FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

今日1日  

今週は、今年最後の紅葉を見にどこか都立の公園へ行こうと思っていましたが、
ずっと天気が悪くて行けませんでした。
明日は天気が良さそうなので、気が向いたら行くかもしれません。


今日は妻の仕事が休みだったので、一緒にランチと買い物に行きました。
昼食はショッピングセンターで食べる予定でしたが、
道すがら寿司屋があったので予定変更でお寿司を食べていくことに。
W360Q75_IMG_3643.jpg
ランチにぎり1.5人前 1,450円
W360Q75_IMG_3635.jpg
茶碗蒸し サラダ
W360Q75_IMG_3649.jpg
デザートのコーヒーゼリー
あと、写真には写していませんがお吸い物が付きます。


ランチの後は買い物
妻が洋服を見ている間、本屋へ行ったら欲しい本が沢山ありました。
将棋の本、散策の本・・・
買いたい本が4冊あったのですが、今日は2冊だけ買いました。

■「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版
 シェリー・ケーガン (著), 柴田裕之 (翻訳)

生きる事とは何か?を考えるためには
必然的に死とは何かを考える必要があるのではないか?
と思っていたので興味がありました。

縮約版では
○死とは何か
○人は、死ぬとどうなるのか
○死への「正しい接し方」――本当に、恐れたり、絶望したりすべきものなのか
○なぜ歳をとるごとに、「死への恐怖」は高まっていくのか
○残りの寿命――あなたは知りたい? 知りたくない
○「不死」が人を幸せにしない理由
○「死ぬときはみな、独り」というのは本当か
○自殺はいつ、どんな状況なら許されるのか
○死が教える「人生の価値」の高め方
     

完全翻訳版では
縮約版では割愛せざるを得なかった「前半部分」
○二元論と物理主義(原書chapter2)
○「魂」は存在するか(原書chapter3)
○デカルトの主張(原書chapter4)
○「魂の不滅性」についてのプラトンの見解(原書chapter5)
○「人格の同一性」について(原書chapter6)
○魂説、身体説、人格説―どの説を選ぶか(?原書chapter7)
と、「DEATHからさらに考察を深めたい人のための読書案内」つき!
※本書の第1講、第8講~第15講、「死についての最終講義」は、
『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義〔日本縮約版〕』と同内容です。
第2講~第7講の追加に伴い、原書に従う形で一部を再編集しております。
     

私は完全翻訳版を購入しました。
742ページとかなり読み応えがありそうですが
夜寝る前にこつこつと読んでみます。
久し振りの良書の予感がします。

もう1冊は散策の本
■東京ウエストサイド 神奈川 東京 埼玉 極楽! 丘歩き30
     
秋の良い季節は終わってしまいましたが、
冬から春にかけて散策コースの参考にしようと思います。



その後、スーパーで夕飯の買い物。
夕飯は自宅のホットプレートで焼肉です。
焼酎を飲みます。翌日に残らないように控えめにします。
関連記事
スポンサーサイト



category: トレーダーの日々201811

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1452-b72d14e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)