FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

コメントへの返信  

JINJINMANさん
コメントありがとうございます。
-------------------------------------------------------------------
高校時代にお酒を飲んでいたことを、両親にはバレませんでしたか?
-------------------------------------------------------------------
おそらくですが、バレていたと思います。
親というのは、子供の行動は大体分かるものです。
私がバイトしていたことも多分知っていたでしょう。
お酒に関しては咎められた記憶が無いので、お酒には寛容だったのかもしれません。
それよりも、学校の成績が悪くて、そのことで詰められていた記憶しかありません。

ギャンブルに関しては厳しかったです。
私は今でもですが、トイレで用を足すとき、
何かしらの読み物(本や雑誌)を持ち込む癖があります。

高校時代のある時、競馬雑誌をトイレに持ち込んで、
そのまま忘れたことがありました。
それを見つけた父は、烈火の如く怒りました。



父は大のギャンブル嫌いです。株も大嫌いですよ。
その理由は何となく知っています。
父の長兄は公務員でしたが、株好きの同僚が居たらしく、
彼は仕事をそっちのけで、勤務時間中に株の注文の電話ばかりしていたらしいです。
だから長兄は父に、「株だけは絶対にやるな、仕事がおろそかになる」と言ったらしいです。
その話を父は私にも常々していて、「お前も株には手を出すなよ」と言われた記憶があります。
手を出しちゃいまいたけど。


父は、私が一時期トレードで生計を立てていることは知っていましたが、
ある時、こう言いました。
「鬱も良くなったのだから、そろそろ仕事を見つけたらどうだ」と


私は、ずっと親の顔色を伺いながら生きてきまいた。
そんな生き方をしてきたのをとても後悔しています。


今日はお刺身と食べながら日本酒を飲んでいます。
勢いで返信を書いてしました。
スポンサーサイト



category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 3

悪夢 その2  

悪夢 その1 からの続き

夢というのは、自分の心の奥深くに眠っている深層心理が反映されるのかもしれません。
先日私が見た悪夢には、自分の不遇の時代や、恨みのある人が出てきました。

私にとっての不遇の時代は2つあって、
一つは高校時代の3年間、もう一つは会社員時代の16年間です。

恨みのある人というのは両親です。
私は両親にはとても感謝をしている反面、恨みもあります。
親を恨むなんてとんでもない息子であるということには葛藤があるのですが、
自分の正直な気持ちなのですから仕方がありません。

ということで、私の高校時代、会社員時代、両親への感情について
それぞれ書いてみようと思います。
ただ、両親への感情については、ここで書くことはできないかもしれません。



■高校時代

私の高校時代は、「無味乾燥」という言葉がぴったりです。
味気なく、何の面白みも無い3年間でした。
もう少し楽しい青春時代を送れたら良かったのにと今でも思います。

高校時代はひたすら勉強に追われていました。
両親が教育熱心で、特に父親は私の成績が下がるとあからさまに不機嫌になり、
とても怖い存在でした。
私は父親の顔色を伺うために、やりたくも無い勉強をしていました。

楽しいことは何もない。
だから気晴らしに、ギャンブルをやったり、お酒を飲んでいたのだと思います。
本来は高校生のすることではありません。

友人はみんなアルバイトをしていましたが、
我が家では禁止だったので、部活と偽ってアルバイトをしていました。
そのお金でギャンブルをしたり、お酒を飲んでいました。
それが唯一楽しかったこととは、なんとも言えない、いたたまれない気持ちになります。

しかし、そのギャンブルの経験が、
後の株式投資に生きてくるのですから皮肉なものです。
人生、何がどうなるかわかりません。



学生時代からずっと人付き合いが苦手でしたが、
神田駅前に住んでいたYとは気が合いました。

彼も私と同じ数学が得意で、
一緒に駿河台予備校の数学や物理の講座に通っていました。
予備校の授業が終わってから、彼と2人でお茶の水から神田まで歩いて行き、
JR神田駅ガード下にある養老の滝で良く飲みました。

