FC2ブログ

夢職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。夢職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

近況など  

■今週の出来事

今週は、10/9(火)~10/11(木)まで
2泊3日で山梨県の父の家に行ってきました。

70代半ばの父は、体力も落ちてきて、
力仕事が大変になりつつあります。

今回は、部屋の電気の交換や庭木の剪定、灯油の購入などを
手伝ってきました。

夜はスーパーで買ってきたお刺身を食べつつ、2人でビールを飲みました。
父も昔はそれなりに飲めたけど、今は250mlの小さい缶ビールを1本飲んで終わり。
そして、21時には寝てしまいます。
私もすることが無いので、22時には寝ていました。


もしも、会社員を続けていたら、
父が元気なうちに、一緒にいることは無かったと思います。
平日は仕事があるし、休みは自分の家族との時間を過ごさなくてはなりません。
おそらくですが、父が施設に入るか、入院するとかして初めて、
週末に会いに行く時間を作るといった感じになっていたでしょう。

無職になって平日でも時間に余裕があるからこそ、
こうして父と一緒の時間を過ごすことができるのです。
これはお互い(私も父も)良かったことだと思います。


■トレードの話

今週は酷い相場でした。
山梨の父の家では何もできなかったので、今日、東京の自宅に帰ってきてから
あれこれやりました。
短期保有銘柄の整理(損切り)をしつつ、恐る恐る長期保有銘柄の値洗いをしました。

今月の確定益は、
 10/9(火)の時点 +15万円 ⇒ 10/12(金) -5万円
長期ポートフォリオの含み益は、
 9月末の時点 +70万円 ⇒ 10/12(金) 5万円

月次収支はマイナスに転落、長期保有銘柄は含み益がほぼ無くなりましたが、
マイナスになっているかと思っていたので少し安心しました。


■木曜日のラジオ日経のこちカブでの話

 カブドットコム証券 投資ストラテジスト 河合達憲氏
  株は恐怖の報酬。
  腰が引けるときにこそ一段の買いを入れる。
  打診買いで良い。

 ラジオ日経 鎌田伸一記者
  もしも1000万円あったら、50万円ぐらい少なめに買う


私なんかは腰が引けまくりで、50万円すら買うことができず、
殆ど投げました。

ITバブル崩壊、ライブドアショック、リーマンショック
といった負のイメージが頭の中から離れなくて、
大きな下げがあると、真っ先に逃げ出すことを考えます。

まずは売って、落ち着いてからもう一度考え直す。
本当はこういったショック的な下げは買い場なんだろうけど、
私にはできないです。
だから、利益が出ていないのでしょう。
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201810

tb: 0   cm: 2