FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

近況  

今日で9月も終わりです。
毎日涼しくて快適で、今、室温は23℃です。

この9月はどこへも行きませんでした。
9月に限らず夏もどこへも行っていませんし、
翌々考えると今年は旅行に全く行っていません。
自宅近くを散策したぐらいです。

ここ何年か、毎年大学時代の友人と2人で3泊4日の旅行へ行っていて、
今年はもう一人加り、秋に3人で北海道に旅行へ行くことになっていましたが、
先日メールが来て中止になりました。

旅行へ行くのは大丈夫かもしれませんが、
旅行中の食事は居酒屋などの飲食店で食べることになり
お酒も入って長時間滞在することになりそうなので、
コロナが収まるまで延期にしようという話になりました。
もしかしたら、この先旅行には行けないかもしれません。



家族以外の人ともこの半年は誰とも会っていません。
(証券会社の担当者との顔合わせは除く)
自分でも意外なのですが、人と会わなくても大丈夫なものです。

無職になってから、中学時代の先生と久しぶりに再会して懇意にしていましたが、
毎月のように会おう会おうと言われて、
会っても毎回のように先生の昔の思い出話を一方的にされ、
そんな状態に辟易して、忙しいので会えないと避けていたら、
「お前は俺に会えないほど忙しいのか!」と激怒されました。

私もカチンときて、そんなに頻繁には会いたくはないと本当のことを言ったら、
「お前のその態度は何だ、人は一人で生きていけないのだぞ、
 二度とお前とは会わない、さようなら」とメールが帰ってきました。

「人は一人で生きていけない」確かにそうだよなと思い、
いささか寂しい気持ちになったものの、
先生からのしつこい誘いが無くなったことに安堵しました。


こうして半年間、家族以外の誰とも会わないことが、
私にとってはそれほど苦しくないことを考えると、
私は一人で生きていくことが可能ではないか?
もしかしたら、将来山奥にこもって仙人のような生活ができるのではないか?
と思ったりしています。
(会話をしようと思えばいつでもできる家族の存在は大きいと思いますが)



そんな訳でして、今年も残すところ3ヵ月。
旅行の予定も無ければ、誰とも会う予定も無い。
更に言えば、都内に一人で飲みに行くこともできなさそうで(三密によるコロナが怖い)
この先も詰まらない日々を淡々とこなし
今年もあっと言う間に終わってしまいそうな予感がします。
スポンサーサイト



category: 夢職の日々202009

tb: 0   cm: 2