FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

16年間の会社員生活について その23(最終回)  

今回で最終回になります。
長くなりましたので、お時間がある時に。

16年間の会社員生活について その1~21はこちらから
         10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22

2012年9月頃(入社16年目 40歳)~11月末(退職)

2度目の休職をして5ヵ月程が経過しようとしていました。
この時、私が何をしていたのか?何を考えていたのか?
当時の記憶はほどんどありません。
鬱の時は思考が停止しているので当然かもしれません。

ただ、同じ仕事に戻ることは考えられなかったので、
会社を辞めることをぼんやりと考えていました。

しかし、会社を辞めてしまったら生活はどうなるのか?
といった問題は全く解決していませんでした。
でも、元の会社に戻ることは絶対に嫌でした。



夏が終わりかけたある日のこと、
妻に仕事を辞めたいという話をしました。
妻は了承してくれました。
無理をして仕事をして、ここ10年ほどはずっと精神的に不安定で
塞ぎ込むことが多かった私といるよりは、
仕事を辞めて、普通の精神状態に戻って欲しいと思ったようです。

それから数日後、会社に電話をしました。
直属の上司であるM課長と話をして、退職したい趣旨を伝えました。
M課長は「N部長と相談してみますと」いって電話を切りました。


その翌日か、数日後かは定かではありませんが、
M課長から電話があり、あさりと退職は認められました。

鬱を患い休職しており、会社にとってお荷物社員であることは重々承知していましたが、
何も引き止められることが無かったことに、一抹の寂しさを感じました。



話は飛びますが、
退職して無職になってからこのブログを始めたのですが、
退職して3年が経過したときに、退職した時の記録を残したいと思い立ち
ブログの記事にしました。

退職3周年記念 その1
退職3周年記念 その2
退職3周年記念 その3
退職3周年記念 その4
退職3周年記念 その5

今現在、退職して8年になりますが、当時の記憶が薄れてしまい
思い出すことができないことが多々あります。
そこで、5年前に書いた記事の一部を修正し、引用することにしました。
以下は、2012年9月頃に上司に退職を申し出てから
2012年9月末に退職するまでの出来事です。

---------------------------------------
■退職願いを書いて上司に渡す

私の場合は、鬱で休職中でしたので、
上司に直接退職願を渡すことはありませんでした。

直属の上司である課長に
「辞めることを考えています」と電話と話したところ
「部長に相談します」との返事があり、
それだけの会話で終わりました。

だから、電話で口頭により自分の意思を伝えただけで
退職願いと言うものは書きませんでした。


■上司に引き留められる

直属の課長に退職の相談をして
「部長に相談します」との言われて電話を切ったのですが、
確か、その日のうちに「部長から退職の許可がでました」
との電話がありました。

鬱を患っていたので、引き留められることは無いだろうとは思いたものの
あまりにも、あっさりと許可がでたので
拍子抜けしてしまいました。

と同時に、16年間、苦しい思いをして働いてきた自分は何だったのだろう?
といった寂しい思いも込み上げてきました。

会社という組織は、自分が思っていたよりもずっと冷たいものでした。
元々私は、優秀ではありませんでしたので
引き留める理由が全くなかったのだと思います。

退職の許可が出てからは、会社から書類が送られてきて、
色々な書類を書いて(おそらく、同業他社には就職しませんとかの誓約書など)
印鑑を沢山押して、それを送り返して手続きは終了だっと思います。


■送別会

鬱だったこともあって、人と会いたいという気持ちには全くなれませんでしたが、
色々お世話になった人もいたので、
お礼や挨拶をしたかったなと、今となっては思う事があります。

送別会自体には興味はありませんが、自分にとっては不本意な形で、
会社を去ってしまったことは残念でした。

そういった意味では、鬱が良くなるまで休職して、もう一度職場復帰して、
落ち着いてから退職した方が良かったのかもしれません。

でも、もう会社とは関りを持ちたくない、一刻も早く辞めてしまいたい
という気持ちも強かったので、休職中に辞めたのは良かったようにも思えます。


■仕事の引き継ぎ

当時は2つの仕事をしていました。
1つの仕事は、私一人の業務でしたが、一区切りついた状態で、
今後継続するか、打ち切るかの審議中でしたので
特に引き継ぎの必要はなかったと思います。

