FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

便りが無いのは良い便り  

今年ももうすぐ終わってしまうというのに
冴えない日々を送っています。

将棋のTV対局を見たり、本を読んだりして、
1日が終わってしまいます。それもあっという間に。

こんな調子で1年が過ぎ、10年が過ぎ、
(それまで生きていられるかも分かりませんが)
死を迎える。

本当にこんなんで良いのかな?と思ったりします。



パスカル『パンセ』 より
----------------------------------------------------------------
趣味に打ち込むこともなく、仕事もない状態で、じっと部屋に閉じこもっていると、
気分が沈んでいくだろう。
パスカルは、人間は何かに熱中していないと生きていけない生き物だとした。
そして人間が何かに熱中するのは、やがて訪れる死の恐怖から目をそらし、
死を忘れるためなのだ
----------------------------------------------------------------
人生においては、何をやっても不幸なことから目を逸らすための気晴らしなのか?



■岡山の専業投資家さんから
----------------------------------------------------------------
幸せは迷いの中にある
最近の五木寛之の本。
読んではいないがそう思う。
迷うということは選択権がある、それこそ生きていること..と。
----------------------------------------------------------------
なるほどなと思ったり。

五木寛之は好きな作家で、エッセイは色々と読んだけど、
ここ何年かは全く読んでいません。
たまには読んでみようかな。

以下引用
----------------------------------------------------------------
迷いながら生きていく 五木 寛之【著】

内容説明
人生百年時代に戸惑うすべての人に贈る新「生きるヒント」。幸せとは、迷いの中にある。

目次
第1章 新しい世界を迷いながらゆく(見知らぬ地を旅するように;人生を四つの季節で考える ほか)
第2章 「今」を生きるために
     (人生を「長さ」よりも「質」で考える;目的を探して変化し続けるのが人生 ほか)
第3章 孤独と幸せの両立(孤独を恐れるのは、もうやめよう;「孤独」と「孤立」は違う ほか)
第4章 変わりゆく自分を楽しむ(その年齢ならではの自分;信仰や思想が変わってもおかしくない ほか)
第5章 日々を少しだけ楽に生きる(嫌われる勇気とは;生きるのが楽になる「杖ことば」 ほか)

著者等紹介
五木寛之[イツキヒロユキ]
1932年(昭和7年)福岡県生まれ。平壌で終戦を体験し、47年引き揚げ。早稲田大学中退後、
66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、
76年『青春の門』他で吉川英治文学賞、2002年菊池寛賞受賞。2010年長編小説『親鸞』で
毎日出版文化賞特別賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報
社会が激変する中で、我々はこの「新しい世界」をいかに歩むべきか。
人生百年時代に戸惑うすべての人に捧げる、新「生きるヒント」。
----------------------------------------------------------------

私は百年も生もきるつもりはないけど・・・
長く持ってもあと20年かな。こればかりはわかりません。

しかし、物心ついたときから今現在まで戸惑ってばかり。
どんなに経験を積んでも、どんなに本を読んでも、
救われる気配が全く無いのが辛い・・・
関連記事
スポンサーサイト



category: 夢職の日々201911

tb: 0   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2019/11/17 14:15 | edit

匿名さん

ニックです。
コメントありがとうございます。

私のブログを始めから読んで下さったとのことで、ご苦労様でした。
このブログを始めて、もう5年以上になるのだなあと思うと
感慨深いというよりも、月日の経つ早さを実感します。

ご指摘の通り、鬱からの回復、精神薬の断薬、再就職活動の失敗、
株取引の日々、株以外の収入源を見つけようとするも挫折。
などなど、色々なことがありました。
最後は株で稼げなくなって無職へ。そして現在に至ります。

----------------------------------------------------------------
取引についてですがネット取引中心であれば
対面の証券会社は付き合う必要はなかったような気がしました。
ご自身で投資をよく研究されていたようですので
証券会社に利用されただけで(ラップ口座など)大変そうでした。
----------------------------------------------------------------
実は私はIPOが好きで、対面証券ではバーターでIPOを貰っていました。
ラップ口座もその一環でした。
でもIPOの利益以上に、付き合いで購入した商品で損失を出した証券会社もありました。

また、トラブルも多々ありました。
ある証券会社で、夏の閑散期に外国株を購入した欲しいと言われ、
秋以降のIPOシーズンに配分してもらうことを条件に購入しました。
しかし、秋のIPOシーズンになり主幹事案件が5~6件あったにも拘わらず配分が全く無く、
担当者に文句を言いに店頭に乗り込みました。

夏にIPOを配分するからということで外国株を購入したのに
全く配分が無いのはおかしい、と
すると担当者は、「IPOを配分するという約束はしていない。購入してもらえれば
IPOを配分できる可能性があると言っただけだ」と。

馬鹿馬鹿しくなって、その証券会社の売れる商品は全部投げ売って
資金を引き揚げました。

これは一例で、他にも色々とトラブルはありました。
証券会社の担当者は、息を吐くように嘘をつきます。
まともに付き合っていたら、こちらの頭がおかしくなりそうです。
(中にはとても誠実な担当者もおりました)
しかし、もしかしたらIPOが貰えるかもしれないという自分のみにくい欲望に勝てず、
嫌な思いをしても店頭証券と付き合っていたのです。

まあ、そんなこともあって、IPO欲しさに店頭との取り引きをしていましたが、
ここ何年かはIPOの配分があって、初値はたいして上昇しないので、
割に合わなくなっていると思います。年々バーター条件も厳しくなっていましたし。
(もう付き合いをやめてしまったので、ここ最近のバーター事情は分かりません)


----------------------------------------------------------------
ニックさんは株取引はお好きでは無いとの事で
今は優待のクロス取引くらいしか、取引をされていないようですが
投資は継続をする事が大事かもしれませんね。
----------------------------------------------------------------
私は投機のことは幾分分かるのですが、投資の事は全く分かりません。
私の売買は、日々の値動きや出来高だけを見ていました。
だから、売買している会社がどんな事業をしているのか知らなかったり、
四季報の業績を見ても良く分かりません。
世間一般で言われる投資とは程遠いことをやっていました。

ですから、今更投資とか言われても、何をどうしたら良いのか
正直に言って全く分からないのです。
本当の投資というのは、匿名さんの書かれている通り、
継続することが大切だと思います。

私のやっていた投機はギャンブルでしたから
継続というよりも、むしろダラダラとやって利益を削るよりは、
稼げなくなったら利益の残っているうちにやめた方が良いのかなと。
今現在はその利益で、毎日本を読んで過ごしたり、将棋のTV対局を見て過ごしています。

----------------------------------------------------------------
それでは、ブログの更新楽しみにしています。
----------------------------------------------------------------
最近は書く意欲が低下中でして更新が滞り気味です。
マイペースで更新しますので、今後ともよろしくお願いします。

ニック #qXOZr2Kk | URL
2019/11/23 18:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1447-e381712e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)