FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

コメントへの返信  

littleXさん
コメントありがとございます。
色々と考えさせられました。
長くなりましたのでこちらに書きました。

-------------------------------------------------------------------
ニックさんのこれまでの人生私にはわかりませんが、
奥様や子供さんに巡り会えたことだけでも十分意味があるのではないですか?
-------------------------------------------------------------------

はじめに妻のことについて少し書きます。

私は子供の頃から冴えない男でしたので、結婚する相手が見つかるとは思えませんでした。
しかし一方で、一人で居ることに異常な寂しさを感じ
常に一緒に居てくれる誰かが早く見つかれば良いなと思っていました。
結婚願望はとても強かったです。

学生時代、バイト先で知り合った同じ年の女性と28歳の時に結婚しました。
4年半付き合って、お互いが好きで結婚したものの
結婚後は妻とのいさかいが絶えませんでした。

当時の私は、自己主張が強く、常に自分が正しいと思い、間違っている相手を論破する。
そんな私との関係に妻はほとほと疲れていたと思います。
離婚したいと言われた時もあって、その時は妻に対する態度を考えると
仕方がないなと覚悟しました。

妻との関係が良くなり始めたのは、
うつで入院した病院の精神科医から、発達障害の疑いがあることを告げられたからです。
発達障害に関する色々な本を読み漁ると、自分とピッタリ合っている。
これまで普通と思ってきた態度、行動、考えが、
他の人とは少しずれていることに気付いてからです。
それを改めるようしてから、妻のとの関係は良くなってきました。



さて、ここからが本題なのですが、
色々な紆余曲折を経ましたが、妻と出会い子供を授かったこと(以下結婚とします)は、
私にとって幸せな出来事だと言えます。

結婚生活には向き不向きがあります。
金銭や時間といった面(時には恋愛)で、結婚生活には縛りがあり、それを嫌う人もいるでしょう。
また結婚は、価値観の異なるあかの他人と四六時中顔を合わせなくてはならず、
そのことに苦しさを感じる人もいるでしょう。
しかし私は、孤独を異常な程恐れているので、妻子が常に側にいることで安心することができ、
とても良かったと思っています。


だからといって、結婚が私の人生に意味があったかというと
それは無いような気がします。

もちろん、生命学的に人類の子孫を繋げていくということにおいては意味があったと言えます。
しかし、私個人の人生に関しては、あまり意味があるようには思えません。

仮に、結婚に意味があるとしたならば、
自分の人生を、結婚生活中心に考えていたでしょう。
それは自分を捨て、妻子を第一に考える行動を取ることだと思いますが、
これまでを振り返ると、どうやらそんなことはなさそうです。
それは結婚当初から私の態度が自己中心的であったことからも分かります。

妻も子供も私では無い他人です。
私は他人にはあまり興味が無いようです。(自分勝手ですが常に側にはいて欲しい)
どちらかと言えば自分自身に興味ある。


妻子に巡り会えたことは、私の人生にとって間違いなくプラスだと言えます。
良い関係を維持することで、私を孤独の恐怖から救ってくれるからです。
そして人類の子孫を繋げることができたことには意味があったとも言えます。
しかし私自身の人生の在り方を考えたときには、大きな意味はなかったように思います。


他人との関係を除き、
自分自身がどう生きてきたか、これからどう生きていきたいのか、
そこに何かしらの意味を見出したいのですが、
意味を見いだせないまま死んでいくような気もします。
スポンサーサイト



category: 夢職の日々201905

tb: 0   cm: 0