FC2ブログ

夢職ひきこもりの日々

40歳で鬱で職を失いました。2014年1月~2018年10月までトレードで生活費を稼いでいましたが、稼げなくなり完全に夢職なりました。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ再就職はあきらめました。

近況  

今日も一歩も外に出ることなく1日が終わりました。
本日の最高気温は34℃と35℃には届かず、
東京の猛暑日の連続記録も9日で止まりました。

家では洗濯物を干したり、部屋に掃除機をかけたりしましたが、
それだけで汗だくになります。

寝室兼普段私の居る部屋のエアコンは
昨日の夕方に換気をしてから24時間ずっと付けっ放しです。
1日一度は換気をしたいので、今日は夕飯のタイミングでエアコンを止め
窓を開けるつもりです。


昼食は今日も外出が面倒かつ食欲が無かったので
自宅で牛乳とバナナを食べるつもりでしたが、バナナはもう残っておらず
仕方なく、ペヤングソース焼きそばを食べました。
美味しかったです。




先日、コロナにかかった友人(Jさん)の話を書きましたが
その続編。

今日の午前中、Jさんとの共通の友人であるSさんから電話が掛かって来て
色々と教えてくれました。

未だにJさんは喉が痛くて声をだしづらいそうです。
ガラガラした声だと言っていました。
人工呼吸器を装着する際、喉を傷つけてしまい、その後遺症が未だに残っているとのこと。
結構大変そうです。

もう二度と北新地には行かないし、接待を伴う飲食店には行きたくないと言っているらしいです。
それどころか、居酒屋も怖いし、電車に乗るのすら怖いそうです。


Jさんはコロナにかかってからそういう心持ちになったようですが、
私はコロナが流行して以来ずっと怖いです。
(不安神経症ということもありますが)

それには理由があって、
数年に一度罹患するインフルエンザでは、
高熱でうなされ、例えタミフルなどの抗インフルエンザ薬を飲んでもあまり効果は無く、
1週間以上寝たきりになってしまうからです。

それに加え、私は咳喘息非結核性抗酸菌症といった既往歴が有り、
気管支や肺が弱いので、コロナにかかったら重症化する可能性が高いです。

だから、電車に乗ったり、外食でお店に長時間滞在するというのは
命がけです。とても怖いです。
私はひきこもり生活が長いので、健康には全く自信がありません。



SさんがJさんに電話した時に、Jさんは病院へ行く途中だったそうですが、
「通院大変ですね」といったら、
Jさん自身は既に陰性になっていて、病気にかかる必要はなくなったのだけど
同居している娘さんもコロナにかかってしまい、入院しているとか。
その様子を見に行くところだったようです。

コロナにかかった本人も大変だけど、周囲の人たちまで巻き込む可能性もあるので、
やはり、できる限りかからない方が良いと思いました。



そうは言っても、買い物など避けられない外出もあるので、
外出時は、マスク、手洗いを徹底する。
そして、外出中は手で顔を触らないようにする。
これは、手に付いたウイルスが、目、鼻、口から侵入するのを防ぐためです。
関連記事
スポンサーサイト



category: 夢職の日々202008

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/1598-f2562e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)