FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

まとめてコメントへの返信  

時々、私の記事にコメントを頂きます。
どんなコメントも、私に考える機会を与えてもらっているので
とても有難く思っています。

しかし私は気分屋で、このブログの更新も自分の気が向いたときにしかできません。
コメントに関してもタイムリーに返信したいのですが、なかなか考える気力が湧かず、
そのままになってしまうことが多々あります。
大変申し訳なく思っていますが、ご承知おき下さい。
遅くなっても可能な限り返信はします。
ということで、今日はまとめて返信を書きました。

今日1日 のコメントの返信

ムーンクラウドさん
コメントありがとうございます。
----------------------------------
ドーン 懐かしいですね。
今はチャリチャリーンくらいしかなりません。
----------------------------------
あの頃が本当に懐かしいです。
私も怖いもの知らずの時期でガンガン株を買っていました。
その後痛い思いを何度もして、株が怖くなってしまいました。

大阪には全く行けず寂しいです。
また、いずれお付き合いください。


近況 のコメントの返信

みゅうさん
コメントありがとうございます。
--------------------------------------------------------------------
社会に無関心でいられるのは私からすると羨ましい境地です
--------------------------------------------------------------------
社会に無関心でいられるのはなぜだろうか?と考えてみると、
人との接触が無いからだと思います。

会社員時代に休み時間に同僚と雑談をしたり、
学生時代の友人と会う時など、
円滑なコミュニケーションをはかる上で、社会に関する話題が必要でした。

しかし無職なりずっと家に居て、誰とも会うことが無い生活が長く続くと、
そういった話題は必要なくなります。
世間の出来事に無関心になったのは、ここ2~3年顕著になったように思います。

--------------------------------------------------------------------
運命共同体というか連帯感を感じられて寂しさを感じ
--------------------------------------------------------------------
無職になり、社会との関りが全く無いのはとても寂しく感じた時もあります。
しかし、そんな生活にも慣れました。
今は心地良ささえ感じます。
私自身が、元々人付き合いが苦手だったこともあると思います。

それに耐えられない人は、
何らかの社会のコミュニティー(例えば、会社、ボランティア、サークル、学校など)
を求める活動をしていると思いますが、私にはそれが全くありません。

--------------------------------------------------------------------
コロナや政治など今社会が変化しているときに、
株とか将来のこととかいろいろまた興味を持たれないのでしょうか?
--------------------------------------------------------------------
コロナ後の社会の変化で私が気になるのは、政治や経済のことではありません。
自分自身の生活のことです。
(目先の生活で、将来の生活のことではありません)

具体的に言うと、
・これまで行っていた旅行に行けなくなる
・一人で都内にお酒を気軽に飲めなくなる
・週末、家族で外食することができなくなる
といった自分がこれまでに楽しんできたことを控えなくてはならなくなり、
代わりに何を楽しみしたら良いのか?ということを考えます。

・外で飲めないので、スーパーで刺身や焼き鳥を買って来て自宅でお酒を楽しむ。
・宿泊を伴う旅行に行けないので、日帰りで、人があまりいないような丘陵地帯を歩く。
・外食は昼のランチに短時間に済ませるなど。
・自宅で本を読み、静かに過ごす。

興味があるのは、コロナによる社会の変化に対して、
自分にはどのような楽しみ方があるのか?です。


欲望について のコメントの返信

littleXさん
--------------------------------------------------------------------
お久しぶりです。
欲望にはセドナメソッドがどうでしょう。
--------------------------------------------------------------------
セドナメソッドという言葉は初めて聞きました。
書評などを見ると、感情をコントロールすることですかね。
とても興味深いので読んでみようと思います。
私が一番苦しみを感じるのは感情は嫉妬心です。


