FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

近況など  

■48歳になります

私事ですが、今月で48歳になります。
この48年を振り返ると過酷な人生を歩んできたとしみじみ思います。

教育熱心な親元に生まれ、父親に頭を殴られながら興味の無い勉強をさせられ
社会人になってからは、生活費を稼ぐために興味の無い仕事を16年間も続けてきました。
40歳で無職なってから早8年。
充実感はありませんが、ストレスとは無縁の平和な日々を送っています。

無職になるまでは、全ての人から好かれたい、
多くの人から評価をされたいと思って生きてきましたが、
そんなことは全く価値の無いものだと気が付きました。
そのことがきっかけとなり生きることが楽になったような気がします。


■死へ向かっての整理

先週、叔父の一人が亡くなりました。
自分に近い人が亡くなると死が身近なものに感じ、嫌でも死について考えてしまいます。
私自身も人生の半分以上が終わり、
あとは死に向かって刻々と時間が過ぎていくだけです。

近い将来死ぬことを考えて、色々なものの整理をはじめたいです。
物だとか人だとか。
来年は年賀状を減らそうと考えています。
付き合いの無い人、今後会う見込みの無い人。
ただでさえ少ない友人を、もっともっと減らすつもりです。

形式的な付き合いよりも、リアルな付き合いを大切にしたいです。
最終的には一切の年賀状を止めるつもりです。


■今後の生き方

残りの人生、
・毎日好きなことをして過ごす
・他人(家族を含む)から期待されず、他人に期待することなく生きていく
・ストレスになるようなことからは可能な限り離れる
・美味しい物を食べて、美味しいお酒が飲めるよう心掛ける
・※(本意ではありませんが)健康に気を付ける
という方針で生きていきます。

※健康に気を付け長生きすることが幸せであるかどうかは
 私のなかでは結論が出ていない。


■昨日の晩御飯
W360Q75_IMG_9775.jpg
ハンバーグ、エビフライ、カニクリームコロッケ。
ビールが良く合います。
この後、赤ワインのデキャンタ(グラスワイン4杯分)、ウイスキーハイボールを飲んで
呂律が回らなくなるぐらい酔いました。


■コメントへの返信

しぐまさん。コメントありがとうございます。
----------------------------------------------------------------
生きるというのは「一人で死ぬ」というゴール(全員同じ)に向かって
歩く川歩きみたいなものなので、考えても無駄かな・・・
----------------------------------------------------------------
考えても無駄というよりも考える事が恐ろしいです。
「死ぬ」ことからできるだけ目を逸らして生きています。

ただ、今生きている人は確実に「死」という同じ方向に向かっていることには間違いありません。
川が流れ、その水流の全ての行きつく先が河口であるならば、
人が生き、その全ての行きつく先は死である
ということですかね。

----------------------------------------------------------------
かしわ台の駅から寒川神社ゴールの目久尻川おすすめですよ。
ほぼ川を見て歩けるので・・・そこで野鳥観察も楽しいかな・・・
鳥は恐竜の生き残りだと思うとロマンを感じるよ。
----------------------------------------------------------------
なかなか良さそうなコースです。
こういったコースは本にも出ていないので意外と気が付きません。
散歩の途中
こじんまりした私好みの川です。
とにかく人があまりいないコースが好きです。
今度、是非行ってみたいです。
スポンサーサイト



category: 夢職の日々201909

tb: 0   cm: 2