私の高校は私服通学だったので、学校帰りに居酒屋へ行っても大丈夫でした。
それでも、どう見ても20歳には見えない高校生2人が、
居酒屋へ入ってアルコール類を注文できたのは、今考えるととても不思議です。
(一度も注意されたことは無かった)
今から30年前は、おおらかな時代だったのかもしれません。

当時はまだビールは飲めず、甘ったるいサワーを飲みながら、
エビの塩焼きを食べたのを鮮明に覚えています。
私はタバコは吸いませんが、Yはヘビースモーカーでした。
タバコを吸いながら、サワーを飲むYと何を話していたのか全く覚えていませんが、
嫌いな勉強から逃れられる楽しい一時でした。

そのYも、私が43歳になった時に行われた卒業後25年目の同窓会の時に、
既に亡くなっていることを知らされました。


高校時代の3年間は、嫌いな勉強を強いられ、
楽しかったことがギャンブルと酒だったというのは
何ともいえない寂しい気がします。


悪夢 その3 に続く

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 2

近況  

ここ最近は体調もまずまず良く、精神的にも安定しています。
強いて言えば花粉症が酷く、目が痒くて鼻水がとまりません。
あとはコロナウイルスが怖いです。
電車に乗る外出は極力避けるようにしています。

今週1週間の出来事です。

■3/23(月)
昼過ぎから外出
コーヒーショップでベイクドチーズケーキとアイスコーヒーを飲み、
帰りに公園へ桜を見に行く。
W360Q75_IMG_9025.jpg

■3/24(火)
ラーメン屋へ昼食を食べに行った後、
自宅近くの川へ桜を見に行く。
W360Q75_IMG_9059.jpg

■3/25(水)
昨年の秋に散策した目久尻川へ。
電車に乗りたくなかったので、自宅から海老名まで車で行き
そこから相鉄線で一駅乗ってかしわ台駅へ
かしわ台から海老名まで川沿いを歩く。
八分咲きだったものの見事な桜だった。
W360Q75_IMG_9169.jpg

■3/26(木)
前日の夜、崎陽軒のシウマイをつまみに自宅で飲みすぎてしまいダウン。
1日家に居る。

■3/27(金)
バーミヤンへ昼食を食べに行った後、
近所のお寺へ桜を見に行く。
W360Q75_IMG_9268.jpg

■3/28(土)
車に乗って、自宅から少し離れた公園へ桜を見に行く。
帰りにセブンイレブンへ寄ってアイスコーヒーを飲んだ。
美味しかった。
W360Q75_IMG_9397.jpg

■3/29(日)
明日は酒屋へ行き、自宅で一人で飲むためのお酒を補充する予定。
外飲みを控えているので自宅での消費量が激しい。

明日の東京の天気は雪の予報。
降らないで欲しいような、降って欲しいような
微妙な気持ち。


■来週の予定
引地川に桜を見に行きたかったかど、
コロナウイルスの影響で外出を控えなくてはならず断念。
毎日家に居ると暇を持て余しそうなので
大きな本屋へ行き本を買い込む予定。


この状況、
仕事のために外出する必要が無く、
元々収入が無いので経済的には何ら変わらない。
無職最強の時代到来!

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 0

近況  

ここ何日かはとても忙しいです。

今年は例年より桜が咲く時期が早く、
毎日日中は近所の川や公園などに出掛けています。
夜は毎晩お酒を飲んでいます。


今日もこれから桜を見に行きます。
ランチを食べて、その後川辺を散策。
夢の話の続きも書かなくてはなりませんが、
なかなか書けません。

では

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 0

悪夢 その1  

今朝は悪夢を見て目を覚ましました。
起きた今も胸が苦しいです。

私ははっきりとした夢を見ます。
そして、その夢を覚えています。
その時の風景、登場人物、自分の感情など
かなりくっきりとリアルに覚えています。

妻にそこのことを話すと不思議がられます。
夢は見るけれど、私のようにははっきりと覚えていないようです。

今日見た悪夢は4つで、それは連続していましたが
場面は突然変わります。


高校生の僕は自宅にいます。
自宅というのは当時住んでいたマンションの4畳半の自分の部屋です。
時間は午後の15時。
部屋のカーテンは閉まっていて、僕は布団に潜り込み
これから寝ようとしています。

