FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

近況など  

ここ最近は気力が湧かなくて
ブログの更新があいてしまいました。

この週末は、あまりに調子が悪くて家で寝込んでいました。
体が動かなくて、ずっと布団で横になっていました。
何となくですが、良くない方向に進んでいるように思えます。



私が鬱で辛く感じるのは、何とも言えない不安感と憂鬱な気持ち、焦燥感です。
人は誰でも不安な気持ちになるときがあるとは思いますが、
鬱の時の不安感は、心の奥から迫り上がってくる強烈な不安です。
これは鬱を経験した人でないと分からないかもしれません。
とくかく、薬を飲むでも何をしてでも、この不安感から逃れたくなります。

鬱が最高潮だった時は、薬を飲んでもこの不安感が解消されず、
時間外に精神科に駆け込んだ時が幾度となくありました。
自宅から車で1時間以上かかる病院に掛かっていたのですが、
夕方の渋滞に巻き込まれて、予定より1時間も遅れてしまったにもかかわらず、
主治医は待っていてくれたのを思い出します。



最近はこの不安感、憂鬱感、焦燥感を感じます。
精神薬を止めてから6年経ちますが、これまでこんな事はありませんでした。
どんなにトレードで負けてたとしても。

仕事を辞め、嫌なことから逃れられることができたので
もう鬱になることは一生ないだろうと思っていましたが、
そんな事は無いのかもしれません。



鬱は再発率が高いと聞いたことがあります。
私が精神薬をやめたいと言ったとき、妻に鬱の再発を恐れ猛反対しました。
予防のために飲み続けた方が良いのではないかと。

今回の気持ちの落ち込みは、差し当たり原因が思い浮かびません。
強いてあげればトレードをやめたことか。
たいした出来事ではないと思っていたけど、
環境の変化に弱い私にとっては、かなりのストレスになっているのかもしれません。

あとは、もともとの私の気質のせいもあるでしょう。
私の人生、鬱から逃れることができないのか?



こんな感じで調子は悪いのですが、金曜からは旅行に出かけます。
普通であれば楽しみなのですが、今は億劫にしか思えません。
気が重いです。外に出たくありません。

旅行から帰ってきたら、良い気分転換になって気分が上向きになるのか、
はたまた、肉体的、精神的疲労困憊となり、より一層具合が悪くなるか。
こればかりは分かりません。

でも、精神科のお世話にはもうなりたくないな。
参ったものだ。
スポンサーサイト

category: 夢職の日々201901

tb: 0   cm: 6