FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

忘年会  

昨日から12月に入りました。
今年も残すところ1ヵ月になりました。
1年は本当に早いです。

12月は忘年会シーズンです。
トレーダーさんとの忘年会、学生時代の友人との忘年会に誘われましたが
全て断りました。
最近は何をするのにも億劫に感じます。
特に大勢の集まる場は何が何でも避けたいです。


昨年は上野の専業さんと2人でささやかな忘年会をしましたが、今年は無さそうです。
上野の専業さんは、私が鬱で仕事を失い、再就職先も見つからず、
仕方なく?専業投資家を始めた時に、色々な相談に乗ってもらった恩人です。

彼からは定期的にメールが来ていましたが、今年の夏前からメールが来なくなりました。
心配になり、こちらからメールをすると、しばらくしてから返信があり、
取返しのつかない大病、手術をしました。と。
こちからあれこれ詮索するもの失礼と思い、その後は連絡はしていません。
それ以降もずっと連絡が無いということは、あまり病状が良くないのかもしれません。
彼は私より20歳年上の68歳です。何があってもおかしく無い年齢です。
それでも、私にとって数少ない知人の一人でしたので、とても残念です。


12月は唯一、下町の専業さんと飲みに行く約束をしています。
私自身も急速に飲めなくなってしまったので、
1~2軒、軽く飲むと言った感じになると思います。



会社員時代の忘年会のことを少し。

地方の工場勤務だった時の忘年会は、ホテルの大宴会場を貸し切って、
泊まりでの忘年会でした。
それには理由があって、地方は東京ほど公共機関が発達して無く車社会なので、
飲んでしまうとみんな帰れなくなってしまいます。
だから、家族が車で迎えに来てくれる人を除いては、
みんなホテルに宿泊しました。

記憶によると、7月~11月までの4ヶ月間、5,000円ずつ給与から天引きされ、
積み立てられた20,000円が忘年会と宿泊費となります。
参加は半強制的で、冠婚葬祭、病気以外の理由で不参加だと
職場で村八分になるという噂があったので、参加せざる負えませんでした。
田舎は連帯意識が強いのです。自分勝手な行動は許されません。


東京の職場に転勤になってからは、駅前の居酒屋での忘年会になりました。
みんな電車通勤なので、泊まりということはありませんでした。

東京に戻ってからの最初の部の忘年会で、部長が最初に挨拶をしたのですが
「会社にぶらさがっているような奴はこの部にはいらない」
と言っていたのが印象に残っています。

上司の挨拶なんて、いつも紋切り型の定型文を読んでいるようで、
心に残ることは全くありませんでした。
そういった訓示を聞いていると、組織で働いていることを実感し、
冷や汗が出てくる思いをしました。


今は無職で自由な身分なので、行きたくない忘年会は遠慮なく断っています。
改めて感じることは、私は組織や社会には馴染めないということです。
関連記事
スポンサーサイト



category: 無職の日々201912

tb: 0   cm: 2

コメント

ニックさんは恵まれていると思いますよ。奥さん働いているし。一人の時間がある。うちは病人2人でひきこもりだから、相乗効果で病みますよ。妻がクリニックに行ってる時なんて気楽ですもん。娘と2人で。

mooncloud #- | URL
2019/12/07 21:32 | edit

ムーンさん

ニックです。コメントありがとうございます。

「今現在」という時間で切り取って考えると、
仕事もしていない無職で自由であり、一人の時間があって
本当に恵まれていると思っています。

しかし、過去には仕事が原因で鬱を患ったり、
家族関係も悪かったりと、不遇な時期も長くありました。
ずっとこんな恵まれた環境だった訳ではありません。

仕事のことは散々書いてきたので、妻とのことを少し書きます。
妻との関係も今では良好ですが、過去には離婚を迫られた時もありました。
以前書いたことがあると思いますが、
私が会社員として働いてた時は、妻との関係はあまり良くありませんでした。
毎日仕事で疲れ果てていたのでコミュニケーションがとれなかったこともありますが、
妻に対して協力的ではありませんでした。

私は外で働いているのを良いことに、一切の家事を手伝うことを拒否していました。
「毎日生活費を稼ぐために外で働いてきているのに、なんで家でも働かなくてはならないの?」
といった具合です。

そんなこともあって、妻との関係はとても悪くて、
夜中に家を飛び出して行くこともありました。

私が鬱になって、体が動かなくなって、職を失い生活費を稼げなくなってしまった頃
妻に「離婚し欲しい」と迫られました。



私は、これまで妻にとってきた態度や言動を振り返り、
当然の報いと受け止め了承しました。
ただ、鬱で体が全く動かなかったので、
「離婚は鬱が良くなるまで待って欲しい」とお願いし、妻は了承してくれました。


でも、なぜか今も一緒にいます。
それは、私が家族に対する接し方、考え方を改めたからだと思います。
今は妻との関係は良好ですが、過去には色々な修羅場がありました。
人生は、良い事ばかりでもないですし、悪い事ばかりでもないように感じます。

ニック #qXOZr2Kk | URL
2019/12/13 17:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1455-a9216ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)