FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

私の履歴書 日本経済新聞社  

日本経済新聞社に連載されている「私の履歴書」が私は好きです。
自分が知りえなかった成功者の生きざまを見ることができるからです。

この連載に限らず本にも同じことが言えて、
自分の経験できなかった事、知らなかった事が、
数百円~数千円(図書館へ行けば無料)で知ることができます。

昔は本を読むことが大嫌いで殆ど読みませんでしたが、
無職になって暇を持て余したのをきっかけに読書をするようになりました。
随分、勿体ない事をしたなと思います。



私の履歴書には様々な著名人が連載されていて、
私の履歴書(ウィキペディア)より
その一部は書籍として出版されています。
日本経済新聞出版社
私は企業で成功した人よりも、スポーツ、芸能、文学で名を残した人の方が
どちらかというと好きです。

先日、紹介した野村克也さんもそうですが、
同じ野球選手で稲尾和久(西鉄ライオンズ)さんの私の履歴書も面白かったです。
神様、仏様、稲尾様―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)



これは私が子供の頃、野球がとても好きで、
野球選手の裏話を知ることができたからかもしれません。

勝負の世界とは、凡人では生き残れない。
野球の実力もさることながら精神力も兼ね備え、
物凄い個性の持ち主が多いような気がします。

稲尾和久さんの著書のなかには、そんな多くの個性派の選手たちのことが書かれています。
私が好きだったのは、星野仙一さん(中日ドラゴンズ)と落合博満さん(ロッテオリオンズ)の
話なのですが、星野仙一さんの話だけ引用しておきます。

稲尾和久さんが、中日ドランゴンズのコーチ時代の
P232~P234より引用
-------------------------------------------------------------------------------
特に面白かったのは星野だ。
気持ちで投げる投手がいるいるというのを、彼と接して初めて知った。
ウオーミングアップを見ていると、とても怖くて投げさせられないという気持ちになる。
玉がおじぎをしている。
ところが試合になると別人だ。特に巨人戦はすごい。
自分で自分の頬にビシっとびんたを食らわせて、「イテッ」といってマウンドに向かう。
そしてブルペンでは考えられなかったような球をびしびし投げる。
ほかのカードでもこの気合が出せれば本当にすごい投手なのにと、
もったいなく思えるほどだった。

こんなことがあった。
星野先発の試合、3点リードで七回まできた。球威が落ち始めていた。
ピンチを招いて私がマウンドに向かうと、右のこぶしでグラブをバンバンたたき、
いかにも元気いっぱいの様子。
ところが、「どうだ」と話すと
「見てわかるでしょう。駄目ですよ。リリーフを用意してください。」
一体この態度と会話のズレは何なのか。引っ掛かりを覚えながらも、
行けるところまでということにしてベンチに帰った。

八回またピンチになる。さすがにもう限界だ。再びマウンドに行くと、
そこでも彼はピンピンしている様子で、疲れなどおくびにも出さない。
しかし話はもう次の投手のことだ。
「だから駄目だって言ったでしょう。ところで次は誰ですか」などと
平気で交代を前提とした話をしてくる。
「孝政(鈴木)だよ」というと「あいつ調子悪いですよ、大丈夫ですか」などと実に冷静だ。
とにかくマウンドを降りるのは本人も納得だと思い、監督に交代の合図を送った。
私がマウンドで手を頭にやったら続投、後ろに手を組んだら交代、
腕組をしたら監督の判断に任せる、という取り決めだった。

交代になって鈴木が出てくる。マウンドを降りていく星野。ここで彼の態度が一変するのである。
憤然とベンチに向かったかと思うとグラブを地面にたたきつけた。
納得の交代ではなかったのか。
おまけに鈴木が打たれて追いつかれたのはまずかった。
無念を示した星野のパフォーマンスに興奮していたファンから、
「なぜ星野を代えた」とヤジの集中砲火を浴びて、こちらもほとんど火だるま状態になってしまった。


翌日星野を問い詰めた。
「おい、昨日の態度は何だ。あれじゃまるで無理やり代えたみたいじゃないか」
その答えがふるっていた。
「稲尾さんはまだ名古屋にきたばかりで知らんでしょうが、私は燃える男といわれとるんです。
どんな状況でも弱気なところは見せられんのです」
-------------------------------------------------------------------------------

この本が出版されたのは2004年なので、中古本も出回っていると思いますし、
図書館でも待つことなしに借りれると思います。
私は稲尾さんの選手時代は全く知らず、監督時代を辛うじて知っているぐらいですが、
とても面白かったです。野球好きの人にはお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト



category: 読書

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1482-2618acbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)