 ウィルプラスHD(記念)(※)
 3950 ザ・パック
 4221 大倉工業
 4967 小林製薬
 4985 アース製薬
 5959 岡部
 7989 立川ブラインド(記念)
 8165 千趣会
 8179 ロイヤルHD
 9449 GMOインターネット

 昨年は3197すかいらーくも取得したのですが、今年は売禁でクロスできませんでした。
 12月は早めにクロスしたいです。


■7月展望

 7~8月は夏枯れ相場の閑散期に入るので、あまり積極的には取り引きをせず、
 またお休みを取ろうかと思っています。
 今年は4~5月と休んで、7~8月と休んで、全然稼働していません。

 システムトレードのデータ取り、検証のためのバーチャルトレードは
 引き続き行います。


■2018年上半期を振り返って

 今年は例年になく厳しい年になりました。
 結果だけ見ると、上半期は月次で全てプラスとなっていますが、
 これはリスクを取った売買を殆どしていないためです。
 損失も少ないですが利益も殆ど出ていません。
 生活費の捻出のため、資産を切り崩している月もあります。

 トレードは稼いでいるときは楽しいのですが、稼げないと詰まらないどころか
 どっと不安が押し寄せてきます。
 昨年までは稼げない期間が1~2か月続いても、その後に取り返せたのですが、
 今年は全くダメです。

 そろそろトレーダー生活も潮時かなと思ったり、
 逆に、私にはこの世界しか残っていないのだからもっと頑張らくてはと発奮してみたり、
 気持ちがとても揺れ動いた半年間でした。
 今の気持ちはニュートラルです。


以上です

category: 勤務成績

tb: 0   cm: 1