そこへ、父親が帰ってきて私の部屋のドアを叩きます。
今の年老いた父では無く、私が高校生の頃、40代後半の若い父です。
スーツを着ています。会社から慌てて帰ってきたのでしょう。

父は僕が高校へ行っていないこと、昼間から寝ようとしていることを
激しく問いただします。

僕は母のいるリビングに行き、
父に連絡したことを激しく抗議します。



機械工学科の大学に通っていた時の実習の風景です。
みんなで機械加工をしています。
すべての加工が終わって、後かたずけをしている人も何人かいます。
僕も片づけを始めようとした時、一つ部品を加工し忘れたことに気が付きました。

そのまま誤魔化して、忘れてしまった振りをしようかと思いましたが、
後々困るのは自分なので、技師の人に正直に話して、
私だけ居残りでその部品を作ることになりました。

しかし、その部品を作る材料が丁度なくなってしまい、
技師の人と2人で探しに行くことに。
なぜか、昔働いた会社の大きな薄暗い工場に行きます。

沢山の作業着を着た人がいます。
昼休みなのか、多くの人は作業を止めて休んでいます。
あー、また、ここに戻って来たのだなと暗い気持ちになりました。



昔勤めていた会社にいます。
でも、景色は僕が通っていた高校の3階の廊下に似ています。
そこには泣いている僕がいます。

涙が溢れて止まりません。
仕事がうまくいかず、嫌で嫌でたまらなないのです。
これから医務室に行く所です。産業医との面談です。
でも、足がとても重くて体が前に進みません。

しばらく精神薬を止めていたのですが、産業医と面談すれば、
また精神科通いが始まるでしょう。
薬を飲めば多少は気分が楽になることを知っているので、
少しほっとした気持ちになっています。
精神科の先生と相談して、また休職しても良いかなと思いました。

会社の医務室に行くのに、なぜか母親が出てきます。
足が重く体が前に進まない私の背中を母は押し、
僕を無理やり歩かせようとします。

僕は母に怒鳴ります。
「もう大人なんだから、放っておいてくれ」



平日の昼間。大きなアウトレットモールにいます。
高校生の僕は休学することになりました。
この先どうなってしまうのだろうという不安感で一杯でした。

どうやら僕は、高校3年の途中から鬱で休学することになったようです。
勉強が嫌いだったので、しばらく休むのも悪くないと思いました。
1年流年して、心を新たにして一から3学年をやり直そうと思いました。
でも、数学は何とかなるとして、英語は不安だな。
そもそも本当に高校を卒業できるのだろうか?と不安は益々大きくなっていきます。

高校は卒業できそうだけど、大学へ行くのはもう無理だな。
そもそも高校を卒業できるのだろうか?
高校を中退してしまったら、ありつける職はあるのだろうか?
そう考えると不安で不安でたまらなくなりました。




ここで目を覚ましました。
とれもリアルな夢でした。
半身を起こして、放心状態になっていると
隣で寝ていた妻が、どうしたの?と心配そうに声を掛けてきました。

これらの物語はすべて夢で、現実の出来事ではありません。
でも、全くの架空の出来事かというとそうでもなくて、
全てが私の過去の出来事と少なからず繋がっています。


次回はこの夢につながる私の過去について
書いてみようと思います。

つづく

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 2

バーミヤン  

たけちゃんまんさんから
---------------------------------------------
福岡にバーミヤンないんです。羨ましいです。
---------------------------------------------
とコメントを頂き、え?バーミヤンは全国展開ではないの?
と思って調べてみたら、西は広島県まで、東は秋田県まで
しかないようで驚きました。
仙台(宮城県)もないようです。
ということで、バーミヤンについて書きます。

