FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

将棋の話  

私の趣味の一つに将棋があります。
将棋は図書館で将棋雑誌を読んだり、新聞の観戦記を読んだり、
対局を観戦するのが専門で、自分では指すことはありません。

勿論ルールは知っていて、子供の頃は友人や父と指していましたが、
大人になってからは身近に適当な相手がいなくなってしまったので、
指すことは無くなりました。
最後に人と指したのは、20代前半の時に十二指腸潰瘍で入院し、
同じ病室のおじさんとだったような気がします。

本気で対局する人を探そうと思えば、今の時代ネット対戦もあるのですが、
ただ単に、人とは指したくないのかもしれません。
勝ち負けを争うのは、トレードだけで十分だったからだと思います。



人と指すことはありませんでしたが、一時期パソコンに将棋ソフトをインストールして
コンピューターを相手に指していたことがありました。
しかし、1日中そのソフトで対戦をしてしまい、
他のことが疎かになってしまったので、
アンインストールしてできないようにしてしまいました。

私は極端な人間なのです。
将棋をするならとことん1日中やってしまうのです。
適当に切り上げることができません。
それはお酒を飲む時と一緒です。
一度飲み始めたら、寝るまで止まらなくなります。

だから、ソフトをアンインストールして
全くできない環境を強制的に作り今日に至ります。



今はテレビで将棋対局を楽しむ程度です。
銀河線、NHK杯と週3回欠かさずに見ていますが、
(最近はサボり気味で録画が溜まっています)
人やコンピューターとの対戦は、ここ何年もやっていません。



先週末、個人的な付き合いはないけれど、
オフ会などで何度か顔を合わせたことのある
30代(男性)のトレーダーさんから、2人で会いませんかと連絡があって、
今日の夕方会ってきました。

大人数のオフ会では、プライベートな話はできないのですが、
2人なので、家族の話や趣味の話になって、
お互い将棋が好きだとということが分かり、トレードの話はそっちのけで、
後半は酔いも回り、お店で将棋対局を初めました。
(彼が私のスマホに将棋ソフトをインストールして、ネット上で対戦した)



彼と私の棋力はほぼ同等で、終盤の詰むや詰まざるやの局面では、
胸が苦しくなって辛くなりました。
トレードと違って、お金がかかった勝負ではないのですが、
なぜ苦しくなったのかは分かりません。
ただ単に、勝負に負けたくなかっただけなのか・・・

つくづく思うのですが
私は勝負事には向いていないのかもしれません。
若かった頃、何で麻雀や競輪にあれ程まで熱中していたのか、
理解ができない今日この頃です。



帰り際、彼は駅の改札で、、
「今日は本当に楽しかったです。今度は将棋盤を持ってきますので
 時間制限なしでやりましょう」と

何と返事をしてよいのやら。
愛想笑いを浮かべることしかできませんでした。
関連記事
スポンサーサイト



category: 趣味

tb: 0   cm: 2

コメント

4か月前の記事にすみません。
ものすごくよくわかります、その感覚。
僕も将棋は好きですが、集中してしまうと呼吸が浅くなり、体はがちがちに固まってもう駄目ですね。
なのでやりすぎるものは生活から排除して、何でも適度に向き合うようにしています。

RN #- | URL
2019/03/29 18:01 | edit

RNさん

ニックです。

古い記事にも拘わらず、コメント頂きありがとうございます。
そんな事を書いたなと懐かしい気分になりました。

そうですか。私の感覚を分かってもらえて嬉しいです。

将棋もダメなのですが、勝負事全般に苦手意識があります。
昔はそうでもなかったのですが、最近はその傾向が強くなりました。

昨年の春、世界卓球の女子のTV中継を家族が見ていたのですが、
決勝戦などは、私は見ることができませんでした。
子供の頃大好きだった野球もそうです。
緊迫した試合は見ていられません。

では、なぜ同じ勝負事である競輪や株の取り引きをしていたのか?
それは私の中に恐ろしいくらい大きな金銭欲があったからだと思います。

ニック #qXOZr2Kk | URL
2019/03/30 18:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1296-22cdac50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)