FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

鬱に関するコメントへの返信 その1  

泉州のドンファンさん、達人さん、

コメントありがとうございます。
鬱に関して、より詳細に書かれておりとても参考になりました。
私がこれまで接してきた鬱の人は、仕事が原因という方が大半でした。
私自身も仕事が原因で10年間鬱を患いました。

それ以外で鬱になるというのはどういう事なのだろう?といった
関心もあったので、お二方のお話は、とても興味深く読ませて頂きました。

私と共通なところも多々あり、なるほどなと納得したり、
色々とヒントも頂けたような気がします。
本当にありがとうございました。

少し個々の部分で、私の考えを書かせて頂きます。
--------------------------------------------------------------------------------
ニックさんが悩んでおられる『なんだか虚しい』というのは非常に良く理解できる。
結論から言うとニックさんは真面目すぎるんだと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
私は自分が、何事にも考え過ぎる傾向があるからだと思っています。
例えば、明日から旅行に行くのですが、
旅行に行く前に風邪を引いたらどうしよう、
決められた新幹線、飛行機に乗り遅れたらどうしよう、
韓国でスマホや財布を落としたらどうしよう、
などと、起こるかどうか分からない、もっと言えば起こる可能性が極めて低い事でも
心配になり胸が苦しくなります。
全般性不安神経症(GAD)です。

妻に言わせると、「それは今考えることではなく、そうなった時に考えることだ」と
でも、私は考えしまいます。

私の鬱は、その延長線上にあるのです。
人生の虚しさについてもそうです。
そんなことを深く考えなくても、人は普通に生きていけます。
また、仮に考えたところで明確な答えはありません。
おそらく他の人は、
「そんな事は考えても無駄だから、人生の楽しい事だけ考えて生きていけば良いのではないか」と。
それは最な事だと思います。
でも私は、そういう事が分かっていても考えてしまいます。
この考え過ぎることが、私の全ての悩みや情緒不安定の原点になっています。

では、どうしたら良いのかとというと、考える時間を与えないことです。
トレードに夢中だった4年10ヵ月は、朝から晩まで株のことを考えていて、
人生や自分自身のことを考える余地がありませんでした。
だから、見かけ上は元気でした。(おそらく、根本にはそいういった考えが残ったままでいる)

しかしトレードをやめて暇な時間が長くなり、人生が詰まらなくなったことも合わさって、
その原因を考える過程で、人生や自分自身といった事に考えが向かい始めたのです。
これが今回の鬱の原因ではないかと。

考える時間を与えないためにはどうすれば良いのか?
それは運動をしたり、他に熱中できる楽しい何かを見つけたり、
もしかしたら、何か仕事を見つけてするのも良いのかもしれません。
とにかく、余計なことを考える時間を与えないことが有効でだと考えています。
だから、毎日暇というのはまずいのです。

--------------------------------------------------------------------------------
私の鬱の根本的な原因は自分に対する失望なんです。
この歳(47歳)まで生きてきて何も達成することができなかったな・・・
どんなことでも7割ぐらいは他人と同じように出来るけど才能があるわけではない。
なんとも平凡で何者にもなることが出来なかった自分・・・
ここになんともいえない虚しさを感じるんですよね。
過去に対する悔しさとか切なさとかが腹のそこから湧き上がってきて抑え切れなくなるときがあります。
これは一生付き合っていかなくてはならないと思っています。
--------------------------------------------------------------------------------
なるほど。

実は上野の専業さんは今年68歳になるのですが、彼も同じことを良く言います。
彼は「虚しさ」ではなく「孤独」という言葉を使います。
「自分の生きてきた人生に孤独を感じる」と。

上野の専業さんは、トレードで数億の資産を築いて、
最近都内にセカンドハウスとなるマンションを購入して、
傍から見れば人生の成功者です。
そんな彼の人生に何の不満があるのか、私には理解できませんでした。

でも、彼は泉州さんの書かれているように「何者にもなることが出来なかった自分」
そして「68歳になり、もうやり直すことのできない人生への悔い」について良く語ります
彼は文学がとても好きで、「1本ぐらい何か小説を書きたかった」とも語ります。

彼にはお金が沢山あります。
でも、世の中にはお金が沢山持っている人は数多くいます。
彼は、「自分にしかできなかったもの」「自分にしか残せなかったもの」
を求めていたのかもしれません。
ちなみに私はこういった感情や思いは、今のところありません。
これから人生の先が見えてきたら出てくるかもしれませんが。

--------------------------------------------------------------------------------
酒飲んでカラオケ行って今日が楽しければ明日はどうでもいい。
こんな刹那的な生き方が出来ればどれだけ楽に生きて行けるか・・・
--------------------------------------------------------------------------------
私もこういう人生を目指したいです。
でも、一人でお酒を飲んでいても、
考えることは、現在、過去、未来の自分の人生のことです。
考え過ぎることからは、なかなか逃れられません。

--------------------------------------------------------------------------------
昨日一年ぶりにメンタルクリニック行きました。もう一か月ほど鬱症状が続いたからです。
私はサインバルタンが効くので主治医は風邪をひいたら薬飲むように
鬱になったらこれを飲めばいいと君はこれでよくなるんだから。
量とやめるときはちゃんとみていきましょう。
--------------------------------------------------------------------------------
そうですか。クリニックに行かれましたか。
私は、もう二度と精神科に行くことは無いと思っていましたが、
これを読んで、もう一度掛かるのも悪くないかなと思いました。

--------------------------------------------------------------------------------
なぜか涙が出てきました。不安と辛さが一気に解放されたようでした。
一度鬱を経験してるので早め早めに対応した次第です。
--------------------------------------------------------------------------------
鬱の時に泣くのはとても気持ち良いです。快感です。
最近は泣いていませんが、会社員時代はいつも泣いていました。



長くなりましたし、明日からの旅行の支度もあるので、
その2 に続きます。
関連記事
スポンサーサイト



category: 精神病院/鬱/発達障害

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1313-314631bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)