バーミヤンはすかいらーく系の中華レストランです。
メニューなどの詳細はこちらのHPを見てください。

味は普通です。値段も普通。ただ、クーポンなどの割引きがあり
それを使用すればいくらか安く食べられます。

バーミヤンではアルコール類が充実しています。
梅酒ロックグラス99円、紹興酒ロックグラス99円
ハッピーアワー14:00~18:00まで
ウーロンハイ、レモンサワー、ハイボール、生ビール200円
また、焼酎のボトル1,299円を入れ、
ドリンクバーを頼めば無限に飲むことができます。

■3/13(金)
妻の仕事が忙しいようなので、
夜は家族でバーミヤンへ行きました。
W360Q75_IMG_8404.jpg
まずは生ビール 499円 (18:00までは200円)
W360Q75_IMG_8415_20200321163437978.jpg
餃子 239円
W360Q75_IMG_8405.jpg
豆腐のバンバンジーサラダ 499円
W360Q75_IMG_8421.jpg
限定メニュー 揚げ鶏の甘辛香草炒め 699円
W360Q75_IMG_8427.jpg
いいちこのボトルを入れました。 1,299円
別途、150円のドリンクバーを注文 クーポンを使って100円です、
割り物は炭酸水&ウーロン茶
W360Q75_IMG_8419.jpg
水餃子四川胡麻ソース 249円
W360Q75_IMG_8410.jpg
海老のチリソース 799円
W360Q75_IMG_8432.jpg
五目焼きそば 699円
W360Q75_IMG_8439.jpg
ポテト&からあげ 249円
W360Q75_IMG_8443.jpg
最後にデザート
左 果肉入りレモンのオーギョーチ 199円 右 自家製アンニンの削りいちご氷のせ 399円
上 豆乳仕立てのティラミスアイスケーキ 299円

中華料理は色々なものを少しづつ食べれるので良いです。
焼酎のボトルは1/3程飲んで、残りはボトルキープしました。
期限は2ヵ月なので、また行かなくてはなりません。
レシートのアンケートで10%引きのクーポンがもらえるので次回は10%オフです。

バーミヤンは中華ファミリーレストランなので、席料なし、お通しなしと
アル中には大変優しいお店です。

category: グルメ

tb: 0   cm: 2

近況  

ブログの更新がしばらく滞っていました。
コメントの返信もしていなくて申し訳ありませんでした。
最近は無気力で何もやる気がおこりません。


季節はこんな良いのに、外に散策にも行っていませんし、
将棋のTV対局も溜まっているのに見ていません。
本は寝る前に少し読むぐらい。
お酒もしばらく飲んでいません。
日中はゴロゴロとしている時間が多いです。
いつもウトウトとしています。


コロナウイスるの影響もあってか、外出は減りましたが
最近は買い物に行ったり、昼食を食べに出かけたりと
少しずつ元の生活に戻りつつあります。


私は気分の波がとても大きいような気がします。
やる気がみなぎり、色々なことが捗り、あれもこれもやりたいと思う時と、
やる気が全く無くなり、何をするのにも億劫で、無気力な状態になる時とが、
交互に訪れます。
躁鬱の傾向があるのかもしれません。

今は無気力な状態です。
こういう時は、ただじっとして、気力がみなぎるまで待つしかありません。
今は充電期間です。


今日は天気がとても良いです。
3月も何もしないまま、気が付くと20日になっていました。
もうすぐ桜が咲く季節です。
これから近所の川へ散歩に出かけようと思います。
夜はたまには外に飲みに行きたいです。
なぜだかハイボールが飲みたい気分です。

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 0

近況  

株価を見てしまうと、安くて買いたくなってしまうので、
日中はパソコンから離れているようにしています。
では暇か?というとそうでもなくて、
溜まりに溜まった将棋のTV対局を見ています。


今日の午前中は、栃木の専業投資家さんから電話がかかってきました。
彼は私より20歳年上で、長く専業投資家として生き残っていますが、
こんなおかしな相場ははじめてだと言っていました。

