FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

新年会  

■2/1(土)

大学時代の友人と都内の居酒屋で新年会をしてきました。
W360Q75_IMG_6377.jpg
会社勤めをしていた時は、会社帰りに同僚と居酒屋へ行くことがありましたが、
仕事を辞めてからは居酒屋へ行くことは殆ど無くなりました。
行くのは立ち飲みの店か、もつ焼き屋が多いです。
カウンターばかりなので、こういう店の雰囲気は懐かしいです。
W360Q75_IMG_6381.jpg
17:00から開始。私を含めて6人が集まりました。
生ビールを飲みました。
W360Q75_IMG_6383.jpg
隣に座った友人は、ミカンがたっぷり入った何やら怪しげ?なサワーを注文して、
写真映えしそうだったので撮らせてもらいました。
W360Q75_IMG_6387.jpg
ポテト・マカロニサラダ

大学を卒業してから26年になりますが、無職へと転落したのは私一人だけです。
W360Q75_IMG_6389.jpg
本日の串点盛り6本

一人はIT系の仕事をしていて、何度か転職した後
今の職場に落ち着いたようです。
金融系のシステム開発をしていて、土日も休みなく働くことが多いとか。
そのため彼の出席率は悪いです。
W360Q75_IMG_6397.jpg
ねぎま串

他の4人は卒業後もずっと同じ会社に勤めています。
凄いなと思います。
W360Q75_IMG_6403.jpg
ゆでたんトリュフ

いつも来るメンバーで欠席は2人。
一人はタイへ赴任中で帰ってこれず。
彼はタイの前にはアメリカに赴任していました。
独身だから、海外ばかりに行かされているのでは?との話。
W360Q75_IMG_6412.jpg
ユッケ風タン刺しキャビア

もう一人は既婚者で、大阪へ単身赴任中。
昨年の1月に大阪へ旅行へ行ったときに、彼の職場がある十三駅近くで会って
2人で串かつを食べました。
奈良・大阪 2日目 夜の部
彼は来る予定でしたが、直前で都合が付かなくなりキャンセルになりました。
W360Q75_IMG_6418.jpg
生レモンサワー

以前にもブログに書きましたが、
私は鬱にならなければ、ずっと会社員として働いていたと思います。
W360Q75_IMG_6421.jpg
パンチレモンサワー

今は無職で自由な生活を送っていて何不自由ありませんが、
それでも普通に働いている友人に会うと、僅かながらも劣等感を感じます。
W360Q75_IMG_6429.jpg
ポテトフライ

友人の一人に、少しばかり酒癖の悪い友人がいて、
彼に「お前、働いた方が良いよ」と言われました。
W360Q75_IMG_6434.jpg
さつまいもフライ

でも、無業期間もかれこれ8年になり、
何のスキルも無い48歳無職のオッサンを雇う会社あったら、
それは正気の沙汰では無いと思います。
W360Q75_IMG_6439.jpg
ウーロンハイ

仕事を辞めて8年にもなると、働いていた時の記憶がどんどん薄れていきます。
どんな仕事をしていたのか、どんなことをやっていたのか、
具体的なことが思い出せません。
一緒に働いていた人の顔は何となく思い出せるけど、
名前は出てこない人がいます。
W360Q75_IMG_6445.jpg
自家製厚揚げ

もしも生活が逼迫して、働くことになったらどんな仕事をするのだろう。
最近はあまり考えなくなりました。
考えたくないだけかもしれません。
また、社会に出て働くことを考えると恐ろしいです。
W360Q75_IMG_6455.jpg
だいぶ飲んでいたけど、焼酎のボトルを追加で入れました。

W360Q75_IMG_6459.jpg
ホッピー白の外を注文して割りました。

17時から飲み始め、22時前に店を出ました。
楽しい飲み会だったかというと、とても微妙です。

会社勤めをしている友人とはあまり話があいません。
「平日の昼間、何してる?」なんて聞けないですから。
だから今後は、彼らと少し距離を置こう思っています。
W360Q75_IMG_6469.jpg
夜、都内にいるのは珍しいです。
都内にいるのはラッシュの始まる前、16時までには電車に乗ると決めています。

この日は、混んだ電車で郊外の自宅に帰るのも辛いので、
事前に都内の実家に泊めてもらうことにしていました。

W360Q75_IMG_6503.jpg
実家に帰る前、一人でラーメンを食べました。
23時前でもお店は混んでいました。

W360Q75_IMG_6523.jpg
実家へ帰る道。
子供の頃から、もう何度も通っている見慣れた景色ですが、
酔っていたこともあり、とても奇麗に感じました。
W360Q75_IMG_6547.jpg
人気の無い駅や商店街。
とても落ち着きます。


この先もずっと、静かに生きていてたら良いと思っています。
スポンサーサイト



category: 夢職の日々202002

tb: 0   cm: 3