自分にふさわしい場所  のコメントの返信

一読者さん
コメントありがとうございます
--------------------------------------------------------------------
ハングリー精神をもってその後の人生を歩み
経済的には何の不自由もない人生を送れるようになりました。
しかし,お金に過度にこだわるような人生になってしまいました。
--------------------------------------------------------------------
私も同じです。
子供心に、いつかはファーストフードでお金を気にすることなく
自分の好きなものを自由に注文したいと思ったものです。
ある種そういういった欲望が、人間を成長させるところもあるでしょう。
でも、「お金」「お金」「お金」と追い続けるのも虚しいものです。
それは満たされることが永遠に無いからです。
(100万円貯めたら200万円、200万円貯めたら300万円が欲しくなり、とどまるところを知りません)

--------------------------------------------------------------------
今のお金に不自由のない暮らしが最高に幸せとは感じません。
しかし,あの時のような貧しい時代に戻りたいとは決して思いません。
私も自分が今後の人生に何を求めているのか分かりません。
心の平穏であるのは間違いないと思うのですが。
--------------------------------------------------------------------
お金があるからと言って幸せではない。
しかし、お金は生きていく上で確実に必要である。

では、お金に対してどう接すれば良いのか?
それは満足するという心だと
先日紹介した「欲望について」に書かれていました。
以下、引用です

ところであなたは、億万長者や有名女優のほうが自分より幸福だと心の底から思っているのだろうか。
億万長者の財産や、有名女優の名声がありさえすれば、
今より幸せになれるはずだと、本当に考えているのだろうか。
億万長者や女優たちが幸せそうに見えるのは事実である。
雑誌には、彼らの豪勢な暮らしぶりが華やかに書きたてられるものが備わっているのだから。
だが、ここで問題にしているのはそんなことではない。
問題なのは、彼らが本当にあなたよりも幸福かどうかということである。
答えはすべて、あながた、億万長者が、そして女優が、
自分の手に入れたものにどれほど満足しているかにかかっている。
もし、あなたが彼らより満足しているなら、彼らはその名声や財産にもかかわらず、
あなたほど幸福でないと言えるだろう。
そして事実、あなたの方が満足している可能性は高いのである。
なぜなら億万長者や女優たちが簡単に満足するよう人であったら、
いま手にしている成功への道をたどれたかどうかは疑わしい。
したがって、あたたのほうが彼らより満足している、すなわちより幸福だというのは、
大いにありうることなのだ。


みゅうさん
コメントありがとうございます。
--------------------------------------------------------------------
やっぱり一番いやなのは、他人との比較や不平等でしたね
--------------------------------------------------------------------
他人との比較というのは心を苦しめます。
嫉妬や羨望とう感情は、平穏な生活を奪います。
そう考えると、可能な限り人との接触を避け生きていくのが楽なのではないかと考えています。
理想なのは山奥にこもって仙人のような生活を送ることです。

しかし社会的生き物と言われている人間が、そういった生活を送れるのか?
仮にそういった生き方を選択し、数か月はそんな暮らしができたとしても、
年単位で考えると気が触れてしまうのではないか?と考えてしまいます。


不平等に関しては受け入れるしか無いと考えています。
人は生まれた瞬間にあらゆる不平等が生じます。
・肉体的な不平等(容姿、肉体)
・生育環境(親をはじめとした大人との接触)
・生育地域(生まれた国、地域)
これらは後天的な努力ではどうにもできないです。
不平等はあって当然です。


近況 のコメントへの返信

littleXさん
コメントありがとうございます。
--------------------------------------------------------------------
人はひとりでも生きていけますよ。
--------------------------------------------------------------------
人によっては生きていけるかもしれません。
私はどこまでできるかはまだ分かりません。
先ほども書きましたが、理想なのは山奥にこもって仙人のような生活を送ることですが、
それが長期間に及んで耐えられるか?
耐えられないのなら、山奥と都市部の二重生活が可能なのか?
など、いろいろな検討の余地があると考えています。

一人でで生きていくことのメリットは
嫉妬心、怒り、といった他人と接することで生ずる負の感情を抑制することだと思っています。
そのあたりの感情のコントロールに関しては、
前回紹介頂いたセドナメソッドとも参考になると思われます。
スポンサーサイト



category: 無職の日々202010

tb: 0   cm: 0