FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

株とギャンブル  

littleXさんからコメントを頂いたので、株とギャンブルについて考えてみました。
-------------------------------------------------------------------------------
パチンコパチスロ、競馬、麻雀、博打好きな人って株やfx始める人多いですね。
頭を使ってお金が増えたり減ったりするのが好きなんですかね。
-------------------------------------------------------------------------------
一つ言えるのは、博打好きの人はお金が大好きな人が多いです。
欲深い、強欲とも言えます。


株とギャンブルを考えたとき、私が思うのは、
パチンコパチスロと株というのは親和性が高い気がします。
実際、友人で
Aさんは、パチンコ→株
Tさんは、パチスロ→FX→株
という流れで専業投資家になりました。

Aさんは京都大学法学部在学中からパチンコで小遣い稼ぎを始めて
卒業後、7974(証券コード)の総務部に勤めましたが1年で辞め
パチプロになりました。
パチンコは1日中打っていても利益の上限があるので儲からないといって
その後株に転向。
今は海外を放浪しながら暮らしています。

Tさんは大学在籍時からパチスロで稼いでいて、
就職することなくパチスロで生計を立て、
その後、FXを経て株の専業投資家になりました。
FXは黎明期にアービトラージでかなりの利益を出したそうですが、
それが機能しなくなったので株に転向したようです。


パチンコパチスロと株式の投機(純投資ではありません)の親和性が高いのは、
同じような思想で行うからだと思います。

その考えというのは、利益が出る確率が高い方法を見つけ、それを繰り返す。
ギャンブルですので利益になることもあれば損失を出すこともありますが、
期待値がプラスであれば、それを長く繰り返すことで
トータルでは損益がプラスに収束します。

しかし、そのような方法も、はじめは上手く機能しても
いずれは周知の事実となり、うまみは無くなってしまいます。
だから、たえず利益になるような方法を考えたり、
他者と差別化できる何かを見つけなくてはなりません。
私がトレードをやめたのは、そういったやり方が無くなってしまったからです。

ですから、
「頭を使ってお金が増えたり減ったりするのが好き」
というよりは
「高確率でお金が増える方法を見つけるために頭を使うことが好き」
というほうがしっくりいきます。
なにしろ、ギャンブラーはお金が大好きな人種なので。

パチンコパチスロでも、株の投機でも、何の戦略もなく
成り行きでやっていると、たまたま利益が出ることがあっても
勝ち続けることは難しいと思います。



ちなみに、私がこれまで経験したギャンブル(株の投機を含む)で
一番楽しかったのは競輪です。
何の根拠も無く、雰囲気で車券を買っていました。
勝つことは意識せず(もちろん勝つつもりで毎回車券は購入していましたが)、
負けて当たり前。それはそれで楽しかったです。



ギャンブルも投資(投機)も、生活をかけなければ楽しいものだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1479-5eb783be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)