彼との話では
・今回は短期間で急激にリバウンドなしで下げている。
 (リーマンショックは時間軸が長く緩やか)
・ボラティリティが連日高すぎる。
・金融政策が全く効いていない。
といった内容でした。


先のことは全く分かりませんが、多くの評論家の方が指摘している
過剰流動性バブルが弾けたのかもしれません。
以下、引用
------------------------------------------------------------------------------------------
過剰流動性相場は、「金余り相場」とも呼ばれ、過剰流動性によって生まれた相場をいいます。
また、過剰流動性とは、通貨(流動性)の量が、正常な経済活動に必要な適正水準を大きく上回り、
過度の金融緩和状態にあることをいいます。平時では、各国の通貨当局は、このような状態に
ならないように金融政策を通じて物価安定(資産価格の安定)を図りますが、
一方で景気が低迷(悪化)し、デフレに陥る恐れがある場合には、量的緩和や信用緩和などの
金融緩和政策を行うことがあります。

一般に金融緩和政策により取引需要を大幅に上回って供給されたマネーは、投資や投機を活発化させ、
マーケットに流れ込んで資産価格を上昇させ、時にはバブルを引き起こすこともあります
(過剰流動性相場の発生と過熱)。
例えば、2008年のリーマンショック後の米国では、資産価格(株式等)を上昇させることでデフレを回避し、
また資産効果により経済(消費)を活発化させることにある程度成功しましたが、
その副作用として、国際商品相場を高騰させ、一時期、世界的なインフレを招いたとも言われます。

なお、過剰流動性相場は、バブルが破裂したり、あるいは金融緩和が終了すると共に、
お金の流れが大きく変わり、終焉することになります。
------------------------------------------------------------------------------------------
コロナショックがきっかけで、これまで株式市場に大量に供給されたマネーが逆流をはじめました。
この過剰流動性バブルの崩壊を食い止めるために、
各国の中央銀行が更なる量的緩和を行っている状態です。
であるならば、もう一度過剰流動性相場によるバブルがくる可能性は捨てきれません。


私はコツコツと、3月末優待銘柄のクロスをしています。
できれば桐谷さんのように、優待で生活がしたいです。

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 0

近況  

先程まで、バーミヤンで飲んでいました。
今、自宅に帰って飲みなおしています。

バーミヤンではいいちこのボトルを入れました。
720mlボトルが1299円です。
お通し無し、席料無し、氷代が無料です。
本当に良い時代に生まれたと思いました。


今朝目を覚まし、NYダウ、CME日経平均先物の値を見て
この世は終わったと思いました。
でも、この世が終わったと思うのは相場の世界に生きている人だけなのでしょうね。
相場が崩壊するのは寂しいです。


私は学生時代から博打に明け暮れて生きてきました。
お金を稼ぐことは楽しいことだと思います。
でも、金、金、金と、金ばかりを求めるのは虚し事だと思います。
それでも、金を追いかける。
私は病気かもしれません。

そんな生き方が嫌で、お金以外に幸せを求めようとしても、
心のどこかでお金を追いかけようとしています。
今日も株を買いそうになりましたが止めました。
危なかったです。


私にとって、生きることの幸せとは何なのか?
相場から足を洗ったので、今年はお金以外の幸せについて真剣に考えてみようと思います。
酔っぱらいの戯言です。

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 2

近況  

昨日も一昨日も家から一歩も外に出ることがありませんでした。
コロナウイルス騒動が始まって以来、外出することが極端に減ったような気がします。

1日に1度は外の空気を吸うために、昼は外に食べに行っていましたが、
最近は億劫で自宅で食べています。



学校の休校、イベントの自粛、スポーツの大会の中止、
コロナウイルスの蔓延も恐ろしいですが、経済活動が停滞してしまい、
これによって景気が悪くなってしまうことの方が心配です。

