FC2ブログ

夢職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。夢職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

お金と幸せ その9  

その8からの続きです

2014年秋
再就職は諦めて、専業投資家として生きて行くことを決意をしました。
再就職活動を止めてからは、ハローワークに通うことも無くなり、
部屋にひきこもる事が多くなりました。

そんなある日の事、妻が私の部屋のドアを開けて私に一言
「あなた、それを仕事にするつもり?」
私は返答に窮して、何も言葉を発することができませんでした。




妻曰く
・いつの間にか、部屋にあるパソコンやモニターの数が増えていった。
・1日中部屋に閉じこもることが多く、部屋の外に出て来ない。
・これまではハローワークに通っていが、それを止めてしまった。
・再就職や仕事の相談等を妻にしていたのに、全くしなくなった。

それで、トレード(のような博打)で生計を立てていくのではないかと心配になった、
ということらしいです。

妻と結婚した時には、私は既に株式投資をしていましたが、
妻は株のことは一切分からず、株はギャンブルだと思っていて嫌忌していました。
だから私は妻には、これまで投資に関する話は殆どしていませんでした。
「これからトレーダーとして生きていきたい」などとは、
私の口からは、とても言えないことでした。



妻に問い詰められ、それから何日か経った後、
私は妻に話しました。

・半年以上再就職活動をし、十数社応募するも面接に辿りつけたのは1社のみだった。
・コンビニのパートの応募すら連絡が無かった。
・仕事が見つからず無収入なので、とりあえず今すぐ出来るトレードで日銭を稼いる。
・40歳を過ぎての再就職は厳しく、しばらくはトレーダーとして生きて行くことに挑戦したい。
・ただし、月間でマイナス収支が続くようだったら、この挑戦は諦める。

といった事を話したと思います。

妻は納得はしていなかったと思いますが、
私が無職で何もすることが無く、家でゴロゴロしたり、昼から酒を飲まれるよりはマシ
その程度に思っていたのではないでしょうか。




私ですらほんの少し前までは、トレードなんかで生計を立てられるはずが無いと考えていたのです。
妻がそう思うのは無理もないことです。

私が株で失敗すれば、生活していくための貯金の全てを失う可能性もあります。
家計を預かる身として「どうぞ、やって下さい」とういう人はなかなかいないでしょう。
「鬱が良くなったのだから、また会社員に戻って給料を稼いで欲しい」と考えるのは、
至極当然のことです。




それでも、当時の私が生活費を稼ぐ手段として、トレードが一番効率良いと考えていたので、
妻にどんなに反対されようが、トレードを捨てるとういう考えはありませんでした。




2014年1月からトレードを始めて、今月で3年11ヶ月になります。
その間、会社員時代の同等の額を、毎月生活費口座に振り込み
それとは別に年に2回、会社員時代に支給されたボーナスと同等額を振り込むことを続けてきました。

最近は妻も認めてくれているかは分かりませんが、納得はしてくれているように感じます。
妻から再就職の話をしなくなったので。
結局、納得してもらうには結果を出し続けるしかないのです。
生活費が入ってきているので、妻も文句は言えないのでしょう。



トレードで生計を立てていくという生き方に対して、家族の理解を得ることは中々難しいことだと思います。
結局は、お金が全てなのかな・・・



長くなりますが、その10に続きます。
関連記事
スポンサーサイト

category: お金

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1097-7e5db10a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)