FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

私の無職生活について ~コメントへの返信を兼ねて~  

私のブログでは、時々読んでくださった方からコメントを頂くのですが、
いつも深く考えさせられる事が多いです。
今回は、そのコメントを元にした記事です。


のりまきさんから、
----------------------------------------------------------------------
自分も仕事辞めて4年たちます。毎日割と充実して暮らしてます
----------------------------------------------------------------------
といったコメントを頂きました。
全文はこちらのコメント欄から「近況など

のりまきさんは、生活面、健康面、色々な事を含めて、
自分を律して毎日を過ごされているようで、凄いと思いました。
私は全くできていません。
そこで、私が送っている無職生活について少し書くことにしました。



無職生活は自由であるが故、何でも好きなことができます。
しかし、ある程度は自分で自分を律していいかないと生活は荒れていきます。

社会に出ている人であれば、周りにいる誰かしらが
助言してくれたり、注意をしてくれるでしょう。
しかし社会から離れてしまった無職だと、そういった人は少なくなります。


私の生活がそれほと荒れていないのは、トレードのおかげだと思っています。
少なくとも8時前には起きて、
午前中は11時半までパソコンの前に座っています。
夜も翌日のことがあるので、1時前には寝ます。

トレードが無かったら、昼夜逆転の生活になっていたでしょうし、
時間を持て余して、昼からお酒を飲んでいたかもしれません。

無職になっても、何かしらすることがある人は良いでしょう。
それは仕事でなくても、お金にならないような趣味でも、
何でも良いと思います。

できれば、時間に縛られるようなものの方が、
生活にリズムが生じて良いのかもしれません。
旅行が趣味とかは最適だと思います。



【勉強】

私はこれまで工学部を出て、機械メーカに勤めていたので、
勉強したことの無い経済学を学んでみたいと思った時期がありました。

大学の公開講座などを探しているうちに、
放送大学で面白そうな講座があることを知りました。
自宅に居ながら勉強できた方が良いかなと思ったものの、
結局、殆ど講義を見ることなく終わってしまいました。

新しい事をするというのは、かなりのエネルギーを要し
強い動機や意志が無いと、始めることも、続けることも難しいと感じました。

今は、これといって学びたいものはありません。
興味の問題だと思うので、この先、何かしら勉強したいものが見つかるかもしれません。
(例えば、外国に行って英語の必要性を感じて英語の勉強を始めるとか)


【運動】

やるやると言って5年になりますが、殆ど全くやっていません。

近くにヨガやストレッチ教室のあるスポーツクラブがあって、
行こうと思いシューズやスポーツウェアも購入したものの、
一度も行っていません。

昨年の秋に、子供がジョギングをするというので、
私も一緒に夕方30分程走っていましたが、
10日程経った頃に、膝と足首を痛めてしまい、
それ以来やっていません。


今、やっていることと言えば、
不定期にウォーキング(街歩き)をやっています。

10km程度を3時間ほどかけて歩きます。
これは好きでやっていることですので、昔からずっと続いています。

夏は暑いのでやっていませんが、これからは良い季節なので
積極的に歩きに行くつもりです。


【食生活】

■時間
無職となった今は、食べる時間はかなり不規則です。
あまり良い事では無いと思っています。

朝は食べたり食べなかったり
昼は11時~15時の間と幅があり、
夜は昼に食べた時間が早ければ19時頃食べるけど、
遅ければ21時過ぎに。

仕事をしていた頃は、朝と昼は決まった時間にしか食べれませんでしたが、
今は自由に食べれるので、空腹感を感じたときに食べるといった感じです。
せめて、朝食ぐらいは決まった時間に食べるようにしたいです。

■食事内容
我が家では、朝はパン食、昼は妻が仕事で居ないことが多いので外食か自宅で自炊、
(自炊といっても、前日の残り物や、カップ麺、パスタやうどんを茹でるといった簡単な物です)
夜は自宅で妻が作る御飯、というのが一般的です。

外食は、ラーメン、牛丼のチェーン店、中華料理屋、ファミレスなどが多いのですが、
それらの食事が続くと胃の調子が悪くなります。
私は昔から胃腸が弱いので。

会社員時代は社員食堂があって、栄養のバランスが考えられている食事でしたが、
今は、好きな物を食べているので、あまり良いとは言えません。

出来るかぎりは、魚系の食事にして、
家では野菜を多くとる様に心掛けています。


【お酒】
■量
会社員時代は、仕事帰りに同僚や一人で飲みに行くことが多く、
家ではあまり飲みませんでしたが、今は家飲みが殆どです、

自宅で飲む場合、はじめに缶ビール350mlを飲んで、
その後、焼酎(甲類25度の焼酎を100ml)の炭酸水カットレモン割りで3杯飲みます。
トータルでは、ビールの大ビン換算で3本といったとろこです。
友人に言わせれば飲み過ぎだそうです。

■時間
飲みはじめは夕飯の時からなので19時過ぎ
それから寝る直前まで飲み続けます。
寝るのは0時~1時頃なので、通常は3~5時間かけて飲みます。

■節酒・休肝日
意識的に、週2日以上は飲まない日を作っています。
私はお酒を飲むと止まらなくなるので、1日あたりの酒量を減らすことはできません。
だから、飲み過ぎていると感じた時は、全く飲まない日を多くすることで調整しています。

会社員時代は、同僚に付き合って深夜まで飲んだりして、
酷い二日酔いで翌日仕事が手に付かないことがありましたが、
今はそういうことが無くなりました。
一人で飲むので、人のペースに巻き込まれることなく、
自分のペースで飲んでいるからだと思います。

お酒はあまり飲まない方が良いと思うけど、
夜、暇だったり、楽しみがないとどうしても飲んでしまいます。


【社会参加】

とても難しい問題で、私の中では、
まだはっきりとした方向性や答えが見つかっていません。

のりまきさんの書かれている
----------------------------------------------------------------------
社会参加しないことは自由を得たことの代償と割り切るようになりました。
----------------------------------------------------------------------
ということだと思います。

社会に参加しないことで、孤独感、寂しさを感じるものの、
一方で、何者にも束縛されない自由である事の居心地の良さを得ることができます。

社会とは適当な距離を取ること、つまりバランスなんでしょうけど
これはなかなか難しい。

また、社会参加と言っても、色々な形があります。
仕事であったり、ボランティア、地域活動、趣味のサークルなど。
そいうった物の何を自分は選択したいのか?を含めて、
はっきりとした答えが見つかっていない・・・


というか、そいうことを考えるのが面倒なので、
真剣に考えたくないのだと思います。

おそらくですが、自由であることの居心地が良すぎで、
孤独感、物足りなさは、許容するしか無いと思っているのでしょう。
多分ですが。
スポンサーサイト

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 0