FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

近況  

12月ももう半ばになりました。
最近はまた色々とモヤモヤした気持ちでいます。

トレードから離れて1年ちょっとになります。
トレードをやめてからは、ストレスもほどんど無くなり
毎日、好きなことをして過ごしていて幸せなのですが、
同時に物足りなさも感じています。

私が好きなことをして過ごす時間とは、
本を読んだり、将棋の対局を見たり、お酒を飲んだり、散策をしたりです。
それは素晴らしい時間には変わりないのですが、
無職で有り余る時間を潰すための単なる暇つぶに過ぎないような気がします。
生産性は全くありません。(それはそれで良いのですが)



今年の10月末頃から、もう一度トレードをしても良いかなと思いはじめました。
きっかけは、付き合いのあったトレーダーさんと電話で話をしていて、
面白そうな話があったので。

でも、また相場に戻るのが怖いです。
勝った時は楽しいのですが、
負けた時の精神的な辛さとか、お金を失うかもしれないという恐怖とかを考えると
尻込みしてしまいます。
ここ1年は穏やかな日々を送っていたので尚更です。

元々はメンタルが弱くて、鬱になるような人間なので、
そういった場所に戻ったとして果たして耐えられるのか?



そもそもですが、私は株はあまり好きではありません。
正確に言うと、勝負の世界が好きではありません。負けることが嫌だからです。
でも、お金(あぶく銭)を稼ぐことに大きな喜びを感じたからやっていたのだと思います。

株では全勝はありえない。
どんなに優秀なトレーダーでも負けはあります。
しかし、負けがあってもトータルで勝てば良い。
という事を、頭では理解していても、心のどこかでは受け入れられないのです。
こんな人間が、よく5年も相場をやっていたと不思議に思います。

当時は勝った、負けたとお金の出入りが激しくて
金銭感覚が麻痺していたのだと思います。

------------------------------------------------------------------------------------------
基本的に相場というものは、怖い思いをしなければ儲からないようにできている。
そもそも相場などというものは、フィジカル(肉体的)な苦痛が無い代わりに、
精神的な苦痛を対価として儲けているものだ。
怖い思いもまったくせずに儲けるといういうこと自体が、思想的に間違っている。
                             若林栄四
------------------------------------------------------------------------------------------

今年は資産からだいぶ生活費を切り崩してしまいました。
これから先の生活を考えると、いずれはお金を稼がなくてはなりません。
肉体的な苦痛を受け入れ、仕事をするのか。
精神的な苦痛を受け入れ、相場をするのか。

年内は穏やかに過ごすとして、
来年以降、どうするか少し考える必要がありそうです。
関連記事
スポンサーサイト



category: 無職の日々201912

tb: 0   cm: 3

コメント

ご無沙汰しておりますm(__)m

こんばんは。

まだ確定したことではないと思いますが、いつかは相場の世界に戻ってこられるのではないかと思いながら、ずっとブログを拝読させていただいておりました。

私は今はFXをメインに稼働していますが、とても本業一本で食べていけるほどの収支は残せていませんので、セミリタイアはまだまだ先になりそうです。

「セミリタイヤをしたいなら、その後の目標も立てておいた方が良い」とのことでしたが、やはり私の中ではセミリタイアを達成すること自体が目標であり、お金の苦労をせず、ストレスなく楽に暮らしたい、というのが今の本音で、まだ目標らしきものは見つけられていません^^;

ところで、私はトレード関連ではリアルでの交友関係がほとんどなく、すべて一人で情報収集をしているのですが、トレーダー仲間の方々と情報交換できるのはいろいろとメリットが多そうですね。ニックさんのご人徳の賜物なのでしょう。

しん #7kP7q78E | URL
2019/12/14 04:04 | edit

こんにちは

最近ブログを全て読んだと投稿しましたタケです。
名前をちょっと変えました。

ニックさんが相場が精神的な苦痛になるのは、1か月の目標を
50万とか高く設けすぎたのかもしれませんね。

当面は目標を設けず少額で株式投資をたのしめばいいのかな
と思います。
また生活の事を考えれば、コンビニ(笑)のアルバイトでも何でもいいので
短時間アルバイトをされたらいいのかな。

私も先に投稿されたしんさんと同じでトレーダーとの交友関係がありませんので、ニックさんがうらやましいです。やっぱり人徳ですね。

たけちゃんまん #- | URL
2019/12/15 07:41 | edit

しんさん、たけちゃんまんさん

ニックです
コメントありがとうございます。

もう一回トレードをしたいと思ったのは、
今資産から切り崩している生活費を
何らかの手段でもう少し稼ぎたいと思ったのもあるのですが、
一番の要因は嫉妬のような気がします。

時々掛かって来る他のトレーダーさんから電話やグループラインで彼らの近況を聞くと、
自分ももう少し稼げるかもしれない、
といったような妄想に駆られてしまいます。

時間も有り余っているし、それの時間をトレード関連に費し
お金も得られるならば一石二鳥ではないのか?
とも思いました。

これからトレードをするならば、
これまでやってきたこととは全く違うアプローチでやろうと思っているので
(これまでのやり方がダメで稼げなくてやめたのですから)
稼げるようになるまでは時間もかかるだろうし、
そもそも、稼げるようになるのかも全く分かりません。
現実に目をやると厳しいです。



10月末~現在までの心境は、
もしかしたら、また稼げるようになるかもしれなという妄想と、
でも実際は厳しいだろうなという現実との間に、
心が揺れ動いている状況です。

先週はトレードに戻ろうかと思っていましたが、今はトーンダウンして、
ストレスの無いのんびりした暮らしが捨て難くなり
今のままで良いかなと思っています。



トレーダーの友人は何人かいます。
良い点は、トレーダーという同じ境遇での愚痴や悩みを話せることです。
時間的価値、金銭的価値の違う会社員の友人にはできません。

でも、悪い点もあって、
大儲けした話を聞いてしまうと嫉妬してしまいます。
自分も稼げたのでは?自分ももっと稼ぎたい、とか
今回、もう一度トレードに戻りたいと思ったのも
そいうった嫉妬心が大部分を占めているような気がします。


もう少し色々と書きたかったのですが、
今日は親戚の人と夕飯を食べに行くのでこのへんで。

妻の親戚が施設に入っていて、たまには外に連れ出して夕飯を一緒に食べようと。
年老いたおばさんを見ると、自分に残された時間も限られているように感じ、
いつまでもお金を追いかけていて良いものか?とも思いつつ、
欲望に抗えない本当の自分も見えてきて、
最近はそいういった葛藤の中で生きています。

ニック #qXOZr2Kk | URL
2019/12/17 15:42 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1457-4e3e0ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)