FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

一人が好きなのに、なぜ結婚して子供まで作ろうと思ったんですか?  

littleXさん
コメントありがとうございます。
---------------------------------------------------------------
一人が好きなのに、なぜ結婚して子供まで作ろうと思ったんですか?
---------------------------------------------------------------
本当です。なんでだろ?

一人が好きなのは事実です。
でも、結婚は早くしたかったですし、子供も欲しかったです。
そして今現在、結婚して心の底から幸せだと思っていますし、
子供がいて本当に良かったとも思っています。

学生時代、一人暮らしをしていましたが
部屋に一人でいるのは寂しかったです。
(今でも日中家族の誰もいない家に一人で居ると寂しくなる時があります)
だから、早く好きな人を見つけて結婚したかったです。
結婚願望は人一倍強かったと思います。

そして、子供も大好きです。特に小さい子供。
今はもう大きくなりましたが、それでも2人の子供を(遠くから)観察していると
とても面白いです。
あー、私の悪い所が似ているなとか。
小さな家ですが、家族四人で暮らしていることに安心感を覚えます。

では、なぜ、
一人が好きなのに、結婚したのか?そして子供まで作ろうと思ったのか?
を考えてみます。

そのヒントは、私が過去に書いたことにありました。
コメントへの返信からの引用。
----------------------------------------------------------------
しかし、酒場で飲んでいる時はこの限りでは無く、人混みが心地良く感じます。
「自分とかかわりが無い誰かが傍にいてくれる」というのは良いものだなあと思います。
初めに書いた事とは凄く矛盾しているのですが。

私は人付き合いが苦手で、あまり社会とのかかわりを持ちたくありません。
だから、人里離れた山奥での生活も良いのではないかと
一時期考えたこともありましたが、
まわりに人が全くいない、絶対的な孤独には耐える自信がありませんでした。

私に干渉してこない、そして繋がりが全く無いような他人であれば傍にいて欲しい。
それが社会と繋がっているという錯覚となり、私に安心感を与えてくれます。
----------------------------------------------------------------
私は孤独が好きなのですが、それでいて寂しがり屋でもあります。
(これは相反することで矛盾していることですが)
私は誰かが常に傍にいて欲しいのです。
しかしながら、その傍にいる人達が過剰に干渉してくることは不快です。

一人で居ることが好きな私が、結婚して、子供をもうけて
離婚することなく結婚生活が維持てきているのは、妻の影響がなかり大きいです。
私の妻は驚く程私に干渉してきません。
しかし、私のおかしな態度にははっきりと物申してきます。
そいうった、適度な距離感を保ちつつ一緒にいてくれます。

私が子供に対する態度も同じです。
子供の進路や生き方に対しては、可能な限り口を出さないようにしています。
また、私の価値観を押し付けないように気を付けています。

下の子が今年の春に高校に入学しましたが、入学直前までどこの高校に行くのか知りませんでした。
私の両親は教育熱心で、進路や成績に対して過剰なまでに干渉してきて、
とても辛かった思いがあるので、私の子供にはそいう思いをさせたくないのです。
このように、私は子供に干渉しないので、現在の親子関係は悪くは無いと思っています。
(子供はどう思っているかわかりませんが)


世間一般の家族像(結婚であったり、子供をもうけたりを含む)は
一つ屋根の下で、常に一緒に居て、会話を交わし、協力し合って仲良く暮らす
というイメージかもしれませんが、
私にとっての家族とは、以前も書きましたが、
たまたまこの世で縁があって、一つ屋根の下で共同生活を送る他人なのです。

友人・知人よりは少し距離が近い。
だから困っている時はお互い助け合うこともある。
(時には助けないこともある)
でも、困っていないならバラバラに好き勝手生きている。
こんな感じです。

こんな普通の家族とはかけ離れた家族形態が維持できているもの
一緒になってくれたのが、私にあまり干渉してこない妻であり、
あれこれ口出ししなくても自分の頭で人生や生きる事を考えてくれる子供だからこそ
成り立っているような気がします。

これは微妙なバランスの中で維持されているので、
何かの拍子に崩れる危険性は常にはらんでいます。
私にとって、血縁とか、家族の絆というのはあまり重要なものでは無いので。
関連記事
スポンサーサイト



category: 友人

tb: 0   cm: 1

コメント

なるほど理解しました。ありがとうございます。

littleX #- | URL
2019/11/03 01:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1443-b49d81d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)