日本だけでなく海外も同じです。
米国は英国を除く欧州に過去14日間滞在した外国人の入国を禁止とし、
イタリアでは食料品店と薬局以外は営業禁止らしいです。
人や物が動かなくなることで、企業活動や実体経済への影響は避けられないでしょう。


不景気になると金回りが悪くなりますが、悪くなったらなったで、
お金を使わずに楽しむ方法を何か考えなくてはなりません。


プロ奢ラレヤーさんより
---------------------------------------------------------------------
人間的な豊かさというのは、「年収1億円くらい稼いで、六本木のタワーマンションに住んで、
毎晩のように回らない寿司を食べて、イイ女と寝ること」ではなくて、
むしろ「手取り15万円でも楽しく生きていけること」なのですよ。
人間的に豊かでない人ほど多くのものを必要とする。
砂場で遊べる幼児が最強
---------------------------------------------------------------------

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 0

近況  

今日からまた一週間が始まりました。

妻は仕事に出かけ、私は洗濯物を干す。
外は暖かく心地よい風が吹いていましたが、
花粉症の私にとっては少しきついです。
外に出るとすぐに目がかゆくなります。


午前中、付き合いのあるトレーダーさんから、
電話がかかってきたり、ラインがきたり。

みんな、大変だ、大変だと騒いでいましたが、
これまでの4~5年のアベノミクス相場で
彼らがしこたま稼いでいるのを知っているだけに、
何をそんなに慌てることなのか?と思いました。


まさかですが、上げ相場が永遠に続くとでも思っていたのでしょうか。
昨年は「ショック」的な大きな下げが無く、平穏過ぎて異常でした。
みんな平和ボケしているところに今回の大きな下げだったので、
気持ち的にはきつく感じるのかもしれません。


株というのは、儲ける時もあれば損をすることもある。
しかし、これまでずっと利益を上げ続けてきた人は、
これからもずっと利益を上げ続けることができるだろうと
過信してしまうのだと思います。


相場は自分の力では動かすことができません。
なるようにしかならなりません。
この先、上がるのか、下がるのか、私にはさっぱり分かりません。
ボラティリティも大きいですし、分からなければ何もしない方が良いのです。



30代前半の頃、オフ会で隣に座った方が凄い偏食家で
印象に残った人がいました。
彼は、今の私にとっては雲の上の存在なのですが、
その彼曰く、
--------------------------------------------------------------
今回、本当に上げ相場が終わったとしても、
アベノミクスで稼ぎ続けてきた人は、何割かの利益を溶かしても
全く悲観することは無い。
相場というのは、上げ相場と下げ相場のセットでの実力診断だから。

最後に来る下げ相場で、今まで稼いできた分を全部溶かす連中は、
道中いくら稼いだとか、相場を当ててきたとしても
全く関係なくただのヘタクソ
--------------------------------------------------------------
だそうです。

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 0

近況  

10:10起床
最近は酒浸りの生活が戻りつつあります。

3/4(水)は焼鳥屋で一人で飲んで、
3/5(木)、3/6(金)は自宅で
昨日は家族で居酒屋へ行きました。

年始から、しばらくお酒を飲まない日が続いていたので、
このまま自然とお酒を飲まなくなるかもしれないと思っていたのですが、
アルコールの力は強力で、また酒浸りの日々が戻ってきました。

お酒を飲むのは楽しいです。
逆に言えば、お酒を飲むしか楽しいことが無いともいえます。
一人でお酒を飲み酔いが回ってくると、人生の虚しさをひしひしと感じます。
自分はおかしな人間だなと思います。


■3/4(水)

20:00前、一人で飲みたい気分だったので焼鳥屋へ飲みに行きました。
雨が降っていたので、妻にお店の近くまで車で送ってもらいました。
いつも賑わっている夜の街は人影もまばらで寂しい感じでした。
コロナウイルスの影響なのかもしれません。

