FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

コメントへの返信  

随分と遅くなってしまいましたが、
コメントへの返信をまとめてしました。

1週間の振り返りのコメントから
----------------------------------------------------------------------
ちゃんぽんは麺2倍ですか
----------------------------------------------------------------------
ムーンクラウドさん
コメントありがとうございます。

はい、2倍です。
私はリンガーハットでちゃんぽんを食べる時は、必ず麺2倍にします。
もう年なので、そんなに食べなくても良いのですが、
無料だというので2倍にしてしまいます。

ラーメン二郎での野菜マシは流石にやめましたが、
たまに行けるのではないか?と思い、
コールしたくなる衝動に駆られます。
困ったものです。



大晦日雑感のコメントから
----------------------------------------------------------------------
私もクリスマス、年末年始、世間が騒ぐイベント事は大嫌いです。
胸騒ぎがします。
ハロウィンのニュースなど気分が悪くなります。
いつもの日常の中、安心しながら自分から楽しいことを見つけてするのが良いです。
----------------------------------------------------------------------
littleXさん
コメントありがとうございます。

こういった感性の持ち主は、(私を含め)少数派だと思われます。
イベント時は少数派として肩身が狭い思いをしつつ、
じっとしているしかありません。

私のこういった感覚は昔からあったものの、今ほどは酷くなかったように感じます。
それは学校に通い、会社に勤めることで社会生活に参加していて、
否応なしにそのような空気を共有しなくてはならなかったからです。

しかし、無職となり社会から完全に隔絶されてからは、
そのような空気を避けるようになったので、
一層に苦手になっていったように思えます。

社会から外れ、自分の好きなように毎日過ごしていると
自分本位、わがままになってしまい、
誰にも迷惑はかけていないとはいえ、
それで良いのかなと思う時があります。



近況のコメントから
----------------------------------------------------------------------
あけましておめでとうございます。ご無沙汰しております。
コロナウイルスもまったく終息する気配ありませんが、
あまり神経質にならず生活していくしかないですね。
株価が良いとこ取りで上がっているのが不思議ですが。

私はもともとインドアなので、マスクをして出かけること以外、
以前の生活と変わらず能天気に暮らしています。

外を歩いていると気分が晴れますし、
色々と散策する所を探すのも楽しそうでいいですね。
----------------------------------------------------------------------
たけちゃんまんさん
ご無沙汰しておりました。
コメントありがとうございます。

コロナウイルスは、この先何年も無くならないでしょう。
ワクチンができたとしても、一定数の人は罹患し続け、一定数の人は死んでいきます。

そう考えると、生活様式はコロナウイルスが常にあり続けるといった前提で
再構築していかなくてはなりません。

会社に勤める日数が減りテレワークが主流になることで
通勤のための交通機関やオフィスを貸している企業は衰退しますが、
会社と自宅をつなぐネット環境を整備する企業は栄えるでしょう。

会食が減ったり、大人数の飲み会が無くなったりすることで
店舗での飲食を提供する飲食店や居酒屋は衰退しますが、
デリバリーや持ち帰りを提供する飲食店は栄えていきます。

人類が環境に応じて、その都度適応して生き延びてきたように、
企業もいち早くこの環境に適応していかなくてはなりません。



私はお酒を飲むことが好きで、都内の酒場に通っていた時期がありました。
しかしコロナウイルスの影響で、そういったお店には通えなくなりました。

外でお酒を飲むといった気分転換ができなくなったので、
代わりに川や山を歩くことが増えました。
また、自宅で本を読む時間も増えました。
これもコロナ禍で生きる私の生存戦略なのかもしれません。
スポンサーサイト



category: 無職の日々202101

tb: 0   cm: 0