FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

5月も終わり・・・  

5月の連休が明けてからは、
何もしないまま1ヵ月が終わってしまいました。
虚しいです。

最近は精神的にも不安定で、何とか生きながらえている感じです。
6月は暑くなりますが、気分転換を兼ねて積極的に外出しようと考えています。
(いつもの口だけになるかもしれませんが)


最近、久し振りに会った友人が
アルコール依存症ではないかと思われます。
彼は待ち合わせ場所に30分遅れてきて、
それでいて妙にハイテンションで驚きました。
飲みはじめて直ぐに彼の呂律は回らなくなり、壁にもたれかかるように座っている。
あれっ?変だなと。

お酒の話になって、いつもどのくらい飲むの?と聞いたら
朝から飲んでいるので分からないと。
彼は仕事をしています。そして、職場でも飲んでいます。
職場の人達も、彼がアルコール漬けになっていることを薄々気付いているようです。

彼曰く、
「お酒を飲まないでダラダラ仕事をしている非生産的な人よりも、
お酒を飲んでも仕事で成果を出している自分の方が偉い」そうです。
何だか滅茶苦茶な理論です。

アルコール依存症の人は、お酒を飲むことを何かと正当化します。
そして、その多くは、お酒なんかいつでも簡単に止められると考えています。



昔は彼はそんな人ではなかったのに、と軽くショックを受けました。
アルコール依存症を含め、依存症の多くは(ネット、ゲーム、薬物、買い物など)
心に何らかの葛藤を抱えている人が多いです。
彼の場合は、父親との関係が影響していそうです。


そんなこともあって、昨日は図書館へ行って、アルコール依存症や依存症全般の本を借りてきて、
自宅に籠って読み漁っています。


毎日、満たされない何かがある私も。アルコール依存症は他人事とは思えません。
今日はこれから外に飲みに行きます。
スポンサーサイト



category: 夢職の日々201905

tb: 0   cm: 0