FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

なぜ人生はこんなにもつまらないのですか?  

7月に入ってからお酒は控えています。
あまり暑くないので喉も乾きません。
でも、焼肉でも食べながら、冷たいビールをグビグビ飲みたいです。


今日からまた一週間が始まりました。
退屈な毎日を送っています。
平日はおろか、土日も働いていません。
家に居るときは本を読んでいる時間が多いです。

普通の(贅沢をしない)生活を送る分には、金銭的には差し迫った状況ではありません。
社会に出ていない、人との接触がないのでストレスはありません。
こういった状況が不幸であるとはとても思えません。
働いている時の方が悲惨でした。

でも、詰まらない。満足感がない。


この閉塞感はなんだろう?といつも考えていました。
トレードをしていた時はとても刺激的な毎日で充実していたのに・・・
ネットで面白い考えがありました。
----------------------------------------------------------------------
普通の日々を送れることが幸せであり、そこに居心地の良さを感じているのなら
変化を求める必要がない。
つまり、居心地の良い現状のままで何もする必要がないから退屈になる。
変化を求めるならば、色々な刺激に反応しなくてはならないから、
それは退屈ではないけれど、あえて居心地が良い環境から離れることになり
合理的ではない。
だから、居心地の良さと人生のつまらなさは両立するのです。
----------------------------------------------------------------------
その通りだと思います。
今の無職ひきこもりの生活は、ずっとぬるま湯に浸かっているような感じで
とても居心地が良いのです。
しかし、本能的に「このままではいけない」と思っている部分もあります。

そこが自分の考えの中で整合性がとれていない。
これで良いのだ!とは、全然言えません。

----------------------------------------------------------------------
合理性を突き詰めれば、人生はただ食って寝るだけの人生に辿り着きます。
それだけが生きるために必要なことだから。
----------------------------------------------------------------------
だから、今の私にとっては、
寝ること(特に昼寝)と食べる事、そして時々のお酒が唯一の生きる楽しみになっている
ということの説明がはっきりつきました。

でもそれだけが楽しみって、何だか虚しいな。
不幸でなく、むしろ幸福なことなのだけど。

自分でぼんやりと考えていたことを言語化してくれている人がいて、
ぼやけていた輪郭が少しはっきりとしてきました。
でも、これから先どう生きれば良いのかは全く分かりません。


なぜ人生はこんなにもつまらないのですか?
より引用
スポンサーサイト



category: 思索

tb: 0   cm: 0