無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

中堅証券会社の担当者さんとの話し つづき  

リクエストがあったので続きを少し書いてみます。

 ■最近、支店で売っている商品の話し。
  ここの証券会社、個別の株も推奨しているが、
  他にどんな商品が売れているのか聞いてみた。

  投資信託
  ・ヨーロッパのハイイールド債
   年率6%ぐらい
  外国債券
  ・高金利のトルコリラの外債
   年利8.1%
  仕組み債
   去年はノックアウトの連続で、かなり裁けたらしい。

  仕組み債については、ここでの説明は省略しますのでググって下さい。
  ノックイン、ノックアウトと合わせて。

 ■投資信託 

  会社員になり、投資を始めたての頃は良く買っていた。
  ボーナスが出ると、うれしくて買っていたのを思い出す。

  初めは自分の意思で買っていたが、
  そのうち、店頭証券で依頼されて買うようになった。
  店頭証券では、その時、その時で売り切らなくてはならない商品があるらしい。
  (今はそんなノルマは無くなったって、今回来た担当者さんは言っていた)
  
  どんな投信を買っていたか、過去のデータを引っ張ってきた。
  1996~1999年頃:外国債券、ハイイールド債(毎月分配型)
  1999~2000年頃:日本株、外国株のネット関連
  2000~2003年頃:中国株関連
  2005~2007年頃:日本株の小型株
  2005~2008年頃:インド株関連

  2008年以降は投資信託は買っていない。
  投資信託を買わない理由は、
  資金が固定されてしまい、十分な利益が得られないから。

  沢山の資金がある人は、投信の分配金だけで、そこそこやって行けるかもしれないけど、
  私は零細投資家なので、少ない資金を、株式の売買で何回転もさせて利益を得ている。

  だから、どこの担当者さんにも、株式の売買で手数料を落とすから、
  投資信託、外債、国債のように、長期間資金が拘束される商品は勧めないでくれとお願いしている。
  担当者さん達にも了承してもらっている。
   
 ■外国債券

  これは、とっても好きだった。
  投資信託のように、毎年、信託報酬を支払う必要が無く、ランニングコストが安いと思っていた。
  ただ、FXの台頭で、馬鹿高い、為替手数料を払うのが嫌になり、買わなくなった。
  記録を見ると2002年~2010年の間に買っている。
  これも、どちらかというと、担当者さんとの付き合いで買っていた感が強い。

 ■仕組み債

  これほど酷い商品は無いと思う。
  目先のクーポンに騙されて、買っている人が殆ど。
  仕組み債を良く組成する、外資系のS証券は、
  償還日が近づくと、償還金を減らすため、売りを仕掛けてノックインさせる。
  本当に、詐欺みたいな商品だと思う。

  証券会社には、かなりの確率で大儲けできる商品があり、
  K証券(今はB証券)では、この儲かる商品と、仕組み債と抱き合わせで販売していた。
  (本当は違法?)
  だから、その商品を手に入れたくて、嫌々買っていた時があった。

  で、今回来た担当者さんに、
  こんな外資系の仕掛けで、ノックインされまくり、損をさせられる商品を買う人っているの?
  「詐欺みたいな商品を売るな!」って抗議したら。
  昨年は、市場が好調で、逆にノックアウトしまくりだったんで、良く売れました、だって。

  たしかに、去年のような年は良いかもしれないけど、
  それなら、仕組み債なんか買わずに、現物株を買った方が、
  全然リスクとリターンに見合っている。



また、担当者さんとの話を書こうと思っていたのに、
話が横道に逸れてしまった。

申し訳ないです。。。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/111-d72df4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)