無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

コメントへの返信  

みんちゃん
コメントありがとうございます。

>資産を大きく増やすにはマーケットが破綻した時にお気に入りの数銘柄(場合によっては1銘柄)
>にありったけの資金をぶっこんで握り締める。
>1~2年握って2~3倍になった時に売却。これこそが金持ちになる定石だと思ってます。
>ただ、そんなチャンスは数年に1度なので毎日の生活費をデイトレードで何とかしなくてはならない。
>これが私も含めて多くの専業投資家の実態ではないでしょうか。

これは私にはできないと思います。

もしやるとしたら、相当な意識改革が必要でしょう。
これまでのやり方や思想を変える覚悟が要ります。

私の場合、大まかにですが、
買値に対して3%~5%の損失が出た時点で損切りをします。
一方、利食いは10%程度で喜んでします。
長期間保有するという前提でも、2~3倍になるまで我慢することはおそらく無理でしょう。



>あくまでも個人的な感想ですがデイトレードという短期売買はもう終わりなんじゃないでしょうか。

短期売買はもう終わり。私もそんな感覚は常にあります。
残れるのはほんの一握り。
その一握りの人だって、この先3~5年後は生き残っていないかもしれません。

しかし株式市場がある限り、プレーヤーは入れ替わって存続し続けます。
一度は退場しても、お金を作って戻ってくる人もいるでしょう。


私は短期売買が難しいことは分かっていても、
その中で何かを見つけたいという思いはあります。
かなり難しいでしょうが。



>東証のシステム変更以後、明らかに値動きが変だしアルゴリズム等我々の計り知らないところで
>個人投資家のポジションは狙い撃ちされています。
>一瞬の値動きを追いかけるより上下の方向性で張ったほうが安全だと最近特に感じます。

アルゴを逆手に取ることはできないのでしょうか?
例えば、アルゴによる極端な買い上がりがある銘柄の場合、
寄りで買って、約定後、適当に上の売り板に置いておけば、
アルゴが上に走った場合約定するとか。
ある程度、銘柄の癖を掴んでおかないとダメでしょうけど。


それでもアルゴのいる銘柄は、できれば触りたくないです。
板が薄い銘柄はアルゴしかいなかったりしますから。
アルゴだけだとやりにくいです。とういか話にならないです。



>どんな仕事でも労働の目的は金を稼ぐこと。
>合法である限り小難しいことは考える必要はないと思います。
>仕事である限り何をやってもそれなりに苦しいですよ。

トレードも上手くいっているときはそれなりに楽しいのですが、稼げないと本当に辛いです。
ここ2~3年は恵まれていました。
この先はどうなるのでしょうかね。

苦しい時は、ひたすら辛抱して、
いずれ良い時が来ると信じるしかないです。
(もう、一生良い時は来ないかもしれませんが)
最近はお祈りすることが増えたな。
関連記事
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1008-738b6415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)