気になっていた焼鳥屋へ、初めて入りました。
W360Q75_IMG_8233.jpg
空いていたのでカウンター席でなくテーブル席へ
生ビール 290円
W360Q75_IMG_8235.jpg
もつ煮込み 200円
ピリ辛でなかなか美味しいです。
W360Q75_IMG_8242.jpg
ハツ、カシラ 各2本で250円
2本縛りだと、一人ではちょっときついです。
W360Q75_IMG_8243.jpg
厚揚げ焼き 210円
W360Q75_IMG_8251.jpg
追加の生ビール 290円 と シロ 2本で210円

ビールを2杯飲んで一軒目を出ました。
会計は1,700円でした。


ラーメンを食べに2軒目へ
W360Q75_IMG_8260.jpg
レモンサワー 290円
W360Q75_IMG_8269_202003081303091dd.jpg
おつまみ3種盛り 310円
焼鳥、キムチ、メンマ
W360Q75_IMG_8278.jpg
ラーメン 390円

最後にもう一杯レモンサワーを飲んで帰りました。
会計は1,280円


この日は2軒行って、ビール2杯、レモンサワー2杯を飲んで
2.980円で幸せな時間を過ごすことができました。
焼鳥は私の好みでは無かったけど、値段を考えると満足でした。


気分転換に一人飲みに出かけたいけど、
今のご時世、外出は極力控えなくてはなりません。

飲食店、特にお酒を提供するお店は、
宴会の自粛が相次いでいるそうで大変だと思います。
こんな時だからこそ、そういったお店に行ってあげたいです。
電車に乗らずに行けるお店を新規に開拓しなくては。

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 0

近況  

火、水で長期保有目的の株式とRIET3銘柄を処分しました。
残っているのは、思い入れのあるREIT1銘柄と、
米ドル債券、新興国通貨債券のみです。
リスク資産は全体の7%となり、随分気持ちが楽になりました。
気分が楽になり嬉しくなって、昨日は一人で飲みに行ってしまいました。


日経平均21,000円は、コロナウイルス騒動による景気悪化を織り込んだ株価だと思います。
1~2ヵ月経ち、暖かくなる頃には感染者も減ってくるでしょうし
そうなれば景気は戻ってくるかもしれません。
となると、株価は再度上昇するので今は絶好の買い場でしょう。

しかし、この騒動から端を発する不景気が訪れるかもしれません。
景気というのは循環していて、好況と不況は交互にきます。
長らく好景気が続いているので、そろそろ景気後退期局面を迎えてもおかしくありません。
消費増税による影響も、じわじわと効いてくると考えられます。
となると、更なる株安となるでしょう。

いずれにせよ、未来のことは誰にも分かりません。
株式投資というのは、そういった不確定なことに賭けて利益を上げるということです。
とても難しいことだと改めて感じました。
この世界で長く生き残っている人は、色々な荒波の中を潜り抜けている訳ですから凄いと思います。


私は更に投資の世界から遠のきましたが、
年末は、また好景気が戻ってきたという明るい世界であることを願っています。
動かせる現金がまた増えたので、3月は株主優待の取得に励もうと思います。

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 0

2月末の資産状況  

2018年10月末から積極的な投資活動を止めていますが、
長期のポーフォリオとして一部リスク資産があります。

資産の大半は現金と国内債券ですが、
ここ最近のコロナウイルスの騒動による暴落により大きく毀損しました。
週末に、2月末時点の金融資産の値洗いをしました。


■日本株式 ▲22万円
 1銘柄だけ現物を保有
 2018年3月に購入し、NISA口座にあるために売りそびれました。

■REIT 4銘柄の合計で▲36万円

 A:ホテル主体型REIT(▲27万円)
 NISA口座、特定口座で保有
 利回りが高く、一時は20万円以上の含み益がありましたが、
 コロナウイルスの騒動でホテル型REITは大幅下落

