夢職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。夢職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

コメントへの返信 ~投資に年齢は関係ないか~  

弱小トレーダーさん
コメントありがとうございます

----------------------------------------------------------------------------------
私は40代ですが、瞬発力を必要とするディイトレーダーは別にして
投資に年齢は関係ない気がします。
----------------------------------------------------------------------------------
なるほど。
おっしゃる通りのような気がします。
投資には年齢は関係ない。
となると、私のやっていることは投機ということになるのでしょう。

投資の定義というのは良く分かりませんが、
「将来事業の成長が見込める企業や、安定した配当が得られる企業を発掘して
 その会社の株式を購入し、キャピタルゲイン、インカムゲインを得ること」
と考えています。

しかし、実際私は事業内容すら良く分からない会社の株式の売買をすることが多々あります。
私がトレードで見ているのは、株価、信用買残売残、出来高といった数字だけです。
どちからというと、需給であったり、テクニカルを重視しています。
逆に、会社の売り上げや利益、配当性向といったファンダメンタルに関する分析は殆ど行っていません。
(参考程度、四季報に目を通すぐらい)


また、私はトレードで生活費を稼がなくてはならないので、日銭を得ることばかり考えています。
長期的な視野は全く無く、投資というよりは投機といった色彩の方が強いです。


私がトレードで特に瞬発力を必要とする場面は、
場中決算銘柄や引け成りをする時です。
(デイトレということになります)


----------------------------------------------------------------------------------
海外の有名な投資家等も高齢でも現役ですし。
私は専業投資家ではないですが、高齢になっても投資は続けていきたいと考えています。
----------------------------------------------------------------------------------
先にも述べましたように、投資というのはじっくりと企業と向き合って
長い目で株券を持つことだと思います。

おそらくですが、海外の有名な投資家さんは、
日銭を稼ぐ必要がないぐらい資産があるのではないでしょうか。

私の場合、長期投資をしてしまうと、
資金が拘束されてしまい日銭を稼ぐことができなくなってしまいます。
もしも、会社員を続けていて、生活費を得る別の手段があったなら、
そいうった真の投資を選択することができたかもしれません。


一方で、私はこれまでのトレードにおいて、投機といった目線でずっと見てきたこともあり、
この先、真の意味での投資をすることは難しいと思っています。
それは、少しでも上がれば売りたくなり、少しでも下げれば投げたくなる
といった長年の癖(スタンス?)がついていて、それを修正するのが難しいからです。

だから、私にとっての株式投機(投資)は、日銭を稼げなくなったら終わりです。
高齢になっている頃にはこの世界からスッパリと足を洗って、別の楽しみを見つけていることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

category: トレーダーの日々201802

tb: 0   cm: 1

コメント

ニックさん
コメントに答えてくださってありがとうございます。
これからもブログ楽しみにしています。

弱小トレーダー #- | URL
2018/02/23 22:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1140-63f752d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)