FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

16年間の会社員生活について コメントへの返信 2  

一読者さん コメントありがとうございます。
--------------------------------------------------------------
私は自営業一筋なので大きな組織で働いた経験は無く,
そういう意味での組織内での人間関係の苦悩は分からないのですが、
お金のために興味も無いことを心を押し殺してやり続ける苦悩というものは
存分に味わっており共感しております。
--------------------------------------------------------------
一読者さんは自営業一筋なのですね。
私は会社員と(自称)専業投資家と、無職をやってきました。
ここでは会社員時代の辛かったことばかり書いていますが、
雇われといった身分で良いこともそれなりにありました。

一番良かった点は収入です。
仕事をしようが仕事をしまいが、毎月同じ額の給与が支払われるということは
安定した生活が送れてとても有難かったです。
鬱を患い、仕事の効率が落ちたからと言って給料が減額されることもありませんでした。

もう一つは、社会とのかかわりです。
私は人付き合いが苦手なので、人や社会とのかかわりは全く無くても良いと思っていましたが、
同僚と休憩時間に交わす何気ない会話や、仕事終わりに同僚と飲みに行ったりすることは
それなりに生活に潤いを与えてくれました。
無職の今は、そいういった関りは皆無になりました。


「お金のために興味も無いことを心を押し殺してやり続ける苦悩」というのは
誰しもが抱えている問題で、多くの人が解決できないことです。

なぜ、お金を稼ぐのか?と考えた時に、一番の目的は生きていくためです。
生きるためには食糧を得て、雨風を凌げる住居を確保し、
外を歩くための衣服や靴が必要です。
自給自足もできる部分もありますが、できないものは買うしかありません。
だから、自分の労働力を提供してお金を得るのです。

ですから、先日書いたNさんのように用地買収で多額の補償金得たり、
宝くじが当たったり、実家が大金持ちだったり、
といったような幸運に恵まれた一部の人を除いては、
生きるために嫌でも働く必要があります。
その中で、苦しくない仕事を探す(見つける)しかありません。



ST Rockerさん はじめまして
コメントありがとうございます。
--------------------------------------------------------------
僕も同じく、大学院を卒業してから会社員ですし、同じ技術系(ただし化学で、1982年卒ですが)
ですので、書かれていることを自分のことのように読ませていただきました。
僕もありとあらゆる苦労をしました。ニックさんの場合、ずいぶん長時間労働が多かったですね。
そして僕も、一時期大病を患った(がん)ので、
健康上のことで綴られていることも、身に染みて読ませていただきました。
--------------------------------------------------------------
私は機械で1996年卒です。
ST Rockerさんは80年代から働かれていたようですので、
70年代まで続く高度成長期のモーレツ主義的な働き方が残っていたり、
バブル景気での忙しさだったりで、私よりも長時間労働をしていたようにも思えます。
私の想像ですが。

私の父親も、ある時期まで土曜日は半日出勤していましたし、
私の学生時代は、高校も大学も土曜日は午前中授業がありました。
昔はどこの企業も学校も休みが少なかったです。
私が職場で出会った年配の社員たちは、みんな文句も言わずに良く働いていました。

それを見ていると、自分が情けなく感じますが、
私は自己中心的なところがあり、長時間会社に束縛されることに耐えられませんでした。
雑な結論になってしまいますが、会社員という生き方が向かなかったのだと思います。



私の場合の苦労は、ご指摘のように長時間労働と、
仕事への興味のなさ、うつ病との戦いでした。
ST Rockerさんもあらゆる苦労をされたとのこと。
特に大病は大変でしたね。私には想像がつかないことです。


生きていれば、誰しもが苦労は絶えません。
それを表に出すか、出さないかの違いだと思います。
私はこのブログという、自分の辛かったこと(苦労?)を書く場が与えられているので
心の浄化のために書いているだけです。

一方、自分の苦しみや弱みを絶対に人に見せたくない人もいると思います。
学生時代の同窓会へ行ったり、Facebook等のSNSを見ると、
虚栄心の塊のような人を見かけます。
そういう人はそういう人で良いのですが、私とは趣味が合わないので
関わらないようにしています。


私はこのブログでは、良いことも、悪いことも
ありのままを書くように心がけています。
関連記事
スポンサーサイト



category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1573-e5a46c65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)