FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

近況など  

■体調

GWに部屋の引っ越して、その際、大量のホコリを吸い込んだのがきっかけで
激しい咳が治まらず、
夜になると咳が出て、酷い時は夜中も目が覚めてしまう始末。

そろそろ苦しくなってきたので、意を決して今日は呼吸器科へ行ってきました。
種々の検査をして(おそらく喘息の)、
咳喘息という診断が下されました。

シムビコートタービュヘイラー吸入薬
(気道の炎症を抑えるステロイド薬と気管支を広げる気管支拡張薬の配合吸入薬)と
フスコデ配合錠(咳止め)の頓服薬を貰いました。

薬を飲んで良くなったような気がします。(そんなに即効性はないか?)
夜も楽になると良いです。


医療費は結構かかりました。
診察・検査代が約7,000円、薬代が2週間で約5,000円
無職で収入が無い身にとっては大きな出費です。
健康は大事ですね。
次回から掃除の時は必ずマスクは付けるようにします。



■友人

昔から付き合いのあるトレーダーさんから
たまには少人数(といっても10名)で飲みに行きませんか
と誘われました。

トレードもやめてしまったし、稼いでいる人の話を聞いたら
激しく嫉妬してしまう自分が目に見えているので断る予定でしたが、
気が変わって参加することにしました。
旧知の2人に会いたくなったからです。


Tさん

何度かしか会ったことがないのですが、知り合ってから15年以上になります。
私と同じ歳で、知り合った当時は飲食店を経営していましたが、
今は大学で講師をやっているという話を小耳に挟みました。

ある証券会社の担当者が、私の支店に新任として異動してきて、
前任地がAさんの居住地だったので、担当者にTさんの事を知っているかと聞いたら、
なんと、直接の担当者だったとのこと。
Tさんの話で盛り上がりました。

Tさんは、これと決めた銘柄は腰を据えてじっと持ち続ける長期投資タイプです。
だから、どんなに下がっても売らずに、むしろナンピン買いをしていたらしく、
儲かる時も大きいけど、損をする時も大きかったそうです。

その担当者は、Tさんのことを社長と呼んでいました。
その当時、彼は健康食品の販売もしていたようで、
担当者曰く「売れそうにない健康食品を開発して販売していた」と言っていましたが、
Tさんは売れる自信満々だったそうです。
担当者の話によると、Tさんは株の取り引きは上手かったけど、
事業の方はあまりパッとしていなかったと言っていました。

彼と最後に会ったのは3年前。
彼は2000年代前半、年間で10億円の利益が出たこともあったようですが、
今は殆ど利益が出なくなったと言っていました。
トレーダーには旬の時期というのがあるのでしょうか?
株で儲け続けるというのは難しいことなのでしょう。



Kさん

Tさんと同じく、知り合ってから15年以上なります。
私と同じ年の女性です。

旦那さんは内科医で、知り合った当時は勤務医でしたが、
ある時期に開業したようで、そのクリニックの仕事の手伝いもあって
あまり会う機会が無くなってしまいました。

とても気さくな人で、飲みに誘うといつも来てくれました。
しかし、ある時そんな気さくさが祟って、
オフ会で知り合った男性からストーカー被害にあったそうです。
彼女が既婚者であるにも拘わらず、2人で会って欲しいと
しつこく何度も誘われて困ったとか。

3年前に彼女と会った時、株は忙しくてあまりやっていないと言っていました。
最近、彼女の知り合いから聞いた話では、資産を不動産にシフト中らしいです。

私は不動産には興味がありません。
というか、不動産投資をするような資産を持ち合わせていないだけなのですが。



偶々なのですが、TさんもKさんも私と同じ歳です。
47年も生きていると、色々な人生があるのだなあと思ったりします。
関連記事
スポンサーサイト



category: 夢職の日々201905

tb: 0   cm: 2

コメント

私も、おなじく40代を過ぎて、掃除や片付けなどで埃を吸い込んだりすると
てきめん呼吸器に来ます。
なのでマスクを付けるのですが、暑いときは忘れてしまいがちで、
今回の長いGWでは、専門科が休診だったため、診療時には症状が重くなってしまいました。
呼吸器は早めに対応すると医療費も嵩張らずに済むんですけどね。。。

とおりすがり #- | URL
2019/05/12 10:38 | edit

通りすがりさん

ニックです。
コメントありがとうございます。

---------------------------------
専門科が休診だったため、診療時には症状が重くなってしまいました。
---------------------------------
それは大変でしたね。
私も専門医というのは大事だと思いました。

子供も時々咳喘息が出ます。
咳喘息と診断されるまでは、ただの風邪だと言われその後も咳が止まらず、
咳止めなどをもらっても症状は治まらず、少しづつ薬を強くして、
何度目かにやっとステロイド吸引薬が処方されました。

ですから、私も普通の内科にかかっていたら
ステロイド吸引薬が出るまで何度も通う羽目になると思い
最初から呼吸器内科を探して行きました。

薬は効果てきめんで、薬を飲み始めて2日目で
咳は明らかに減りました。


専門医の先生は、初めは肺炎を疑い胸のレントゲンを撮って
次に喘息を疑いその検査をして、それが否定されたので、
咳喘息と診断が付きました。

喘息と咳喘息は症状は全く同じですが
喘息の場合は、好酸球が関与するため、息の中の一酸化窒素の濃度が高くなる
また、フローボリューム曲線(思い切り大きく息を吐き出したときの、
息の速さと量の曲線)が特異な形状になるそうです。

といったことを、素人の私にも分かりやすく説明してくれる先生だったので
とても良い先生だと思いました。


お互いホコリには気を付けましょう。
子供は寒くなると咳喘息が出ます。(冷たい空気が気管支を刺激する?)

ニック #qXOZr2Kk | URL
2019/05/12 23:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1371-4b7aaa87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)