FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

今日1日  

トレードをやめたら毎日暇になってしまいました。
少し予想はしていましたが、この暇というのが最近は苦しくなってきました。
毎日忙しく過ごされている方からすれば贅沢な悩みなのでしょうが、
老後になれば、少なからず同じ悩みを抱える人が増えるような気がします。



トレードをやめてから、初めのうちは本を読んだり、将棋のTV対局を見たり、散策をしたりと
毎日好きなことをして、ストレスの無い快適な毎日を送ってきました。
しかし、好きなことをするのにも限度があり、ここ最近は何もすることがない時間が増えてきて、
時間を持て余すようになってきました。

暇というのは思ったより辛いです。
仕事をしている時には思いもよりませんでした。



考えてみると、学生時代、会社員時代、専業投資家時代と、
朝の決まった時間から夕方まで、勉強だったり仕事だったりと、
何かしらのすることが与えられていました。

そいうった長年の習慣がある日突然無くなってしまい、
自由な時間に好きなことをして良いことになり、
1日の時間の使い方に戸惑うようになった気がします。



会社員時代、私の会社では定年になった人は
再雇用で週に2~3日仕事を続ける人が殆どでしたが、
一人だけ再雇用すること無く辞めていった人がいました。

その人は代々地主で、アパート経営をしていたので、
働かなくても十分に生活が成り立つようでした。

その彼と仕事を辞めてから1年後ぐらいに会った時に聞いたのは、
定年後、1~2ヵ月ぐらい経ったら頃から急に体調を崩したと。
こらまでの会社員時代の9時~18時まで働く生活を40年近く送ってきて、
その生活リズムが定年退職を境に突然無くなってしまったためか、
鬱っぽくなってしまったとも言っていました。



私もこれまでの人生、何もすることが無いという経験が無かったので
(鬱で療養中の2年間を除いて)
もしかしたら、「定年後の鬱」のような状態になっているような気もします。
何だか最近は、何事にも気力が湧いてきません。



だからといって、生活のリズムを作るために無理をして
仕事をしたいとか、トレーダーに戻りたいとは思ってはいません。
でも何かしらの、することを見つけた方が、生活に張りがでるような気がします。

無職生活を快適に送るためには、色々な工夫が必要な気がします。
関連記事
スポンサーサイト



category: トレーダーの日々201811

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1292-a46b0224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)