FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

近況など  

10月も後半に入ってきました。

毎日涼しくて過ごし易いです。
夜もぐっすりと眠れます。
でも気分は浮きません。
それは、今月も稼げていないからだと思います。

あるファンドマネージャーの方が言っていましたが、
------------------------------------------
ファンドマネージャーは数字だけがが人格
マーケットで稼げなければ人格は無い
------------------------------------------
全くその通りだと思います。今の私には人格はありません。



今月から何社からの証券会社の担当者が異動してかわりました。

A社 30代前半男性 ⇒ 20代後半男性

凄く優秀な人でやりやすかったです。
過去に付きあった担当者の中で、ベスト3に入ると思います。

たまたまですが、彼の前の支店に、
私の知り合いのトレーダーさんが2人いたのですが、
彼らの事も知っていて、そのうちの一人とは食事に行ったりと懇意にしていたようです。

また、私の古くからの友人で投資顧問業をしていた人がいるのですが、
彼とも個人的な付き合いがあるようで驚きました。
世間って意外と狭くて、色々なところで繋がっていると感じました。


B社 40代後半女性 ⇒ 年齢不明(推定40代)男性

異動の殆ど無い地場証券ですが、
支店勤務から監査部に異動するとのことです。

私の母も株式投資をしていて、
母の紹介でこの証券会社に口座を開設しました。
私が22~23歳の頃だと思います。

彼女と私は同じ歳でした。
おそらくですが、短大を卒業して証券会社に就職したのでしょう。
長い付き合いだったので、気を遣うことも無く楽でした。

3~5年で異動するリテールセールスの中で、
25年の付き合いというのは異例の事だと思います。


良い人、優秀な人、長く付き合いたい人はどんどん去って行きます。

最近付き合いのあることろは、
無理な取り引きを強要したり、嘘を付いたり、態度が悪かったり、
そんな人たちばかりで、気分が重くなります。
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201810

tb: 0   cm: 0