FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

10月も終わります  

今月もあっという間に1ヵ月が終わりました。
ただ収支の方は酷く、先月末から資産は100万円以上減りました。

現状のポートフォリオは
 日本株式  7%
 (優待クロスなどの両建ては除く)
 日本債券 27%
 外国株式  3%
 外国債券 13%
 現金   50%

下落局面で指数連動型ETFを購入して、損失を拡大させてしまいました。
戻りらしい戻りが全く無く、逃げ場がありませんでした。
先週、電話で投資信託の解約を申し出て断られた証券会社に
月曜日行くことになったので、そこでもう一度解約について話してきます。



来週は現金が更に増える予定なので、今後の方向について少し考えます。

買うならば株価指数に連動したETFです。
日経平均のPERは12.37倍とかなり低い位置にあります。
ただし、決算シーズンに入りEPSが低下傾向なのが気になります。
また、来年10月には消費増税を控えており、
株価は増税による企業業績悪化を織り込みつつあるのかもしれません。
そこをどう考えるかです。

米国をはじめとした海外要因も、多くのリスクを抱えています。
25日発表されたアマゾンの第3・四半期決算は、
売上高が市場予想を下回り株価は急落しました。
一貫して上昇してきた米国市場も踊り場を迎えているのかもしれません。

その他にも、米国、中国、欧州など、多くのリスクがあり、
しばらくは不安定な相場が続きそうです。
(参考資料1参照)


となると、年内はあまり株式のポジション取らず、
現金、国内債券の割り合いを多めにして、
来年を見据えて求人誌を読んだり、
ハローワークに通っていた方が良いのかもしれません。



参考資料(ラジオNIKKEI夜トレより)

【2018年後半~2019年へのリスク】

■トランプリスク
 中間選挙で共和党<民主党 トランプ大統領弾劾裁判?
■中国リスク
 中国株・元安は株の上値抑制へ
■米金利
 新興国市場から資金引き上げ
■地政学リスク
■欧州リスク
 BRIXIT、イタリア財政赤字、EU統合に
 問題山積みでユーロドル不安定

【2018年の年末までの重要なイベント】

10月28日 ブラジル大統領選挙
10月30日 日銀金融政策発表
11月 6日 米国中間選挙
11月 8日 FOMC政策金利発表
12月13日 ECB政策金利発表
12月19日 FOMC政策金利発表
12月20日 日銀金融政策発表
関連記事
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1276-8e5cb12c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)