夢職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。夢職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

お金と幸せ その6  

今日は日曜日
妻の仕事が休みで、一切の家事をしてくれるので、
私は自由な時間が取れています。
TVで将棋の対局を見たり、昼寝をしたり。


だいぶ間が空いてしまいましたが、「お金と幸せ」の続きを書こうと思います。
どこまで書いたかすっかり忘れてしまって、その5まで自分でも読みなおしました。
 お金と幸せ その1
 お金と幸せ その2
 お金と幸せ その3
 お金と幸せ その4
 お金と幸せ その5

前回までのあらすじは、
会社員時代、仕事に興味が持てず鬱になってしまい、
40歳で鬱が酷くなり仕事辞めることになり、
その後、鬱の療養のため精神病院に入院して、
退院後、再就職活動をしたものの仕事が見つからず・・・
といったところまででした。

どちらかというと、私の自叙伝的なことになっていますが、
私が専業トレーダーになるまでの経緯を知って頂けらと思って書いてみます。



2013年10月(私は42歳)、精神病院から退院して再就職活動を始めました。
当初は条件を選ばなければすぐに仕事は見つかるだろうと思ったものの
書類選考すら通ら無い状態が続いていました。
当時は妻のパート収入と、貯蓄を切り崩しての生活でした。



年が明けた2014年1月、
私は10年以上飲み続けていた精神薬を断薬しました。

精神科の先生は、10年の間抗うつ剤を飲み続けてきたのだから、
予防の意味も含めて、この先もずっと薬は飲み続けた方が良いと。

しかし、精神薬を飲んでいると、
頭に靄がかかっいるような感じがして、思考がクリアーになりませんでした。
また、感情がフラットになる感覚(喜怒哀楽が感じられない)がして、
生きている実感が湧かず、できるならば、もう精神薬は飲みたくなかたからです。



時を同じくして、鬱になる前に趣味でやっていた株式投資を再開しました。
会社員時代は、仕事をしながらの取り引きでしたが、
自分のちょっとした小遣いになっていました。

相変わらず仕事は見つからないし、
少しでも生活の足しになれば、といった軽い気持ちで再開したと思います。

当時はまだ、株なんかで生活費を稼げるといったことは
頭の中には微塵もありませんでした。
むしろ、株なんかで生活費が稼げる訳がない。
そんなことで生活ができるのならば、世の中の人はみんな仕事などせず、
株をやっているだろうといった考えで、
トレードで生計を立てることに否定的でした。
どちらかというと、再就職先が見つかるまでの間の繋ぎだと考えていました。


その7 に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

category: お金

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1094-32dbd853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)