 B:複合型REIT(▲7万円)
 特定口座で保有
 NISA口座で無いので、いつでも売れましたが逃げ遅れました。

 C:商業施設主体型REIT(▲1万円)
 NISA口座で保有
 安い時に買ったので損失はあまりなし

 D:住居主体型REIT(▲1万円)
 NISA口座で保有
 同じく安い時に買ったので損失はあまりなし

■新興国通貨定期預金 ▲36万円
 2016年に債券で購入。満期後も外貨預金定期で保有。
 利回り5%超も、通貨の下落に追い付かず。

■米ドル建て債券 ▲8万円
 店頭証券で頼まれて断れず。
 含み損は為替差損によるもの。



リスク資産はこれらで全てです。
長期保有というのを良いことに完全に逃げ遅れ
100万円程の含み損を抱えてしまいました。
(昨年末の時点では、3万円程の評価益でした)
外国債券は仕方がないですが、国内株式と一部のREITは損切をすべきでした。

それでも、つい最近、米国株の投資信託やメキシコペソ建ての外債を
しつこく勧められましたが断ったのは正解でした。

今日は少し戻しましたが、それでも買値には程遠く、
これを機に、更にリスク資産を減らしていきたいです。

category:

tb: 0   cm: 0

近況など  

2/25と2/26に書きました記事は非公開にしました。
その記事の内容は、私がこのブログを通じて会った男性に
不愉快な思いをしたことについてでしたが、
私自身、色々と思うことがあったためです。
その理由について少し書くことにします。



その男性が酔って体を触ってきたことは、私にとっては非常に不愉快なことでした。
しかし、そこに「無理やり」「強制性」がなければ
強制わいせつ罪などの罪には問えないそうです。

また、身近な人に相談したころ、
「彼は私のことが気に入って、酔って少し触っただけでは?」
「もしも、彼が女性だったらどう思った?」
と聞かれました。

もしも女性だったら。
私は嫌な気分はしません。
むしろ、嬉しかったと思います。

そう考えると、私は先日のブログに、
これまでは性的マイノリティ(LGBT)の方を差別はしていなかったと書きましたが、
実は既に差別していたように思えます。
そういった綺麗ごとを書いて、自分を正当化していた自分が恥ずかしくなりました。




もう一つ、書いておきます。
今回のことは私が過剰に反応していることも考えられます。

私はとても過敏な人間です。
精神科では軽度の発達障害である可能性を告げられ(確定診断ではない)
多くの人と上手く人間関係を築くことができません。

また、以前ブログにも書きましたが、
人と物理的に触れ合うこともとても不快に感じます。
コメントへの返信
----------------------------------------------------------------
私は人混みがとても苦手で、都内へ行くとあまりの人の多さに息が詰まり
卒倒しそうになります。
満員電車も大の苦手。
私の半径2m以内に他人に入られることが不快です。
----------------------------------------------------------------
このように、今回その男性に体を触れたことは
普通の人であれば許容の範囲かもしれませんが、
私にとっては耐え難い苦痛でした。

彼への憤りに関しては今も残っていますが、
それは私固有の事情によるものと思い収めることにしました。




こういった経緯から、私は人とは極力会うのは避けた方が良いのかもしれないと思いました。
私が人嫌いであることは自認しているものの、誰とも会わないのは寂しい。
誰かに相手をして欲しい。とても矛盾しています。

このブログを通じて良い人と巡り会えたこともありました。
今回の件でも、50代の匿名さんや、たつとさん、また個人的に付き合いのある方から
アドバイスやメッセージを頂き励まされました。
それはとても嬉しいことでした。



人生は、良いことと悪いことがあり、
どのように生きても悪いことから逃れられない。

それと同じで、人との出会いは、
自分に合う人もいれば、自分と合わない人もいる。
それは必然的なことです。

今回のことで、また人との付き合い方を改めて考えさせられました。



最後に
今回はかなり精神的に不安定になり、精神科にかかろうと思い、
自宅から通える精神科まで選定しましたが、
少しづつ回復してきたので通院するまでには至りませんでした。

元々は精神的に不安定な人間なので、
今後、通院することができそうな精神科が見つかったことは良かったと思っています。
できれば、精神科にかかることなく穏やかな日々が送れれば一番良いのですが。

category: 夢職の日々202003

tb: 0   cm: 3