FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

昨日の出来事 昼飲み  

8月の権利落ち日も通過して、
今月も無事に終わりました。

昨日の昼は妻をランチに誘って、回転寿しへ行ってきました。

8月も終わったことだし、自分へのご褒美を兼ねて昼から飲みたい気分。
恐る恐る、車を運転する妻に、
「今日、飲んで良い?」と。

妻は運転席で微かにほほ笑むだけで、
良いとも、ダメとも、何も言いませんでした。


W320Q75_P1210713.jpg
発泡酒

W320Q75_P1210716.jpg
ランチにぎり

W320Q75_P1210730.jpg
川海老の唐揚げ

W320Q75_P1210738.jpg
発泡酒2杯目

W320Q75_P1210733.jpg
揚げだし豆腐

W320Q75_P1210740.jpg
レモン酎ハイ

W320Q75_P1210745.jpg
カルピス酎ハイ

W320Q75_P1210748.jpg
緑茶杯

昼から都合5杯も飲んでしまい、フラフラになりました。

その後、夕飯の買い物へ行って、
自宅に戻ったのは17:30

お風呂に入ったら頭が痛くなってしまい(飲み過ぎた)
夕飯も食べること無く、20:00には布団に入って寝ました。
昔は、家に帰ってからも飲めたのに・・・





専業トレーダーになってから1年程経過し、生活も軌道に乗ってきたある日のこと。

その日の後場はとても暇で、
スーパーで買ってきたにぎり寿しを昼食に食べていたら急に飲みたくなってしまい、
冷蔵庫から缶ビールを出して飲んだことがありました。

その光景を見た妻が私に、
「平日の昼間から自宅で飲むのは、子供がいる手前止めて欲しい」と。

御最もな話です。
無職で昼間から自宅で酒を煽る父親の姿は
あまり見せたくはありません。

それ以降、平日は外で飲むことはあっても、
自宅で飲むことは止めました。
※子供の学校が休みの日(土日祝日、長期休暇)はこの限りではないのです。

私が平日の昼間から飲むのって、家族からしたら嫌だろうな。



妻が運転席で微かに微笑んだことが意味することは、
「この男はまだ分かっていない」だったのか
「たまには昼から飲ませてあげても良いか」だったのか
私には知る由がありません。
関連記事
スポンサーサイト



category: トレーダーの日々201708

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1047-472c64fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)