もう1つの仕事は、他の部員から、一部の業務を引き継ぎ途中の仕事だったので
私の休職中に、既に他の人に変わっていたと思われます。

といった感じでしたので、
引き継ぎ業務をしなくても、困る人はいなかったと思います。


■私物の整理

ずっと休職中でしたが、会社には、自分の机の中やロッカーには、
仕事の資料などが残っていました。
それらの私物を整理するために、人が居ない日曜日を見計らって、
会社に出向いて私物の整理をしました。

不要と思われる、業務上の資料をシュレッダーにかけて、
パソコン内のデータを消去して、最後に更衣室のロッカーに入っていた、
作業着と作業靴をゴミ箱に捨てました。

作業着とかは、会社に返すものだと思っていたのですが、
数年前、私より先に鬱で退職した後輩が、
そのようにしていたのを覚えていたのが役に立ちました。
(後輩に聞いた所、上司に捨てる様に指示されたとのこと)

日曜日だったので、誰も居ないだろうと思って作業をしていたのですが、
途中から、入社したときに同じ部署で働いていたSさんが
休日出勤だったようで、出くわしてしまいました。
Sさんは、とても優しい人で、何でも相談に乗ってくれるようなタイプの人でした。

事情を一通り話、退職することになりました、といった話をしたと思います。
ただ、当時は鬱だったので、どんな事を話したかとか
記憶があまりありません。
「この先、がんばれよ」と最後に声を掛けられたような記憶があります。

とても良い人だったのですが
会ってとても気まずい思いをしたのだけは覚えています。

会社での私物の整理は、3時間程で終わったと思います。
これが、私が最後に会社に出社した日となります。


■社員証の返却

私物の整理の際に、社員証などの重要なものだけは
自宅に持ち帰りました。
その後、退職日を待たずして、
郵送で上司宛に返却したと思います。

この辺りの事も、良く覚えていません。
とにかく、その当時は、精神薬もたっぷり飲んでいたし
記憶が曖昧です。


■退職日

11月30日付けで退職しましたがその日は自宅でいつもと同じ様に過ごしました。
(おそらく、鬱が酷くてずっと臥せっていた)
特別に会社から電話が掛かって来ることもありませんでした。

一夜明けて12月1日になりもう会社員では無く、無職になったのだなあと
思ったのは覚えています。

鬱で療養中でしたので、
仕事から解放された喜びも全くありませんでした。
むしろ、本当に辞めてしまったけど、それで良かったのだろうか?
この先、家族を養っていけるだろうか?
といった、不安の方が大きかったです。

退職してから暫くは、自分の選択した道が間違っていたのではないか?
と自分を責める日が続いきました。会社に戻る夢も良く見ました。
とにかく、辞めてから暫くは、精神的にかなり辛かったです。

---------------------------------------


以上が、16年間勤めた会社を入社してから退職するまでの話です。
23回に渡って書きましたが、色々な出来事が思い出されて
とても懐かしい気持ちになりました。
どんなに辛いことでも、時が経てば美化されてしまうのは
不思議なものです。


入社したての頃は、希望に満ちていて
それが現実を知るに従って、精神がどんどん病んでいく。
どこかで生き方を修正する(仕事に対する考え方を変えたり、転職を真剣に考えたり)
ことはできなかったのか?と思うときがあります。

しかし、仮に当時に戻ることができたとしても
それはできなかったような気がします。
私は元来そういう人間なのです。



16年間の会社員生活について その1~その23までは、
時系列でその時々の出来事を書いたのですが、
最後に私にとっての会社員生活とは何だったのか?
という全体的なことを書いて終わりにしたいと思っています。

まだ書こうと思うことは全く決まっていないので、
少し時間がかかると思います。


つづく
関連記事
スポンサーサイト



category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 2

コメント

ひとまずは大作の完了、お疲れ様でした。
自分は自営業ですが,性格的・気質的な問題から物事や出来事を非常に深刻に、かつ悪く捉える傾向がありまして,日々の仕事を行うことに非常に苦痛を覚えます。
辞めたい辞めたいと思いながら17年目を迎えております。
定期的にうつ症状がやって来ますが,通院や薬を飲むなどはしておりません。ですので,ニックさんと比べれば大したことはないのかも知れませんが,非常に共感できる内容でした。
これからもリタイア生活?!の発信を楽しみにしております。

一読者 #- | URL
2020/08/12 11:15 | edit

一読者さん

ニックです。
コメントありがとうございます。

返信が長くなりましたので、こちらに書きました。
http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/blog-entry-1596.html

ニック #qXOZr2Kk | URL
2020/08/16 22:15 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1595-93191a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)