無職ひきこもりトレーダーの日々

40歳で鬱で職を失い、トレードで生活費を稼いでいます。無職です。部屋にひきこもるのが大好きです。酒場巡りをライフワークとするアル中予備軍。無業期間が長くなりすぎ、再就職はあきらめました。

無職を楽しむ  

 会社員をしていた頃はGWが楽しみだった。
 会社に行かなくて済むのだから。

 逆に、GWも終わりに近づいてくると気分が沈んだ。
 楽しいはずの旅行中でも、口数が少なくなったりして。
 次の連休は夏まで無いのかと。

 明日から普通の人は仕事だけど、私は無職なので休み。
 本当に幸せだ。



 仕事のストレスで鬱になったのは30歳を過ぎた頃だった。
 それから、精神科にかかって、抗鬱薬を飲んだり、やめたりの繰り返し。
 頓服の抗不安薬は10年以上手放せなかった。
 あのまま、仕事を続けていたら、精神薬の薬漬けになっていただろう。


 2年前、鬱が酷くなり、休職を経て退職。
 退職して、職を失った事で、これからどうやって生活していけば良いのかと
 途方に暮れ、鬱が悪化し入院。
 入院中、色々な人と出会い、サラリーマンをしなくても生きていける事に気づいて鬱が回復。
 鬱が回復しているのに、薬の減薬を認めない精神科医に不信感を抱く。
 精神科医の反対を押し切って、勝手に減薬。今年1月より断薬。当然、通院もやめる。



 精神薬を飲まない暮らしが、今日で101日になる。
 体も、心も、全く問題ない。精神薬の離脱症状である睡眠障害はあるけど。
 逆に、精神薬を飲まないと、体も軽いし、頭もクリアーだ。
 喜怒哀楽の感情も戻った。
 薬を飲んでいたら、自分の気持ちを吐露する、こんなブログもできなかったと思う。
 とにかく、頭が働かなかったからね。


 正社員の職を辞めて、安定した収入や、世間体など、失ったものも多かったけど
 無職となった今は、毎日ストレスがゼロに近く、憂鬱な気持ちも殆ど無く、
 本当に毎日平穏な時間を得られるようになった。
 これは、何事にも代えがたいことだと思っている。


 でも、生活費は何とかして稼がなくてはならない。
 自分のペースでできる仕事を見つけたい。
 無職は最高なんだけどね。
関連記事
スポンサーサイト

category: 無職・仕事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko102.blog.fc2.com/tb.php/16-d0104e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)